きっちょん さん プロフィール

  •  
きっちょんさん: 明日はきっと晴れる
ハンドル名きっちょん さん
ブログタイトル明日はきっと晴れる
ブログURLhttp://ugray2542.exblog.jp/
サイト紹介文突然レビー小体型認知症になった母を引き取り始めた在宅介護。
自由文ジワジワ擦り減る自分のココロと時間。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/06/04 09:32

きっちょん さんのブログ記事

  • 枯れるように。
  • 先日、義父が旅立ちました。3か月ほど前に、誤嚥性肺炎で入院しそこから退院することはありませんでした。享年89歳。それまでは義兄家族と同居の家で介護認定を受けることもなく、”わしはもうあかん”が口癖ながら、それなりにお元気に暮らしていらっしゃった。病院で認定を受けた時は要介護5 だったらしい。9年前に実父が亡くなった時は、もちろん母を介護する前... [続きを読む]
  • 2017春も来て
  • 頭の中ではグルグル考えているのだけれどブログにまでたどり着けず・・・そうか、今年になってまだ書いていなかったんだ。コメントを頂いておりました、ゆかさま。お母さまが旅立たれたのですね。ごめんなさい、本当に遅くなってしまって。いろいろ大変だったご様子。今はどうなさってますか?わたし、やっぱり思うんですが、親をおくること。最後で、かつ最高の親孝行だと。それ... [続きを読む]
  • ジャンパースカート
  • 昨日、母を尋ねたらいつもだいたい壁の方を向いて寝ていて、手はベッドの柵を握りしめてる。その姿がだいたい・・・切ない。一日の大半をこうして一人でベッドの上で過ごしているんだなって。私の顔を見たら・・・美ゴニョゴニョって、なんと私の名前を言いかけて だけど名前を言ってはいけないあの人みたいに、途中で止めてしまった。... [続きを読む]
  • 今さら…?
  • 昨日、母を訪ねた時スタッフから母に、パンツを用意してくださいと言われました。普通の下着パンツです。うちの施設では入居者の方に家で暮らしていたのと同じように生活していただくことを目標としているのでということでした。とりあえず了解して帰ってきたわけですが昨夜からやっぱり何か、・・・な訳です。入居して一年半が過ぎた... [続きを読む]
  • 赤い靴下
  • 昨日の母は、随分と沈んでいる様子だった。というのか、こういう状態の方が多いかな・・・・三時のおやつも終わり、部屋のベッドでいつものように寝ていた。こんにちは〜、来たよ〜と挨拶して、閉め切ってちょっと暑い部屋の窓を開ける。そういえば部屋のデジタル温度計。ここのところずっと、Lo の表示で。電池換えてないし。母が、誰?誰が来たの?と顔も... [続きを読む]
  • りんごのうた
  • ブログの機能が進化していてアタフタしてますが。先月、入居してから二回目の敬老会がありました。昨年は、施設オープンからまだ5か月。スタッフもなんだかバタバタしている印象でしたが二度目となれば、スタッフと入居者が、すっかり顔見知りになっているし、運営の方も随分とスムーズにコンパクトになっていたように感じました。去年の母は、大ホールにスタンバイした時点... [続きを読む]
  • レビー、3年
  • 五か月以上手つかず放置のこのブログでも読んでくださっていた方がいらっしゃり、検索ワードを見ると、レビー小体型認知症 の文字がある。今は自分で レビーと検索することはなくなっているけれど当初は毎日毎日検索していた。昨日の母はほとんど反応がなく無表情だった。ベッドに移っても、目を開けたまままばたきさえもせず、横になっていた。その... [続きを読む]
  • 5か月
  • 既にログインの方法さえ記憶になく…今朝、伊達公子さんが離婚発表した記事を読み母のことを思いだし、その勢いをかりて、戻って参りました。母は伊達公子さんのファンでブログを楽しみに読んでおりました。読むと元気をもらえると。離婚はとても残念だけれど一流のプロ選手であるお二人、一般人には想像できない素敵な関係を続けて行... [続きを読む]
  • だんだんわかること。
  • 先日、初めて一泊2日の人間ドッグを受けました。正式な結果はまだ届いてないんですが、中間報告みたいなのを帰りに聞きました。ちょこちょこ、悪いところは年齢なりにあったんですが、極めつけは 目と耳の異常。実は自覚症状もあったんだけれど。目の方は、前に白内障のこと書きましたが、それじゃなくて、前から見えにくいと感じてた右目。最近歪んで見えて... [続きを読む]
  • 立派な花見
  • 4月になったのに、何だか冴えないお天気が続きます。この春ほど、気候の変化に身体がついていかなくてしんどかったことはないんじゃないだろうか…4月。3年前の4月9日に母が倒れ、昨年の4月6日に施設に入居しました。この一年は本当に長かった。2回の入院が大きかったかな。日曜日に母のところへ行って外に出て桜をみました。... [続きを読む]
  • 三月の更新
  • 今朝、珍しく施設から電話があって、歯磨きしていたら、なんか歯がグラグラしてるわぁ〜とおっしゃって・・・という、若い女性スタッフの言い方が、母の言葉のところだけ、関西弁ぽくて何だか可笑しかった。で、見ると下の歯がグラグラしてるので看護師と相談して、本人も痛くないというので抜きました。という報告。週明けには施設にくる歯科... [続きを読む]
  • 二月の更新
  • 更新が月一回になってました。今も変わらず、週に一度、母の所へ行っています。三時のおやつ前後に行くとデイルームで座っていることが多くなりました。決まった方々と同じテーブルに座っています。入り口の廊下から真っ直ぐの位置に、横向きに座っているのだけれど、誰かが入ってくると必ずそっちの方を見るようです。わたしが入っていってもこちらを見て知っ... [続きを読む]
  • 気づけば1月も半ば?!
  • 週末、施設から電話。また、週末です。要するに、転倒したらしい・・・  と。夜、何度も立ち上がろうとするので↑ これセンサーマットがあるせいで、いや、あるお陰で、わかるんでしょう。車椅子でデイルームに連れて行き、スタッフが目を離したすきにいなくなっていて↑ いなくなっていて・・・って、?????... [続きを読む]
  • 新しい一年へ。
  • 母の施設に、新しくそろえた元旦用の洋服を届けに行きました。入院前に買ってあったもの。今まではしまむらとか、そういう所でズボンなんかと買っていたけれど、ちょっとでもいいものを着せてあげよう!と決心して…ヨーカ堂の介護コーナーで、ワコールのズボンを買った。母は部屋で寝ていて、その寝顔はやっぱりアブナイくらいの熟睡。ちょっとタンスの中とか整理して... [続きを読む]
  • 本日退院。
  • 今日、ようやく退院しました。先週やっと、月曜日にドクターと約束ができて、2度目の面談にこぎつけました。ドクターの口ぶりは前と同じで、様子をみながら施設と連絡取り合って年内には・・・って。今週中でお願いします!というわけで、水曜日の祝日をはさみ最短での退院となりました。母はというと、腰の拘束はとってもらえる様子... [続きを読む]
  • 入院は続く
  • 昨日は、ナースステーション前の面会者名簿に記入してふと顔をあげると、中に母がいた。あら!って目を合わせたけれど、母の目が一瞬だけ反応したように思ったけれどその後は無反応。デスクの上には色鉛筆と塗り絵が置いてあった。お花のところに、ちょこっと黄色がついてある程度で色を塗るに至ってはなかった。前に行ってた小規模のスタッフだったかが子供の... [続きを読む]
  • 入院、何の為なんだかわからなくなる。
  • 先日、初めて担当医に話を聞いた。普通の町の市立病院のドクター。普段から高齢者の患者も多いでしょう。一方的ではなく話をして下さった。でも結果としてここという断定はできず、やはり膀胱炎とかが考えられるよう。まだ血液検査の数値がよくないらしく、その数値と嚥下の確認をして、あとは施設と連絡して退院を決める、そんな話だった。嚥下の確認は、... [続きを読む]
  • 入院②
  • 今度の病院は前よりは遠く、でも自転車で行ける範囲なんだけれど、道が狭くて交通量が多いところを走るので 病院へは車で行く。運転、好きではなくて、そろそろ引退したいと思ってたけれど、まだまだ走らなきゃな。遠くはないけど、その間で何か所工事していることか!自転車の方が早いかもなぁ〜。そうそう月曜日に初めて運転して行ったとき、病院の周りは住... [続きを読む]
  • 入院
  • 昨日の朝、特養から連絡があり、前夜から熱があると。今は解熱剤で様子を見ているけれど、何かあれば病院に付き添って下さいと。お昼過ぎ、母のコートやらひざ掛けやら持って様子を見に行った。そうそうひざ掛け。前回の通院の時使ったあと無くなってしまった。ちゃんと名前も書いてあって、施設の車かどこかにあるんだろうに、見つからなかった。引き出しの中に違う名前のつい... [続きを読む]
  • 一つ下りた。
  • 母を見ていると、認知症が進んだというより、一つ下りた、一段下がった…落ちたな、というのが実感されます。言葉というより、単語になってない最近。わたしの名前を呼ぶことも、前みたいにお姉さんとかお姉ちゃんとかそれもなくなった。でも、いつも同じ調子で話ている。きっと改めて私は誰かと尋ねたら、答えられないけれど一番近い存在であることは認識... [続きを読む]
  • 混乱の日
  • 昨日訪ねた時の母は、横にはなっていたけれど眠ってなかった様子。すぐ私に気がついて、あらぁ…珍しい、久しぶり… といつもの挨拶。その後、いろいろと話そうとする。脳が覚醒しているというのか、軽く興奮状態というのかウトウトしていないのもそんな訳だと思う。あそこに大きいのをもらったけど、云々。小さいのが、どうとか、云々。... [続きを読む]
  • レビー小体型認知症
  • 今日は改めてのタイトル。いつも読ませて頂いているペナコさんの記事を読んでそのことを改めて思い出したから。長くペナコさんの記事を読ませて頂いているけれどキッカケはなんだったのか、気にもしていなかった。改めて、そうかレビー繋がりだったのか、と。今ではすっかり介護の師、ココロの友となった放浪カモメさま。彼女ともレビー繋がりだった。... [続きを読む]
  • 入院特約その後
  • 昨日、施設に郵便局の・・・正式にはかんぽ生命の?渉外員2人に来てもらった。ご本人の意志確認のため。ご本人が特約の解約をご希望なんですか?と母の部屋に入る前に聞かれて、そういうご希望すらわかりませんから。部屋に入ったら母は寝ていて、私が声をかけて起こして、郵便局の人よ。保険のことで手続きしてもらうから〜... [続きを読む]
  • 郵便局にて
  • 母の簡易保険。本体の方の払い込みは既に終了しているけれど、特約の方。年に1万少し払っている・・・みたい。勝手に引き落とされてて気づかない。入院一日に1500円ばかし出るらしい。めんどくさいけれど、骨折の入院時の請求とこの際、その特約自体を解約しようかと郵便局へ。まぁ、簡単に行かないことは百も二百も三百も承知。小さな地... [続きを読む]
  • 10月は良い季節なのかな
  • 介護認定の更新期日が迫って来てるのにどうなってるんだろうなぁ、と思っていたら月に一度、施設から届く郵便物の中に市から送られてきた申請用紙が入っていた。郵便物は月に一度、請求書やら領収書やらと一緒に送られてくる。ただ、介護保険関係のモノは施設で開封して手続きをするっていう段取りのはずが、ここのところ、どの封筒も開封した形跡がない。おかげで、助... [続きを読む]