ゆうさん さん プロフィール

  •  
ゆうさんさん: シャーウッドでお茶室を建てたい!
ハンドル名ゆうさん さん
ブログタイトルシャーウッドでお茶室を建てたい!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yusancpv35
サイト紹介文シャーウッドで家内念願のお茶室を建てます。伝統的な数寄屋造りの家ではなく、現代の建築の中に作ります。
自由文今時、珍しいお茶室を現代建築の中で活かす。しかも、安い価格で!という大変難しい話を積水ハウスの営業さん、設計さんと頑張ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/06/07 15:29

ゆうさん さんのブログ記事

  • Cats を見ました
  • 劇団四季のキャッツを見ました。今頃と言われそうですが、実は3回目です。以前、アメリカのニューヨーク州に1年いたことがあって、その時何度かニューヨーク市のブロードウェイでミュージカルを見ました。その時、キャッツも2度ほど見たのですが、英語力が低く、宗教的な単語もわからず、何故おばあさん猫が選ばれたのか、もう一つよくわからなかったのです。今回、劇団四季の割引券が当たったので、家内と娘と共に見に行きまし [続きを読む]
  • 六甲山でピーターラビット
  • 毎日暑い日が続いています。今年は突然暑くなったような気がします。そのせいか体の疲れがたまります。この時期、積水ハウスの家は危険です。家の中は快適なのに一歩外に出ると灼熱地獄なので、ショックが大きいのと、ともすれば家の中が快適なので、外に出たくなくなり家の中でダラダラと過ごしてしまいます。という冗談はさておき、この年も行きました六甲山、ピーターラビット展です。去年の話はここです。今年は、バラの花が見 [続きを読む]
  • 大阪茶道会 第69回茶道夏期講座
  • 今年も茶道夏期講座の時期になりました。去年はここです。淀屋橋の駅から降りると、曇り空です。いつもなら鬱陶しい曇り空ですが、快晴でジリジリ日に焼かれるよりはましです。会場の中央公会堂に到着しました。第69回 茶道夏期講座の開始です。開講式では、矢野理事長のご挨拶と、衆議院議員、佐藤先生のご挨拶がありました。まず、最初の講演は、第16代 大西清右ヱ門先生の 「茶釜の美について」です。第57回の時に、釜師 [続きを読む]
  • 戸隠神社と鏡池
  • ペンション・フィールドノートで、農林大臣賞受賞の庭を拝見した次の日に戸隠神社と森林植物園と鏡池を散策に行きました。まずは、鏡池に行きました。鏡池は、霧が出て幽玄な雰囲気です。正面の奥の山が戸隠山です。ここからさらに森林植物園に向かいます。家内は、森林植物園の入り口のビジターセンターで休憩です。男ばかり三人で散策に出かけます。小鳥の声を聞きながら森林植物園を抜けると、戸隠神社の参道に出ます。人気の無 [続きを読む]
  • 農林大臣賞の庭
  • 以前から行きたかった、農林大臣賞受賞の庭の拝見に行きました。とは言っても、いつもお世話になっている「ペンション・フィールドノート」です。前回はスキーに行きました。その話はここです。いつも行っているのですが、6月のこの時期に行かないと、庭の最高の姿が見れません。(少しアップするのが遅くなりました。すみません。)阪急の蛍池駅で、いつもの二人と我々夫婦が集合。ここから高速に乗って、一路信州を目指します。 [続きを読む]
  • アイスモンスターのマンゴミルクかき氷
  • 我家は、今年9月に恒例の家族旅行を計画してます。一昨年は香港、去年は、アルペンルートでした。今年は台湾に行こうかと言ってます。ここで問題発生!家内は、「台湾でアイスモンスターのマンゴーかき氷が食べたい!」と言います。娘は、「わざわざ台湾に行って、マンゴーかき氷でもないだろう」と覚めた意見です。言い出した効かない家内ですから、どうしたものかと思っていたら、娘から大阪にもアイスモンスターがあって、そこ [続きを読む]
  • 淡路島ビワ狩り食べ放題
  • 我家恒例のバスツアーです。6月は、これも恒例、ビワ食べ放題です。題して「旬の味覚をまるかじり! 淡路島ビワ狩り食べ放題」8時30分、梅田集合です。ジャストに集合場所に着くともうバスが来ていて、即出発です。乗ってみると乗客が少なく、驚きました。でも新大阪駅で、19名乗ってこられました。添乗員はWさん、運転手はOさん。新御堂を戻って、南森町から阪神高速神戸線、須磨インターから第二神明道路。名谷ジャンクション [続きを読む]
  • ワイン講習会
  • 恒例の大阪教育会館主催の「ワイン講習会」が開催されました。パンフレットには「昨年は,日本とイタリアが 1866 年 8 月 25 日に日伊修好通商条約を締 結して 150 年。日本とイタリアが相互理解を深め,両国の友好関係がさ らに深まりました。6 月の「食と文化の講習会」は、好例の「ワイン 講習会」です。 昨年に続き、今回のワイン講習会は、最大のワイン生産国・イタ リアのワインについて学び、 4 種のワイン(スパークリング [続きを読む]
  • 電動シャッターと冷蔵庫
  • 家も4年目ともなるとあちこち不具合が出てきます。まず、電動シャッターの不具合です。和室の電動シャッターです。この窓の電動シャッターがスルスルと降りてきます。しっかりと閉まりました。と思う間もなく上がります。止まりません。家内にカスタマーセンターに連絡を頼みました。しばらくすると家内で「ちょっと見て」と言います。シャッターを降ろして、降り切った瞬間、停止ボタンを押します。そして、停止ボタンを押したま [続きを読む]
  • PCがアウト
  • 家のPCの調子がおかしい!アップデートしたらおかしくなったのです。今のPCは、Win8からMicrosoftが、3000円でWin10にアップグレードできるというのでアプリも引き継いでアップグレードしました。以前のアプリには、Win10に適応していないものもあるので、とうとうダメになったようです。しかたがないので、全部やり直すことにしました。PCのケースを開けると、埃がいっぱいです。まず、掃除機で埃を吸い取らなければなりま [続きを読む]
  • 母の日と天王川の藤
  • 本日、母の日です。家内は娘からイタリアのスパークリングワインをプレゼントしてもらい、息子の嫁さんからカーネーションをプレゼントしてもらって、ご機嫌です。ところで、もう連休は遠い昔のような気がします。少し遅くなりましたが、連休後半に行った「東洋一の藤ツアー」をご報告させていただきます。今回は、阪急トラビックスの「東洋一の藤棚と隠れた牡丹の名所絵画のような絶景めぐり」に参加しました。川西能勢口発なので [続きを読む]
  • GWは丹波で花めぐり
  • 我家は、月に一度バスツアーに行ってます。今月はクラツー「三田花のじゅうたんの芝桜白井大町藤公園の藤丹波を彩るゴールデンウィーク花めぐり」です。GWなので、梅田のバスツアー集合場所は大混雑です。なかなか出発できず、遅れてやっと8時過ぎに出発しました。新大阪駅で残り人を積む。運転手はS木さん、道が混んでいるので、迂回迂回しながら進みます。運転手さんの腕がすごい。なんでも中国道は36kmの渋滞らしいです。添乗 [続きを読む]
  • 長岡天神の筍料理
  • 家内が筍料理を食べたいと言います。去年はクラブツーリズムのバス旅行で、京都の老舗、泉仙の筍料理をいただきました。その話はここです。今年は錦水亭の筍料理を食べたいと言います。この間、邸宅レストランに行ったばかりだから、もう少し待ってというと、「筍は待ってくれない!」と言います。言い出したら聞かない家内と、泣く子と家内には勝てない夫では、すぐに勝負がついて、錦水亭を予約しました。その日は、仕事を早く切 [続きを読む]
  • 邸宅レストランで誕生日
  • 家内の誕生日なので、前から行きたがっていた邸宅レストラン、「雅俗山荘」に行きました。なかなか予約の取れないレストランです。雅俗山荘は、阪急電鉄の創業者、逸翁こと小林一三の旧邸をレストランに改装したものです。HPによると、『「雅俗山荘」は、翁の逝去後、永らく「逸翁美術館」として使用されてきましたが、同館が新しい建物に移転したのを機に、旧邸と附属建物をもって「小林一三記念館」として新たに出発いたしまし [続きを読む]
  • 水上からお花見
  • 我家恒例の水上からのお花見です。まずはキャッスルホテル大阪の「お花見バイキング」で腹ごしらえ。そして、八軒屋浜船着場から「桜クルーズ」に乗船して、25分間の水の上からお花見です。二階建ての橋、天満橋です。上は高速道路という訳でもないのです。屋形船です。やじろべえ型の橋、川崎橋です。人間と自転車のための橋です。造幣局です。有名な「桜の通り抜け」ももうすぐです。OAPとその後ろに帝国ホテルが見えます。大 [続きを読む]
  • 大阪茶道会 春の大茶会
  • 恒例の大阪美術倶楽部で開かれた、社団法人 大阪茶道会主催の春の大茶会に行ってきました。今年は、天気も良く、暖かいので、茶会になによりの天気です。去年の春はここです。秋はここです。まず、1階の薄茶の席に行きます。茶会記です。城北支部の皆様のお席です。このお席は、珍しく男の人が多く、いつもは男の人が少なく寂しい思いをしているのですが、今回は心強く思いました。立礼席が空いていたので、立礼席に行きました。 [続きを読む]
  • 和歌山で桜と苺食べ放題
  • 暖かかったり、寒かったりと天候不順な時期ですが、我家は恒例のバスツアーに出かけました。題して『桜色にそまる和歌山の名所にご案内!「紀州桜鯛」と和歌山3つの桜めぐり あま〜いイチゴ狩り食べ放題」』川西能勢口を定刻の7時25分に出発。下道を走って、池田市役所前で残りの人をピックアップ。全員で42名ほぼ満員です。添乗員はNさん、そして、この4月からクラツーに務める実習生のKさん。中国豊中インターから中国道を通 [続きを読む]
  • 保津峡でゆず風呂
  • 毎月一回ハイキングに行っているのですが、2月は寒いので保津峡でゆぞ風呂に入って、水炊きを食べることにしました。山陰本線は、その一部を「嵯峨野線」と呼ぶようです。京都駅から嵯峨野線に乗って、保津峡駅で降ります。長い駅のプラットホームですが、何も無い。反対側も何も無い!下を見るとはるか下に保津峡が見えます。大丈夫かと思いながら、出口に向かいます。保津峡の流れが綺麗です。駅の出口は、簡易型の改札機で、入 [続きを読む]
  • 保津峡でゆず風呂
  • 毎月一回ハイキングに行っているのですが、2月は寒いので保津峡でゆず風呂に入って、水炊きを食べることにしました。軟弱者です。山陰本線は、その一部を「嵯峨野線」と呼ぶようです。京都駅から嵯峨野線に乗って、保津峡駅で降ります。長い駅のプラットホームですが、何も無い。反対側も何も無い!下を見るとはるか下に保津峡が見えます。大丈夫か?と思いながら、出口に向かいます。保津峡の流れが綺麗です。駅の出口は、簡易型 [続きを読む]
  • 冷蔵庫を買い替えました(続)
  • 今年から確定申告の様式が変わって、マイナンバーも必要となって、焦りまくって、ぎりぎりになってやっと提出しました。さて、暖かくなって、鶯の初鳴きを聞き、梅が咲き誇り、春だなと思いました。ところで、安くていい冷蔵庫を買ったと喜んでいたのですが、価格.comによると省エネ性能がもう一つだと書かれていました。ちょっと気になったので、調べてみました。わが家の冷蔵庫の観音開きのドアは、省エネに有効だと言われてます [続きを読む]
  • 冷蔵庫を買い替えました(続)
  • 今年から確定申告の様式が変わって、マイナンバーも必要となって、焦りまくって、ぎりぎりになってやっと提出しました。さて、暖かくなって、鶯の初鳴きを聞き、梅が咲き誇り、春だなと思いました。ところで、安くていい冷蔵庫を買ったと喜んでいたのですが、価格.comによると省エネ性能がもう一つだと書かれていました。ちょっと気になったので、調べてみました。わが家の冷蔵庫の観音開きのドアは、省エネに有効だと言われてます [続きを読む]
  • 冷蔵庫を買い替えました
  • 昨年、スピーカーを買う時に、家内から「スピーカーより冷蔵庫!!」と言われたのですが、無視してスピーカーを買っちゃいました。そのため家内からの激烈な反撃にあいました。仕方がないの冷蔵庫を買おうと決心しました。わが家の冷蔵庫は、2005年製の三菱電機製です。容量は450リッターで、特に不調なところもないのですが、あちこち汚れてきて、掃除しても完全には落ちません。そろそろ買い時とも言えます。「真空チルド」の [続きを読む]
  • 冷蔵庫を買い替えました
  • 昨年、スピーカーを買う時に、家内から「スピーカーより冷蔵庫!!」と言われたのですが、無視してスピーカーを買っちゃいました。その話はここ☆彡です。そのため家内からの激烈な反撃にあいました。仕方がないの冷蔵庫を買おうと決心しました。(立場が弱い)わが家の冷蔵庫は、2002年製の三菱電機製です。容量は450リッターで、特に不調なところもないのですが、あちこち汚れてきて、掃除しても完全には落ちません。15年もた [続きを読む]
  • 中華講習会
  • 毎年恒例の大阪市教員会館主催の「中華講習会」です。パンフレットによりますと----------------------------------------------------------------------------新年 2 月の料理のテーブルマナー教室では、中国の飲茶(ヤムチャ)・点心から文化を学び、食を 楽しみます。 点心と一言で言いますが、中国では鹹点心・小吃・甜点心・菓子の総称が「点心」。これと、ウーロン、プアール、ジャスミンなどの中国茶と合わせ味わいます。点 [続きを読む]
  • 中華講習会
  • 毎年恒例の大阪市教員会館主催の「中華講習会」です。パンフレットによりますと----------------------------------------------------------------------------新年 2 月の料理のテーブルマナー教室では、中国の飲茶(ヤムチャ)・点心から文化を学び、食を 楽しみます。 点心と一言で言いますが、中国では鹹点心・小吃・甜点心・菓子の総称が「点心」。これと、ウーロン、プアール、ジャスミンなどの中国茶と合わせ味わいます。点 [続きを読む]