kasa5o さん プロフィール

  •  
kasa5oさん: 2ndFrame
ハンドル名kasa5o さん
ブログタイトル2ndFrame
ブログURLhttp://kasa5o.exblog.jp/
サイト紹介文ベースである福岡空港の他、各地の空港で撮影した飛行機の情景写真。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/05/28 07:59

kasa5o さんのブログ記事

  • 熊本復興飛翔祭【後編】
  • 雲一つない快晴の下で行われた展示飛行の最終課目はレベルオープナー。正面からではありませんが、順光の青空とともに切り取ることができ、個人的には満足している1枚。震災で甚大な被害を受けた熊本に空からのエールを送った6機は、デルタローパスで会場に別れを告げました。2017.04 [続きを読む]
  • 熊本復興飛翔祭【前編】
  • 4月23日に行われた熊本復興飛翔祭。熊本城上空を舞うブルーインパルスの撮影に出かけました。どこから撮るか散々考え、ローパスを見下ろすことができる金峰山を同行の娘に提案。しかし、サクラやレベルキューピッドが目線に近く、形が分からないと却下され、おとなしく二の丸広場へ向かいました。車を停めるためにうろうろしていると、光線の良さげな場所に背の高い立体駐車場を発見。まだ展... [続きを読む]
  • 朝陽 2017 - 佐賀空港
  • 3月恒例、佐賀の朝陽。今年は朝陽と絡むANA452の出発時刻が悪く、例年よりも私のテンションは低めでした。この日、予想通り絶望的なタイミングでプッシュバックを開始。朝陽が顔を見せる前に離陸してしまうだろうと肩を落としました。しかし、マイナートラブルでタクシーアウトが5分ほど遅れ、朝陽を貫くことに。何が起こるか分かりません。まずは足を運ばねば。2017.03 [続きを読む]
  • JAC ATR42 <2> - 鹿児島空港
  • 昼の訓練は離陸した後、トラフィックパターンを周回して一旦フルストップ。その後、再びT-2からのインターセクションディパーチャーで離陸。朝の訓練はストップ&ゴーのみでしたが、昼はローアプローチも実施。JACのベースである鹿児島と就航する7つの離島を表現したハイビスカスが、真新しい白い機体に映えます。2017.02 [続きを読む]
  • JAC ATR42 <1> - 鹿児島空港
  • 先月末に鹿児島へ到着したJACのATR42。今月4日から訓練飛行を開始したようなので、鹿児島まで足を伸ばしてみました。この日、1回目の訓練は午前8時過ぎから。RWY34で1時間半ほどストップ&ゴーを繰り返しました。写真は午前9時45分頃、最後のフルストップを桜島とともに。早朝は斜め後方からの低い光線によって、右の翼の影が機体前方に長く伸びてしまうのが高翼機ならではの悩み。いずれ... [続きを読む]
  • 夜明け前の顔 - 大分空港
  • フェンスに阻まれ、撮影に向かない環境だった大分の展望デッキ。昨年末にリニューアルされ、新設されたカメラ穴と高台になっている部分からの撮影が可能となりました。そのオープンは、ターミナルビルの開館と同じ6時30分。日の出が遅い時期なら、東の空が明るくなり始めるタイミングに間に合います。この1枚のポイントは、機首を照らす光。整備士が点検のために照明をあてた瞬間を狙いました。20... [続きを読む]
  • 決め手 - 大分空港
  • 候補は、夕焼けと787の絡みが狙えそうだった長崎、夕陽の熊本、JACのATRが到着する鹿児島…。どこも好天の予報だったため、今回は当日まで遠征先に悩みました。実際に車を走らせたのは大分。狙うは、朝陽に照らされ黄金色に輝く海とブラストを吐き出しながら昇る出発機のシルエット。被写体まで距離があるため気温の低い冬、そしてRWY19でなければ撮れない光景。南風の予報が、遠征先を大分に... [続きを読む]
  • No choice - 北九州空港
  • ここぞと言うタイミングで、日差しが雲に遮られるのはよくあること。この1枚は画面手前から奥へと動く陰の合間を縫ったもの。本来ならば、グランドスタッフが機体から離れた時にシャッターを切りたいところ。しかし、日差しは雲に阻まれ、この瞬間以外の選択肢は与えられませんでした。2017.01 [続きを読む]
  • 単焦点 - 北九州空港
  • チャーターでやって来たKALのB747-8F。仁川へのフェリーは10ktを超える向かい風も相まって、軽々と離陸しました。300mm以上は、エクステンダーも多用しながら単焦点で撮るスタイルを長年続けています。正直、咄嗟の判断で画角を選べる100-400mmのズームを羨ましく思うことも少なくありません。しかし、今回のように7D2+300mmの単焦点一発勝負でピタッと収まると、めちゃめ... [続きを読む]
  • 離昇 - 高知空港
  • 2016年3月から故郷である高知に787が就航したことは、私にとって今年の大きな出来事のひとつ。サイズ的にもボリュームのある機体が、ガッツリ引っ張って離陸する姿は、被写体として非常に魅力的。需要が旺盛な時期のみの投入ではありますが、帰省の楽しみが確実にひとつ増えました。2016年最後のアップは、そんな高知の787を。2016.05 [続きを読む]
  • イリューシンを追う 7 - 山口宇部空港
  • 日没1時間前、ほぼ正面からの美しい光を受けたハバロフスクへの離陸。12月は3、4、16、17日の4日間、宇部でイリューシンを追いかけました。IL-96は、どの機体も外観のコンディションが良く、特に印象的だったのがエンジンのエアインテークの輝き。(そのエンジンのトラブルでニュースになってしまいましたが…。)ファインダー越しに見る最後の離陸も、銀色に輝くエンジンに目が釘付け。これ... [続きを読む]
  • イリューシンを追う 6 - 山口宇部空港
  • 空の大半は雲に覆われていましたが、光が射すのを待ちました。待ちに待った輝く機体。この1枚、結構時間がかかってます。一旦、お昼頃に出発しそうな気配でした。しかし、実際にプッシュバックを開始したのは、陽が傾きかけた頃。最後の出発で、やっと順光真横の記念撮影ができました。もう1回だけつづきます。2016.12 [続きを読む]
  • イリューシンを追う 4 - 山口宇部空港
  • 今月3日にトワイライトのIL-96 RA-96018を撮った時、こんなことは2度とないと思いました。しかし、来日時の大統領搭乗機であったRA-96022がエンジントラブルのため、6番スポットにステイ。16日夕方に、3日と同じような状況の再来となりました。しかも、視程はさらに良く、雲に表情もあり、そして機材はIL-96-300から大統領専用機である-300PUへアップグレード。... [続きを読む]