武漢オナガ Toshi さん プロフィール

  •  
武漢オナガ Toshiさん: 元日本語教師日記「のびのび」
ハンドル名武漢オナガ Toshi さん
ブログタイトル元日本語教師日記「のびのび」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/toshiyoshimura/
サイト紹介文日本語教育、異文化交流、他言語習得、相互理解、などについて考える。元日本語教師の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/06/01 09:33

武漢オナガ Toshi さんのブログ記事

  • 「日本語を鍛える」3
  •  4月28日(金)、快晴。真っ青な青空が広がる。近所を廻ると釣りの話が出たりする。もうそういう季節か。「摂心(せっしん)」という言葉も、この連載を読むまで知らなかった。私の持っている電子辞書には載っていないと思って、ネット検索をしたら、「接心」と同じ意味... [続きを読む]
  • 「日本語を鍛える」2
  •  4月27日(木)、晴れ。肌寒いが、晴れ間が広がっている。 「ステイーブ・ジョブズが愛した禅僧 乙川弘文=柳田由紀子作」の141回目は、オーストリアの「ブレゲンツ坐禅会」主宰者のマンフレッド・ヘンリーゲル氏の話(1)である。 仏教(禅修行?)の世界的な広がりに驚くとともに、外国人が専門用語を多く使うことにもびっくり。 「日本で坐禅というと「一炷(いっちゅう)」。つまり、お線香が一本燃えつきるまでの [続きを読む]
  • 「日本語を鍛える」1
  •  4月26日(水)、雨。昨日の夕方から、雨が降り出した。しばらく晴れの日が続いていたので、庭のシャクナゲやチューリップが生き生きしている。 日本語を鍛える場面はどういう時だろう、と考えた。  魂のことばを紡ぎ出す詩人の作品に触れることが、まず第一。新聞や本で、詩・短歌・俳句・川柳、等を読む。気になるものは切り抜いて(コピーして)ノートに貼る。最近は、どういうわけか「川柳」に惹かれる。 最近では、地 [続きを読む]
  • 「多言語習得・ポリグロット(polyglot)宣言をしてしまった」
  •  4月21日(金)、晴れ。下越地域での山菜採りの誘いがあり、参加。ふきのとうなどの収穫があり、楽しいひと時を過ごした。企画した幹事の配慮に感謝。 昨日、角田山に登ったとき、中国語教室の学友の友人から、こんなことを聞かれた。 「どうしてそんなに外国語を勉強するんですか」 とっさの返答は、「ボケ防止です」。最初の英語を学ぶきっかけは、そのことも大きな理由だった。 が、スペイン語、中国語、と広げた理由は [続きを読む]
  • 「中国語・ちょっと上のレベルの教室を受講」2
  •  4月20日(木)、曇り時々晴れ間。別の中国語教室の学友とその友人を案内して、角田山(桜尾根コース)を歩いた。前日の強風もおさまり、快適だった。 「中国語会話レベル7」(新潟国際情報大学中央キャンパス)の受講生は、わたしただ一人である。 火曜日の夜7時開始なのだが、1時間の授業に短縮された(受講生1人の場合は1時間になるという取り決めは、事前に知っていた)ので、8時には終わる。 今まで2回受講した [続きを読む]
  • 「中国語・ちょっとレベル上の教室を受講」
  •  4月19日(水)、曇り、時々小雨。最高気温20℃超えの暖かい日が続いていたが、昨日から気温が下がった。 思うようには上達しないが、いろんな場面を利用し、中国語習得に勤しんでいる。今年は、5年計画の4年目に突入だ。 英語もそうだが、新潟国際情報大学中央キャンパスで講座を受講し続けてきた。中国語は、初級から取って3年がたつ。 中央キャンパスを使い慣れているということやバス等で通いやすい、等々が理由で [続きを読む]
  • 「中国語・中国人留学生との交流と歓談の観桜会」
  •  4月14日(金)、晴れ。南西からの風が強く吹き、暖かくなった。のっぴきならない用があり、誘いのあった花見も山歩きも参加できず。残念。  タイトル(題)のような会合が4月9日(日)、午後にあった。参加しない予定であったのが、昨日のブログで書いたSさんが参加してみたいと言ったので、付き合いで参加した(Sさんは顔を見せなかった)。 雨は降るし、寒いしで、外での観桜会はなくなり、室内に会場を変更しての交流 [続きを読む]
  • 「中国語・佐渡国際教育学院とSさん」
  •  4月13日(木)、晴れのち雨のち曇り。朝、快晴を予感させる空だったが、急に黒雲が広がり、大雨が降った。気温は低い。昨日は、目一杯やらなければならないことがあって、ブログを書けなかった。 わたしを佐渡国際教育学院に紹介してくれたのは、Sさんである。 Sさんはわたしより10数年先輩である。彼は「中国現代文学研究会?」なるものを立ち上げ、毎日、中国語の本に親しんでいる。中国残留日本人帰国者の支援活動もし [続きを読む]
  • 「中国語・佐渡国際教育学院」
  •  4月11日(火)、曇りのち雨。昨日の快晴から正反対の天気になった。昨日は、今年何回か予定されている「花見の会」に参加。大いに楽しんだ。  冬眠から覚めたと思ったら、中国人との交流の機会が増えた。4月8日(土)には、佐渡国際教育学院http://www.iacn.jp/99_blank.htmlの入学式に声がかかり、参加した。  この学校法人の理事長兼学院長のAさんと初めてお会いしたのは、3月に入ってすぐだった。この学院 [続きを読む]
  • 「間話・一字下げ、ネットの影響で消える?」
  • 4月7日(金)、雨のち曇り。朝方は、傘をさして歩いた。午前5時半頃、かなり強く降った。ちなみに、昨日の最高気温も21℃を超えた。ブログを書くとき、気になることがある。この題にある「一字下げ」である。「文章を書くときは段落の最初を一字下げる。改行するときも、同じく一字下げる」と学校で習ったし、教えてきた。しかし、ネットの世界では(ほとんど横書きだが)一字下げないのが主流である。改行のときは、一字下げ [続きを読む]
  • 「中国語・文法か会話か聴く力か」
  • 4月6日(木)、晴れ時々曇り、夕方から雨。今日も最高気温が20℃近くまで上がる。暖かい。ちなみに、昨日の最高気温は21.2℃。一気に暖かく(暑く)なってきた。四月が来る四月は光を持って来る四月は光を撒き散らす四月は花を持ってくる匂を持って来る色を持って来る歌を持って来る(以下、略、堀口大學の詩から)もう(桜の)花見ができる日が近い。どの要素も中国語(他言語)を習得するには必要だ。しかし、どこに重点 [続きを読む]
  • 「中国語・一夜漬け学習は残らない」
  • 4月5日(水)、晴れ。最高気温が20℃まで上がるとか。午前中、4人で弥彦山を歩く。カタクリや雪割草などが開花真っ盛りを迎え、しかも天気に恵まれ、県外ナンバーの車を含め、駐車場はびっしり。角田山も。中国語教室のT先生は、暗唱発表の時「一夜漬けは長期記憶につながらない」と言われた。前にも書いたが、少しずつ覚えるのが有効だという。毎日やるのはもちろんのこと、1日を何回かにわけて覚えるといい、と。なるほど [続きを読む]
  • 「中国語・自分の中国語を録音して聞く」
  • 4月4日(火)、晴れ時々曇り。午後から気温も上昇してきた。今週は、気温が高めのようだ。昨日は、このブログにリンクを貼っている「師匠」の呼びかけで、マレーシアからの客人・L家族との交流会があり、参加。とてもいい民間国際交流だ。英語はなんとか通じる部分があったのだが、中国語は全く通じない。L家族が話すのは、広東語で、しきりと「dialect(地域語)」と繰り返した。挨拶や数の言い方からして、普通?(北京?)と [続きを読む]
  • 「このブログ、立ち上げ5周年」
  • 3月31日(金)、曇り時々晴れ。肌寒い。今年度最後の日ということで、あちこちでお別れや交代の挨拶が交わされた。このブログももう5年になる。角田の雪割草を見ると立ち上げの頃の苦労を思い出す。なかなかできなかった写真のアップ(貼り付け)を雪割草で行ったからである。最初は、1週間に1回くらい綴れば良いと考えたが、反応が面白く、また、日記と同じような記録にもなることがわかり、週何回か書いた。三十数年も続け [続きを読む]
  • 「中国語・音読100回」2
  •  3月29日(水)、快晴。夜中は、相当雨が降ったようだ(あちこち水たまりができていた)が、朝からずっと晴れ間が続いた。100回音読すれば、ほとんどの文章がテキスト(教科書)を見ないでもCDの朗読について言うことができる。200回やれば、全部の文章を覚えてしまうのではないか(まだやったことがないからわからない)。だから、教科書の本文を短くまとめた暗唱用の文章は、200回くらい音読すれば、自然と覚えてし [続きを読む]
  • 「中国語・音読100回」
  •  3月28日(火)曇時々晴、のち雨。朝9時半〜15時頃の晴れた時(寒かった)、ある山の会の20人で角田山を歩いた。雪割草やカタクリの花を満喫した。T先生による「中国語会話6(レベル6)」(新潟国際情報大学中央キャンパスにて)が3月25日(土)で終了した(来年度も受講する予定だが)。前期15回、後期15回、合わせて30回、ほぼ無欠席で通い続けた。「相当中国語の会話力が身についた」と言いたいところだが [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「レベルアップ中国語」」
  •  3月24日(金)、曇り時々晴れ間。変化の激しい天気。午前中のボランティア活動中には、ほんの一瞬花吹雪のような雪が降った。風も強く、寒かった。 「レベルアップ中国語(10:30〜45)」は、時間帯のせいで(出かけることが多い)、あまり聞くことができないが、ドラマ(芝居)仕立てになっているので、面白い。 この1月〜3月までの放送は、「伝えてみよう“おもてなし”中国語」。この時間帯の放送は、3が月で内 [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送がなくなる?」
  •  3月23日(木)、曇り時々晴れ間。気温はあまり上がらない。 語学講座を中心に、ラジオを聴くのは好きなのだが、テレビを見るのはあまり好まない(というより見ていると他のことができないから見ないようにしている)。 今日は、森友学園問題の国会中継やWBCの決勝とかあり、背中でテレビを聞きながら、やりたいことをやっていた。巨悪を眠らせてはならない。 昔、NHKの改革で「NHKラジオ第2放送がなくなる」という情報が [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「入門ビジネス英語」」
  •  3月22日(水)、曇り時々晴れ。予報に反して、晴れ間が広がることが多かった。歯の治療で、午前中近所の歯科医院に行ったが、窓から射す日差しを見て、「晴れてきましたね」「そうですね」とことばを交わしあった。 「ビジネス英語」という言葉を使うようになったのはいつ頃からだろうか。企業がグローバル(国際)化し、英語が仕事上必須になったとか、中国語も仕事で使う、とかいう状況が広がるのと同じ時期だろう。 中国 [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「実践ビジネス英語」」
  •  3月21日(火)、曇り時々小雨。この「3連休」は、晴れ間が広がることが多く、比較的天気に恵まれた。角田山に登ったり、墓参りを兼ねて行楽に出かけたり、いろいろできた。 次に聞いているのが、「実践ビジネス英語(9:15〜30、水曜・木曜・金曜の3回)」である。 ラジオ第2放送の語学講座は、確かに英語が多い。そして、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づいた「A0」〜「C2」の7段階の難易度レベルが示されて [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」」
  •  3月17日(金)、晴れ。春彼岸入りにもなると天気も良くなる。まさに、実感。今日から3日間、晴れそうだ。 「Enjoy Simple English(9:10〜15)」をどうして聴き始めた(数か月前から)か、よくわからないが、楽しんで聞いている。 たった5分なのだが、けっこう長く感じる。オリジナル・ショート・ストーリー(月曜)、日本再発見(火曜)、落語(水曜)、世界の昔話・童話(木曜)、名作リメイク(今は「竹取物語」 [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「まいにち中国語」2」
  •  3月15日(水)、雨。一日中降り続く。激しく降る時間帯もあった。 「生きるとは日々の雑事をこなすこと」 正にこれが実感である。朝早くから夜遅くまで、やらなければならないことがたくさんある。 今日は、「まいにち中国語」の復習の時間30分が取れなかった。「小さな地域新聞」の作成のためである。 その課に出てきた「文」をノートに書き写して、ピンイン(拼音・声調含む)を赤ペンでふってみる。 間違わずにふれ [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「まいにち中国語」」
  •  3月14日(火)、曇り。また、暖かくなってきた。暖かいと、朝はカラスの鳴き声が聞こえ、夕方は子どもたちの外で遊ぶ声が響く。 豊嶋裕子講師による「まいにち中国語=大陸くんの留学日記(8:15〜8:30)」を聴いている。2015年4月〜9月の再放送なので、テキストはこの当時に購入したものを使用している。 1課から120課まである(1か月で20課)。今日は、107課で「我?得很?得?(お買い得だと思い [続きを読む]
  • 「NHKラジオ第2放送・語学講座「まいにちスペイン語」2」
  •  3月10日(金)、晴れ間も見られたが、おおむね霙混じりの天気。寒い。 NHKラジオ講座「まいにちスペイン語(7:15〜7:30)」のテキストは、入門編と中級編に分かれている。入門編は月・火・水曜日の週3日、中級編は木・金曜日である。 入門編は菅原昭江講師による「スペイン語ジムにようこそ!」で、2015年10月〜2016年3月の再放送である。 この再放送がありがたい。復習できる、自分の理解度を確認で [続きを読む]