airanz さん プロフィール

  •  
airanzさん: 平屋建ての間取りを考える
ハンドル名airanz さん
ブログタイトル平屋建ての間取りを考える
ブログURLhttp://xn--m9j743kkmbqp.jp/
サイト紹介文平屋建ての間取りを考えるポイントを教えます。
自由文若い世代にとっても平屋建てを建築する人が増えています。どんな魅力があるのでしょうか?
今までは、階段の昇り降りがきついとか、子育てが終わって2階建ての必要がなくなったなどという理由が多かったのですが、若い世代に目を付けているのが、子供の勉強をリビングルームでさせることが、教育上優れていると言われ始めていることを知っているからです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 12日(平均7.6回/週) - 参加 2013/06/05 19:59

airanz さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家族の絆
  • 家族の絆を深めるためには、コミュニケーションが欠かせません。トランプやボードゲームなどで遊ぶもよし、その日にあったことを話し合うもよしです。子供が中学生くらいになると、少しずつ自分の時間を作るようになります。そんな時でも、ひと月に1回程度、みんなが集まることが大切です。おやつでも食べながら、気楽に家族会議などをすることをおすすめします。テーマを決めて、司会者を輪番制にしてやると責任感も出てきます。 [続きを読む]
  • 家族が同じ階で過ごせる
  • 階が違って生活していると、子供達は親に干渉されないことで、勝手な行動をします。自立性を高める意味合いはあるのですが、勉強はしないで、ゲームや携帯電話で遊んでしまいがちです。毎日同じ階で生活して、横にしか逃げ場がないと認識すると、あきらめて慣れてしまいます。生まれたときからだと、違和感すら感じないかもしれません。 [続きを読む]
  • 5LDK以上
  • 6LDK-1 東玄関34.2坪 大家族6LDKのプランです。どちらかというと、学生や会社の寮という感じのプランです。家族で住みながら、下宿生を受け入れるというのもありです。 [続きを読む]
  • 4LDK
  • 4LDK-1 東玄関29.5坪 30坪以下の、4LDKのプランです。部屋数がほしいという方におすすめのプランです。和室は、親が同居する場合を想定しています。広いテラスは物干し場以外にも、読書やティータイムなどいろんな使い道があります。外の空気を吸うだけで気分はよくなります。 [続きを読む]
  • 3LDK
  • 3LDK-1 東玄関26.8坪 東側の洋室は、お子さんが小さいうちは一つの部屋として使います。大きくなってから間仕切りできるように、天井に下地を入れておきます。小さいサンルームも使い勝手はいいと思います。テラスには椅子テーブルを置いて、コーヒーなど飲みながら庭を眺めるのも、ストレス解消にいいかもしれません。 [続きを読む]
  • 2LDK
  • 2LDK-1 南玄関28.5坪 このプランの特徴は、サンルームです。格子状になっているのが強化ガラスを使用したトップライトです。結露防止のために、二重ガラスにします。建物の北側に配置していますが、光は十分入ってきます。寒い日は日向ぼっこや、洗濯物干し場としても活用できます。ホームパーティなどにも利用できるスペースです。 [続きを読む]
  • 1LDK
  • 1LDK-1 東玄関12.7坪 東西に長い敷地に、横長のプランを作りました。東西を反転すれば、西玄関にも対応します。中庭式にして、ガーデニングをしたり、洗濯物を干したりできるようにしています。 [続きを読む]
  • 30坪−35坪
  • 30-1 南玄関30.4坪 3LDK30坪の平屋になると、3LDKでもゆったりしたプランができます。書斎なども取り入れて、趣味に没頭することもストレス解消に必要なことです。家族とのだんらんも積極的に取り組んでいきましょう! [続きを読む]
  • 25坪−30坪
  • 25-1 南玄関25.6坪 3LDK子供の成長とともに、住宅も変わっていきます。ひとりに一つ部屋がほしいと言い出す時期が来ます。学校から帰って、自分の部屋に閉じこもることのないような家族に絆をとりたいものです。一般的に、2階建てよりも平屋の建物がその点有利です。 [続きを読む]
  • 20坪−25坪
  • 20-1 北玄関20.7坪 1LDK平屋の20坪以上になると、2階建て35坪前後総2階の1階部分よりも広くなります。階段も必要なくなるので、スペースを有効に利用できます。部屋数は少なくてもリビングルームを広く取りたい方や、部屋数を多くとりたい方にも自由性があります。 [続きを読む]
  • 20坪未満
  • 10-1 南玄関9坪ワンルーム9坪というとてもコンパクトなプランです。ひとり住まいの方におすすめです。水場も独立して収納スペースもあるので、不自由はないと思います。ソファーベッドを利用して、昼と夜を使い分けると、友人を呼んだりもできます。 [続きを読む]
  • 二世帯住宅のすすめ
  • 二世帯住宅は、一つの建物に2つの世帯が暮らす住宅です。その中に、2つの生活空間が存在するということです。玄関や台所、浴室などを共用にしたり、別々にしたり、一部共用だったりします。2つの世帯は、一般的には親の世帯と子の世帯が同居するケースが多いです。建物を2棟建てるより、コストなど多くの面でメリットがあります。ほかにも、子育てやしつけなどの多くのメリットもあります。反面デメリットも見え隠れします。いろん [続きを読む]
  • 過去の記事 …