佛生山孝恩寺 さん プロフィール

  •  
佛生山孝恩寺さん: 孝恩寺のブログ
ハンドル名佛生山孝恩寺 さん
ブログタイトル孝恩寺のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yoneta428
サイト紹介文夕張郡栗山町にある高野山真言宗の寺院です。日々の様子、法要の模様など、写真を中心に紹介してゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/05/25 23:35

佛生山孝恩寺 さんのブログ記事

  • ピアノの調律
  • ピアノを調律してもらいました。ピアノが変わったわけではない、置き場所を変えたわけではないのに、音に響きが出たような気がします。調律師さんから「よく弾き込まれていますねー」と言われました。練習はまだまだ足りないとは思いますが、ちょっとうれしかったです。ピアノは気温と湿度との影響を受けやすい繊細な楽器。今の置き場所が悪いせいか、季節が変わるごとに音の狂いが感じられます。ピアニストでもないのにそんなにし [続きを読む]
  • 涅槃図のおはなし
  • 真言宗北海道教師会というお坊さんのサークルがありまして、これは、著名な先生を講師として招いてみんなで仏教のお勉強をしましょうという会です。今年は先月(8月)の21日に涅槃図研究の第一人者、竹林史博僧正に北海道までお越しいただき、涅槃図(お釈迦さまが亡くなるときの様子を描いた絵図)の絵解きについてお話いただきました。竹林先生の後ろに掛けられているのが涅槃図です。お釈迦さまが亡くなった2月15日にこの絵図を [続きを読む]
  • ブラタモリで高野山
  • 9月9日、NHKのTV番組「ブラタモリ」でわが高野山真言宗の本山、高野山の特集が放送されていました。なんと、この日を含め、三週連続で放映されるそうです。http://www.nhk.or.jp/buratamori/この日の放送の話題は町石道(ちょういしみち)。高野山へ歩いて登る7つの道のうちの一つ、メインロードです。そう、毎年12月17日に町石道を歩こう会というサークルで歩いている道のことです。番組の中でタモリたちを案内していた木下さん [続きを読む]
  • 『孝恩』第101号
  • 寺報『孝恩』第101号、さきほど発送してきました。今月の巻頭法話は「おがみ方のスタイル」についてです。いかなる状況でも自分の宗旨のスタイルを貫くのか。あるいは状況に応じてスタイルをかえるのか。このことは弔問のときに線香のたむけ方にでるのではないかと葬祭業者のCMをみていて思ったというわけです。そのCMがこちらやわらぎ斎場「焼香」篇線香のたむけ方、特に故人の宗旨に合わせなくてもよいのではないかとも思ったの [続きを読む]
  • ピアノ教本の修理
  • 子供たちが使っているピアノ教本の傷みがはげしいので、修理してみました。このツェルニー30番は私の叔母が使っていたもので、1967年の版、定価200円です。きれいなまま保存されていたのですが、私の子供たち四人が使ってきましたので、もうボロボロ。製本テープで一度修理したのですがそれでも損傷がはげしいので、もう一度修理してみます。カバーフィルムを教本の外側に貼り付けて補強します。教本の大きさにカットして、ゆっく [続きを読む]
  • くりやま音楽祭に申し込み
  • お盆の激務が終わって放心状態にいます。といっているのもつかの間!一年に一度の晴れの舞台、くりやま音楽祭の日が近づいてまいりました。くりやま音楽祭というのは、栗山町民ならだれもが出演できる音楽披露の場、私は三年前から、一年間練習してきたピアノ曲をここで発表することに決めています。今年は10月28日(土)、もう二ヶ月しかありません!あせってくるじゃあないですか!今年演奏するのは、ベートーヴェンのピアノソナ [続きを読む]
  • JRの電車
  • 先日、北見へ出張してきました。そのときに乗った電車の動画をアップします。けっこう電車好きなんですよ。北見まで片道4時間。ぼーっとして景色をながめていたり、うとうと居眠りしたり、本を読んだり、これはもう最高の時間です。オホーツク1号岩見沢駅から乗車した網走行きの特急です。途中、上川で外人さんの団体が乗り込んできて満席状態に。この列車、遠軽駅でスイッチバックするので、座席を回転させなければなりません。と [続きを読む]
  • 燈籠送り火
  • 今年もお盆が終わりました。熱中症で倒れることなく、無事棚経を終えられたこと、本当にありがたいです。下の動画、写真は8月18日に行われた燈籠送り火法要の様子です。2017燈籠送り火お盆期間中、燈籠は本堂につり下げられて毎朝御供養しています。こちらは施餓鬼供養の祭壇。餓鬼とは、草木や石ころにやどる微弱な精霊のこと。それら無数の精霊に供物をささげてご先祖さまやわれわれ生きている者に御利益をさずけてもらいます。 [続きを読む]
  • ろうそく祭 終わりました
  • ろうそく祭が終わりました。いよいよお盆がはじまります。2017ろうそく祭供物にはメロン、スイカ、アスパラ、というところが北海道らしいですね。今年はほぼ無風状態の曇り空、暑くもなく、ろうそくの火も消えず、コンディションとしては最高でした。日中は暑くても夕方になると涼しくなるのが北海道の良いところです。法要が終わってみなさんが帰ったあとの境内。ろうそくのあかりが浮かび上がります。お手伝いいただいたみなさん [続きを読む]
  • ろうそく祭りのご案内
  • お盆の行事第二弾、子供のための法要です。地蔵盆ろうそく祭り7月24日(月)18:30よりお盆のむかえ火子供の安全祈願水子・幼歿供養ぼんぼりろうそくをともしてご先祖さまをむかえます。紙芝居もおこないます。花火もあげます。子供たちにはくじびきもあります。子供たち、ぜひ遊びにきてください。小さなお子さんは親御さんとご一緒に。20:00終了予定です。 [続きを読む]
  • 真言宗の瞑想法
  • 先日、江別市の八葉峰寺でおこなわれた子安観音の供養祭に出仕してきました。子安観音像石狩川に橋がかかる以前のこと、渡し船が転覆して小学生10数名が亡くなり、その供養のために建立されたそうです。法要の終了後、ご住職のご指導で、瞑想体験の講座が開かれました。真言宗には阿字観という瞑想があるのですが、これはある程度の知識と修練とが必要ですので、それよりも入門的で簡略な阿息観(あそくかん)という瞑想が行われま [続きを読む]
  • 7/19馬頭観音チリシャ祭りのご案内
  • 北海道も昨日から局所的な豪雨が続いていますね。雨のおかげでひどい暑さからはまぬかれましたが、2年前に起こった災害のように至らないことを願っています。さて、本日はお盆行事4連発の第一弾、馬頭観音チリシャ祭りのご案内です。馬頭観音チリシャ祭り7月19日(水)13:30より孝恩寺駐車場ヨコ馬頭観音像前にてワンちゃんニャンちゃんはじめペットのご供養や畜産等の牛馬供養もおこないます。「チリシャ」というのは漢字で「底 [続きを読む]
  • 『孝恩』第100号
  • 『孝恩』第100号、本日発送しました。記念すべき100号目なのですが、なんの代わり映えもない通常どおりの月報です。今月の巻頭法話は『法句譬喩経』というお経から採録しました。原文には「阿毘跋致」(不退転)という言葉は出て来ませんが、私の解釈でその意をくみ取りました。決意がゆらぐとき、そのゆりもどしのきっかけが必ずあると思うのですが、そのきざしを察知してモノにした人が成功に結びつくのではないか、という私個人 [続きを読む]
  • 草刈り草引き
  • 昨日(6月25日)は雨降りの中、草刈り草引き作業を行いました。檀信徒のみなさん20人ほどで行いました。側溝もきれいになりました。この傾斜の草刈りはけっこうキツいんです。草を落とし込まないように、跳ね上げるようにして刈ります。これが腰にくるんですよね。堂舎の裏側もきれいになりました。この山裾のところはいつも山の神様といわれる伝説の老翁(93歳)が刈ってくれます。この傾斜を自在に歩き回ってトゲだらけのアカシ [続きを読む]
  • 『孝恩』第99号
  • はぁ〜やっとでけた。『孝恩』第99号最近、超超超ー忙しくて、なかなか書き上がりませんでした。今月号の巻頭法話は弘法大師の伝説、「摺針峠」です。この物語は2000年7月26日付け『朝日新聞』の天声人語でとりあげられてさらに有名になったお話です。「摺針峠」で検索して出てきたネット上の記事のソースはほとんどそこにあるようです。で、天声人語は何にもとづいて書かれたものなのか、それは調べていないのでわからないのです [続きを読む]
  • 横石知二『そうだ、葉っぱを売ろう!』
  • 伝説の町、上勝町の町おこしの火付け人、横石知二氏の本を買ってきて読んでみました。これが実におもしろかった。下手な小説なんかよりもずっとおもしろかったし、勉強にもなるし感動もしました。横石氏が農業指導員として上勝町に赴任した当初、上勝町は人口2000人をきった限界集落で、男は昼から酒を飲み、女は井戸端会議で夫の悪口、国からの補助金でなんとか持ちこたえていた町でしたが、横石氏がたまたま料理屋でとなりの席の [続きを読む]
  • 月ヶ谷温泉
  • 徳島県上勝町にある慈眼寺を参拝した後、その近くにある月ヶ谷温泉「月の宿」というところで一泊しました。なかなかきれいなお宿です。部屋は広くてきれい。そこからのぞむ景色もすばらしかったです。地ビールの「KAMIKATZ」料理もおいしかったです。このおっきな椎茸の天ぷらが最高でした。廊下にはお年寄りの写真のタペストリーや写真がたくさんかざられているのでどうしてかな?と思ったら、上勝町といえば、お弁当や料理につか [続きを読む]
  • 灌頂ヶ滝
  • 昨日アップした慈眼寺のすぐふもとに灌頂ヶ滝という滝がありました。いつもの四国巡礼のときは団体行動なので、見る時間がなかったので、今回は上まで登ってきました。滝の一番うえまでは行けないのですが、階段が設置されていて、その上のほう不動明王が安置されています。「滝の飛沫五色の虹」とのことですが、このときすでに夕方、虹は見られませんでした。なんと! 覚鑁上人御作の不動明王だそうです!覚鑁上人とは、真言宗中 [続きを読む]
  • 慈眼寺(徳島県上勝町)お礼参り
  • 先月、関西へ出張がてら、徳島県上勝町にある慈眼寺を参拝してきました。和歌山港から南海フェリーで徳島港へ。徳島市から車で約一時間、勝浦郡上勝町へ行きます。慈眼寺は四国別格三番霊場です。お寺に着くと、本堂らしき建物がありますが、そこは遙拝所。本堂はそこから十五分ほど山を登ったところにあります。このお寺には平安時代、弘法大師空海上人が修行していたときに、その邪魔をしにきた悪龍を退治して洞窟に封じ込めたと [続きを読む]
  • テレビの力
  • いまさっき子供を由仁の駅に送ってきたら、駅前の鮭キムチの店の前に人の行列!この写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、かなりの人が並んでいました。テレビカメラもきていました。「ノンストップ!」や「スマステ」で紹介されたみたいですね。 [続きを読む]
  • 弘法、筆をえらばず
  • 栗山町の仏教寺院の住職はローテーションで高齢者養護施設をまわって法話をおこなう活動をしています。明日、私はその当番になっているのですが、そこで私は法話だけでなくピアノの演奏をするつもりです。というわけで、さきほどピアノの状態を確認に行ってきたのですが、これがなかなかスバラシイものでした。まず、鍵盤が全体的に重いんです。そして、いくつかの鍵盤は叩くと金属音のするものがある。さらに二つほど、おっそろし [続きを読む]
  • 西村由紀江:ビタミン
  • しばらくぶりの更新です。そして、さらにしばらくぶりのピアノ演奏のアップです。あさってに高齢者養護施設で演奏する予定なので、その練習もかねてのことです。お聞き苦しい演奏ですが、もしよろしければ聴いてみてください。ビタミン明後日は全部で4曲を予定していますが、この曲、西村由紀江の「ビタミン」は元気の出る景気のいい曲なのでしょっぱなでやろうと考えています。西村由紀江は今やもう日本を代表する作曲家兼ピアニ [続きを読む]
  • 斉藤弘子『人は死んだらどうなるのか?』
  • 先月の26日、栗山町にひどい雷が落ちて二回ほど停電がありました。そのせいでインターネットがつながらなくなってしまいまして、リアル仕事関係のみなさんには、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。ブロ友のみなさんにも音信不通になってしまいまして、失礼いたしました。NTTやプロバイダにたずねて本日やっと復旧しました。原因はたいしたことではなかったのですが、復旧させないまま大阪へ出張してしまいましたので [続きを読む]
  • お山びらき護摩法要のご案内
  • 新年度がスタートしてから我が家にもいろいろな変化がありましてすっかり雑用に忙殺されてブログの更新ができない状態になっていますが、現在の状況になれるまでもう少しがんばりたいと思います。ということで、もうすぐ行われますところの春季大祭、お山びらき護摩法要のご案内です。春季大祭お山びらき護摩法要4月29日(土曜祝日)9時30分より お山めぐり11時より 護摩法要12時ごろより 塔婆供養※ 護摩法要のはじまる前、 [続きを読む]