ユキノフ さん プロフィール

  •  
ユキノフさん: ユキノフ模型製作所
ハンドル名ユキノフ さん
ブログタイトルユキノフ模型製作所
ブログURLhttp://yukinov.blogspot.jp/
サイト紹介文プラモデルの製作ブログです。得意なジャンルはカーモデル。他ジャンルも挑戦してみたいです!
自由文ユキノフ模型製作所所長:1971年生まれの中年モデラーです。所長ですが部下はいません。 完成品ギャラリーはこちら:http://bit.ly/14AcNx7
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/06/05 20:17

ユキノフ さんのブログ記事

  • タミヤ ビッグウィッグ 製作中 #1
  • ビッグウィッグの製作を開始します!いつもと違ってボディから進めます。先ずはポリカボディのカットから。いきなり実線を切るとガタガタになりやすいので、ハサミを取り回しやすいようにするために1cm程度余白をとって予備切り出します。切り出しにはタミヤの曲線バサミを 使ってます。次に実線を切り出していきます。曲線バサミは刃先が分厚いので細かい部分などはミネシマのエッチングバサミを使っています。2種のハサミを使い [続きを読む]
  • ラジコンにウェアラブルカメラを搭載してみた。
  • ウェアラブルカメラでやってみたかったのがRCカーへ搭載です!持ってるクルマで一番ダンパー性能の良い京商ビートルにのせてみます。ウレタンを台座にして両面テープで固定しました。ちょうどドライバーの目線になるように配置してみました。 撮った映像がこれ。逆光だったり、ウィンドウが傷ついていてちょっと見づらいですが、WRC中継のオンボードカメラみたいでなかなか面白いです。撮影についてはもうちょっと研究してみ [続きを読む]
  • ウェアラブルカメラを買ってみた。HX-A1H
  • ラジコンの走行動画をもう少し快適に撮りたいと思い、ウェアラブルカメラを導入することにしました。ラジコンの動きに合わせてカメラを振れば臨場感が得られ、広範囲に撮影もできます。これまではiPhoneをプロポに貼り付けて撮影していましたが、カメラの動きに気を取られるとプロポの操作が追いつかなかったりして、一人で撮影するのがなかなか難しい状況でした。いろいろ調べてみて最も用途に合っていると思われたのがPanasonic [続きを読む]
  • MF-01X スイフトを走らせてみたけれど。。。
  • WRC メキシコラリーに感化されて久々にスイフト(MF-01X)を動かしてみたら全然曲がらないし、動きもおかしい。ステアリングがぐらぐらするので裏返してみたらサーボホーンからピロボールが外れてました。普通のシャーシならすぐにネジを締め込めばいいのですが、MF-01Xはサーボがシャーシの内側にマウントされていて、外れたパーツにドライバーの先が届きません。サーボにアクセスするにはシャーシをほとんど分解する必要があるので [続きを読む]
  • すごいやつが来た!
  • 結局買っちゃいました。ビッグウィッグ(2017)が届きました!自宅半径20km以内に買えるリアル店舗はなさそうなので通販です。 箱の大きさはブラットと同じでした。箱の側面には初版当時と最近の由良拓也氏のお写真が載ってます。さっそくオープンして内容確認! 幾つになっても箱を開けるときはワクワクしますね。先ずはポリカボディ。この状態だとRCカーに見えません。シャーシ類やギアボックスの黒いパーツ群。でかい鈴みたいな [続きを読む]
  • ビッグウィッグが本命か
  • とっても気になる3月のタミヤ製品ラインナップ。ブーメランノバフォックスアバンテビッグウィッグ個人的に最も注目しているのは初再販のビッグウィッグです。初販売時はRCをやっていなかったので、存在を知ったのはわりと最近です。80年代テイストが満載のボディデザイン&カラーリングが今においては逆に新鮮でたまらないですねぇ。ブーメランやノバフォックスが正統派とすれば由良拓也氏によるビッグウィッグのデザインはかなり [続きを読む]
  • TAMIYA DT-02 ホリデーバギー テスト走行 (2)
  • モーターを540に交換したDT-02をダートで走らせてみました。バッテリーは3900mAhのNi-HM、ボディは分厚いプラスチックで重くて走行には不利な状況ですが、そこそこ軽快に走れるようになりました。軽くジャンプもできます。これぐらいのスピードであれば転倒することも少ないので、ボディの破損もそれほど気にしなくても良さそうです。キット付属のリアスパイクタイヤの減りが思ったより早くてダート路面の食いつきが悪くなってきま [続きを読む]
  • TAMIYA SUBARU BRAT テスト走行 (2)
  • フロントをオイルダンパー化したブラットをいつもの公園でテスト走行してみました。起伏のあるダートではフロントのばたつきが以前より軽減されてオイルダンパーの効果が出ているように感じます。しかしながら、なんだか様子がおかしい。。右には異常に速く旋回できるけど、逆に左には曲がりにくかったりと、とにかく操縦しづらいのです。。走行を止めてよくみると右後輪が沈み込んでて、車体も傾いているような。。恐る恐るボディ [続きを読む]
  • TAMIYA BRAT オイルダンパーの取付
  • ブラット前輪のぴょこぴょこ跳ねを解消するためにオイルダンパーを取り付けてみます。ブラットの前輪フレーム内に配置されたバネがフリクションダンパーの効果を与えているのですが、どうにもバネが硬すぎます。しかし、このバネがサスペンション自体の支えにもなっているようで、無くしてしまうとがたつきが大きくなってしまいそうなのです。そこでちょうど良い感じのバネを探したところ、コーナンで見つけました。買ったままだと [続きを読む]
  • TAMIYA DT-02 ホリデーバギー アップグレード
  • DT-02シャーシのことを調べていたら、上部のサスアームをターンバックル化できることがわかりました。見た目もすっきりして、キャンバー角をつけられるメリットもあるのでやらない手はありません。純正オプションパーツ(OP-828)のDT-02 ターンバックルサスアーム&対ロッドも取り寄せてみたのですが、3x42mmのアルミのターンバックルとピロボールが手持ちにあったので代用しました。 向かって左はキット標準のサスアーム、右がター [続きを読む]
  • TAMIYA DT-02 ホリデーバギー テスト走行
  • DT-02 ホリデーバギーの走行テストを行いました。(違う環境で3つ)改造無しのキット素組でモーターは付属の380モーターです。まずは舗装道路で走らせました。凹凸の無いきれいな路面です。380モーターでもそこそこ速いスピードで走りますね。ブレーキングすれば小回りも効いて旋回できます。次に芝生での走行。やはり舗装路に比べてトルクが必要になるので、スピードは落ちてしまいます。やや迫力には欠けるものの、アクセル全開で [続きを読む]
  • TAMIYA SUBARU BRAT テスト走行
  • ブラットを芝生公園で走らせてきました。 赤と緑のコントラストが良い感じです。キットにはピニオンギアが16T,18T,19Tの3つが付属しています。今回は標準的な18Tで組んでいます。なかなか軽快に走りますが、 重心が高いのでコーナーでスピードを出すとすぐに転倒します。バッテリーは3900mAhのニッケル水素と4000mAhのリポを試したところ、重いニッケル水素の方が安定して走らせられました。(動画はニッケル水素の方)コーナーの [続きを読む]
  • TAMIYA BRAT タイヤレターの塗装
  • 先日完成したBRATですが、タイヤレターを塗装することにしました。用意したのはぺんてる ホワイト油性ペンの超極細タイプです。とにかくペン先が極細なのでこういう作業にぴったりです。以前同じ事をやろうとして薄く溶いた塗料を筆で流し込んだりしてたんですが、恐ろしく面倒で時間がかかってました。このペンなら大幅に作業効率があがります。どちらかといえば塗るというより一筆で流し込む感覚でやるとスムーズにできると思い [続きを読む]
  • TAMIYA DT-02 シャーシを組んでみた。
  • 引っ越してきた地域はRCを走らせる場所はたくさんあるのですが、冬は雪や雨でお天気が悪いことが多いです。まぁ路面が悪くてもバギータイプなら走らせることは可能ですが、後のメンテがけっこう大変だったりして二の足を踏んでしまいます。そこで、多少手荒く扱ってもOK! メンテサボってもOK! という悪天、悪路専用の車体があっても良いのかなと思い・・・手に入れたのがこれ。(数時間で組んじゃいました)タミヤ DT-02シャー [続きを読む]
  • TAMIYA SUBARU BRAT 仕上げ・完成
  • バンパーやサイドモールの部分を外からセミグロスブラックで塗装しました。手間はかかりますが、艶を落とすことで引き締まった雰囲気が出ます。忘れていたリアのサイドモールも塗装しました。グリル部分のステッカーは切り出した後でプライマーを軽く吹き付けておきます。乾くとステッカー表面のてかりが抑えられ半艶の樹脂パーツっぽくなります。ボディ周りのステッカーを貼りました。ボンネットのスリットを表現するステッカーも [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) ビーチ走行
  • 昨日は天気も良かったので萩市内の菊が浜へ。ここの浜沿いで近所に住んでる(通称)みっちゃん夫妻が金土日にカレー屋さんやってると聞いていたので食べに行きました。店内から海が見える素敵なロケーションでカレーも美味しかった!(具材は自宅の畑で採れたお野菜) 食後にお店のすぐ前に位置する美しい浜でRCも走らせたりして楽しみました。操縦はみっちゃん。中学生時代にタムテックで遊んでたとのこと。砂を巻き上げて浜辺を [続きを読む]
  • TAMIYA SUBARU BRAT ボディ塗装
  • 復刻版のブラットにはプラスチックボディとポリカボディの2つが付属しています。プラスチックボディはディティールも良くできていて非常に格好良いのですが、塗装がたいへん、重い、壊れやすいというデメリットがあります。このシャーシではそこそこハードに走らせたいのでポリカボディで進めます。(プラスチックボディの方は高速走行しないクローラーなんかに使いたいと思います)サイドモールやバンパーは塗装仕上げ指定です。 [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) テスト走行(4)
  • ル・マン 490モーターおよびサーボをアップグレードしたビートルを近くの公園で走らせました。前回の走行中でボールデフがカーブで滑っていることに気がついたので、再度組み直して前回よりも締め付けを強くしています。 ル・マン 490は540モータよりもトルクに余裕があり、ダートでの走行が力強くなりました。スピードもちょうど良い感じです。 ボールデフもちゃんと機能して曲がりやすくなったように思います。(地味にサー [続きを読む]
  • TAMIYA SUBARU BRAT 組立て
  • AmazonのKindle Unlimitedで「タミヤRC40年間の全記録」を読んでたら急激にフロッグ系のシャーシに興味が沸いてしまい手に入れてしまいました。ブラットのボディはピックアップトラック形状ですが、シャーシは完全にバギータイプで少々違和感があります。(いわゆるフロッグシャーシ)滝博士へのインタビュー記事では社命でブラットを出すように言われたが、内心バギーがやりたかったのでこのシャーシを作ってしまったそうです。 [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) アップグレード
  • アップグレード最後の仕上げはモーターの交換。ついに憧れのル・マン 490モーターの導入です。30Tなので540から特別速くなるわけではないですが、完全に見た目の選択です。乾電池で10分ほど慣らし回転させておきます。とりつけたたころ、やっぱり純正モーターは見栄えがいいですねぇ。京商ビンテージシリーズには恐ろしくマッチします。ついでに応答速度をもうちょっとだけ上げたくてサーボも交換しました。天候回復したら、テスト [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) テスト走行(3)
  • 家から歩いて1分の児童公園があるのですが、うちの子供(およびわたくし。。)ぐらいしか訪れる人がいないほどのさびれっぷりです。しかしこの公園、縦長で適度に足下がぼこぼこで、起伏もある。そう、RCバギーを走らせるのに最適なのです!パイロンいくつか立てればちょっとしたコースになります。(とにかくまわりに人が少ないので、他のこどもが遊びに来て気まずい思いをすることがない)アップグレードしたビートルを走らせてみた [続きを読む]
  • タミヤ MF-01X スイフト アップグレード
  • しばらく放置してたMF-01Xを久々に近所で走らせたら、見えにくい段差に正面から思いっきり衝突してしまいました。。その後フロントギアからカタカタ音がするので、ギアボックスをバラしてみるとカウンターギアが削れて舐めていました。衝突時の衝撃で金属のピニオンギアが樹脂のギアを削ってしまったようです。面倒な分解をするついでにギアを換えてみます。(OP342) TL01 スピードチューンギアーがMF-01Xにも使えるという情報をネ [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) アップグレード
  • ギアボックスまで外したついでに各部アップグレードしちゃいます。HGショックセットを取り付けるために、ショックステーを交換。 スコーピオン系にはカーボンはあまり似合わない気がしますが、ビートルだとあまり外から見えないので良しとします。続いてユニバーサルスイングシャフトを導入。もともとあまり軸のずれがないので大きな変化はないかもしれません。フロントのショックステーもカーボン製に交換します。これもいまいち [続きを読む]
  • TAMIYA XV-01 SUBARU XV 走行練習
  • 久々にXV-01を芝生公園で走らせました。パイロン立ててコーナーの練習です。砂も混じっていて滑るところもあるのでなかなか難しい。(最後にはパイロン全部倒してしまった)ギアがキュルキュル鳴っているのは、おそらくフロントのスパーギアとピニオンギアに砂が進入しているからだと思います。XV-01はここの部分の防塵性がネックで、構造上対処も難しい。なんとかならないかなぁ。。 [続きを読む]
  • 京商 ビートル (2014) ボールデフ組み込み
  • 組んだボールデフを組み込むためにギアボックスを外します。度重なる走行で裏面は傷だらけ。ギアボックス底部にグラステープ貼っておいたんですが、それでもけっこう深い傷が入ってます。スキッドプレートのようなものがあった方が良いかもしれない。ギアカバーをを外して見たところ内部には砂などは進入していませんでした。カバーをビニールテープで補強はしておきましたが、なかなか防塵製も高いようです。もとのデフギアを外し [続きを読む]