題目大好き さん プロフィール

  •  
題目大好きさん: 唱題の功徳 なぜ祈りが叶うのか
ハンドル名題目大好き さん
ブログタイトル唱題の功徳 なぜ祈りが叶うのか
ブログURLhttp://sgi.cyclehope.com/
サイト紹介文南無妙法蓮華経のお題目を唱える唱題には功徳があり祈りが叶うのはなぜでしょう。
自由文創価学会の池田名誉会長は、なぜ祈りが叶うのかという疑問に対して、「それは、君自身にもともと祈りを叶える力があるからです。その祈りを叶える一番力強い生命を『仏性』ないしは『仏の生命』と言います。そして、仏の命を引き出すためにお題目を唱えるのです。」と言われています。自分の生命の中から引き出され、湧き出した仏の生命の力が、最も良い形で祈りを叶えていくということです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/06/07 17:41

題目大好き さんのブログ記事

  • 信心の血脈の意味するところ 行躰即信心と師弟不二
  • 広布の歴史に燦然と輝く「2月闘争」の内容に触れ、また、新人間革命第30巻・大山の章を読み、現代における「広布拡大の実践の模範」たる師匠の重要性をますます感ずる次第です。「信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり(生死一大事血脈抄1338ページ)」と。また、『「行躰(ぎょうたい)即信心」が、日蓮仏法である。「行躰」とは「行動」である。法のため、友のため、社会のために「動く」ことこそ、身で法華経を読んでい [続きを読む]
  • 新人間革命の大山 池田先生会長勇退と七つの鐘(広宣流布の構想)
  • 平成29年の元日から聖教新聞紙上で連載開始となった、新・人間革命の大山の章は、弟子として、けして忘れてはならない、昭和54年4月24日、池田先生の会長ご勇退と師弟のなんたるかが綴られている重大なご執筆内容となっています。末法の御本仏・日蓮大聖人の御遺命(ごゆいめい)である、世界広宣流布はまた、有史以来、人類が果たしえなかった『生命の尊厳』の哲学を時代精神に、また、世界精神にしゆく聖業にほかなりません。未 [続きを読む]
  • 創価学会 2017 年間テーマスタンド(盾)と金剛堂
  • 2017年、創価学会の年間テーマは、『世界広布新時代 青年拡大の年』と決まりました。そして、明年、2017年(平成29年)は、師弟の精神に貫かれた佳節を幾重にも刻む年となります。池田大作先生の入信70周年「2月闘争」65周年「75万世帯」達成60周年「300万世帯」達成55周年世界広布がますます進展するこの時、ここに、創価学会の永遠性を確立するための重要な鍵は「青年」にほかなりません。青年を先頭に折伏・弘 [続きを読む]
  • 創価ネットの任用試験 2016 過去問とマーク方式
  • 本稿は、任用試験2016について、以下の内容を述べています。任用試験2016の会館VOD視聴の感想任用試験の過去問題と要点について任用試験のマーク方式への対応について創価ネットでは、2016年の任用試験が迫る中、平成28年10月24日から、教学部任用試験(仏法入門)の受験者のために教学講座の配信を開始しました。教学講座の配信は、任用試験の実施日である11月20日(日)の前日の11月19日(土)まで。これに先んじて、各会館の [続きを読む]
  • 青年教学2級 2016【9月25日実施】に出題された問題は?
  • 猛暑をついての研鑽に汗した青年部教学試験2級も、2016年9月25日に、ついに実施されました。今回の出題範囲は、「開目抄(全編)」・「生死一大事血脈抄(全編)」・「日顕宗を破す」と広範にわたり、かなりのボリュームでした。「生死一大事血脈抄(全編)」と「日顕宗を破す」については、2016年(平成28年)7月号の大百蓮華(青年部教学試験2級特集号)に掲載されましたが、「開目抄(全編)」については、市販の冊子『世界 [続きを読む]
  • 伝統の青年教学2級【2016年9月25日実施状況】5万2千人が挑戦
  • 2016年(平成28年)9月25日に実施された、創価学会伝統の青年部教学試験2級には、今回、全国5万2千人が参加して挑戦を果たしました。我が地区でも、地区婦人部長の息子さんが、就職を勝ち取った勝利の姿で見事にチャレンジされました。普段、本部幹部会の放映など、少子高齢化の進行で、会館・会場には、男女青年部は少なめな印象・・。しかるに、この日、全国各会館には、青年教学2級に臨む男女青年部が一大結集。頼もしい限 [続きを読む]
  • 開目抄は電子書籍をスマホで!楽天・セブンネット・ローソンなど
  • 開目抄の電子書籍版が注目されています。開目抄の電子書籍版には現在、「開目抄講義(上・下):池田大作著」他数種類がリリースされていますが、注目されているのは、本年(2016年)9月25日に実施される創価学会教学部青年教学2級試験の出題範囲の教材として指定されている【世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために『開目抄』】に他なりません。開目抄(世界広布の翼を広げて〜)の紙の書籍版が在庫不足となり、再販売に時間を要 [続きを読む]
  • 2016青年教学2級 開目抄の在庫無し!電子書籍は在庫あり
  • 2016年(平成28年)の青年部教学試験2級が試験実施日を9月25日に迎えようとする研鑽の格好の時期(夏季友好期間)にあって、対策教材の「開目抄(世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために)」が、こともあろうに「在庫なし」・「お取り寄せ」・「予約商品」の状況が続いています(2016-08-10現在)。入手・購入の待機期間も10日以上から2週間に及んでいます。セブンネットオンラインページローチケオンラインページSOKAオン [続きを読む]
  • 壮年部の日(8・24記念) 聖教啓蒙(長期)の体験談です
  • 毎年の盛夏8月は、8・24記念啓蒙の月です。8月24日は池田名誉会長の入信記念日であると共に、「壮年部の日」でもあります。「広布の黄金柱」である壮年部(筆者も壮年部)にあっては、率先垂範で「聖教新聞の啓蒙」に取り組んで行かねばなりません。とはいうものの、夏季友好期間に入っても、盆暮れ正月などの休みも無い夜間の肉体労働の身の上。降りかかる猛暑に、ともすれば、いかに睡眠を確保するかに汲々とする日々にあっ [続きを読む]
  • 青年教学3級試験の過去実施年月 次回はいつ?
  • 青年教学3級試験(3級!)は、2016年(平成28年)の本年は、実施が予定されていません。ありません。2016年も青年の月・7月から8月へかけて、青年教学の熱が温度を増している中、法戦後の昨今、「青年3級試験がある?」との疑念が各所に・・。そこで本稿では、青年部教学試験3級の過去実施年月を参考に、次回は「いつ実施されるか」について述べています。平成28年(2016年)の本年、予定されている創価学会教学部・教 [続きを読む]
  • 公明党大勝利!【参院選 2016】過去最多議席数に並ぶ
  • 2016年(平成28年)参議院議員通常選挙の戦いで「公明党は大勝利」。7選挙区全ての候補者が当選を果たし、比例区では重点6候補を超える7候補が当選。各7議席、計14議席を獲得して、1992年の参院選と並ぶ過去最多議席を勝ち取ることができました!公明党埼玉選挙区と兵庫選挙区は、最後まで激烈な戦いを強いられましたが、この戦いを勝利できたことは「空前の大快挙」であると声を大にして申し上げたいと思います。この大快挙 [続きを読む]
  • 2016年青年部教学試験2級の過去問題(出題と解答)で対策!
  • 2016年(平成28年)の本年、「青年部教学試験2級」の実施が決定しています。実施日は9月25日の日曜日。この記事では、今回の青年2級の出題範囲と教材を確認すると共に、合格対策として、過去の青年教学2級試験の出題範囲との比較検討を行い、併せて過去の一部出題された問題と解答例等を紹介しています。<記事の目次>⇒ 2016年・青年部教学試験2級の出題範囲と教材⇒ 青年部教学試験2級の過去問題(2006年・2013年)との比 [続きを読む]
  • 青年教学2級【日顕宗を破す】過去問と解答・2006-2013
  • 青年部教学試験2級が2016年(平成28年)の本年、9月25日の日曜日に実施されます。青年教学2級試験の出題範囲は、全般として毎回の試験で異なりますが、唯一、【日顕宗を破す】と題する出題項目(出題範囲)については、過去数回の青年2級試験で必ず出題されており、今回2016年の試験でも出題範囲に指定されています。2016年・青年部教学試験2級の出題範囲開目抄(全編)生死一大事血脈抄(全編)日顕宗を破すこの記事では、前 [続きを読む]
  • 参院選2016 期日前投票のやり方(仕方)・どうやるの?
  • 2016年の参議院議員通常選挙での、期日前投票も含めた、投票のやり方(仕方)を簡単に説明しています。期日前投票に行く日が18歳未満、すなわち、満18歳の誕生日前に期日前投票に行く(行きたい)場合は、記事の最後にリンクがありますのでそちらから確認して下さい。18歳選挙権が実施される2016年の参議院議員選挙。一度でも投票に行ったことがある人なら、投票の仕方は簡単と言えるかもしれません。しかし、18歳で初めて投票す [続きを読む]
  • 選挙権 18 誕生日と期日前投票【投票所入場券が来た!】
  • 昨日(平成28年6月22日)、平成28年の参議院議員通常選挙の投票所入場券が郵送されて来ました。内封されている投票所入場券は3枚。私と妻と長男の氏名がそれぞれに明記されています。拙宅には私の母が同居していますが、世帯は別で、母の投票所入場券は6月19日に到着しています。選挙管理委員の方々もお忙しいとは存じますが、これほどの到着日の開きはいかがなものでしょう・・。それはともかく、長男は昨年の12月に満18歳 [続きを読む]
  • 法華経の行者の祈り について
  • 法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず〜、すなわち、法華経の行者の祈りは必ず叶う、ということについて述べて参ります。法華経の行者とは、釈尊滅後の末法・悪世にあって、身命を賭して妙法(法華経の肝心)を世に弘めようとする人のことです。法華経の行者とは、法華経(妙法蓮華経)の説法にあらわれる言葉で、その概要は、『法華経の説法によって、あらゆる衆生に成仏の道が開かれた。法華経では、この大恩に何として [続きを読む]
  • 参院選2016 18歳の誕生日前の期日前投票と不在者投票
  • 2016年(平成28年)の参議院議員選挙から、年齢引き下げによる18歳選挙権が実施されます。投開票日(2016年7月10日)の翌日に満18歳の誕生日を迎える人から投票できるといわれます。しかし、実際に7月11日が満18歳の誕生日の人やこれより数日前が18歳の誕生日の人の場合、期日前投票の利用を考えた時、微妙な悩みや問題が発生すると思いますので、この点について述べておきます。期日前投票の期間に18歳未満の場合は投票できな [続きを読む]
  • 人生の目的は幸福の追求 幸福は勝利の結果
  • あらゆる人にとって、この世に生を受けた以上、人生の目的は「幸福の追求」にあると言って良いでしょう。幸福、安穏と言っても人様々ですが、一度の人生、生まれてきて良かった!と言えるような「幸福」な境遇を得たいものです。そのような幸福とはいかなるものか。筆者なりの考えを述べたいと思います。人生の幸福は勝利すること人生の幸福は「勝利」することにあると思います。身も心も満たされている境遇が、即幸福なのではあり [続きを読む]
  • 消費税増税2年半延期と2016参院選の行方 公明党はどうする
  • 与党内にあっては、公明党が強く主張した「軽減税率の対象品目を加工食品にまで拡大」が採用され、「明年4月の消費税率10%のアップ」を視野に入れながら、今夏(2016年)の参議院議員選挙を目前としていたこの時期。なんと、安部首相が、明2017年(平成29年)4月に予定していた「消費税率10%への引き上げ」を、これより2年半延期して、平成31年(2019年)10月までとする考えを示しました。『安倍晋三首相は28日夜、首相公 [続きを読む]
  • 役割の認識と役職における責任の自覚(一念に納めたる功徳善根)
  • 責任職とは何でしょう。世間一般では、管理職=(イコール)責任職といった使われ方をします。管理職には必然的に大きな責任が伴いますが、役職名が管理職に該当しても、時に「肩書き」に終わるケースがないではありません。悲しいかな、責任を全うしない管理職のために、平社員が懸命に動き回るといったケースも多々見受けます・・。創価学会での役職は全て『責任職』であると言われます。会社における責任職は、職業における担当 [続きを読む]
  • お題目の祈り・願いが叶わない 絶対に願いが叶う信心という方法
  • 創価学会本部を訪問した際、副会長クラスの幹部の方を中心とする懇談の場で、ある婦人の質問がありました。病の克服を願って、一日中、それこそ「仕事のように」南無妙法蓮華経のお題目を唱え続けているご婦人がおり、その方を激励しているが、ぜんぜん良くならないと言っている。どうしたら良いか?という質問でした。日蓮大聖人は次ぎのように仰せです。「其の上は私に計り申すに及ばず候 叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く( [続きを読む]
  • 2016年7月10日投開票の参院選日程と18歳選挙権の実施
  • 平成28年(2016年)の参議院議員選挙の投票日の日程はどうなっているのでしょうか。今回の選挙の眼目は言うまでも無く「18歳選挙権」。まずは、18歳選挙権について簡単に確認してみます。平成27年6月、公職選挙法等の一部を改正で、年齢満18年以上満20年未満の者が選挙に参加することができるようになりました。そして、同法が施行されるのは、「平成28年6月19日」からです。これによって、平成28年6月19日以降に [続きを読む]
  • ゴールデンウィークの日帰りと穴場 関東を車で移動し絆を深める
  • 2016年(平成28年)のゴールデンウィークは、友好期間と定めて友好対話に勤しむ方針でありました。2日休めば最大10連休と言われる今年(平成28年)のゴールデンウィーク(GW)ですが、私の実質的な連休は、5月2日と5月3日の二日間のみであったので、この二日間を宿泊も考慮して神奈川県方面と地元千葉県内各所へ出かける予定を立てました。小規模ではありますが、東京湾を挟む関東地方?車の旅であります。神奈川県生まれの私 [続きを読む]