評議会 さん プロフィール

  •  
評議会さん: 評議会のブログ
ハンドル名評議会 さん
ブログタイトル評議会のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/matrix2013/
サイト紹介文広く人々に「益」を繋げる。「弘益人間」宣言に基づいた建国精神の夢を全ての人々と見れば・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2013/06/01 07:10

評議会 さんのブログ記事

  • 摂理国家と自画自賛したわりには、、、
  • 朝鮮半島の分断と、ミサイル、核実験を敢行する北朝鮮の挑発は、アジアや全世界の平和と安全を脅かす最も緊急の課題となってる。古い冷戦時代の枠組みを脱し、韓国国民と周辺国が共に力を合わせ、地域と全人類の運命を開拓させなあかん。朝鮮半島統一と言う夢を実現する為、「One Korean キャンペーン」がもたらした進歩と影響力は大きくなってる。それに反比例してニッポンではどんどん退化してる。Korean Dream の道筋は、他の国 [続きを読む]
  • 嫌韓相乗して朝鮮半島危機説に期待
  • ニッポン政府が朝鮮半島有事を過度に想定してる。海外安全ホームページに朝鮮半島情勢に関する情報に注意することを注文し、有事の際の自国民帰国を論じた。ニッポンに押し寄せる韓国人難民課題と称し、あたかもソウルは火の海になると半ば断定し出した。20万人の在韓米国人に対して、米国は特別な動きを見せてへんのに、騒ぎ出すニッポンの態度は、有事の際の備えだけにしか関心がない!嫌韓に飽き足らず、朝鮮半島危機説を煽り立 [続きを読む]
  • アジアングローバル
  • アジア大陸と太平洋島嶼国は、グローバルな影響力で天運が流れて来てる。環太平洋時代に入りつつ、世界経済の中心軸が大西洋からアジアへと移動してる。特有の地理的、文化的、歴史的背景を持つフィリピンは、地域と世界平和の為に極めて重要な役割を実行する立場になってきた。今世紀の未来を決定する上で、南半球や東南アジアの役割が重要やと顕進任は、継続的に表明して来られはった。先進国の成功モデルを反映し、最適な政治経 [続きを読む]
  • ニッポン神々今昔物語
  • 今はわからへん。昔、ニッポン統一教で、ある者がより下の者らに言う決めゼリフは、「おまえより俺の方がアベルや。俺よりあの方のほうがよりアベルやから、あの方の言葉は真父母任の言葉であり、神様の言葉や。」とまぁよう言うてた。アベルには階級があった。そんなんを平気で当たり前かのようにニッポン人信徒どもは、アベル階級組織を美化してきた。アベルに逆らえば、カインとレッテルを貼られ、心情分野より組織分野を重要視 [続きを読む]
  • 返り咲く再臨摂理に対して、、、
  • 韓国も見放す時を見極めなあかん。ニッポンは、その時大いに歓喜に満ち溢れ、後の地獄で平安を願うやろ。このニッポンに何を求めてるんやろか? 銭目当てと言われるんがオチや。そりゃ〜、真父任(아버님)の願いやったかもしれへん。しかし、その願いの期待を裏切り、育てなあかんもんが育たなくなってもうた。いつ何時においても次世代への夢を育てていかなあかん。そないな時、インスピレーションがよう与えられんねん。それは [続きを読む]
  • 繋がってると妄想し、実は繋がってへんねん。
  • 顕進任は、昨年は祝福家庭が新しく再出発できるよう、贖罪という主題を掲げられはった。祝福家庭を見れば、罪人の立場やともおっしゃられはった。おもろいことに、顕進任派でえらっそうに講釈たれるニッポンのもんらの大方は、統一教やサンクチャリー教に当てはめる分でも、自分らがあたかも顕進任の下にいてたら関係あらへんと言うてる。このニッポンで、顕進任がなさろうとされること、顕進任の願い、所謂、天の父(하나님)のみ [続きを読む]
  • デッカいお世話は、自己本位
  • ここに至って、韓国大統領選に拍車がかかる中、国民の党の安哲秀(안 철수)が躍進し、文在寅(문 재인)と勝るとも劣らないまでになってきた。それにしても、あいも変わらずニッポンの右翼の発想と言うんか、アホと言うんか、共に民主党の公認候補として大統領選に出馬する文在寅が韓国大統領になれば、北朝鮮のミサイルの脅威が増すと、ニッポンのアホ右翼どもがほざいてるわ!なんや? この後に及んで文在寅は「従北」? 従北っ [続きを読む]
  • 第2弾 摂理妨害破壊者ら
  • 天の父(하나님)の役事が、顕進任を通して持続されてる。霊界にいらっしゃる真父任は、御自身が蒔かれた種が、顕進任を通して実を結ばれてる状況をどうご覧になってはるやろか?!全人類に対して輝くモデルとなってはるけど、危険な時代の危険な世界に希望とビジョンの光を放ってるわけや。それは、危険と隣り合わせな状況にあるわけで、常に危機意識を持たなあかん。真父任のレガシーが永遠に持続され、より大きな実を結ぶ為の多 [続きを読む]
  • 心が正しくあれば、身体は別でも・・・
  • 過去の歴史を通して、堕落した人類と同様、ニッポンの描く絵空事は、み旨を失ってもうて、戦前へと逆戻りしようとしてる。この戦前のあり方を正当化させることで罪を払拭させられると思い込んでるのか、弁証法的史観のように罪の意味もわからず、肯定する方へと向かってる。真父任が与えられた使命と、ニッポンを通して罪悪史の束縛から抜け出させようとされた真父任のビジョンと希望はもろくも打ち砕かれて来た。今まさに、その使 [続きを読む]
  • 貧しさに負けた。いいえ世間(サタン)に負けた。
  • ここへ来て韓国の能天気さが出てきよった。真父任の말씀と顕進任の말씀から言うて、嫌韓の信徒がおるなんて考えられへんと思うてる。嫌韓がおっても一部であって、大方は真父任、顕進任通りに動くもんやと、、、甘いのぉ〜自分らだけの地固めだけで精一杯やったから、ニッポンにまでそない気が回らへんかったけど、韓国もようやく地固めできて来て、ニッポンに目を向け出して来たんやろな!韓国に比べ、ニッポンの現状は話しになら [続きを読む]
  • 真の進化系正統者
  • サタンは狡猾や。真の家庭の周囲(外堀から)へ入り込み、内堀に風穴を開けさせ、真の家庭は風穴から入り込んできた蛇によって侵食されてもうた。混乱が生じ、統一教徒全体に拡散された。唯お一人、侵された場から抜け出し、切迫した摂理的課題に直面してたが、天の父(ハナ任)は、どんな荒波の中にあっても、唯一なる顕進任を定着させるべくして導いてこられた。それが、顕進任の力の源泉となってらした。そんな顕進任は、韓国と [続きを読む]
  • 今更なんやっ!?
  • 天の父(ハナ任)は、創造目的である理想家庭を立てる為に人類史を通してどれほど御苦労されはったことか? 想像に尽くしがたい。人類始祖のアダムとエバは、希望の夢やった。摂理歴史路程で、み旨と相対できひん人類の無能さは失敗の連続や。摂理が延長に延長を重ねてきたわけや。堕落によって失った人類が再び、再びと、、、ハナ任は、夢と希望をと、、、再臨のアダムは、人類に新しい命の恵みと祝福をもたらすことのでき [続きを読む]
  • どんどん刷新力、自浄作用がないなってく
  • 問題を問題とは思わへんように、ある古い日本式システムを復活させ、後戻りすることに邁進し、これを良しとしてる。父子協助時代に因んで、世界カナンの地へ行くことを拒み、荒野へ戻るかのようにニッポンは、もはや自ら刷新する力がないなってきた。ほんま、今国会で問題視されとる「森友学園」。これを当初擁護しよるアホらは、自分の立場と共有すると賛美してた。ところが、アホなカラクリで立場が悪うなると、罪を罪とは思わへ [続きを読む]
  • 揺らぐ韓半島、不動後戻りのニッポン
  • 北は、内部の揺らぎを強制して抑え込んでも、外部から揺さぶられ、内外の矛盾が、北朝鮮自体の核心に影響を与えてる。南は、朝鮮動乱後の混乱収拾の為、軍事政権を要して文民政権へと脱皮したが、大統領を用する権限にはそない変化をもたらせへんかった。ここ朴正煕に始まって、朴槿恵をもって親子で終止符された。大統領権限での乱用は、国民の前を持ってその権限は許しまへんでとばかりに前代未聞の歴史的変化がもたらされた。韓 [続きを読む]
  • 無理無理伝説
  • ニッポンが、否、ニッポン人の一部分でもええから、天の父(ハナ任)のみ旨と真父任、顕進任とアラインできてたならば、今日のような絶望的な未来を占うもんにはならへんかった。存在するもんには、その理由と目的がある。創造原理がそうであるように、、、普段何気なく使うてるスマホ。スマホ自体の構造がどうなってるかなんぞ気にせんでも、スマホが存在する理由や目的はわかってるから使うてんねん。そんなスマホが存在する理由 [続きを読む]
  • 幕開けに因んで
  • 父子協助時代の幕開けに因んで、母子協助時代には影の存在として、全世界に準備された人々がいてる。少なくともニッポンにもいてる、、、と俺は思うてる。もちろん、母子協助時代から父子協助時代にへと心情を変える人々も含めてや。この時代にこの時代の天の父(ハナ任)み旨を示す摂理的み言を準備された人々に与えなければならへん。そんな人々の心情基盤を築いてくわけや。そして全霊界が動員され、役事される。現状の世界をど [続きを読む]
  • フィリピンGPCに因んで
  • アジア最大のカソリック教国フィリピン。公用語に英語を持つこの国は、貧しくあっても、英語圏などに出稼ぎをし、祖国に仕送りなどをして家族を養っては大切にしてきた側面を持つ。海外から送金は、今や外資の直接投資額を上回り、貴重な外貨をもたらしてるとのこと。それは、フィリピン経済全体が出稼ぎ労働に依存してるとも言われる。そんなフィリピンは、植民地時代・独裁時代に一部の特権階層が経済を独占してきた名残があり、 [続きを読む]
  • 三大王権を覆す無知は幸いなんは今だけ
  • 復帰歴史は、長子権の争いでもあった。長子たる資格者は、最終的に長子権をもってこそ、天の父の主権に直結させられる。せやから、長子の位置がとても重要やった。家庭において長男は長子に直結されるんが原理原則や。その長男の役割は、天の父に侍る正しい先例を立てることや。堕落し、無知な人類は、メシアがおられへんかったら、天の父の前に孝行の前例は立てられへん。メシアは長子として来られ、長子権を持たれはることになっ [続きを読む]
  • 顕進任を見て、他人事のように綺麗事を言う
  • 真父任は、しっかりとされた構想のもと基元節の基盤を準備されはった。手順を踏まれながら、そこにははっきりとされた方向性があった。父子協助と言った転換点があり、転換期があった。既存にまみれた既成事実に捉われたことで、サタンの防衛戦に加担したことは、偶発的に起こったもんやなく天宙史的葛藤そのものや。その結果、全ての段階で拮抗する分岐点が表面化され、発展するどころか、真父任が示された方向性に支障が来たされ [続きを読む]
  • 本然の自分より既存の自分
  • ある段階で自分らが自分らである為の固定観念から抜け出せへんかったら、先へは進まへん。しかし、実際、進まへんとわかってても行動を起こすか起こさへんかではえらい違いや。真父任の改革(父子協助)に対して、行動を起こさせへん理由は様々やったかもしれへんけど、行動を起こさへんかった結果、逆戻りするような現象が生じた。統一教ならば、荒野時代の業績にすがりつくこととなった。自分らが自分らでなくなってまうんやない [続きを読む]
  • 成長せえへんねぇ〜 今のままでええみたいや〜
  • 米国は、そもそも移民によって成り立って来た国や。今や中東などの一部の国を名指しし、こうした国の人々の入国停止まで命じたトランプの大統領令は、全米で反発を起こさせてる。それに伴って裁判所が大統領令の差し止めするなど米国は揺れとる。世界が動揺しよる。在日コーリアンに醜悪なヘイトスピーチを浴びせかける連中が横行しくさるニッポンも例外でなくなる日が来るかもしれへん。欧州を中心とした世界各国の首脳も米国トラ [続きを読む]
  • 昔はよかった。その時代に戻ろうは「悪」の誘い 3-完
  • 今や、トランプだけやなく、欧州等での極右政党の林立や分離独立運動の高まりなど、ニッポンを含む先進国では、国家国民意識を保守強調する勢力の台頭が目立つ。これらはいわば、先進国でフィクションの国民意識の表れで、経済状況に深刻さが見えて来たことで状況が覆った結果や。グローバル化によって、ヒトの移動が自由化され、先進国にはそれまで以上に多くの地域からヒトが集まるようになった。そんなグローバル化によって、先 [続きを読む]
  • 昔はよかった。その時代に戻ろうは「悪」の誘い 2
  • 1492年、スペインでユダヤ教徒追放令が発令された。当時のスペインは、中央集権体制が急速に形作られ、スペイン国家のスペイン人イメージはキリスト教徒やった。欧州でユダヤ人迫害が多く知られてるが、それはキリスト教が絶対的な権威だった中世よりむしろ、「国家」や「国民」という概念が普及した近代にて、より激しくなった。近代西洋は、国境線が非常に複雑や。数百年に及ぶ争いを繰り返し確定されたものやから、時間と共に文 [続きを読む]
  • 昔はよかった。その時代に戻ろうは「悪」の誘い 1
  • 第45代米国大統領ドナルド・トランプ。大統領令で米国内外で物議をかもし出し、その動向が注視させられる。米国自身が主導して作ってきたグローバル化の潮流を否定するような動向を見せるトランプは、「米国第一」を掲げ、国際秩序の形成と距離を置く方向へと向かってる。米国が世界第一超大国の座を降り出して来た。第二次大戦後と冷戦終結後の国際秩序は大きな転換点を迎える。世界全体の欧米化に対する、欧米世界からのある種の [続きを読む]
  • 婚約解消〜 、え? もともと婚約した覚えない? あっそ。
  • アパホテルに置いてある右翼書籍が話題になり、ここまたニッポンの妄想妄言歴史認識が湧き上がって来た。アパ側は2万部の増刷をしてるとのことや。いやいやいや、どんどん遠ざかる半島との距離。人類の今の技術では生きて辿り着けんような宇宙空間並みの距離やな。笑笑このまま、互いが互いを意識せず、冷遇された間柄の方がお天道様もやりやすいやろ!?はよ、これにて一件落着となれる韓日間を望んで、韓半島統一後の婚約は解消 [続きを読む]