みち さん プロフィール

  •  
みちさん: 癌の自然療法 みちの挑戦!
ハンドル名みち さん
ブログタイトル癌の自然療法 みちの挑戦!
ブログURLhttp://ameblo.jp/parao-syakogai/
サイト紹介文子宮体癌再発後、手術を断り、自然療法を凡事徹底。自己免疫力を強化した結果、癌が自然排出されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/06/02 02:47

みち さんのブログ記事

  • ひょうの爪跡
  • 5日前、集中豪雨に混じって、局地的な範囲で、ひょうが激しく降ってきました。 風に乗って、ゴルフボール大の氷の塊が次々と落ちてくるのですから、ひとたまりもありません。 うわっ、どこから手を付けたら良いのかな… 納屋の硝子が割れ… 雨樋が真っ二つに折れ… 古民家全体が、ボコボコになり茫然… 外壁に、穴が空いてしまいました 馴染みの業者様曰く、壁一面全て木の板に張り替えるのは簡単だ [続きを読む]
  • 癒しの高次元気功@東京
  • みやび先生の東京勉強会に参加してきました。 翌朝、今朝は穏やかだね〜と夫に言われました。魂が満足したからでしょうかとても優しい気持ちで帰ってこれたのは事実です。 みやび先生の勉強会は3度目の参加で、いつも楽しいのですが、今回特に嬉しかったのは、2点。 ひとつ目は、3年前に初参加させて頂いた時の感想をブログに書いたのですが?あの時のみちさんの記事を読んで、みやび先生の気功を知ったのですよ〜?と仰って頂け [続きを読む]
  • 梅とキャラボクから教わる
  • 庭を造園して頂いた際、移植した木が何本か枯れてしまいました。その1本がこのキャラボク。 こちらは根付いてから何十年と古いので、おそらく移植に根が耐えられなかったのでしょう。 梅の木の下にも、自然石の手水鉢と、趣ある空間を創り出している蹲(つくばい)で、茶室の手水舎を思わせる雰囲気として、和風庭園風に設置して頂きました。 しかし間もなく、鈴なりに付いていた小さな梅の実が次々に落下。梅の木が、自身の実 [続きを読む]
  • 病名に捉われず症状を改善する からだのワーク
  • 大安+一粒万倍日+天赦日がトリプルで重なった7月6日。非常に縁起の良い日、からだワークのイベントが開催されました。 栄えあるこの日、私はなんと企業研修のご予約とのダブルブッキングをやらかしてしまう、という絶対にあってはならない大失態を犯してしまい猛反省… 結局、いつもの縁側ではなく、今回は北側8畳の間で、開催して頂く運びとなりました。ご来場頂いた4名様と、講師の良久様にはご迷惑をお掛けしてしまい、本当 [続きを読む]
  • 癌は誰が治すのか? ―自然治癒を探るー
  • お話会のレポートです。通常はアメリカのニュージャージ州にご在住の松野哲也博士ですが、このたび東京に一時帰国されたタイミングで、こじまもとこ様のお力添えのもと、昨年11月に引き続き、2度目の健康古民家かのうでのご講演を頂く運びとなりました。ご縁に心より感謝申し上げます。 当日は、東京、神奈川はもとより、千葉・埼玉・栃木・群馬などの各方面から、合計23名様の方にご参加頂き、大盛況でした。 事前にお送り [続きを読む]
  • 明日は、癌のお話会です!
  • 少し前になりますが?癒しイベント?を開催した時の話です。 私は、癒しの皆さんに混じって、お抹茶セットを準備していました。こちらの茶釜は、母の嫁入り道具です。もう50年程前になるのかな〜。 25年前、自宅の全焼により、茶釜も大分焼けてしまいましたが、復旧できるお釜の部分は修繕し、胴体の部分は損傷が激し過ぎたせいか修復が厳しいとの事だったので、この際買い換えました。 母が大事にしていた茶釜。母に代わって、 [続きを読む]
  • がんは誰が治すのか
  • 7月1日(土) 松野先生お話会に先立ち、ご著書新刊を献本頂きました。 早速、読ませて頂きました。率直なご発言に納得する部分も多く、大いに学ばせて頂きました。 癌をきっかけに、自分の人生これから具体的にどう生きたいのか?今日一日を、いまの一瞬を至福の時間で生きられているのか? 言葉で表現するのは難しいですが、人間誰しも見えない力に生かされていると思うので、自分で治すのだけれども、それだけに執着してはいけ [続きを読む]
  • 癒しのイベント♪
  • 来たる18日(日)、古民家では癒しイベントが開催されます。 アロマ理科室代表のいりゆかさまが、色々な癒しセラピストの皆様方をお連れしてやって来てくださいます。 ちなみに入場無料それぞれのブースにて、直接お申し込みくださいませ。 折角なので、私も一緒に紛れ込んで、お抹茶セットをご用意させて頂きますねちなみに夫は、玄関先で履物係をやらせて頂く予定です。 このような体験型のイベントは、全く初めてなので、当日どの [続きを読む]
  • 「生還者に学ぶ がんの治し方&体験者お話会」レポート
  • 6月3日に開催されたお話会レポートです。 私と小澤様との出逢いは、こじまもとこ様からご紹介頂き、癌の自然治癒の体験を取材して頂いたことが始まりでした。この時の内容が、コチラになります。 これから1年後、昨年7月にオープンした古民家で、このような形でお二方による癌の講演会を開催して頂けるなんて、この時は夢にも思いませんでした。大変幸甚に感じた次第です。 当日は、23名様の方にご参加頂きました。 私は、 [続きを読む]
  • 座禅
  • 古民家では、従来のご利用に加えて、新規でのご利用用途も増えて来ました。例えば、生け花、料理教室、ヨガ、結婚式和装前撮り、怪談、尺八の演奏など…。 先日、座禅のワークショップが入りました。お下見の際に、イベント主催者の方、曹洞宗の僧侶の方、英語同時通訳の方がお越しになりました。外国人を対象にした座禅のワークショップを開催したい、と。 古民家では、日本古来の伝統文化の継承はWelcome なのです。本当に日本の [続きを読む]
  • 「外国人様向け生け花教室」レポート
  • 大村真奈江先生による生け花教室が開催されました。 昨年7月の古民家オープン当初から、じつは茶道・花道・着付けなど、いわゆる日本の伝統文化の継承と言われる?道?と付くお教室が、古民家で開催出来たら良いな〜と思っていました。 今回、折角念願が叶ったので、イベントに便乗して、野点セットを庭に出す構想を抱いていたのですが、当日は雨のため断念…。非常に足元の悪い中、お越し頂いた皆様、ありがとうございました! [続きを読む]
  • 1日1組限定の古民家の宿 後編
  • 前回の続きです。 夜は川のせせらぎをBGMに、ぐっすり熟睡できました。翌朝は5時に目覚めたので、早朝散歩です。山間の朝は本当に清々しく、細胞がシャキンとする感覚を覚えます。 お宿の目の前を流れる若杉川。 右上の建物が、懐さん。懐さんは、この源流の一番最上に位置するので、水が美味しい。 後ろを振り返ると、民家がちらほら… 近くの三社神社。 初めてこの土地に来させて頂いた感謝のお礼を申し上げました。 [続きを読む]
  • 1日1組限定の古民家の宿 前編
  • 一日一組限定の宿。『 こころの里 懐 』古民家繋がりのご縁から、昨年暮れに偶然見付けて速攻予約。半年間、楽しみにしていた薬膳料理のお宿に泊まりました。 兵庫県養父市の山間奥にある古民家なので、東京から姫路までは新幹線で。姫路駅からはレンタカーで移動。 まず向かうは、書写山円教寺。ロープウェーに乗って、山頂駅を目指します。 西国二十七番札所 円教寺。新緑の彩が鮮やか〜。目に優しい。 はずき茶屋さんで [続きを読む]
  • 第71回真弓塾
  • 先週の或る日、急激にアクセス数が伸びた日があった。何故だと思ったら、過去の真弓定夫先生に受診した時の内容を、誰かがSNSで拡散してくれたから。同じ記事を、以前にも内海聡先生がリンクを貼ってくれた事で、アクセスが一日で一気に伸びた事がある。 そうか…私は真弓先生とのご縁を頂いていたんだ。予定していた事が直前でキャンセルになったので、急遽真弓塾の参加を決めた。 一年振りに参加した真弓塾、ここは私の原点だと [続きを読む]
  • 和みのヨーガ
  • 庭の改修工事が終了した途端、何故か、古民家のお申込みや内見、お問い合わせが連日、怒涛の様に押し寄せました。 古民家は言ってしまえば、お客様に提供する?商品?なので、細心の注意を払います。具体的には、掃除です 皆様に気持ちよく快適にご利用頂きたいので、ご利用終了後の?場の浄化?には、徹底的に気を遣います。そしてご利用当日、最初と最後のお引渡しを潤滑に行う必要があるため、予定は極力入れません。 しかし何 [続きを読む]
  • 庭の改修工事 完了!
  • 2月20日から始まった庭の改修工事、約1ヶ月後の3月24日、全ての工程が無事終了しました。 工期後半は、こちらの都合で作業をお休みして頂くなど、調整の処でいろいろありましたが、職人さんには最後まで真剣に良い仕事をして頂きました。 朝は8時前から現場入り、夜は真っ暗になるまで作業続行。 作業の工程を見ていると、職人さんの一生懸命な姿勢、真摯な真心が伝わってき [続きを読む]
  • 「手軽にスピリチュアル」レポート
  • 当日は、11名の方にご参加頂きました。お祝いのお花もお預かりしました これまで何度も足をお運び頂いた方が多く、大変幸甚に存じます。一番多い方で5回目と仰る方がいらっしゃり、本当に有り難く真摯に受け留めております。心からありがとうございますm(__)m 今回、ご講演頂いた広瀬様も、じつは過去のイベントに何度かご参加頂いた方のひとりです。私からお願いしてご快諾頂き、今回の開催となりました [続きを読む]
  • 庭の改修工事5
  • 庭の改修工事が終わったので、今度は正面玄関の改修工事です。 CGによる完成イメージパースを見せて頂きましたが、やはり実際の現場の進捗状況はかなり気になります。 まずは門扉の交換です。松の木が斜めに傾いてきて、左側の門扉が開かなくなったため。 従来のものを一旦外して、或る仕掛けを作って頂きました。これからは両開きになります。 新たな植栽も入ります。この辺りは全て [続きを読む]
  • 寺田本家 お蔵フェスタ
  • 今年も行って参りました。我が家では毎年恒例お蔵フェスタ 両国から特別急行列車が出ていました。既に満席状態で、人気の高さが伺えました。 9時前には会場に到着しました。 まずは、発酵料理教室のチケットを購入 すぐに売り切れますからね。 寺田聡美さんの発酵クリームグラタンのデモンストレーション。 酒粕でつくった発酵チーズのグラタンを頂きました。 [続きを読む]
  • 庭の改修工事4
  • 私の想像を遥かに超える変貌に、新鮮な驚きの毎日です じつは約3週間の工期で、日程が組まれております。 雰囲気がガラッと変わる設計のため、職人さん達もこれまで培ってきた経験に加え、あらゆる技術と技を惜しみなく駆使してくれています。 踏み石の並べ方が完成したようです。 私的には、この時点で充分に満足していますが、工程としてはまだまだ序の口なのです。 &n [続きを読む]
  • 霊界からのメッセージ
  • 2014年1月、父が悪性リンパ腫末期で、瀕死の状態になっていた時のことです。 救急車で病院に緊急搬送されても、全く処置してもらえなかった。挙句の果てには、ベットに空きが無い!と冷たく断られ、その日の夜中に強制的に自宅に帰された、という苦い経験があります。 ちょうどこの時期、アイムの会の懇親会でオルゴール療法を受けていた時の事です。終わったら、参加者の方がひとり、私を見て泣いている…。どうしたの [続きを読む]
  • 父の命日
  • 父の本命日を先日、心静かに迎えました。3回忌は昨年終えたので、今年は墓参りだけでしたが、やはり格別な想いがあります。 両親ともに、存在感があり過ぎた人でしたので、誕生から今日に至るまで、私の人生に色濃く影響を与えた人でした。 いま冷静に振り返ることが出来ています。両親には、感謝しかありません。毎日幸せに心穏やかな日常を過ごせているのは、ご先祖様の恩恵の賜物に他なりません。古民家の庭が日一日 [続きを読む]
  • 庭の改修工事3
  • 刻一刻と、庭が日本庭園風に変化しております。 いままでの庭は、一体何だったのだろう…と思うほどの変貌ぶり 一日でガラッと様相が変わるので、見ているだけでも面白いです。 次は、なにが出来るのかな あれれ??水道の蛇口ができちゃったよ デザインは全てお任せしているので、私は成り行きを見守るだけ 大きな [続きを読む]
  • がん自然治癒 お話会 & 香木を聞く会
  • 癌のお話会としては2度目の開催となる、こじまもとこ様と、香司の石井映子様をお招きしてイベントレポートです。 まずは、こじまもとこ様のお話から。毎回、真心を込めて丁寧にお話し頂く姿勢に感銘を覚えるのは、私だけではないと思います。リピーターの方も増え、遠方よりお越し頂く方が毎回いらっしゃいます。 何度お話を伺っても、いつも新鮮な言葉が入ってくるのですが今回、私自身が心に響いたのは、カビの生えた [続きを読む]
  • 庭の改修工事2
  • 庭の工事が始まってから3日しか経っていませんが、目まぐるしく様相が変化しております。 総体的なデザインはお任せしているので、手際よく進むペースを見ているだけですが、驚く事が多過ぎて非常に面白いです 例えば100kg以上はあるだろう板厚の御影石を、天秤棒を使って移動させるシーン。 綺麗に並べて、ミリ単位で高さと幅を調節してくれます。 この一連の流れが面白くて何時間で [続きを読む]