あも さん プロフィール

  •  
あもさん: 武将の銅像と墓参り
ハンドル名あも さん
ブログタイトル武将の銅像と墓参り
ブログURLhttp://amoyoroshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文城めぐりと一緒に武将の銅像とお墓参りをしています。銅像は騎馬2割増、イメージ通りで3割増の計算w
自由文銅像を見る目はチョットうるさいけど、騎馬で2割増、イメージどおりで3割増w 城とセットで巡礼すると妄想の翼が広がって、より戦国時代を知ったような気になれるのでやめられません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/05/25 22:35

あも さんのブログ記事

  • 弘前城の津軽為信の銅像
  • 弘前城東門前には津軽為信公の銅像があります。弘前藩初代藩主だけど岩手の出身ですw 元は大浦姓で南部家に属していましたが、跡目争いで南部家が衰えると反旗を翻し、津軽地方を中心に勢力を築き上げ、津軽為信と名乗りました。地味だけど津軽で頑張ってた為信さんですw立派なひげがあったことから「髭殿」と呼ばれていたらしい為信さん。西国中心に見る戦国史にバンバン出てくることはありませんけど、中央の大名と親交を持っ [続きを読む]
  • 当信寺の阿梅の墓
  • 宮城県白石市の当信寺には幸村の娘、阿梅さんのお墓があります。こちらは白石城の二の丸大手二の門だったもの。明治7年(1874)白石城解体の際、専念寺に売却され、その後、当信寺山門として移築されたものなのだそうです。2階に「眼象窓」を設けたり、開口を無くするなどの工夫がしてあります。当信寺は法然上人によって開かれた浄土宗の寺院で、白石が蒲生氏から片倉氏に移った時、現在の場所に移りました。片倉家二代重長公の後 [続きを読む]
  • 蕃松院の依田信蕃の墓
  • 長野県佐久市の蕃松院には依田信繁の墓があります。龍岡五稜郭の近くにある蕃松院。背後の山は信蕃さんの城だった田口城。元は明法寺と呼ばれ元亀の頃に戦火で焼かれ、現在の場所に移されました。天正11年依田信蕃が討死すると信蕃の子で小諸城主の松平康国が供養のため居館跡に堂宇を再建し、戒名を取って蕃松院と改めました。曹洞宗の古刹です。本堂は平成になって修理されてるらしいのでモダーンな感じで。お墓参りをするには本 [続きを読む]
  • 青葉城の伊達政宗の銅像
  • 宮城県の青葉城本丸跡には伊達政宗の銅像があります。2014年11月時点では本丸大広間の表面展示整備をしていて立ち入り禁止エリアが。銅像はどうなった!?と思ったら廻りこんで見れるというのでひと安心でしたが・・雨で最悪な・・銅像ってのは青空じゃないと映えないね〜細部もよく映らないし。雨じゃなくても訪問時間によって逆光だったりなんだり、銅像ハントは難しいです。加えて残念なのが後ろの松の木。枝葉がないと何だか間 [続きを読む]
  • 日野町の蒲生氏郷の産湯の井戸
  • [武将] ブログ村キーワード滋賀県蒲生郡日野町には蒲生氏郷の産湯の井戸があります。産湯の井戸のすぐ近くには氏郷が生まれた日野(中野)城がありました。氏郷は幼名「鶴千代」と言い、13歳の時、人質として岐阜の信長の元に出されますが、氏郷の非凡な才を見抜いた信長は烏帽子親となって元服させ、娘の冬姫を娶らせます。氏郷は文武に優れ、他大名や家臣からの人望も厚かったと言われる武将です。本能寺の変後は秀吉に仕えて [続きを読む]
  • 俵藤太(藤原秀郷)の墓
  • 群馬県佐野市には俵藤太(藤原秀郷)のお墓があります。ムカデ退治で有名なアノ彼。佐野市は秀郷さんが築城した唐沢山城があってゆかりの地。とはいえ・・場所が分かりづらかったこと。そもそもナビでドンピシャ目指せないので、近くにある「道の駅たぬまどまんなか」を目印に接近。そっからグーグルマップに切り替え、じわじわ近づくんだけど、入口になる角が狭すぎて分からず行ったり来たり怪しいワタクシ。うろつくこと数分・・ [続きを読む]
  • 傑山寺の片倉小十郎景綱の墓
  • 宮城県白石市の傑山寺には片倉小十郎景綱の墓があります。片倉小十郎のお墓がある傑山寺は白石城から車で5分ちょいくらい。慶長13年(1608)に片倉小十郎が妙心寺第十一世天心智寛大和尚を開山として建立された臨済宗のお寺で、代々の城主と家族が弔われています。一般のお墓もある墓所内には分かりやすい案内板もちゃんと出てるので安心! 歴代墓所は後回しにして、景綱さんのお墓のある一本杉を目指します。景綱さんの名前にい [続きを読む]
  • 傑山寺の片倉小十郎景綱の銅像
  • 宮城県白石市の傑山寺には片倉小十郎の銅像があります。短い参道を抜けて本堂前に来ると入り口に鎮座する片倉景綱さんのお姿が。あちこちで色々武将銅像を見てるけど、こういうパターンは珍しいのではないかと。伊達家中では「武の伊達成実」と並び「智の片倉景綱」と言われた景綱さんは秀吉から5万石で召し抱えたいという話が来るほど高い評価をされていたようです。戦では常に先陣を務めたというから、景綱さんは智勇に優れた武 [続きを読む]
  • 寒松院の藤堂家墓地
  • 三重県津市の寒松院には高虎一族の眠る藤堂家墓地があります。高虎さんの法号「寒松院」がついているのでデカいお寺を想像したんだけど、地点登録してナビを頼りに車で走っても通りからは寺らしきものが見えず、この辺なのにおかしいな〜と思いつつ、信号で止まった横に墓所みっけwでも大通り沿いなので車が停められず、付近を2週もウロウロした挙句、やっと裏の入り口を見つけて車を停め、わざわざ表に戻ってきた次第。寒松院は [続きを読む]