けい さん プロフィール

  •  
けいさん: 趣味は読書です
ハンドル名けい さん
ブログタイトル趣味は読書です
ブログURLhttp://ameblo.jp/piano4season/
サイト紹介文ひたすら読んだ本たちの記録。 読書感想ブログ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/05/26 16:16

けい さんのブログ記事

  • 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 / 二宮敦人
  • 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常/新潮社¥価格不明Amazon.co.jp入試倍率は東大の3倍! 卒業後は行方不明多数!!「芸術界の東大」の型破りな日常。才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、やはり只者ではなかった。 口笛で合格した世界チャンプがいると思えば、ブラジャーを仮面に、ハートのニップレス姿で究極の美を追究する者あり。お隣の上野動物園からペンギンを釣り上げたという伝説の猛者は実在するのか?「芸 [続きを読む]
  • 告白 / 湊かなえ
  • 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)/双葉社¥価格不明Amazon.co.jp「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベ [続きを読む]
  • リアル公務員 / 町田智弥
  • リアル公務員/英治出版¥価格不明Amazon.co.jp現役公務員が描いた「お役所の今」がわかるコミックエッセイ。なんで、たらい回し? なんで、言い訳ばかり? タテ割り・人事異動・ゆるキャラ・住民参加・天下り・たらい回し……知っているようで知らない「おかしさ」「哀しさ」、そして「醍醐味」。面白くなかったでーす!!結局、こういう本に書くほどの仕事はしてないんじゃないの?と思われても仕方のない内容だと思います。それ [続きを読む]
  • マンガ版 親子アスペルガー / 兼田絢未
  • マンガ版 親子アスペルガー―明るく、楽しく、前向きに。/合同出版 ¥価格不明Amazon.co.jp「好きにしなさい」と言われたら好きにしてしまう。 中断するのがとっても苦手。 100人に1人か2人の脳を持つ私たちのことを知ってほしい。 同じ障害を持つ息子ふたりとの日々が克明に綴られています。 怒って泣いて笑って感動の子育て記録。 この本を読んで、改めてアスペルガーって“自閉”なんだなあ、と。。確かに“自閉症スペクトラム [続きを読む]
  • 架空OL日記 2 / バカリズム
  • 架空OL日記 2 (小学館文庫)/小学館¥価格不明Amazon.co.jp恋愛はやや遠ざかり気味、週末はややインドア派で、何かとややズボラ気味な私。そんな私が料理教室で「300キロカロリー」で手を打つことになったあんなことから、会社の男前な先輩女子・小峰様が「小峰神」に格上げされたこんなこと、いろんな意味で天然すぎる後輩サエちゃんが「ホラーネ事件」や「雨かざれ事件」でパワーアップぶりをいかんなく発揮したそんなことまで、 [続きを読む]
  • 作家の本棚 / ヒヨコ舎
  • 作家の本棚 (アスペクト文庫)/アスペクト¥価格不明Amazon.co.jp弊社から2008年に刊行した、ヒヨコ舎さんによる二冊の単行本『本棚』『本棚2』。この二冊から小説家やエッセイスト、歌人として活躍されている表現者の記事を中心に再編集した、文庫オリジナルの一冊が完成しました。純文学、短歌、エッセイ、ミステリ、SF、ファンタジーなど、様々なジャンルで人気を博す総勢14人の作家の方々の本棚を拝見。これでもか!というぐら [続きを読む]
  • 何者 / 朝井リョウ
  • 何者 (新潮文庫)/新潮社¥価格不明Amazon.co.jp就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。 映 [続きを読む]
  • ぶたぶた / 矢崎存美
  • ぶたぶた【徳間文庫】/徳間書店¥価格不明Amazon.co.jp山崎ぶたぶた──彼は歩き、喋る、生きているぬいぐるみ!?彼と出会ったしまった人間たちの姿と心の動きを描いた傑作連作集。 かわいいお話でした〜。なぜか全くウィキペディアがなく公式情報がないので、作者の矢崎さんの公式ブログだけが頼りです。矢崎電脳海牛ブログそしてこのぶたぶた、シリーズが半端なく出てます。私はもう読む予定は今のところないですが!笑ぶ [続きを読む]
  • 暴れん坊本屋さん 2 / 久世番子
  • 暴れん坊本屋さん(2) (ウンポコ・コミックス)/新書館¥価格不明Amazon.co.jp本屋さんで働く少女マンガ家久世番子が楽しくも忙しい書店員ライフをコミカルに描くぶっちゃけ書店員エッセイコミック第2弾!もっと本屋さんが好きになること間違いナシ!「暴れん坊本屋さん」に続く第2巻です!今回も面白くて、すぐ読めちゃいました。今回読んでいて驚いた本屋さん豆知識は、お盆には版元も取次も休みになり、本屋さんだけが働いてい [続きを読む]
  • 王妃の離婚 / 佐藤賢一
  • 王妃の離婚 (集英社文庫)/集英社 ¥価格不明 Amazon.co.jp 1498年フランス。時の王ルイ12世が王妃ジャンヌに対して起こした離婚訴訟は、王の思惑通りに進むかと思われた。が、零落した中年弁護士フランソワは裁判のあまりの不正に憤り、ついに窮地の王妃の弁護に立ち上がる。かつてパリ大学法学部にその人ありと謳われた青春を取り戻すために。正義と誇りと、そして愛のために。手に汗握る中世版法廷サスペンス。第121回直木賞受賞 [続きを読む]
  • おかんメール3 / 『おかんメール』制作委員会
  • おかんメール3/扶桑社 ¥価格不明Amazon.co.jp母の日に発売されて以来、「爆笑できる」「ほっこりする」とたちまちベストセラーとなった『おかんメール』。お待たせしました、3巻の登場です!「ひそが入っていておいしかったです」(正しくは紫蘇)「生き方を教えて」(正しくは行き方)など、おなじみ誤字脱字メール。「ワタシついた上のいまサイゴ」(訳:今、上野公園の西郷隆盛の銅像の前に着きました)など意味不明のメール。 [続きを読む]
  • なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか / 二村ヒトシ
  • なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)/イースト・プレス ¥720 Amazon.co.jp 「苦しい恋」にはわけがある。「心の穴」と「自己受容」をキーワードに、なぜ「楽しいはずの恋愛」が苦しいのか、の秘密に迫ります。「恋愛」と「生きづらさ」を考えるための決定版。うーむ、、かなり難しい内容でした。もはや学術書だ!もっと、けらけら笑いながら読めるようなやつを期待してたんですけどね。私には色々当 [続きを読む]
  • やってられない月曜日 / 柴田よしき
  • やってられない月曜日 (新潮文庫)/新潮社 ¥562 Amazon.co.jp 高遠寧々、二十八歳、経理部勤務、就職氷河期のコネ入社が引け目──。勤め先は一応大手の出版社、彼氏はいなくても、気の合う仲間もいるし、趣味もあるし、一人暮らしも満喫中。だから辞める気なんか少しもない。けど、職場にあるのは伝票の山と経費のゴマカシとパワハラと不倫……、はっきり言って、不満だらけです!働く女性のリアルな日常と本音を描いたワーキング [続きを読む]
  • クジラの彼 / 有川浩
  • クジラの彼 (角川文庫)/角川書店(角川グループパブリッシング) ¥596 Amazon.co.jp 『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる…。表題作はじめ、『空の中 』『海の底 』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たち [続きを読む]
  • 新卒はツラいよ! / きたみりゅうじ
  • 新卒はツラいよ! (幻冬舎文庫)/幻冬舎 ¥535 Amazon.co.jp 働くあなたを応援する、共感必至のコミックエッセイ!!大不況に翻弄された就職活動を乗り越えて、晴れて社会人の仲間入り!ヒヤヒヤの研修、ドキドキの配属、地獄の長時間通勤を経て、一人前になったかと思ったら強制異動!?やる気をなくしてすっかりマンネリ、新天地を求めて転職を決意、退社の意志を伝えたら社長にクビを言い渡され……。働くとは、かくも厳しきものな [続きを読む]
  • 本を読む女 / 林真理子
  • 本を読む女 (集英社文庫)/集英社 ¥605 Amazon.co.jp 山梨の裕福な菓子商の末っ子として生まれた万亀は児童文芸誌「赤い鳥」を愛読する少女だった。勉強がよく出来た万亀は、女専に進み東京の華やかな生活を知るも、相馬に行き教師となるのだが――。進学、就職、結婚のたびに幾度も厳しい現実の波に翻弄されながらも、いつも彼女のそばには大好きな本があった。大正から昭和にかけての激動の時代、常に前向きに夢を持ち続けたひと [続きを読む]
  • 君たちに明日はない / 垣根涼介
  • 君たちに明日はない (新潮文庫)/新潮社 ¥724 Amazon.co.jp 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。建材メーカーの課長代理、陽子の面接を担当した真介は、気の強い八つ年上の彼女に好意をおぼえるのだが…。恋に仕事に奮闘するすべての社会人に捧げる、勇気沸きたつ人間ドラマ。色んな感 [続きを読む]
  • 光とともに... 10 11 12 / 戸部けいこ
  • 光とともに… (10)/秋田書店 ¥821 Amazon.co.jp 光とともに… 11―自閉症児を抱えて/秋田書店 ¥821 Amazon.co.jp 光とともに… 12―自閉症児を抱えて/秋田書店 ¥821 Amazon.co.jp 中学生の光君、新たな歩みが将来の希望へとつながるように…。中学校編、スタート!!7、8、9巻 に続き、10、11、12巻を読みましたー!ついに小学校を卒業。支援学校の中学部へ行くか、地域の中学校の支援学級か、お決まりのすったもんだがあり、結 [続きを読む]
  • 東の海神 西の滄海 / 小野不由美
  • 東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)/新潮社 ¥637 Amazon.co.jp 延王尚隆と延麒六太が誓約を交わし、雁国に新王が即位して二十年。先王の圧政で荒廃した国は平穏を取り戻しつつある。そんな折、尚隆の政策に異を唱える者が、六太を拉致し謀反を起こす。望みは国家の平和か玉座の簒奪か――二人の男の理想は、はたしてどちらが民を安寧に導くのか。そして、血の穢れを忌み嫌う麒麟を巻き込んた争乱の行方は。 めっっ [続きを読む]
  • 人魚の眠る家 / 東野圭吾
  • 人魚の眠る家/幻冬舎 ¥1,728 Amazon.co.jp 答えてください。娘を殺したのは私でしょうか。娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。娘がプールで溺れた――。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。愛する人を持つすべての人へ [続きを読む]
  • すーちゃん / 益田ミリ
  • すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)/幻冬舎 ¥494 Amazon.co.jp お金も美ぼうも男もない。将来自分は、一人でひっそり死んでいくのか。職場の人間関係や友達との付き合い方、恋に悩みながら、自分を見つめる「すーちゃん」の物語。異色の四コマ漫画誕生! 以前「OLはえらい 」を読んだぶりの、益田ミリさんでーす!もう、数秒で読み終えれる感じの、4コマ漫画です。笑どうも、現在のすーちゃんの中で“仕事”が占める割合はそこまで [続きを読む]
  • 英国一家、日本を食べる / マイケル・ブース
  • 英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)/亜紀書房 ¥2,052 Amazon.co.jp 市場の食堂から隠れた超名店まで、ニッポンの味を無心に求めて――東京、横浜、札幌、京都、大阪、広島、福岡、沖縄を縦横に食べ歩いた100日間。 想像以上に面白く、また読みやすかったです!ノーストレスで、無理なく読破することができました。イギリス人らしい皮肉的ユーモアで色々と言いつつ、でも結局は、日本最高!日本のご [続きを読む]
  • 平台がおまちかね / 大崎梢
  • 平台がおまちかね 井辻智紀の業務日誌 (創元推理文庫)/東京創元社 ¥価格不明 Amazon.co.jp 本が好き。でも、とある理由で編集部には行きたくなかった出版社の新人営業マン、井辻くんは個性的な面々に囲まれつつ今日も書店で奮闘中!平台に何十冊と積み上げられた自社本と、それを彩る心のこもった手書きの看板とポップ。たくさん本を売ってくれたお礼を言いに書店を訪ねると、店長には何故か冷たくあしらわれ……。自社主催の文学 [続きを読む]
  • 生贄のジレンマ / 土橋真二郎
  • 生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫)/アスキーメディアワークス ¥637 Amazon.co.jp 生贄のジレンマ<中> ¥価格不明 Amazon.co.jp 生贄のジレンマ<下> ¥価格不明 Amazon.co.jp 「今から三時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法もあります、それは生贄を捧げることです」卒業を間近に控えた篠原純一が登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室には登校拒否だった生徒 [続きを読む]
  • グリーン・グリーン / あさのあつこ
  • グリーン・グリーン (文芸書)/徳間書店 ¥1,728 Amazon.co.jp 主人公は翠川真緑(みどりかわみどり)。通称グリーン・グリーン。県立農林高校の新米教師だ。畜産科には山羊と豚がいるし、園芸、栽培科には花、果樹、野菜の畑や、ビニールハウスが並んでいる。林業科には研修林や、炭焼き釜まで揃っている。都会で育った真緑は失恋のショックを炊きたてのおにぎりで、救われたことがある。お米の美味さに感動した真緑が出会った農林高 [続きを読む]