タテンド さん プロフィール

  •  
タテンドさん: 『房総ぶらり神社仏閣巡り』
ハンドル名タテンド さん
ブログタイトル『房総ぶらり神社仏閣巡り』
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shumitei/
サイト紹介文観光客が訪れることも無い房総の小さな集落にひっそりと佇む神社やお寺をバイク(タンデム)で巡ってます
自由文神社仏閣巡りの他には、オーディオや写真(カメラ)が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/05/27 23:58

タテンド さんのブログ記事

  • 神明神社  その7(鴨川市大川面)
  • その6からの続き。そろそろ帰路につきます。また水平が取れて無い写真ですね。気を付けないといけませんね。m(__)m神社の入口左側に幟を立てる石の土台がありました。観光客など絶対に訪れないような神社ですが、自分はそのような集落の小さな神社が凄く好きです。そんな風景... [続きを読む]
  • 神明神社  その6(鴨川市大川面)
  • その5からの続き。社殿は拝殿と本殿が一つの作りです。神明神社と言う名前ですから、社殿の作りは神明造ですね。とは書いては見たが、神社建築の種類はなかなか覚えられない自分です。(笑)???造!という名前ぐらいは聞いたことがあっても実際に社殿を見て、この社殿は『?... [続きを読む]
  • 神明神社  その5(鴨川市大川面)
  • その4からの続き。社殿の右側には祠があります。古い祠のように見えます。文字は確認出来るのか?一回り見たのですが風化によって文字は消えてしまったようです。石碑。『大正六年八月十八日 参宮記念』とあります。諸冊神社とあります。諸は『いざなぎのみこと』、冊は『い... [続きを読む]
  • ストロボ
  • 18年ほど前にMINOLTAα-SWEET と言うカメラを買ったのですが、そのすぐ後にデジタルカメラKODAK DC280J-ZOOMを買ってしまいフィルムカメラからは足が遠のいてしまった。(;^ω^)今日、たまに寄る某リサイクルショップに行けたので、写真機材があれこれ入ってるカゴを物色し... [続きを読む]
  • 神明神社  その3(鴨川市大川面)
  • その2からの続き。手水舎です。う〜ん、石から石灰質の成分でも滲み出て白くなるのだろうか? それとも単に水道水の塩素が固まるのか? 私には解りませんわ。(笑) パッと見では文字が無いような、それにそんなに古い手水鉢でもないように見えるな〜。目を皿のようにして手... [続きを読む]
  • 神明神社  その2(鴨川市大川面)
  • その1からの続き。国道から少し脇に入った場所に神社は御鎮座してます。鳥居の手前の石段は5段あります。石段右側の石垣も良い雰囲気を醸し出しています。鳥居左側は車で上がれるようにスロープになってますが、昔はたぶん石垣になっていたのでしょうね。石には重厚さがあり... [続きを読む]
  • 一輪?
  • 今年の我が家の紫陽花。いや〜諸般の事情により今年の花はこの大輪のみとなりました。昨年だったか?今年に入ってからだったか?、花の芽がでる枝をビシバシとカットしてしまいまして、この一枝のみ奇跡的にカットを免れた。(;^ω^)背丈が伸びてきたからと言っても、むやみに... [続きを読む]
  • ベンチレーター
  • まだ5月ですが、なんだかもう夏ですね〜。ふと40年ぐらい昔の7月8月の夏を思い出してみると、今日の昼間ぐらいの暑さが40年ほど前の夏ではなかったかな〜?と思えます。(笑)あと30年もしたら夏の気温45度なんて日もあるかもしれませんね。考えると恐ろしい〜。(◎_◎;)まっ、... [続きを読む]
  • ツイーター交換作業始まる。
  • 本日、作業開始しました。まずはツイーターを取り付ける土台となる板の加工を少しばかり始めた。土台に選んだのは厚さ5ミリのアクリル板。今日はこのアクリル板をエンクロジャーに取り付ける為のネジ穴をあけた。このアクリル板にあけた穴が8ヶ所。ちなみにこのアクリル... [続きを読む]
  • ツイーター壊れる!
  • DIATONE DS40-C1台のツイーターがついに壊れてしまいました。ツイーターから音が全く出ず。取り外してテスターで調べると全く通電してない。もう古い物なのでボイスコイルにつながる線の腐食による断線が原因だと思われる。アルミ板みたいのにマグネットやスピーカ... [続きを読む]
  • 八幡神社  その7(鴨川市東町)
  • その6からの続き。前に拝殿、後ろに本殿があります。拝殿に大きな絵馬がありました。説明書きには文政十年(1827年)正月十五日の寄贈とあります。190年前の絵馬です。190年の時の重さがこちらに伝わってきます。お額。本殿。小さい鬼瓦は本殿に使われていたと思えてきました... [続きを読む]
  • 八幡神社  その6(鴨川市東町)
  • その5からの続き。社殿前石段のすぐ左側には『七福神』の神様がお出迎えしてくれています。その七福神の神様の左側にも手水鉢があります。ここは上のパイプから綺麗な湧水が落ち続けています。こちらは文化五年(1808年)辰七月の奉納ですね。月の文字の下は何の文字があった... [続きを読む]
  • 八幡神社  その5(鴨川市東町)
  • その4からの続き。コンクリート製の階段を上がって振り返ると、40段の階段の上からとは思えぬほどの良い眺めが目の前に広がりました。太平洋が見えてます。この階段はJRなんと外房線を跨ぐ橋でした。こちら千倉方面。こちら勝浦方面。神社の方が遥か昔からこの地に御鎮座され... [続きを読む]
  • 八幡神社  その4(鴨川市東町)
  • その3からの続き。参道を進みます。昔は年中行事として流鏑馬が行われていたとの事。コンクリート敷にされてない土だった時代のこの長い直線の参道を馬が走り抜けていた姿が浮かんできます。振り返って神社入口側を見る。参道の長さは200メートルほどになります。小型の灯篭... [続きを読む]
  • 八幡神社  その3(鴨川市東町)
  • その2からの続き。まずは灯篭を拝見。パッと見ですが土台部分と、灯りを入れる部分とそのすぐ下の字に彫ってある足部は石の風化具合から見て作られた年代が違うように思えます。事実は解りませんが。。。('◇')ゞ『照明』と彫ってある。確かに照明で間違いではないでしょうが... [続きを読む]