min628 さん プロフィール

  •  
min628さん: アカゲラの林に居候
ハンドル名min628 さん
ブログタイトルアカゲラの林に居候
ブログURLhttp://kosamebitaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文十勝で、林の隅に建てた家で暮らしています。おもに林に来る(居る)鳥たちの様子を記録しています。
自由文毎日鳥たちに窓の外から監視されながらすごす日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/06/07 18:50

min628 さんのブログ記事

  • 甘〜い誘惑
  • ヒヨドリが木の幹にくちばしをつけて・・・樹液を味わっていました。甘い物好きですからね^^アカゲラ林ではない、この林では春が早く、もうクルミの木に樹液がしみ出していました。ヒガラもおいしかったよヤマガラもハシブトガラも。かわるがわるやってきて樹液を味わっていました。今回はシマエナガが見られなくて残念だけど、また機会があるでしょう。キクイタダキとマヒワは樹液に興味がないのでしょうか?甘〜い誘惑にも誘わ [続きを読む]
  • ご近所にお客さま到着
  • 今シーズンもやってきました!ヽ(‘ ∇‘ )ノ この場所でざっと数えてみたら、オオハクチョウ約70羽、マガンが約30羽でした。みなさんお元気そうでなによりです^^・・・が、ロケーションがよろしくないです。よりによって、堆肥と残雪のなかとは・・・。食べ物を探すにはいいのでしょうけど。一本向こうの農道にあるデントコーン畑にはもう雪がなかったのに、なぜかそちらには行かないんですね。小さな鳥がいました。ヒバリのよ [続きを読む]
  • 夕方のオオアカゲラ
  • 毎日のように林を歩いていたらシリーズ。いつものようにアカゲラが・・・木を突く音がいつもより大きいのでもしや??遠いので大きさがよく分からなかったけど、よく見るとクチバシが長い。お腹に模様がある、・・・オオアカゲラでしたヽ(´▽`)/ オオアカゲラの音は、アカゲラよりもパワフルに響きます。 去年出逢った のも夕方でした。しかも一度きりだったけど、今年はどうかな。どこからともなくやってきて、あちこちの木を [続きを読む]
  • ウソが来た
  • いつも通り林を歩いていたら、農道のほうから「フィーフィー」と、笛のような声が。6〜7羽の、ウソの群れでした。ちょっと遠いけど。 何かを盛んに食べています。ここでは花芽はおろか、まだ木の芽すら固いのですが・・・。ツルウメモドキの実が残っている場所でした。一生懸命雪の中から探しています。よく食べるなぁ。ウソは太った桜文鳥のような姿をしています。ウチの桜文鳥のシチもよく食べるので、こんなふうに太ってしま [続きを読む]
  • やっと正面顔 シマエナガ
  • アカゲラ林にやってくるのはだいたい11時頃。今日もドンピシャでした。しかも、あちこち木を飛び回って、少〜しだけ滞在時間が延びました。おかげでやっと見られた正面顔。・・・太い枝がややかぶりましたけど・・・^^;アカゲラ林ではこれからカエデの樹液が染み出すので、もっと長いこと滞在してくれるようになるかもしれない、と期待^^今日は、上を気にして何度も見上げていました。あんまり見上げすぎると、ただのワタボ [続きを読む]
  • 埋没式食堂
  • このところ好天で、毎日のように林を歩いていました。雪も締まって、宮澤賢治の童話『雪渡り』に出てくる「堅雪かんこ、しみ雪しんこ」の堅雪というのは、こういうことなのかなぁ?と思いながら・・・。キタキツネの足跡も、形のままずっと残っています。これを見ると、私は林のなるべくすみっこを歩こうと思うのです。冬に彼らの来た証を遺しておきたいので。でも、私のスノーシューの跡がつくと、彼らはそれをトレースしてしまい [続きを読む]
  • 今シーズンはいちどだけ
  • もうじき近所にオオハクチョウやマガンがやってくるから・・・などと言ってみたものの、やはり会いたくなって出かけました。いつもの場所は工事中で除雪されていないため、街に流れる川に行きました。ここは市民のみなさんに親しまれているオオハクチョウなので、間近で見られるのが嬉しい。マガモだって、野生だとこんなに近くで見ることは出来ません。きょうだいかな。ぴったりくっついています。カキカキ。しばらくすると、家族 [続きを読む]
  • アカゲラと脂
  • 鳥たちの脂身を、更新しました。シマエナガが来やすいようにと、間に合わせの板でフィーダーを作りました。でも、もうシマエナガは繁殖する場所に帰ったのかも?一番に来たのはゴジュウカラ。まだまだ氷点下のアカゲラ林では脂身が人気です。アカゲラも来ようとするのですが・・・。他の鳥が来るとなかなか近づこうとしません。やっと木まで来たけど・・・シジュウカラが来ると、びっくりして飛んで行ってしまいました アナタのほ [続きを読む]
  • ほぼ常連
  • 毎日見張っているわけではありませんが、晴れた日の昼前に、シマエナガがやってくるようです。昨日も数羽の群れが通り過ぎていきました。相変わらず、滞在時間は約5分ですが・・・。まずはよいしょっと懸垂?・・・なわけはなく、ほんの一瞬でした。正面顔を捕らえるのは至難の業。今回もダメだった・・・。ダメ出しのように枝のバッテンが・・・ orzまぶたみたいなアイリングも、ちゃんと見てみたいものです。それでも今回は比較 [続きを読む]
  • アトリじゃなかった・・・
  • 14日のブログコメントで、「アトリとマヒワの群れを見た」と言ってるのですが、間違いだったので訂正します。昨日やっと撮った証拠写真によると、カワラヒワ だけの群れだったようです。(↑どっちもいないし!!)来たばかりの彼らはとても用心深くて、近づくことができません^^;アトリは旅鳥なので、そのうちいなくなってしまいますが、カワラヒワは、ここでは春から秋までいて、繁殖する鳥です。だから春が近くなったことを [続きを読む]
  • 風のなかで
  • ハシブトガラがきれいにさえずりの練習をしていました。まだ林の中は雪だらけなんですけどね・・・。虫を探す間もグチュグチュ言いながら練習。衝撃!ハシブトガラの後ろ頭。真っ黒だと思っていたのに!!今まで気づかなかったなぁ。シジュウカラもゴジュウカラも、もうさえずっています。昨日からはアカゲラがドラミングを始めました。・・・でもウチの壁でドラミングするのはやめてほしい^^;風を除けてカシワの向こう側に潜ん [続きを読む]
  • 寒さの底から
  • このところマイナスの気温がひと桁だったり、ふた桁だったり、3〜4日ごとに変わります。氷点下でも「三寒四温」というのでしょうかねぇ。このところ雪が降らないので、積もった雪のかさが減ってきました。キンと冷えた十勝晴れのかわりに、曇り空が現れるようになってきました。よくわかりませんが、これらは春の兆しなのでしょうか。曇りのときはこんな色をした太陽が出ることも。湖沼地帯に出かけても、まだ全面結氷のため、冬鳥 [続きを読む]
  • お客さんを連れてきたよ
  • ・・・と言っているのかわかりませんが、ハシブトガラと一緒に・・・数羽のシマエナガの群れがやってきました。あいかわらず樹冠を飛ぶので遠いです。一瞬だけダブル。この2羽はペアのような動きをしていました。もう繁殖行動にはいっているのでしょうか?逆光のところに行ってしまった。枝に隠れた小さな虫を食べていました。必殺また覗き〜!もうとにかくかわいいんだけど、滞在時間約5分・・・orz今日は食堂のある南側に現れま [続きを読む]
  • 荒れ模様
  • 先日の大雪からせっせと掘り起こされた、今年の「埋没型アカゲラ林食堂」は、その後もつつがなく営業しております。ゴジュウカラの隠した食べ物のある、食堂支店で食餌にありつくアカゲラさん。今年のハシブトガラは用心深く、離れた場所のフィーダーだけにやってきます。しかも、あっというまに飛び去って、長居はしません。今日は、また台風並みの低気圧が来て、風が強くなっています。強風の中でも、まっすぐここへ飛んでくる小 [続きを読む]
  • 珍客万来?
  • 見せられるような写真じゃないのですが、ここは自分の日記なので、UPします。(写真に厳しい方は、目をつぶってくださいね^^;)ある日の夕方。薪を取り込んで、私が家の中に入ると、まだ外にいた相方が電話をかけてきた。でも私はそれどころじゃない!だって、窓の外にいるのは・・・まんまるキクイタダキ!!二個目のお年玉、いただきました〜!窓越し、逆光だったけど。アカゲラ林で見たのは初めてです。相方も外で見ていて [続きを読む]
  • キタキツネの朝ごはん
  • 強い寒波が訪れています。東北、北陸の日本海側だけでなく、九州、四国、関西、中部まで積雪とか。そういえば、こどもたちのセンター試験の日も、3人とも雪だったような気がする。受験生もたいへんですが、親もたいへん・・・お疲れ様です ( ´・ω・`)_且~~十勝では晴れているのですが、気温が−20度から−5度くらいで、このところ毎日真冬日。湿度も低すぎて、ヒヨドリに出していたみかんが、フリーズドライ化??していました。 [続きを読む]
  • 十勝のヤマガラ
  • エゾモモンガ、エゾフクロウ、シマエナガときて、次がヤマガラ?な〜んだ、と思われるかもしれませんが、私にとっては、十勝に来てから3年目、ようやく写真に収めることができた、レアな出会いだったのです。十勝でもあちこちにいることは聞いていましたが、私がそういう場所を頻繁に訪れなかったので、今になってようやく会えただけなのですが^^;3年ぶりにじっくり見るヤマガラ。北海道で再会できて、嬉しい^^ゴジュウカラが [続きを読む]
  • 逃げるお年玉 
  • 新年早々かわいいお年玉、頂きました!シマエナガちゃんです。ボケた・・・orz肝心の正面顔はボケまくり、あとはおかしなポーズばっかり撮れました。首の角度にご注目^^; エクソシスト?!(古)90度幹にとまっている・・・のではなく、上の枝からぶら下がっているんですよ〜。90度まるもふ団子。 カシワの葉よりこんなに小さいのが、ぴゅんぴゅん飛び回るので、お手上げです・・・。↓このあとの写真には、何も写っていませ [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 年のはじめはエゾフクロウでご挨拶いたします。みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。いかにも「福」というお顔ですよね。今年も前向きに、上向きに・・・。フクロウは、「不苦労」とも言われ、縁起のよい鳥とされていますね。このエゾフクロウはまだ若い個体だそうです。とある神社におわしましたので、なお縁起がよいと思われます。皆様にも、どうぞ今年も福が訪れますように。エゾフクロウは、アイヌの人たちのこと [続きを読む]
  • エゾモモンガの親子 その2
  • 秋のある日に出会ったエゾモモンガの親子です。在庫から、再びご覧下さい。この子は、すぐ枝から踏み外しちゃうので、下から見ていると、ハラハラし通しでした。お母さんキター。威嚇してるのかもしれませんが、かわいすぎてぜんぜん怖くありません。野鳥のおちり大好き(なのだと思う)ko-jiさんが、今度は「動物のおちり写真」を集めて、番外編を企画しているそうです。野鳥のおちりで、あれだけ忙しい思いをされたというのに、 [続きを読む]
  • ハシブトガラもやってきた
  • 食堂は今日も賑わっています。朝、昼、夕方と、来る時間がだいたい決まっています。そのほかの時間は林の木で虫を探しています。ありがたい。シジュウカラは3羽に増えました。穫ったど〜!ゴジュウカラは、ヒマワリの種の中身だけを、あちこちに貯食しています。・・・が、それをちゃっかり頂いちゃうやつがいます。もらったど〜!アカゲラは♂♀1羽ずつ。♂は今年生まれの子ではないかと思っています。シメ♂と、遠慮がちなヒヨド [続きを読む]
  • 「野鳥おちりコンテスト」
  • 私、はじめてコンテストに参加することにしました。(↑↑表題の通りです)見知らぬ方ですが、ko-jiさんとおっしゃる方が、主催されるとのことです。私、大いに趣旨に賛同いたし、ここに参加をケツ意させていただく所存でございます。本来、野鳥撮影するかたは、おちりの写真が撮れてしまったら即、削除なさっていることでしょう。でも、私は「野鳥はお腹の方から撮るのが好き」と豪語?してはばからない人間。いささか下方修正な [続きを読む]
  • エゾモモンガの親子
  • まだ秋の頃の、ある日、出会いました。はじめまして、春生まれのエゾモモンガですおっと!あぶない!おかあさんといると安心。おっぱいちょうだいはじめて飛んでみたけど、怖かったよ!お母さんが迎えに来てくれて、よかったじゃぁね、おかあさんといっしょに、おうちに帰りますけっきょく、この子は巣穴まで飛ぶことができないと判断したおかあさんが、口でくわえて巣に戻りました。このおかあさんは3匹のこどもがいるそうです。 [続きを読む]
  • 閑古鳥食堂
  • すっかりご無沙汰してしまいました。雪が何回か降っていますが、まだ去年までのように根雪になっていません。ひさしぶりにぽっかり時間が空いたので、林を歩いてみました。雪の上にクモがいる!案外早い足取りで歩き回った後、手前の葉の中に消えていきました。ブルーベリーの枝が1本、折られていました。周りに犯人の足跡が・・・。今年もいるようです、エゾユキウサギ。枝が食べられないように、ニンジンのくずでも置いておこう [続きを読む]
  • 冬の食堂開店 2016
  • 今年も想定外の雪でしたが、そのあと十勝晴れが続き、12月なみの低い気温ながらも少しずつ雪が溶けてきました。道路は乾いているのですが、林の中は・・・溶けません(泣)「しょうがないから春になってから笹刈りするか・・・」と相方。早い積雪を予想したわけではなく、ただ仕事がいつまで続くかわからなかったので、今年は10月半ばにヒマワリの種を設置しました。でも、お客さんがやってきたのは11月になってから。一番乗りは、 [続きを読む]