クーキチ さん プロフィール

  •  
クーキチさん: 中小企業サラリーマン応援サイト Japan ITエンジニア
ハンドル名クーキチ さん
ブログタイトル中小企業サラリーマン応援サイト Japan ITエンジニア
ブログURLhttp://japanengineers.seesaa.net/
サイト紹介文日本社会の基盤である中小企業のエンジニアの方々に少しでも役立つことを願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 331日(平均0.2回/週) - 参加 2013/05/27 01:01

クーキチ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【Access】表形式のフォームにおいてExcel出力してみよう
  • 簡易なデータベースを用いて、インプット/アウトプットを行いたい場合は、Microsoft Accessツールがよく用いられます。使う用途にもよりますが、 「Excelを扱うよりレベルが高く」、 「PG開発を行うアプリケーションほど難易度が高くない」性質を持つAccessツールは、業務の現場では非常に有効なツールとなっているのですね。そんな中で、ちょっと学んだAccessのノウハウを備忘録として記載していきたいと思います。------------ [続きを読む]
  • SQLによるテーブル間のデータ同期について(MERGE文とUPDATEの結合)
  • 少しSQL Server のストアドプロシージャ開発を行うこととなり、ちょっと覚えたSQLを備忘録として記載しておきます。開発するシステムのマスタ情報と、基幹システムデータを同期する処理について、SELECT、INSERTで対応しようとしていたが、データを同期できる便利なSQL文があるということで、以下の2パターンについて記載します。【方法】・MERGE文・UPDATE文で、結合したテーブルのデータで更新する【サンプルデータ】・メインテ [続きを読む]
  • 設計マスター1 【要件定義フェーズ】画面設計の前提条件
  • 画面設計の前提条件 Webアプリケーション開発において、システム面での要件定義として、 まずは前提条件を確認、決定しておく必要がある。  主には、以下の4項目は必須となる。1.対応ブラウザ ブラウザにより、CSSやHTMLタグの属性が異なる場合や、Javascriptは ブラウザの仕様によって、コーディング内容が異なる。  【主なブラウザ】  Internet Explorer  Firefox  Safari  Chrome  Opera  Edge  2. [続きを読む]
  • ASP .NET MVCの基本ルール【コンテテキストクラス】
  • MVCの基本ルール【コンテテキストクラス】 現在のプロジェクトにおいて、ASP .NET Frameworkの MVCフレーム ワークを用いた開発を行うこととなったため、その際に理解したポイント をまとめておきます。  基本的に以下の書籍を参考に開発を行いました。 ※本文の内容も参考にしています   今回のプロジェクトでは、この書籍だけで問題なく開発を進めることが できました。素晴らしい・・・・【モデルの基本ルール】コン [続きを読む]
  • プロジェクトマネージメントの経験談?
  • ≪前回の続きで・・・≫1つのリクエストが与えるインパクトをユーザ側にも徐々に理解してもらえるようになり、現時点では不要となる「今後必要となるかも」の優先度を下げることにつながる。結果、次期開発要望として一覧化して蓄えておく流れができ、PJ内の開発フェーズ正常化を保持することができる。PJが正常に進むことがサービス提供側、サービスを受ける側の両方にとって大きなメリットであり、PJの成功が両社の共通目標であ [続きを読む]
  • プロジェクトマネージメントの経験談?
  • ≪前回の続きで・・・≫実際はその通り!!  ということでもあるが、注意点として以下のことを常に念頭において 置く必要がある。   ・利用者も自分たちの業務にシステムがどのように影響してくるか   具体的には理解していない  これは、システムの概要や得られる効果やデメリット、費用と稼働 開始日などは提案書やRFPなどで把握しているが、機能や画面の使い方 から、実際の利用者がどのように使っていくか、業務 [続きを読む]
  • プロジェクトマネージメントの経験談?
  • システムエンジニアとして30代中盤になると、開発、設計を中心とした業務からマネージメントを行う機会が徐々に増えてくる。大規模案件を中心とした大手、中堅企業であれば、明確なキャリアパスとして、PG→SE→PL→PMといった各自の役割が分かれていることが多いが、中小規模の案件を生業とする中小企業SIerの場合は、設計+PLといった兼業的な役割を担ってPJに参画することが珍しくない。そんな中で、約1年間のPJにおいて、業務 [続きを読む]
  • 過去の記事 …