Sakamo さん プロフィール

  •  
Sakamoさん: 僕のニュージーランド
ハンドル名Sakamo さん
ブログタイトル僕のニュージーランド
ブログURLhttp://sakamo.hatenablog.com/
サイト紹介文New Zealandで始めるNew Life
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 22日(平均5.4回/週) - 参加 2013/05/25 23:30

Sakamo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 疲労の蓄積と土曜日
  • こんにちは。やっと今週も土曜日まで来ました。実にここまで長かった。なぜなら、今週は一緒に働くボスママの機嫌が斜め過ぎて、普段の倍疲れました。はーーーー。仕事が終わって、家に帰ってからは、久々に寿司を巻きガトーショコラを焼いて新鮮キウイでビタミン補給8個入りで6.99ドル。1個あたり1ドルしない、割安感、そして甘くておいしい。夕ご飯あとには友達と夜の街をプラプラ。コナーの働くBarに寄ってお喋りペラペラ。エス [続きを読む]
  • 天気が良い日は寄り道コーヒー
  • 本日もいつも通りお仕事。仕事終わり、早々に帰ろうと思っていても、天気が良いと、すぐに家に帰るのはどうしても、勿体無く感じます。今日は友達に声かけて、コーヒーをひっかけに。行きたかったカフェは閉まっていたので、そのお隣へ。なんてことない普通味のラテ。ホワイトチョコレートブラウニーは甘さ控え目の美味しいやつだった。お家にもエスプレッソマシーンがあったらなーと思いに耽る昼下がり。 [続きを読む]
  • 籠の中の鶏の卵
  • こんにちは。本日は仕事終わり、5ヶ月伸び放題だった髪を切って来ました。先月迄、貧乏だったこともあり。 先日、給料が入ったこともあり。久々の美容室。すっきりショート。これで、もうニット帽で誤魔化さなくても大丈夫。はてさて、つい最近の話。コナーがスーパーまでお遣いに行ってくれるというので、1番安い卵買って来てと伝える。で、買って来たのがこちら。ん?コナー『Yuichi ごめーーん。高い卵買っちゃった』僕『 [続きを読む]
  • ニュージーランドに赴く前に
  • 2015年の10月にカナダから日本へ帰国した翌日には、ニュージーランドのワーキングホリデービザを申請。ビザは二週間程度であっさり取得。すぐに渡航も出来る状態でしたが、ビザ取得日から1年間、入国までの猶予がありました。なので、オセアニアの果てに行く前に、1ヶ月間冬のヨーロッパをバックパックで周ったり、2016年の年明けには、1年以上家族と離れていたこともあり、そしてまたしばらく離れるであろうこれからを思っ [続きを読む]
  • Otago Anniversary だってよ
  • こんにちは。今日は月曜日ですが、仕事はお休み。なんでも、オタゴアニバーサリーという国民の祝日ではないけど、ニュージーランドの地域毎にある国民の準祝日。本当は23日がアニバーサリーだけど、2連休になるように第1週の月曜日が振り替えの休日になるみたい。だからと言って何か特別な催しものも特にないダニーデン。強いて言えば、休日ということで銀行も非営業日。したがって給料も振り込まれずと言ったところ。残念。 [続きを読む]
  • Google in Dunedin
  • ここ数日続いていた雨が嘘のように快晴の本日はダニーデン。朝、家を出るまでは眠くてもっと寝ていたいと思いながらも、一歩外に出てしまえば、新しい1日が動き出す街並みを見て、なんだかワクワク。そんな街並みを横目に歩きながら、職場に着く頃には朝の倦怠感もいつの間に消えてなくなるそんなウィークデイ。今日はなんと、あの世界のgoogleがニュージーランドのこんな果ての小さな街にやってくる、そんなお話。フェイズブ [続きを読む]
  • カナダとアメリカを旅して2015
  • 2015年6月、僕のカナダでのワーキングホリデービザが期限を迎えます。ビザの期限が切れる日まで働き倒した後、4ヶ月かけてカナダとアメリカを周遊。カナダの中央に位置するバンフからトロントまで長距離バス、グレイハウンドで50数時間の旅。シャワーなし。クレイジーパッセンジャー。2度と乗るまいと誓ったグレイハウンドの旅の思い出。ナイアアガラの滝は、そこまで心動かされることなく、バスで横付けして簡単に拝むことの [続きを読む]
  • 夢ふくらむマフィン
  • こんにちは。日曜日は朝から雨のダニーデン。最近にしては珍しく一日中。太陽が隠れてしまえば気温はすぐに10℃以下。今日は一週間の一度のお休み。昼まで寝ていたい欲を振り払い、久々にお気に入りのカフェでゆっくり過ごす為、外出。コーヒーの香りとベイクドグッズの薫りに癒されて過ごすこの時間が今の至福。加え、NZ HOUSEという文字通りニュージーランドの素敵なお家や家具のあれこれが載った雑誌をペラペラめくっては、マイ [続きを読む]
  • 奇跡が夜に起こる街
  • 2014年8月は最後の週、僕はカナダの北部、ノースウェスト準州の州都イエローナイフ空港到着。州都と言っても人口は2万人足らずの本当に小さな街。主な資源はオーロラ観光と鉱山での資源採掘。北極圏まで400キロと限りなく北極圏に近い生活が始まりました。冬は10時に日が昇って昼の3時には沈んでしまうパートタイマー。逆に夏は夜の11時に日が沈んで暗くなる前に日が昇る。緯度と経度で言えば、そんな場所。就職先は市内 [続きを読む]
  • お菓子作りはじめました
  • 皆さんこんにちは。ニュージーランドはもう夜の23時を過ぎたところ。既に僕は歯を磨いてベッドの中でぬくぬくしております。しかしながら、金曜の夜ということもあり外からは爆音ならした派手なドライブ、シャウトに奇声と、やいのやいの皆さん元気でなにより。こんなに騒々しくても気にせず眠れる遺伝子を授かったことにただただ感謝です。今日もいつと通り仕事を終え帰宅。今の仕事を始めてからというもの終業は午後3時。それか [続きを読む]
  • 掃除の日 with ケイティー
  • 今日もダニーデンは気持ちの良い快晴。しかしながら朝の寒さは冬の匂いを感じさせる。本日も仕事はオンタイムで終了。仕事中、急に今日はシーツを洗いたい願望に駆られる。帰宅後、早々にシーツ諸々リネンをマシンにぶち込み洗い終わるまで自宅待機。その間シーツ一枚しかないもんだから、ベッドでゴロゴロも出来ず、乾燥機に放り込んだ後は天気もよいことだし、散歩へ。帰宅後も乾き不十分にてドライ延長。その間にケイティ [続きを読む]
  • 自己紹介 その3
  • カナダに渡ったのは2014年の6月。都市はバンクーバーでした。27歳、初めての海外生活。語学学校とホームステイ。意気揚々と降りたたったカナダの地。一週間でまさかのホームシックシンドローム。日本に帰りたいとかそんなんじゃなく、思い描いてた海外生活と実際のギャップや慣れない土地でのストレスが原因だったように思います。その時のホームステイが一緒だったオレオレ系のスロベニア人もマイケルも『最初は俺もホームシ [続きを読む]
  • 大人しく肉じゃが
  • こんにちは。今日もいつも通りお仕事。ダニーデンという街の中でもCity Centerというほぼ真ん中にニュージーランド人のケイティー、ジョシュ、コナーの4人でフラット生活。ニュージーランドは1週間毎の家賃の支払いが一般的で、ここは1人あたり$112.5/週。なので月当たりにすると$450。立地も良く、今の職場も徒歩で5分圏内。従って、とても満足。就業時間の30分前まで寝てられる贅沢さ。仕事終わりに公園でゆっくり過ごそうか [続きを読む]
  • 自己紹介 その2
  • 前回の自己紹介続きです。さて、社会人になってからも特に英語とは縁もゆかりもない生活が続きます。が、そんなある日たまたま当時の同僚の友達が日本に連れてきたアメリカ人はケビン。しかし、友人はほとんど仕事で忙しく代わりに街を案内したり、観光したり。会話は全部日本語。なぜならケビン日本語ペラペラ。僕の初めての外国人の友達でした。この時初めて、英語が話せるようになった僕の世界はどんな感じになるんだろうと [続きを読む]
  • 丘の上のカフェ
  • こんにちは。自己紹介の続きを書く前に、なんでもない本日の出来事を。日曜日は週6で働く僕にとって唯一の休日。普段は朝の9時から午後3時まで仕事でそのあとはフリー。本当はそのあとカフェでゆっくりリラックスしてお茶でもしたいなーと思っても、夕方には閉めちゃうお店が殆どで、平日は家と職場の往復に終始することが多かったのですが、今日は昼近くまでぬくぬく寝たあとに、食パンかじって、毎日夜遅くまでやってる街の丘の [続きを読む]
  • 自己紹介 その1
  • こんにちは。タイトル通り、この度2回目の投稿は自己紹介に終始させて頂きたいと思います。僕は日本の雪国生まれ、ど田舎育ち。町唯一の保育所、幼稚園、小中を卒業。高校は町にないので隣町へ。特に目立った活躍も、キラキラした思い出もない学生時代。社会人になってからは親に勧められたことがきっかけで、医療の世界へ。大人として日本の社会で生きていく大変さや苦労を知る。医療の勉強は楽しかった。でも医療の世界で感じる [続きを読む]
  • ブログはじめたよ。
  • 初めまして、こんにちは。そう、僕は今、ワーキングホリデーにてニュージーランドで暮らしています。ビザの期限は1年で滞在期間は既に4ヶ月。今はダニーデンというニュージーランドの南島の中でもわりかし南の方の小さな街にいます。ここ数年久しく文章を書くということに触れていないので、いつまで続くかわかりませんが、ゆるーく長く続けていけたらなと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …