ken さん プロフィール

  •  
kenさん: オカルト遅報
ハンドル名ken さん
ブログタイトルオカルト遅報
ブログURLhttp://chihou.ldblog.jp/
サイト紹介文速報では無いけれど、オカルトな話題毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1264回 / 365日(平均24.2回/週) - 参加 2013/06/07 16:30

ken さんのブログ記事

  • 魔法陣
  • 706 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/01(日) 22:47:25.68 ID:53BqJVno0 [3/6回(PC)] あれは、暑い日のことだった。その頃俺は、友人4人と秘密基地でよく過ごしてた。友人の1人が、超オカルトマニアだった。そいつが秘密基地作成当初、秘密基地の周りに魔法陣を書いてた。今は、それのおかげで今を生きてる。  ある日、皆で近くの心霊スポットに行くことになった。そもそも、それが間違いだった続きを読む [続きを読む]
  • 祖母が亡くなってすぐの出来事
  • 628 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/18(月) 02:26:15.07 ID:YNlb/YZA0 [1/3回(PC)] 祖母が亡くなってすぐの出来事。 父と祖父は犬猿の仲で、時々大喧嘩もしていた。 祖母が亡くなって悲しかった気持ちもあり、通夜のその日、祖父が暴走しすごい喧嘩になっていた。 その時にケータイが鳴った。聞きなれない三味線?琴?よくわからないが和製の弦楽器の着信音だ。  そのケータイは、父が亡くな [続きを読む]
  • ドッペルゲンガー
  • 622 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/17(日) 20:35:21.00 ID:fZQr5CWo0 [1/2回(PC)]一番最初にそれらしきものが起きたのは、もう1年近く前だったと思う。(確証はない) 3年付き合っている遠距離の彼女が「最近男の人から私宛に家電に電話掛かってくる」と言われた。 彼女が居ない時間に掛かってくるらしく、家族は相手に本人が居ないことを伝えて切っていたらしい。 ナンバーディスプレイを付けてい [続きを読む]
  • トイレ
  • 552 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/14(木) 23:27:19.94 ID:++v+YEEx0 [1/1回(PC)]会社(運送業)の2階に仮眠室があるのですが 日没後にそこで仮眠をすると 結構な頻度でラップ音?を聞く事が出来ます 鉄の扉を激しく閉める音や廊下を大勢の人が歩く音 またよく聞き取れないのですが話し声など 仮眠室の前が便所ですがここでもやはり怪現象? 便所の出入り口は廊下からだけですが&nb [続きを読む]
  • 明らかに?透けてる"女の子 後編
  • 543 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/14(木) 19:08:33.06 ID:HhM1jN4W0 [8/10回(PC)]直後、私の耳元でボソボソという声が聞こえました。 「えっ!?」とそこですごいパニックになり、それから後は覚えてい ないのですが、金縛りが解ける直前に女の子の笑い声が聞こえたのは 覚えています。続きを読む [続きを読む]
  • 明らかに?透けてる"女の子 中編
  • 539 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/14(木) 18:06:14.97 ID:HhM1jN4W0 [5/10回(PC)]びっくりして女の子を見つめる私。 女の子も私を見つめる。 数秒後ぐらいに女の子がクスッと笑って開いたドアを閉めてくれまし た。 ちょっw親切だなwと普段は思うのですが、その時初めて幽霊という ものを見た恐怖心と好奇心で頭の中はパニックしてました。 急いでドアを開けて「誰!?」と叫んで [続きを読む]
  • 着工中のアパートの床下施工に赴いた 後編
  • 508 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/13(水) 03:06:23.22 ID:caKyZoDs0 [4/7回(PC)]そして、ひと通りが済み、社の人間とも軽い挨拶を交わし 上司の面々も神主も、帰路に就いた折 一人残った監督から、事の次第の顛末を聞くことが出来た。 その日の朝、早い時間に一人の大工が現場に来た。 ふと視線を感じたので振り返ると、小窓から一人の男がこっちを見ている。 「随分、早い業者だな」&nb [続きを読む]
  • 着工中のアパートの床下施工に赴いた 前編
  • 503 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/13(水) 01:59:14.78 ID:caKyZoDs0 [1/7回(PC)]その昔、某ハウスメーカーの基礎工事をしていたオレは 若い衆を一人連れて、着工中のアパートの床下施工に赴いた。 ひとつ現場を片付けてからだったから、その現場に着いたのは昼過ぎ位だった。 外は土砂降りの雨が降っていた。 基礎工事そのものは外仕事だが、床下のそれは建て方が外壁を組み 屋根を張っ [続きを読む]
  • 当時親の仕事でヨーロッパに引っ越したばかり
  • 422 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 17:46:24.48 ID:QLcGvUnTi [1/3回(iPhone-SB)]わたしも中学生の時の体験を書かせて下さい。当時親の仕事でヨーロッパに引っ越したばかりでなかなか友達ができないし言語の壁ハンパねえ!な感じで自然とネトゲにハマってしまった。 真っ暗な部屋で深夜から明け方にかけてパーティ組んで狩りをしたり、ネットサーフィンしたりがデフォになってたある日、いつ [続きを読む]
  • 知らない男の人に足を引っ張られて目を覚ました
  • 412 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/06(水) 11:53:13.48 ID:x1VmBwxP0 [1/1回(PC)]私の体験話です。 1980年頃、母が骨折して、救急車で搬送され、 大阪の南区(現中央区)繁華街にある原○病院に入院しました。 その頃は今と違って、付添いが一緒に泊りこまなければなりません。 私は2カ月ほど泊りこんだのですが、その時の話です。 病室は二人部屋で、1つのベットに母が、一つのベットに [続きを読む]
  • 「ペチペチペチ」って拍手みたいな音が聞こえてきた
  • 384 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/01(金) 08:38:23.45 ID:dMfrMz5/0 [1/3回(PC)]十年くらい前埼玉で病院の改築したときの話 解体工事中にまだ事務所を構えてなかったから解体予定の診察室Aに 仮に事務所を構えて仕事をしていた 家が遠かったし若かったから帰るのもめんどくさくて しょっちゅうその街で呑んで事務所で寝ていた ある夜いつものように呑んで事務所に戻ったものの眠気が来ず [続きを読む]
  • あのときの手の感触、今でもはっきり覚えてます
  • 316 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/05/25(金) 00:08:47.63 ID:r/yujIEwi [1/2回(iPhone-SB)]4、5年前に体験した話。 夜中に仰向けで寝てたとき、ふと右手を自分の頭の上に動かしたら そこにあるはずのない人の手があった。女性の手。 つかんだ瞬間、即金縛り。 腕をすごい力で引っ張られた。 布団に寝ていたはずなのに、あっという間に体が壁側に来ていた。 引きずりこまれる!と思い必 [続きを読む]
  • ヤモリのようにビッチリ身体に張り付いていた 後編
  • 300 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 03:27:49.81 ID:ee9XlAXWO [4/6回(携帯)]それは…幽霊では? 昨夜の記憶を語る兄の恐怖心を 刺激するように問いかけると 兄は元カノに電話。 幸い元カノさんは生きていたようでしたが それからも車を運転していると バックミラーに元カノがチラリと写り混んだり 駐車場に止めてある車の窓ガラスに 元カノとよく似たシルエッ [続きを読む]
  • ヤモリのようにビッチリ身体に張り付いていた 前編
  • 297 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 02:36:42.48 ID:ee9XlAXWO [1/6回(携帯)]生き霊にまつわる話を思い出したので また書きます。 私には8つ離れた いわゆるDQN兄がいます。 兄はチャラくてお金と女にだらしなく、 しかし、何故かモテる人でした。 私が15歳の頃、兄は家にほとんど帰らないか 兄が家にいる時は、いつも玄関には 女性のブーツが置いてありま [続きを読む]
  • 痛みが引いてよかったね。でも次はないと思ってね 後編
  • 963 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 21:16:03.50 ID:/JzxqUpJ0 [5/7回(PC)]それから少し懲りて、M子とはメールのみやり取りしていた。 3ヶ月たったころ、またチャンスが到来した。 今度はゆっくり話したいと。 嬉しくなって、前回の指の痣の事などすっかり忘れ、M子と いちゃいちゃ。続きを読む [続きを読む]
  • 痛みが引いてよかったね。でも次はないと思ってね 前編
  • 959 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 21:05:55.76 ID:/JzxqUpJ0 [1/7回(PC)]3年前のことだ。 当時嫁と結婚して5年目だった。 子供も幼稚園へ入り、なんとなく落ち着いた生活になった。 そのころ元カノのM子(既婚)から、頻繁に連絡が来るようになる。 俺は振られた方で、すごく好きだったからメールのやり取りがとても楽しく感じた。 会いたいと言われ、有頂天で、待ち合わせて [続きを読む]
  • 社宅
  • 940 : 1[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 05:55:01.45 ID:eqcKepZB0 [1/2回(PC)]父が子供の頃の話なんだが 私の父は子供の頃から霊感が強く、よく普通の人には見えないものを見たり感じたりするらしい それで、父の父、つまり私のおじいちゃんは、銀行に勤めて支店長をやっていた。 当時の銀行員はいまよりも待遇がよく、社宅も二階建ての豪華なものだったらしい。 父には妹がいる。つまり私の叔母に当たる人物 [続きを読む]
  • 厄介な存在 後編
  • 844 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 02:45:23.07 ID:5jKe0OPb0 [5/8回(PC)]>>842 相変わらず無愛想で変な人だ…けど、うちに用があったのかもしれないし、念の為買い物から帰った母に「さっきそこのおじさんが来たよ」 と報告だけしてその日はそれで終わりました。続きを読む [続きを読む]
  • 厄介な存在 前編
  • 837 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 02:30:32.88 ID:5jKe0OPb0 [1/8回(PC)]小学生の頃の話。 近所には昔からの大地主が2軒あって そのうちの1軒は運送業を営んでた。 うちの斜め前に、その運送屋の親戚が1人で住んでて、これが子供ながらに怖い人だった。 酒癖が悪く、昼間から飲んだくれてた。 運送屋の家からも厄介な存在らしかった。続きを読む [続きを読む]