Sydney さん プロフィール

  •  
Sydneyさん: サンフランシスコの離婚カウンセラー
ハンドル名Sydney さん
ブログタイトルサンフランシスコの離婚カウンセラー
ブログURLhttp://ameblo.jp/investigator8/
サイト紹介文自身も離婚を経験した離婚カウンセラー。
自由文最近は男性からの相談を主に受けています。相談された内容は、プライバシーを考慮してほとんど公開していませんのでご安心を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/06/06 23:46

Sydney さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本人を捨てた日
  • 今から15年前。東海岸のとある教会で半年ほどボランティアをしていました。それはティーンエイジャーが望まれない妊娠をした時に子供を石に見たてて話しかけるというカウンセリング。3日間程数人の学生を教会に泊まらせて寝食を共にすることで心を開かせるという。昔は修道女が住んでいた教会だから当然たくさんのベッドルームがあって私は学生が宿泊前の部屋を飾ったり、ミーティング前のお部屋のオーガナイズをするというボラ [続きを読む]
  • やっぱり違うんだなぁー
  • ふと、日本のドラマを観ていて思うこと。 え?そうなの??と驚かされることが結構ある。 「お母さん、お母さん、お母さんダイスキ」母:わかったわかった、もう寝なさい。え?私も愛してるって言わないんだ。 泣いている人がいても抱きしめない、放置。見守る? 寂しそうな人がいても声をかけない。相手から言ってくるまで見守る。声を掛けずに、相手がくるまで待つ。 入院中、側にいてほしいのになん [続きを読む]
  • 狩猟民族だもの。
  • なぜ食べたものを放置してるの?なぜランドリーから取り出したものを放置したまま?なぜ買ってきたものを袋ごと床に放置する?ざっと浮かぶものでこんなもんですがまー理解できない行動は山ほどあります。日本人とアメリカ人だから育った環境が違うから仕方ないとも思っていました。しかーしつい先日観ていたアメリカのドラマのセリフで『俺たちはいつからこんな風になったんだ、昔はみんな狩猟民族だったんだぜ』なるほど。。私 [続きを読む]
  • DV相談
  • 先日ダンナさんからの暴力で相談を受けました。別れたいけど別れられない。その理由は2つ。アメリカで産んだ子供いること。下手に子供を連れて日本へ帰ろうとするとバーク条約に引っかかり逮捕されてしまうのでは?という不安。バーク条約もうひとつは殴られた翌日はとても優しいダンナさんになるからということ。でも気をつけていただきたいのは、これがDVの特徴です。暴力のあと、やさしくなり、反省をしますので結局許してしま [続きを読む]
  • そんな我が家の
  • 手抜き料理。お好きな方をお好きな時間に食べなされ。毎日なんて料理しませんよ。ちなみにアメリカ人妻は週に1度は外食連れていかないと怒ります。洗濯物は洗濯機が洗ってくれて乾燥機が勝手に乾かしてくれるので男が自らやってくれます。掃除機が重いのでダンナさんがしてくれることが多いです。そして大事なのはやってくれてありがとう。とてもキレイよとっても助かった。男は子供と一緒でその言葉を素直に受け止めやって良かっ [続きを読む]
  • 手抜きは大事
  • 多くの日本人女性から聞く愚痴。それはもう限界!朝起きて食事を作り、洗い物をして片付けて洗濯機から洗濯物を取り出して干して子供を送り届け仕事に行き夕飯の買い物に行き子供をお迎えに行き夕飯の支度をして食べさせてお風呂の準備をしている間に洗濯物を取り込んでたたみ夕飯の後片付けをして全く自分の時間がない! ダンナは夜遅くに帰ってきてメシ食って寝て朝風呂に入り仕事行くの。なんにもしない!! っていう話。そんなん [続きを読む]
  • 25歳 ♀
  • 彼女の留学先はカナダオンタリオ州。カナダは積極的に移民を受け入れるので留学先のホストファミリーは彼女の思ってたカナディアンではなく難民移民してきたヨーロッパ系のご家族。英語の勉強ができないと留学を依頼した日本の会社に話が違う!金返せー!と大暴れしたそうな。そんな様子はホストファミリーに伝わりたいそうしょんぼりされたとか。。。そんなある日彼女は遊びに出かけた。この時期は、マイナス10℃なんて日もザラで [続きを読む]
  • 手づかみで食う!
  • アフリカ料理。ピザ特大サイズの皿(トレイ)にクレープ生地みたいな酸っぱい味しかしないパンに包んで手づかみで食べます。お気に入りのレストランで毎回泥遊びでもしたのか?ってぐらい手を汚して食べるのでそれだけ嫌なんだけどねぇーハマってるのよと友人言うとエクスキューズ ミィ?フォークを頂けるかしら。と尋ねている友人。無いのよー、きっとアフリカンレストランだものぉーなんて言ってたら出てきたじゃないの!! (笑)5 [続きを読む]
  • 2023年
  • "コワイわー、無事更新できるかしら...ワタシ2019年に更新なのよねー"昨日、アメリカ各地の空港の移民局では入国拒否され立ち往生してる人達がいると聞き不安に思う我らパーマネントレジデンスたち。アメリカ在住の我々日本人妻(及びEX ワイフ)の身にまでなんか起きるかも?という友人との会話です。でもでもトランプさんの妻メラニアさんだって、うちらと同じステータスじゃん?なーんて思っていたらなんとまー、就任前にアメ [続きを読む]
  • 日本人のモノの言い方
  • 先日、安倍総理がロシアのプーチン大統領を山口県の温泉へ連れて行くという報道を見た時のこと。 安倍さんが「これから疲れるであろう首脳会談に備えゆっくり休んでいただいて」 というとプーチンさんが「疲れないのが一番だ」と答えていたが おいおい、安倍さんなんてこというの!と思ったのは私だけだろうか。 アメリカ的ならなんと言うか考えてみた。 「私の先祖が眠る山口県の温泉は素晴らしく、わ [続きを読む]
  • 16歳の出産
  • 日本のニュースで16歳の高校生が親に知られるのが嫌で、公衆トイレで出産し、その辺の植木の間に放置して死亡させたというニュース。泣き止まないからどうしたらいいかわからなかったんだって。親に知られるのが嫌だったんだって。なんでいつの時代になってもこの手の出来事が減らないのか、日本は不思議な国だよ。いま不妊治療をしているたくさんの女性がいる中、避妊という知識がないままSexをし、妊娠し、産み落とすという子供 [続きを読む]
  • ゴミ屋敷
  • 隣に住んでいる推定年齢70歳の老婆。身長は割とデカくて165cmはある。化粧っけもなく、髪はボサボサ。いつもデロデロのメンズのTシャツに短パン姿。白人だからいいようなもののここ等でアジアンの我らがそんな姿でいたら、それこそ誰も相手にしてくれないであろう。そんな彼女の名前はシャーレーン。猫を5匹も飼っている。ウチのFクンがいっつも塀を乗り越えて、彼女の家に行くので猫話をきっかけにいろんな話をするようになり [続きを読む]
  • 私は二重人格?
  • 小学生や中学生の頃美術の先生だったか、担任の先生が「これはなんに見えますか?」と草木や絵などをみんなにみせる。すると、様々な意見がでるわけね。でもみんなの見えるものは、きれいなものや、まともなものだった。私は心の中で人間が倒れているように見えるとかカラダから血を噴き出しているように見えると思っていると先生が「よかってです。みなさん正常で。これが精神疾患のあるひとだと、血が噴き出してるとか、人間に [続きを読む]
  • 世界で一番心配性が多い国
  • 最近とーんとご無沙汰でした。前にも書いたかと思いますが、まぁ今の世の中下手なこと書くと、どの企業にいて、何を言わんとしているのかがわかってしまうのと個人的な感情論を書いてしまうと、カウンセラーとしての人格がどうなのよ?という自分自身の問題もあり、なかなか筆が進まないでおりました。そんな前置きはさておきタイトルでも書いた、「世界で一番心配性が多い国」どこだと思います?日本なんですってよ。これは私の [続きを読む]
  • イラっとすること
  • 数か月振りの更新でしょうか。最近ブログに載せてもいいような内容がないので、書けませんでした。どうしても個人情報になってしまうのでオバちゃん的に、ちょっと聞いてよーなんてことは、ほぼ毎日あるんだけど。私も大人になったわ。(精神的にね)とかいいながらイラっときたこと書くわけだけどね(笑)さっき、近所のグロッサリーストアに行ったんだけど私が買い物を終えて帰ろうとするとちょっとなにーこの車!邪魔なんだけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …