さつえい隊長 さん プロフィール

  •  
さつえい隊長さん: 京都・奈良のお散歩ブログ
ハンドル名さつえい隊長 さん
ブログタイトル京都・奈良のお散歩ブログ
ブログURLhttp://kyoto-nara.jp/blog/index.php
サイト紹介文京都・奈良に限定した四季折々の風景写真を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/05/30 21:36

さつえい隊長 さんのブログ記事

  • おふさ観音 バラまつり
  • おふさ観音 バラまつり (奈良県)彩色豊かな花の咲くおふさ観音のバラまつり。まだ咲き始めということもあり、これから咲くエリアも多くありましたが、赤やピンク、オレンジ、白、黄色など多様なバラが境内を彩っていました。日中30℃を超える暑い一日も、夕方には和らぎましたね。微かな風に包まれた境内は、ほのかな甘い香りが漂います。見頃は、5月末から6月上旬となりそうです。【撮影日】 2017年5月21日(日) 【訪問地】 [続きを読む]
  • ヤマツツジ満開!葛城高原
  • ヤマツツジ満開!葛城高原 (奈良県)たいへん混み合いますので、平日に訪れてみようと計画していたのですが、さすがに調整が難しく日曜の訪問となりました。前回は、登山口より徒歩で葛城高原に向かいましたが、今回はロープウエイにて山頂に。ロープウエイは、通常9:00からの営業ですが、ヤマツツジ開花中は、6:40(要確認)から動いています。6時には乗り場に到着しましたが、さすが人気の花まつり。すでに15名ほど並んでいま [続きを読む]
  • 「特別展 快慶」  奈良国立博物館
  • 「特別展 快慶」  奈良国立博物館 (奈良県) 2017年4月8日から奈良国立博物館にて開催されている「特別展 快慶」に行ってきました。運慶とともに鎌倉時代を代表する仏師・快慶。個人的には、坐像の展示作品が特に素晴らしいと感じました。2017年6月4日(日)までとなっています。ぜひこの機会にお訪ねください!「特別展 快慶」の詳細はこちら【訪問地】 奈良国立博物館「特別展 快慶」 【所在地】 奈良県奈良市登大路町50 【 [続きを読む]
  • おすすめのカメラリュック HAKUBA(ハクバ)GW-PRO
  • おすすめのカメラリュック HAKUBA(ハクバ)GW-PROメーカーの商品紹介ではわからない隠れたマイナス点。以前に購入したカメラリュックでは、私も失敗してしまったのですが、HAKUBAのGW−PROは完成度が高く、おすすめの一品です。これからカメラリュックを購入する方、考えている方は、詳細をアップしましたので、ぜひご覧ください!HAKUBA(ハクバ)GW-PRO カメラリュックの詳細はこちらHAKUBA GW-PRO カメラリュック G2 21.8L(1 [続きを読む]
  • 新緑に輝く清滝川・高雄
  • 新緑に輝く清滝川・高雄 (京都府)京都市右京区・北区を流れる清滝川。新緑に輝く川の美しさに何度も歩みを止めることとなり、なかなか先に進めませんでした。。。(^▽^;) ハイキングコースを歩いていると時おり「キー」という自転車のブレーキ(たとえが悪いかなぁ・・・スミマセン)のような鳴き声が。青い宝石とも呼ばれる鮮やかな青色をしたカワセミです。この日も何度か見つけることができました。カワセミの頭や頬、背中 [続きを読む]
  • オオジシバリの花 高雄
  • オオジシバリの花 高雄黄色いタンポポのような花を咲かせるオオジシバリ。写真のような土の少ない岩の上でも生きていくことができる花。よく目立ちますので、散歩道などで見つけることができます。ちなみに地を這うようにして広がる根が、地面を縛っているように見えることから「地縛り=ジシバリ」と名付けられたそうです。日中に真上から撮影すると自分の影が写ってしまうことがありますので、自身の向きや望遠レンズを使うなど [続きを読む]
  • 新緑!高雄のハイキングコース
  • 新緑!高雄のハイキングコース (京都府)紅葉の名所として有名な高雄に行ってきました。高雄山のふもとを流れる清滝川は、エメラルドグリーン色をした水流に新緑の緑が反射して、美しさが増していました!写真は、高尾ハイキングコースで撮影したものです。高雄には藤の花が多く自生しています。水面に降り落ちた花実が浮かび流れていく様も美しいものでした。時おり「ポチャン」と小さな音を立て、花実が水中に消えては現れると [続きを読む]
  • 室生寺本堂とシャクナゲの花
  • 室生寺本堂とシャクナゲの花 (奈良県)室生寺の境内に咲くシャクナゲの花。本堂に光が射し、入母屋造の美しい屋根が目に留まります。自然と調和した屋根の素材はヒノキの樹皮。日本古来から伝わる世界に類のない日本独自の屋根工法で檜皮葺(ひわだぶき)と言います。ヒノキから樹皮を取るときは、樹木を切り倒さずに表皮だけを剥がすため、環境にやさしいとも言われています。ただこの工法を引き継ぐ職人も減少し、今後の課題に [続きを読む]
  • 美しい登楼と牡丹の花 長谷寺
  • 美しい登楼と牡丹の花 長谷寺 (奈良県)新緑に包まれた長谷寺、牡丹の花が登楼(のぼりろう)の両側を彩り、見事でした。仁王門をくぐると重要文化財でもある美しい登楼があります。脚への負担が少ない階段ですが、399段ありますので人によっては大変だろうなぁと思います。電車・バスのない時代に遠くから訪れた参拝者は、この登楼を見てどのように感じたのだろうかと想像してしまいます。以前にプロのマラソンランナーが42.19 [続きを読む]
  • オオデマリ満開! 長谷寺
  • オオデマリ満開! 長谷寺 (奈良県)白いオオデマリの花咲く5月。長谷寺・仁王門をくぐり登楼の10m先、左に折れた路の先にその花を観ることができます。オオデマリは日本原産ヤブデマリの園芸品種で、紫陽花(あじさい)のように装飾花をたくさん咲かせます。通常本堂には登楼にて399段の階段を登って向かいますが、白壁と石段を彩る新緑とオオデマリの花咲く美しい道に立ち寄るのもオススメです!写真の詳細情報はこちら【撮影日 [続きを読む]
  • 新緑と五重塔 長谷寺本堂より
  • 長谷寺本堂より新緑と五重塔 (奈良県)新緑まぶしいこの季節、長谷寺では牡丹まつりが催されています。本堂から望む新緑も素晴らしいものでした。曇りのち雨の天気予報も、午前の早い時間帯には青空が広がり、色を添えてくれました。桜の咲く頃は、塔全体が見える五重塔も茂る緑に一部覆われて季節の変化を感じさせてくれます。長谷寺の写真一覧はこちら【撮影日】 2017年5月6日(土) 【撮影地】 長谷寺 【所在地】 奈良県桜井 [続きを読む]
  • 牡丹まつり 長谷寺
  • 牡丹まつり 長谷寺 (奈良県)奈良県桜井市初瀬にある長谷寺。5月に入り、牡丹の花が満開となりました。若干蕾(つぼみ)の牡丹もありましたので、2週目も楽しむことができそうです。保存修理が行われていた仁王門もH27年3月に蓋(おお)いが外されています。仁王門をくぐり、重要文化財にもなっている登楼(のぼりろう)を登ります。6:30を過ぎると、静かな初瀬山に朝の勤行が響き渡ります。生命力あふれる力強い祈りが、不思 [続きを読む]
  • 輝く藤の花 春日大社
  • 輝く藤の花 春日大社 (奈良県)春日大社の砂ずりの藤。境内に光が入り始めると風が生まれ、薄紫色の房が優しく揺れました。ふわりと花の香りが辺り一面に広がり、樹齢800年の藤の花が輝き始めます。7時半も過ぎると、春日大社・南門から続々とと拝観者が訪れ、バスツアーと思われる団体さんも多くなります。撮影の難しい時間帯となりますので、早めに訪れて拝観、撮影を楽しみましょう!詳しい写真情報はこちら【撮影日】 2017 [続きを読む]
  • 「砂ずりの藤」見頃です! 春日大社
  • 「砂ずりの藤」満開です! 春日大社 (奈良県)世界遺産・春日大社にある「砂ずりの藤」が見頃を迎えています!地面の砂にすれるほど長いところからこの名が付いたそうで、過去の最長記録はなんと、なんと1m72cm。今年はそれほど成長していない様子ですが、それでも樹齢800年の藤の樹は見応え十分です。藤棚の下で、ゆっくり花観賞していると甘い香りが漂ってきますよ。花粉症の方もぜひマスクを取って香りも楽しんでください!( [続きを読む]
  • 垂木の美しさ 室生寺・本堂 
  • 垂木の美しさ 室生寺・本堂 (奈良県)朝日の照り返しで輝く室生寺・本堂の垂木。年月と共に色あせた垂木も温もりが感じられますね。垂木は一段#abcd#三段があり、室生寺の本堂は写真の通り上下二段になっています。垂木が一段のものを「一軒(ひとのき)」、二段を「二軒(ふたのき)」、三段を「三軒(みのき)」と呼びます。醍醐寺の五重塔建立以前の二軒の場合は、垂木の断面が上の段は角型、下の段は丸型が多かったようです [続きを読む]
  • 岡寺のシャクナゲ見頃!
  • 岡寺のシャクナゲ見頃! (奈良県)明日香村にある岡寺。約3000株のシャクナゲが見頃を迎えています。仁王門をくぐると左手奥にシャクナゲの花を浮かせている手水舎(ちょうずしゃ・てみずしゃ等)がありました。陽の光を受けて輝く花に心癒されます。思わず「おっ、いいね」とつぶやいてしまいました。(笑)岡寺の本堂には奈良時代制作の如意論観音座像が祀られています。この座像は木像ではなく、インド、中国、日本三国の土で [続きを読む]
  • シャクナゲ見頃! in 室生寺
  • シャクナゲ見頃! in 室生寺 (奈良県)奈良県宇陀市にある室生寺の石楠花(シャクナゲ)が見頃を迎えていました。仁王門をくぐると左手奥に「鎧坂」と呼ばれる石段があります。両脇には見事な石楠花(シャクナゲ)が咲き、五重塔までの道のりが鮮やかな紅色に彩られています。4月から11月の室生寺の拝観時間は8:30#abcd#。すでにカメラを持った人6名が、太鼓橋前に並んでいました。シャクナゲの咲くこの季節は多くの人(観光バス [続きを読む]
  • 満開!牡丹祭り 當麻寺
  • 満開!牡丹祭り 當麻寺 (奈良県)葛城市にある當麻寺の牡丹(ボタン)が満開です!牡丹は中国原産で、大きな薄い花びらを幾重にも纏(まと)う美しい姿から「花の王様」と呼ばれています。昔は牡丹を「ボウタン」と読んでいたこともあり、俳句などでは「ボウタン」と読むそうです。響きが可愛らしいですね。そう言えば、なぜ花の上に、唐傘を差しているのかわかりますか?これは西日を避け、雨に弱い牡丹を少しでも長く鑑賞でき [続きを読む]
  • 新緑まぶしい円成寺
  • 新緑まぶしい円成寺 (奈良県)電話、メール、新聞、マンガ、ゲーム、時計、買い物、ブログ投稿など、様々な事がスマホで操作・閲覧ができる便利な時代になりました。オリンピックを前に、Suicaを利用した電子決済が世界的に普及する可能性も出てきましたね。中国ではお店での決済はもちろん、個人間の金銭のやりとりも簡易なアプリで移動が可能となっています。日本の銀行法や貸金業法の規制緩和によって、同じようなサービスが [続きを読む]
  • 府立植物園のしだれ桜
  • 府立植物園のしだれ桜 (京都府)先日の日曜はポカポカ暖かい一日でした。散り始めのシダレ桜も満開を思わせる輝きで、記念撮影をしている人もたくさんいました。植物園の広さは24ha、甲子園球場が1.3haですから、約18個分の広大な敷地です。田畑だった土地を整地して自然園として利用されていましたが、1945年9月敗戦で米軍家族住宅地として接収されてしまいました。その後、1957年12月に接収解除となり、再び植物園として憩いの [続きを読む]
  • シャガとシャクナゲ咲いてます!京都府立植物園
  • シャガとシャクナゲ咲いてます!京都府立植物園 (京都府)いま京都府立植物園は、色とりどりの花が咲いていてオススメです。一年で一番いい時期かも。正門から入園するとチューリップやヒメシャガ、シャクナゲ(石楠花)が目に留まります。設置されているベンチも色合いがよくいい感じですね。桜も散り始めていましたが、天気が崩れなければ今週水曜、木曜くらいまでは楽しめそうです!写真の詳細情報はこちら【撮影日】 2017年4 [続きを読む]
  • まだ楽しめます!半木の道のしだれ桜
  • 半木の道に咲くしだれ桜 (京都府)半木(なからぎ)の道のしだれ桜。北山大橋から北大路橋の約800mに桜トンネルは花見の人気スポットです。「半木の道」の半木(なからぎ)とは、川の隣にあった流木神社の名前から来ているそうですが、洪水で流されてしまったこともあり「半」の字をあてるようになったと言われています。今年の京都、奈良の桜は咲き始めが遅く、散りが早かったこともあり、花見を楽しめていない人も多いのでは・ [続きを読む]
  • 善峯寺の釈迦堂の桜は満開
  • 善峯寺の釈迦堂の桜は満開 (京都府)京都市西京区の善峯寺(よしみねでら)に行ってきました。先日の風でほとんどの桜が散っていましたが、釈迦堂(写真中央右下)の桜は満開になったばかりで見頃を迎えています。境内も広く、開山堂や釈迦堂、薬師堂からは京都市街を見渡せます。のんびり散策するにはおすすめのお寺です。【撮影日】 2017年4月20日(木) 【撮影地】 善峯寺 【所在地】 京都市西京区大原野小塩町1372 【駐車場 [続きを読む]
  • 蔵王堂の読経が聴こえてくる朝 吉野山
  • 蔵王堂の読経が聴こえてくる朝 吉野山 (奈良県)月明かり残る朝、民家に咲く桜が実に見事で歩みを止めました。薄っすらと花びら化粧をした屋根も美しいですね。金峰山寺の蔵王堂では一般の方も参加できる朝の読経(6:30#abcd#7:15頃まで)が行われています。厳かに鐘の音が鳴り響き、お経が聴こえてくる時間帯に散策をするのもおすすめです!写真の詳細情報はこちら【撮影日】 2017年4月15日(土) 【撮影地】 吉野山(下千本 [続きを読む]