紫陽花亭びんすけ さん プロフィール

  •  
紫陽花亭びんすけさん: 紫陽花亭の 不規則正しい糖質制限生活
ハンドル名紫陽花亭びんすけ さん
ブログタイトル紫陽花亭の 不規則正しい糖質制限生活
ブログURLhttp://netszo.blog.fc2.com
サイト紹介文スーパー糖質制限を始めて4年半になる飲んだくれDM2おやぢの、日々の捏造記録などなど
自由文2009年4月より
「美味しく楽しく」スーパー糖質制限を末永く実践中
開始から約半年でHbA1cやコレステ値は平常域に
ここ数十年で一番の健康体に
カロリー計算は無視
蒸留酒やワインは
際限なくという毎日
しかし、糖質制限の副作用で
なんの努力もなく約15kg減量した


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/05/28 14:39

紫陽花亭びんすけ さんのブログ記事

  • 春なのに
  • 相変わらずのご無沙汰でございます年度末だTVも最終回マークが目白押しで明日からは、いろんなモノに「新」という文字が冠せられる古くは赤線が廃止になった日であり赤字ローカル線の多くが廃線となり国鉄も終焉を迎えたアナログ放送が終わったのもいいともが最終回を迎えたのも今日だったソニービルも、今日をもって一旦営業を終えるちょうどいいか便乗して、ここも終わらせようかと思うなんだか最近は滞貨も改新できず澱やヘドロ [続きを読む]
  • モトから断たなきゃダメ
  • そんなCMが昔あったっけある先輩が「このままでは近いうちに透析開始」と宣言されたらしいのだご本人、当然えらく落ち込んでいるらしい奥様の心配も、尋常を超えるものがあると聞いたしかし、ご本人年齢的にも、ふだんの言動を見ていてもDMや糖質制限に対する知識もないし糖質制限を受け入れる許容も当然?まるでない …らしい端的に言えば、自覚ゼロ!せっぱつまった現状も見て見ぬ振りをしてやり過ごすのが精一杯らしい奥様が節 [続きを読む]
  • 牛丼ライトからコーンが消えた?
  • 久しぶりにすき家で牛丼ライトガテン系の牛丼屋がいち早く取り入れた白飯を豆腐に置き換えた糖質制限フレンドリーなヒット作だが  おや? コーンの姿が見当たらない入れ忘れ?それとも、糖質制限原理主義者が文句つけたんだろうか?牛丼ライトの作り方は1 豆腐を15秒(1500w)レンチンし2 サラダを載せ、さらに15秒レンチン3 ポン酢をかけ牛丼の具を載せるということらしい(てめーの捏造もレシピ書けよ、というツッコミなな [続きを読む]
  • 9年目に向けて
  • 年頭らしいので、一言別に冬眠してた訳ではないんですが年が改まったからと言って何ら日々が変わる訳でもなくちょうどいいからリセット、という考え方もあまり好きでなくというへそ曲がり糖質制限も今年で9年目毎度繰り返してるように糖質制限は主義でも宗教でも修行でもなく指導したり押しつけたりするものでもなく無論強制されるものでもない他人のためでもなく、てめーのために淡々と続ける食事でしかない炭水化物はガマンする [続きを読む]
  • ラーメンは炭水化物の二世帯住宅 …か?
  • 誰、とは言わないが(笑) あの人が東京ローカル、夕方の情報番組でまさか?のラーメン食べ歩き糖質制限で20kgのダイエットに成功と豪語されていたはずだが見事復活にして、ご立派にリバウンドま、個人的には職業選択の自由であるしむしろ、大変なご商売ねと、ご同情申し上げたくもなるがでも一応、某糖質制限商品の広告塔でもあったはずま、いっかその企業も今は解散してしまったようだし紫陽花亭だって、年に数杯はラーメン食べる [続きを読む]
  • 師走なら手をたたこ
  • タイトルに意味はありませんキューちゃん、といってももうどのくらい通用するんだろうか?ご本人との交わりはなかったけどその後いろいろあったので…あ、あまりこれ以上は書けませんがヾ(^^;いつのまにか、今年も第4コーナーを曲がってしまったキタサンブラックのように駆け抜けたいものだが実際には大障害のような、たけし城のような2016年だったっけ訳あって、何ヶ月かぶりに向かいのマルエツの一の市に潜入しそれなりの獲物を [続きを読む]
  • 3行医の嗅覚
  • もうじき通院10年になろうとする内科の主治医へ、いつもの通院相変わらず身体検査の客ばかりで混んでいる待合室昔はというといつも空いていて新宿のど真ん中にあるワリにはゆったりとした空気が流れるクリニックだったのに糖質制限を始める少し前に治験がきっかけで通うようになり主治医殿と糖質制限談義をすることもしばしばその頃にしては理解もあり薬のリクエストにも応じてくれたそれが去年、少し広い場所に移転したと思ったら [続きを読む]
  • お家騒動
  • 昔、池袋に、ある大衆食堂があったお世辞にも綺麗とは言えないが常に活気に満ちた店内サラリーマン、ガテン系、学生ギャンブル帰り、人生終わった人…老若男女、ただし「女」だけはほとんどいない(出勤前のおミズなおねーちゃんはいたかも)それは雑多な客層次々に訪れる客をてきぱきとさばく白い三角巾のおねいさん達ラーメンや丼をかっ込むこともできるし定食メニューも豊富ご常連になるとふりかけのボトルキープもできたもちろん [続きを読む]
  • 「糖質制限が子供を救う」
  • 後楽園「歓」で開かれた三島学先生の著書『糖質制限が子供を救う』出版パーティーに参加した事前情報で、瓶出し紹興酒や今や楽屋見舞いの大定番「歓」のちまきが出ると聞いていたので準備運動も怠りなく午後の仕事の後、三茶から代々木まで歩いたナビのお導きに、てきとーに従ったり従わなかったり初めての裏道をばんばん歩いたのは楽しかったが何故か昔好きだったパン屋がよく現れ心が微動した      夜がなければ「お久しぶ [続きを読む]
  • 都民の日の独宴会
  • 祝宴、でもなんでもない独宴会都民の日だからといってキュウリもない、黄桜も飲まないましてや、木久扇の落語を聴くこともないわはは、何がなんだかだねどなたか喝破してくれたまえ  桜鍋  ばくだん  秋刀魚塩焼  ローストチキンパクチーサラダ        今月も幸先よしおいしうございました [続きを読む]
  • どうしてくれる糖質制限〜都民の日に思うこと
  • 今日からかんなづきうへっ、今年も早くも第4コーナーに差しかかったか「かんな」は「神無」と書くのが一般だが食欲の秋、喰い物が旨くなれば酒も旨くなる酒は命を削る鉋ともいう(一般には百薬の長である)とすれば、鉋月が本当なのかまだ、酒呑みとしてケツが青い頃から50で死ぬつもりだった別に信長を気取った訳ではない敦盛を舞うこともできない父方・母方、どちらも酒呑みの家系でどうせ自分も血管ぷっつんの最期が相場50あたり [続きを読む]
  • 瀕死の白鳥になる前に
  • 東京新聞の記事から  三遊亭白鳥「笑う門には福来たる」  ああ、9年前の自分もそうだったせっせと雑穀玄米を炊き肉を控え、脂を避け、刺身をビールや日本酒で流し込んでいた当時、Ⅱ型の治験を始めていてクリニックが新宿三丁目にあったので診察の後は「臨時収入があった、と称して近くの「船橋」や「つな八」「てんや」などに引っ掛かっては悦に入っていたまだ、糖質制限の知識も今後の方針も曖昧模糊としていた時代だった白 [続きを読む]
  • 金ちゃん
  • 心のふるさと 「金ちゃん」練馬のシンボル的もつ焼き屋ここを知らない練馬の酒呑みはもぐりだ  「金ちゃん」食べログ  →  ☆☆☆初めて暖簾をくぐったのはまだプロの酒呑みとは言えない20代の頃だが、小学生の時集団登校の集合場所が店の近所だったので店の存在は約50年前から知っていたしかも、その場所は警察の向かいだったのでちょうど集合の時間に大型バスが現れて前夜の宿泊客が一列に並んで電車ごっこ?みたいな風景 [続きを読む]
  • それが私の生きる道
  • なんだろね?ま、糖質制限は一生続ける訳ですがいただいた仕事は有難く、先着順でお受けいたしますはい、仕事です今年も吉例 アンダ・ザ・ビッグオニオンたぶん少なくとも25回連続、30度目くらいの出場(^^;本編に関しては…まぁ、いいか(笑)ほとんどのマラソン?ランナーを毎年特等席(立ち見だけど)で見届け思うこと、書きたいことは山ほどあるが書けることは???ただ、今年は画期的な裏番組?があったことをあえて記しておく今 [続きを読む]
  • 捏造のちからづおい戦友
  • たぶん、今もっとも良質なクオリティの高い番組の一つ「あてなよる」オンエアは月イチもちろん毎回観て、保存している8回目は「ハムで呑む」がテーマだったというお話はおいといて番組中、一瞬映ったガスレンジに驚いたウチのレンジと同じじゃないか!  このレンジだがこれだろ  なんだか、にやっとしてしまう色々優れもの機能満載なのだが何故か、カタログで大々的に扱われることはない 超高性能だが、高価格のせいなのか  [続きを読む]
  • 「世界の山ちゃん」死して手羽先を遺す
  •   NHK News Web  →  「世界の山ちゃん」創業者 山本重雄さん死去手羽先のから揚げなど、いわゆる「名古屋めし」で知られる居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」の創業者、山本重雄さんが大動脈解離で21日、亡くなったことが分かりました。59歳でした。店を運営する会社によりますと、山本さんは、岐阜県関市の出身で自衛隊の隊員などを経て昭和56年に名古屋市の繁華街に1号店をオープンさせました。「名古屋めし」と [続きを読む]
  • カリフラワー炒飯
  • 激安のカリフラワーを見つけたいつもは一玉300近く、とても手が出ないがその半額以下だもちろん、B級品でそれなりのクオリティだが歓び勇んで、ご購入 買ったのは八百屋ではない三茶のセブンイレブンの店頭に仮設された激安野菜コーナーま、でも24時間常設の激安八百屋だ最近は、コンビニの店頭でこんなこともできるんだ通りがかるたびに品揃えが違い(飽きられないよう、あえて品揃えを変えているという)しかも、いつも激安の掘 [続きを読む]
  • 紫陽花亭式 糖質制限十ヶ条
  • 糖質制限を始めてから、ちょうど7年と8ヶ月と3日目今までの喰いざまを振り返り自分なりの糖質制限生活の指針を総括してみた 1 糖質制限の目的は血糖値コントロール 2 清く正しくより、美味しく楽しく 3 江部式スーパー糖質制限を基本にする 4 一日二食、ときに釜池式(一食)    5 アルコール消毒も欠かさずに 6 調味料は糖質よりクオリティ重視 7 糖質制限を主義や宗教、ショーバイにしない 8 友好第 [続きを読む]
  • 糖質制限ビジネスは利害関係の宝石箱や〜
  • さて、もう一人気になる御仁がいる私のお腹は糖質の宝石箱や〜の、彦摩呂氏随分前の記事だけど  『彦摩呂が体重20kgもの激痩せ!低糖質ダイエットの3つのコツ』  →  http://diet-de-yasetai.jp/geinou/hikomaroこれは2015年冬のおはなししかし、「彦摩呂」「ダイエット」で検索しても出てくるのはその頃の記事ばかりで最新のものはなにもないそして、どうやら以下の記事によれば、そのダイエットそもそもタイアップ企画だっ [続きを読む]
  • 乱暴透析
  • またまた、犠牲者がひとり…  『渡辺徹が人工透析…糖尿病の現在の病状&病気の原因と噂の食生活まとめ』    →  http://newsmatomedia.com/watanabe-tooru-1この記事によるとどうやら、事態は深刻らしい以前からいろいろ囁かれていたが事務所は否定していたようにみえたしかし、DMであったことは明かですでに合併症のゴール? 心筋梗塞すら起こしている事務所も人工透析は認めている模様DM発症は30歳と、かなり早い紫陽 [続きを読む]
  • 葉月の紫陽花亭酒場 その壱
  • 抱えていたヤマを越えて月初の週明けの真っ昼間から、個人的打上げ例によっての、酒場的にして場当たり的なやっつけ仕事そんなことも、相変わらず続けている  めかぶとシラス酢の物  キュウリとおかひじき明太マヨ  まぐろづけ  鮭カマ焼  ネギと生海苔の卵焼  ビーフストロガノ風             [続きを読む]
  • さいかい?
  • ここも、サボりまくっている間に気が付けばもう葉月まだ台湾にいるのですか?糖質制限はやめたのですか?なにを飲んだり食べたりしてるのですか?ブログはやめたのですか?生きてますか?などなどいろんな質問をいただいた…訳でもないが台湾からは、とっとと帰国もちろん糖質制限も続けていてもうすぐ8年と4ヶ月紫陽花亭のバアイ糖質制限は一過性のマイブームでもなくショーバイ道具でもなく語りたい訳でも、教えたい訳でも仕切り [続きを読む]
  • 祝宴
  • 満7年の祝宴という訳でもないがいつもの如くの酒場メシ様々な試行錯誤の末に到達?したのは偏屈なおやぢが捏造する居酒屋のつまみのような酒場系糖質制限食代替品もあれこれ試したが結局落ち着いたのは「そこ」なかでも「豆腐干絲」についてはかなりのパイオニアだったという自負もあったがいつのまにか疎遠になってしまった所詮、自分が経験した以上の味は再現できないだから、おのずと落ち着くところに落ち着いたのだろうがいま [続きを読む]
  • 8年目
  • 2009年4月8日9日間の関西〜四国〜中国ツアーを終え広島空港でこんな朝食を〆に、旅の打上げ  この食事を境にしてスーパー糖質制限生活を開始8年目に突入した高血糖の記憶とは共存せざるを得ないが血糖値は基準値内をキープ網膜症も寛解状態副作用で減った体重もリバウンドなしCTやMRIの結果も問題なし動脈硬化も年齢相応ということで発病以来最良の健康状態(?)を保っている諸々の劣化や老化は別にして(笑)科学的根拠のない糖質制 [続きを読む]
  • 【傷心酒店ツアー】 豪華もちもち打上げの巻
  • 案内されたのは「欣葉」という店かなり有名な店らしい  前夜に続いて、台湾料理を堪能いろいろ、大人の事情で久しぶり? 8年ぶり? に最初から最後まで醸造酒オンリーだったそれもよし友好第一、糖質第二だ心ゆくまで、台湾ビール〜紹興酒を楽しんだ                      からすみ、切干大根の卵焼、イか団子など定番の台湾料理も楽しんだしかし実は、この日一番印象に残ったのはもっちもっちの杏仁豆 [続きを読む]