神谷明彦 さん プロフィール

  •  
神谷明彦さん: つれづれログ
ハンドル名神谷明彦 さん
ブログタイトルつれづれログ
ブログURLhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/
サイト紹介文東浦町長 神谷あきひこ のブログです。
自由文2011年8月から愛知県知多郡東浦で町長を務めています。

 日々、体験したこと、感じたこと、いま考えていること、お知らせしたいことなどを、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

 詳しくは、神谷明彦のホームページ
http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/
へお越しください。

 行政情報に関しては、東浦町ホームページ
http://www.town.higashiura.aichi.jp/
まで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供403回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2013/06/07 02:11

神谷明彦 さんのブログ記事

  • 新城市で開催された若者政策セミナーのレポート
  • 4月9日に新城市で開催された若者政策セミナーに行ってきました。出版記念ということで、新城市の自治体若者政策ついて書かれた松下啓一 相模女子大教授と穂積亮次 新城市長 共編の新刊本もついでに買ってきました。 地方自治に携わって日頃から感じるのは、若者の参加がうまくいっていないということです。これは若者の無関心だけが問題ではないと思うのです。新城市では、自治の基本的な考え方を明確にして、若者議会を立ち... [続きを読む]
  • 快晴。青空と青葉が目に眩しい。
  • 午前中、森岡の地区コミュニティ総会がありました。写真は、森岡コミュニティセンター前で撮ったものと、企画展「東浦の産業と発展」を開催中の郷土資料館(うのはな館)の前で撮ったものです。楠や欅の青葉が眩しいです。   ボーイスカウト東浦第1団の入隊・上進式に出席した後で、勤労福祉会館で開催された月に一度のオレンジカフェ「こころ屋」へ。 藤沢医院の藤澤稔医師の在宅医療と看取りのお話しを是非聴きたかったので... [続きを読む]
  • 生路小学校のタケノコ掘り
  • 藤江コミュニティの総会のあとで、生路小学校のタケノコ掘りをのぞいてきました。 ことしは、タケノコの出が遅いうえに不作の年と言われているだけに、子どもたちが手に持つ筍は少なめ。これから小学校に帰って、筍ご飯を頂きます。     こちらは、コミュニティセンターの調理室。ボランティアスタッフが筍ご飯のおにぎりをつくって、いま小学校に出荷したところです。皆さんおつかれさまでした。   [続きを読む]
  • 八重桜がそろそろ満開、このはな館春の企画展
  • 明徳寺川沿い(於大のみち)の八重桜が咲き揃ってきました。そろそろ満開でしょうか。夜のライトアップは、4月23日(日)まで延長します。         郷土資料館(うのはな館)では、5月28日(日)まで、春の企画展「東浦の産業と発展」を開催中です。かつての繊維産業の繁栄や人気の家具、商店街の変遷など、戦後を中心に東浦の農業、魚業、工業、商業の歴史を振り返ります。                   ... [続きを読む]
  • 中日農業賞を受賞したイチゴ
  • イチゴ農園「春香園」を経営する横矢さんが、今年3月に第76回中日農業賞【優秀賞】を受賞されました。中日農業賞は、新しい経営理念で地域農業をリードする東海北陸地方の青年農業者を顕彰するものです。横矢さんは、脱サラして知多半島に移住、東浦知多インター近くでイチゴ狩りのできる農園を経営されています。 朝採り完熟イチゴの甘い香りが伝わってきませんか。 [続きを読む]
  • 各種団体の総会のシーズン
  • 年度始めは連日のように、コミュニティ総会や自治会の総会、老人クラブの総会など、各種団体の総会があります。 今日は、緒川の老人クラブ(緒川東楽会)の総会と、商工会女性部の総会がありました。 緒川東楽会は、高齢者のための活動だけでなく、小学生の米作り体験など、小学生や保育園児と関わる活動を積極的に行っています。もちろん機関紙も発行しています。そんな活動が評価され昨年、全国表彰を受けています。 総会では... [続きを読む]
  • 半田山車まつり
  • 用を終えて半田駅から電車に乗ろうとしたら、ちょうど山車を引きまわしていました。 半田駅で電車に乗るといつも使う、このホームの跨線橋。JRでいちばん古いのだそうです。                   [続きを読む]
  • 第24回 於大まつり
  • 春の穏やかなお天気に恵まれ、大村愛知県知事、伊藤・伴野両衆議院議員、また、竹中刈谷市長をはじめ、大府市、新城市、宮城県柴田町、長野県小川村など、東浦町とご縁の深い自治体の皆さん、そして、毎回欠かさずご参加いただいている於大の方の菩提寺である小石川伝通院の皆さんなど、来賓多数のご出席をいただき、盛大に於大まつりを開催することができました。 今回は、さらにスペシャルゲストとして、昨年もお越しいただいた. [続きを読む]
  • 於大まつり前夜祭 2017
  • 6時過ぎて夕暮れ時になりました。   さあ、そろそろ点灯です。自作の竹灯籠を持ち寄る家族もいます。     今年は、まだほとんどの八重桜がつぼみのままです。 明日の於大まつりに間に合うように咲いてほしいのですが、ちょっと無理かなあ・・・。星に願いをかけされていただきました。 この星形に切り抜いた竹、竹灯篭宵まつり(於大まつり前夜祭)の光のオブジェを作ったときの廃物利用です。こんなところにも皆さんの... [続きを読む]
  • ママさんたちの体操チームが「息がピッタリで賞」を受賞
  • HAPPY BEATの会員の方々が、東海地方で中日新聞が主催した「第48回健康のための体操発表会」で東浦の子育て中のお母さんたちのチーム“HAPPY BEAT”が、「息がピッタリで賞」を受賞しました。体操講師を務める古仲 賀世子(こなか かよこ)さんは「元気なママが増えるよう、これからも私たちの笑顔の発信ができれば」と意気込みを話してくれました。 HAPPY BEATは、今週末15日開催の「於大ま... [続きを読む]
  • ホワイトウォッシングとグリーンウォッシング
  • グリーンウォッシング(greenwashing)という言葉があります。これは、実体を伴わないのに、あるいは効果が不明であるのに、環境へ配慮しているというイメージをむやみに与えるような、虚飾の類のことを指します。環境にやさしい、エコである、環境保護に熱心であるといった、上辺だけの欺瞞的な環境訴求をすること。 英語で、「漆喰」のことを言う「ホワイトウォッシュ」(whitewash)という表現に「体のい... [続きを読む]
  • 昼から飯田線に乗って♪
  • 午前中、生路地区コミュニティ総会が終わってから、図書館で開かれたよむサポ会議へ。この会議はいつもクリエイティブで面白い。やっぱり会議は妄想が拡がらなくっちゃ! 企業の「商品化企画会議?」みたいで、いつもおもしろい展開になります。自分なりに下調べをして、資料をつくってくる人たちや、いろんな事例をご存じで、発想の豊かな方たちが集合しているからでしょう。 私は、たまにしか覗きに行けませんけど。でも「あき.. [続きを読む]
  • 東浦町の保育園は私的契約児受入れ日本一?
  • 保育園は、保護者が仕事で忙しく保育に欠ける児童の保育を受け持っています。しかし、受け入れに余裕がある場合、仕事を持たない保護者の場合でも受け入れることができます。これを私的契約と呼びます。 私的契約児を受け入れている保育園は、全国の都道府県の中でも愛知県に多く。その愛知県の中で、私的契約の割合が44.7%と最も高いのが東浦町です。(下表「平成28年4月1日現在の保育所の状況」を参照) 東浦町では、... [続きを読む]
  • 旬から旬へ
  • 今年初めてのタケノコ。 茹でたのと焼いたのです。 小振りの採れたて。柔らかくてほくほくです。   ことし最後かなあ? またまた、げんきの郷で買ってきた殻つき牡蠣。浦村産。そろそろ季節はずれなので、念のため焼き牡蠣にしました。 [続きを読む]
  • 小学校の入学式と懐かしい校歌
  • 小学校の入学式に出席しました。町内の7校を順番に回るのですが、今日はたまたま自分の母校へ。   街にあふれる工場の   機械の音のにぎわしさ   のびゆく国にそだちつつ   強く明るく われらはすすむ 上の詩は、なつかしい校歌の3番。戦後高度成長期の勢いが伝わってきます。学校の近くに織物工場の建物が残っているところがあります。今の小学生はここで何をつくっていたかたぶん知らないのでは。 小学校の体育... [続きを読む]
  • 今年度採用した職員の研修をしました。
  • 新入社員研修の1コマを担当しました。5年目研修などの講師は毎年やっていますが、新人研修を務めるのは初めてです。事務職、技術職、保健師、保育士、合わせて35人で結構にぎやか。 何をしようかと考えましたが、準備する間もなく研修に突入。とりあえず、前日の年度始め式で私が話した内容の理解度確認をしてみました。 各自に配った問題は、以下の通りで、私が言ったことと合致しているものに○、そうでないものに×をつけ... [続きを読む]
  • 第24回 於大まつり のご案内
  • 於大まつりは、東浦町を代表する春まつりとして平成6年度から開催されています。 於大まつりの誕生は、平成元年度の国のふるさと創生一億円事業において全町民を対象にアイデアを募集したところ、歴史と文化の春まつり「於大まつり」の開催と明徳寺川に桜の散策路を創ろうと決まったことに始まります。 徳川家康の生母「於大の方」が生まれ育った地であることにちなんで、八重桜が満開の4月第3土曜日に、抽選で選ばれた於大姫... [続きを読む]
  • 平成29年度始め式でお話ししたこと
  • 年度初めの出勤日。朝から、介護保険などの広域行政と県への派遣職員への辞令交付、係長以上の異動・昇任職員への辞令交付、新規採用職員への辞令交付と続いて、年度始め式を行いました。年度始め式では新年度の始まりにあたり、次ようなことをお話ししました。 私は皆さんに、以下のことを機会ある毎に言ってきた。 ・ 常に“なぜだろう”と考えて、前例や常識を疑うこと。漫然と仕事をしないこと。 ・ 必ず評価して改善をす... [続きを読む]