Uduki LeRoy さん プロフィール

  •  
Uduki LeRoyさん: note varie
ハンドル名Uduki LeRoy さん
ブログタイトルnote varie
ブログURLhttp://notevarie.blog.jp/
サイト紹介文どんなblogか、何を書くか、なんて特に決めてませんけどね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/05/29 06:12

Uduki LeRoy さんのブログ記事

  • 自分で遺産分割協議書とか建物表題登記とか - 22 giugno 2017
  •  義母の相続について、まずは資料集めから始めました。それなりに土地を持っているので、司法書士さんに頼むと幾ら取られるか判りません。それもすべて共有名義です。プロがやっても大変手間のかかる案件です。相続登記はできるだけ私が申請書などを作成して費用を浮かせようと思いました。 まずは固定資産税納付明細書の写しを持って都税事務所で固定資産評価証明書を取ります。1通400円もします。それをOpenOffice Calcに打ち [続きを読む]
  • 12 maggio 2017
  •  義母が亡くなりました。もうすぐ四十九日法要です。 昨秋、薬剤性の急性腎不全で入院した義母ですが、その後食事がとれなくなり、胃瘻か中心静脈栄養(IVH)かの選択を迫られました。胃瘻は評判が悪かったので、IVHを選択しました。食べたくないのか、食べられないのか、食べることに恐怖があったのか。24時間点滴の管に繋がれた生活は嫌なようでしたが、トイレだけは自分で済ませたいようで、看護師さんの手を煩わせることには [続きを読む]
  • 6 dicembre 2016
  •  皮下輸液をした日におしっこが出なくなったのは、吸収する力が衰えていたのだと思います。それでも一週間前までは穏やかに過ごせていたんじゃないかと思います。食べれていなかったので日に日に体重が減少しました。見るに見かねた相方が強制給餌をしました。その二日目の夜、激しく嘔吐しました。次の通院日、体温が35.0度まで低下していました。吐気止めのセレニアを輸液から入れてもらい、錠剤を4日分出してもらいました。そ [続きを読む]
  • 24 novembre 2016
  •  Floraの皮下輸液に毎日動物病院へ通い続けました。ステロイドの投与が続きました。相方は猫友さんに勧められて、強制給餌をしたりもしましたが、長続きしませんでした。体重が増えることはありませんでした。診察を終えると毎日のようにキャリーの中で粗相をしました。徐々に食べる量が減っていきました。なにか色々限界を感じて先週末、次の休診日はお休みしたいと先生に申し出ました。先生はステロイドの錠剤を処方してくださ [続きを読む]
  • 13 novembre 2016
  •  あれから相方を乗せて毎日Floraの面会に行きました。やはり入院のことを一人で決めなければよかったかな、と思いました。入院させて三日目に動物病院から電話が掛かってきて、翌日に病院で主治医の先生からお話があるとのこと。入院期間を延長するのかな、となんとなく思いました。 次の日、動物病院へ行って診察室に呼ばれるとそこにFloraの姿はありません。入院中も静脈点滴を施したが食欲が戻らないことを告げられました。強 [続きを読む]
  • 8 novembre 2016
  •  食欲増進剤はまったく効き目がありませんでした。見向きもしません。昨日、見かねたのかサンプルで貰ったパウチ食を強制給餌したと相方から言われました。そうはいってもスプーン一杯分くらいです。嬉しそうだったのですが、続けるのは大変だよ、とだけ言いました。今朝、少しだけうんちをして、その後嘔吐したそうです。今日は主治医の先生の診察日、何言われるかなと思うと、気が重くなりました。相方は横になっていて、一緒に [続きを読む]
  • 5 novembre 2016
  •  慢性腎不全末期で食欲廃絶のFloraは相変わらず食べません。これでもう何日間食べていないのか判らなくなるほどです。そろそろ食欲増進剤の話が出るだろうな、と思っていました。話が出たらこれはもうしょうがない、受け入れるしかないのでしょう。ペリアクチンじゃなきゃいいな、と思っていました。 今日は昼過ぎの診察です。南の窓際で穏やかに日向ぼっこをしているのをキャリーに押し込めるのはちょっと可哀想な感じがしまし [続きを読む]
  • 2 novembre 2016
  •  あれからFloraはまったく食餌に口をつけようとしませんでした。興味すらない感じ。匂いを嗅ごうともしません。食欲廃絶の状態です。人でも食欲のない時ってあります。余程体調が悪いか、食べることに気が回らないほど考え事をしているか、とか。それでももう四、五日になります。お腹が空かないのかな、と単純に思います。 また体重が減っているんだろうな、と重い気持ちで動物病院に向かいます。もう私一人で行くのが当たり前 [続きを読む]
  • 31 ottobre 2016
  •  Floraの動物病院の通院日でした。食欲は廃絶状態、また体重が減っているんだろうなあと思っていましたが、土曜日の診察で4.05kgに減って、そこからさらに減って4kgジャスト。見るからにやせ細っています。療法食を食べないと伝えると、もうなんでもいいので食べるものをあげてください、と言われました。その食べるものが簡単に見つかれば苦労しないのですが。他の療法食のサンプルは全滅、以前食べていたインドア7+も見向きも [続きを読む]
  • 25 ottobre 2016
  •  今日も一人でFloraの通院に向かいました。診察開始が午前9時、予約時間が9時40分と微妙な時間。案の定、駐車場は満車でした。1台分空いていたのですが、私の2台前の車に取られてしまいました。まあいいや、朝一番の診察を終えれば1台分くらいすぐ空くだろう、と思って待っていたら程なく1台分の空きができました。 受付に診察券を出して空いている椅子に腰掛けます。斜向いに相方の猫友さんが座っていました。程なく目があって [続きを読む]
  • 18 ottobre 2016
  •  Floraの通院日。相方は行かないとのこと。行けないようには見えないのですが、恐らく行く気がしないのでしょう。 予約時間に合わせて家を出ます。併設の駐車場は生憎満車。しばらく待っていましたが、空きそうにありません。そうこうしているうちに予約時間を過ぎてしまいました。今日は主治医の先生の診察日なのでどうせ待たされるだろうな、と思いつつ、順調に順番通りなら飛ばされちゃうかな、と気を揉んでいました。そした [続きを読む]
  • 14 ottobre 2016
  •  前の文章を書いたのが夏前でした。季節はあっという間に過ぎ去り今は夏をすっ飛ばして秋真っ盛りです。だいぶ涼しくなりましたね。書くことを諦めたというか、本当に書くことが何もありませんでした。 義母が入院しました。夏の終わり頃から食事があまりとれなくなって、それと共に足腰が少しずつ弱っていったのですが、皮膚科にかかって出された抗ウイルス薬を飲み始めてから体調が急変し、意識が朦朧としたため救急車を呼ぶに [続きを読む]
  • 17 maggio 2016
  •  二カ月という時間が、なんとなく過ぎ去っていきました。 かなり鬱っぽい感じです。きっかけがなかったわけではないのですが、書きたくありません。車を使っての動物病院への通院、義母の通院、たまに買い物、あとは猫たちの下の世話、ほかにはなにもありません。ただそれだけの日々です。二カ月間、ただそれだけの日々です。 鬱っぽくなっても、なんら不思議ではないと思います。 TVが観れなくなりました。今まで最低限ニュー [続きを読む]
  • 18 marzo 2016
  •  インフルエンザで寝込んでいたときに猫たちの世話は相方に任せっきりでした。投薬とか、トイレの後片付けとか、食餌の世話とか、なにせ隔離生活でしたから。病気が治って、元のように薬をあげようとしても上手く飲んでくれません。何回も口をこじ開けて薬を入れるのですが、激しく抵抗され、口の中に収めても吐き出されてしまいます。どんどん薬が溶けてくるので、観念して相方に頼んでしまいました。そんなことが二日三日続いて [続きを読む]
  • influenza
  •  インフルエンザに罹って寝込んでいました。風邪もめったに引かないのに、どこでもらってきたのやら。 先週の木曜の夜から、なんか咳が出るな、とは思っていました。金曜日は猫の通院日だったので、取り敢えず家にあった風邪薬を飲んで出掛けました。その後も区役所への用事やら買い物やらでようやく一息つけたのが二時過ぎだったでしょうか。そのときはそうでもなかったのですが、時間が経つに連れなにやら寒気を感じてきました [続きを読む]
  • 1 marzo 2016
  •  先日、LauraとFloraを動物病院に連れて行きました。Floraの体重は4.95kgと横ばい、便通も良く溜まっていないとのこと。相方が通院回数が週二回に減るので皮下輸液の量を戻してもらえないかと伺ったのですが、それは却下されました。次にLauraを診てもらいました。体重が一月の診察から少し減って3.95kg、吐いたりしますか、なにか変わったことはありませんか、と訊いてきました。強いて言えば食餌を変えたくらいですかね、と答え [続きを読む]
  • 27 febbraio 2016
  •  先日、Lauraの尿検査をしたのですが、シュウ酸の結晶がまた出てしまいました。腎臓サポートを二週間与えてみたのですが良い結果とはなりませんでした。今度の診察でレントゲン等の精密検査を受けることになりそうです。ヒルズのc/dのサンプルを渡されました。これを与えてください、ということなのでしょうか。 Floraは食欲もあり元気です。プロナミドを欠かさず飲ませているおかげでしょうか、ここしばらくは便通も良かったの [続きを読む]
  • 20 febbraio 2016
  •  よく判らなくなってきました。本当にFloraは末期の慢性腎不全を患っている猫なのでしょうか。食欲が旺盛でここ数日で体重が更に戻り5kgを超えました。一カ月半でほぼ元に戻った感じです。先生に訊くと脱水症状はあるとのことなのですが。そして便秘気味です。プロナミドを一週間分処方してもらい朝晩に分けて半錠ずつ飲ませているのですが効いている様子がありません。食べたいだけ食べて溜め込んでいる感じです。 プロナミドは [続きを読む]
  • 13 febbraio 2016
  •  初めFloraを動物病院に連れて行くときにもう一匹のLauraも連れていくかで言い争いになりました。私は具合の悪いFloraだけを連れて行こうと主張したのですが、相方は念の為にLauraも診てもらいたいと譲りませんでした。私が折れる形で両方診てもらいに行くことになりました。血液検査の結果はすべて基準値内だったのですが、若干Creが若干高めだということで、念の為に尿検査をすることになりました。結果は尿比重が1.015と低めだ [続きを読む]
  • 5 febbraio 2016
  •  昨日のFloraの調子は良くもなく悪くもなく、といった感じ。食欲はそこそこ、嘔吐はなく、特に活発に動き回るというわけでもなく、おしっこの回数も通常通り、ああ、そういえばいいうんちをしてくれました。固すぎず、柔らかすぎず、量もたっぷりとでした。 今日は動物病院の通院日でした。主治医の先生の診察の日です。獣医師が十数名いるその動物病院でなにをもってしてその先生を主治医としているのかといえば、最初に診てく [続きを読む]
  • 3 febbraio 2016
  •  月曜日の朝方、Floraは胃液を吐いてしまいました。通院日だったのですが、主治医の先生には元気が無いように見えたらしいです。前日プロナミドの投薬のせいか下痢をしてしまったことを伝えると、普通そこまで薬が効くことはないとのことでした。いつも通りに240ccの皮下輸液を終えて家に帰ってきてからは食欲もあり、そんなに調子が悪そうには見えなかったのですが、ずっとおしっこが出ないのが気掛かりでした。日付が替わる頃に [続きを読む]
  • 31 gennaio 2016
  •  慢性腎不全の治療として皮下輸液を始めてからFloraは便秘気味です。せいぜい二日に一回くらいしかうんちをしてくれません。量も十分といえるものではありません。金曜日、主治医の先生の診察でも便が溜まっているとのことで整腸剤としてプロナミドの投薬をしてもらいました。このお薬の投薬は初めてでした。これで出てくれればいいな、と思っていたのですが、即効性のあるお薬ではないようでした。その日は一週間に一回のエリス [続きを読む]
  • 28 gennaio 2016
  •  一日置きの通院に変わってからFloraの調子はとてもいいです。食欲が出てきました。食べる量が増えました。水もよく飲んでくれます。以前のようによく鳴くようになりました。家の中を駆け回ります。おもちゃで遊んだりもするようになりました。慢性腎不全末期とは思えないくらいです。体調のことを気にも止めなかった一カ月前に戻ったような印象です。一日置きの皮下輸液が身体にマッチしているような気がします。 でも慢性腎不 [続きを読む]
  • 25 gennaio 2016
  •  昨日、初めて皮下輸液の通院をお休みしたFloraは元気でした。日中家の中を元気に駆けまわり、キャットタワーに飛び乗り、エレクターで組んだ高いラックによじ登ったりしました。食欲も結構あり、水も思い出したかのように自ら飲みました。そしてよく鳴きました。おしっこも普通にしてくれました。こんな元気な様子を見るのは一カ月ぶりくらいのような気がします。 そして今日は私の二カ月ぶりの通院日でした。午後からFloraの通 [続きを読む]