min628 さん プロフィール

  •  
min628さん: アカゲラの林に居候
ハンドル名min628 さん
ブログタイトルアカゲラの林に居候
ブログURLhttp://kosamebitaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文十勝で、林の隅に建てた家で暮らしています。おもに林に来る(居る)鳥たちの様子を記録しています。
自由文毎日鳥たちに窓の外から監視されながらすごす日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/06/07 18:50

min628 さんのブログ記事

  • 林の木 エゾノコリンゴ他
  • ヤマザクラの季節が終わると、ミヤマザクラとエゾノコリンゴが咲き出します。ミヤマザクラの花びらは、ヤマザクラに比べるととても小さくて、雄しべがとても目立ちます。エゾノコリンゴは、サンナシという方が、ここでは通りが良いようです。房のようにたくさんつく花の花びらは丸くて可愛い。ピンクな蕾はもっと可愛くて、大好きな花です。アカゲラ林には数本自生しています。リンゴというにはあまりに小さな実をつけるのですが、 [続きを読む]
  • 今年もコムクドリ、キター!
  • 桜が咲く前に、アカゲラ林にやって来たコムクドリ。毎年、ちゃんとぺでやってくるみたいです。今年も3ペアはいる模様。しばらくは林の周りで暮らしているのですが、桜が終わり、カシワの葉が展開し始める今頃になると、だんだんやかまし・・・いえ、いっそう賑やかに囀り始めます。口の中が真っ黒?(笑)そろそろ巣作りをする頃になったようです。メスは巣になりそうな穴を物色します。すでに巣を持っているゴジュウカラはコムク [続きを読む]
  • あっちこっちヒドリーズ
  • ここはやたらシカがいるところ。目当ての鳥はもういなかったけれど、ここにはまだカモたちがたくさん残っていました。 ヒドリガモたちです。オナガガモ、カワアイサも見られました。 突然飛び立ちました。 それを見て、こっちからも飛んできます。 オナガガモもつられて一緒に。 そしてまた何事もなかったように降り立ちました。 あとはひたすら食べものを探します。もう今頃は北へと旅立って [続きを読む]
  • シメのお嫁さん
  • 一緒に冬を越したシメ男くん。春先からずっとでさえずってお嫁さん募集していましたが・・・連休後半、ようやくシメ子さんがやって来ました^^(ここからはすべて窓越しです。暗くてすみません)おや、3羽いる・・・あれ?3羽ともメスだ!シメ男くん、やるなぁ。今年はモテモテのシメ男くん(右)。誰をお嫁さんにするのかな。食堂にやってきたシメ子さん。「なぜこんなところにごはんが置いてあるのかしら?」と不思議そう。ど [続きを読む]
  • 夏鳥たちが到着 2017
  • ジャガイモ植えの仕事が終わりました!今年は1週間、連休の半ばまで続きました。近くの農道は鳥たちが激減したため、早朝の散歩をしなくなっていましたが、夜明けが早いので目が覚めてしまいます。思い立って谷地へ行ってみました。4月に到着するヒバリ、アオジ、ノビタキ、カワラヒワの後、5月になるとここでの夏鳥たちがほぼ出そろっていました。ウグイスや、センダイムシクイは張り裂けんばかりに囀ります。遠くでオオジシギ [続きを読む]
  • 春を待つ
  • 少し前のこと、4月半ばの事になりますが・・・。この頃は天候が落ち着かず、1日のうちに晴れたり曇ったり。異常な高温もありました。林の中はまだ春の花を見ることはできません。常緑のまま冬を越したベニバナイチヤクソウや、ウメガサソウなどは、雪がなくなると、秋のままの姿を現しました。一番に春を告げる福寿草は、まだ残雪の下です。この頃、地元の方のご案内で、初めて見せていただいたのが、ウラホロイチゲでした。花び [続きを読む]
  • 氷がとけたら
  • ご近所のオオハクチョウ、マガンたちは、ほとんどがヒミツの沼に結集していました。マガンの数は数え切れません。オナガガモやヒドリガモなどが少し混じっています。去年はミコアイサも混じっていたのですが、今年はまだ見ていません。ウミアイサ、カワアイサもいないようです。まだ氷がとけたばかりなので、カモ類はこれからでしょう。午後、近くの畑に行くマガンたち。次々と飛び立っていきました。水の上だとオオハクチョウも少 [続きを読む]
  • ご近所は大騒ぎ
  • 毎日毎日、あっちでもこっちでも。夕方と朝には大移動。オオハクチョウとマガンの声がご近所に溢れています。なんて幸せな日々でしょう。オオハクチョウとマガンばかりと思っていましたが、ここにはオナガガモも混じっていたようです。気温が異常に高かった日は、雪の上や水溜まりで体を冷やしていました。雪解けが進むにつれ、まだ雪の残っているデントコーン畑へと、数日おきに移動を繰り返しています。そうして、だんだんと湖沼 [続きを読む]
  • 顔まで見える距離で
  • どうしても、あの方のお顔が見たいのです。でも、いつもつれないほどに遠かった。今回、情報をいただいて出かけてみると、ようやく、カワイイお顔まで見ることができました^^ハクガンは、このサイズ感、ちょっと黒いのが入ってるおしゃれな配色がいいですね。脅かさないように、そう〜っとクルマを止め、そう〜っと窓を開け、そう〜っとカメラを構えましたが・・・みなさ〜ん!あちらに行きますよ〜!さりげな〜く遠くへ移動する [続きを読む]
  • 甘〜い誘惑
  • ヒヨドリが木の幹にくちばしをつけて・・・樹液を味わっていました。甘い物好きですからね^^アカゲラ林ではない、この林では春が早く、もうクルミの木に樹液がしみ出していました。ヒガラもおいしかったよヤマガラもハシブトガラも。かわるがわるやってきて樹液を味わっていました。今回はシマエナガが見られなくて残念だけど、また機会があるでしょう。キクイタダキとマヒワは樹液に興味がないのでしょうか?甘〜い誘惑にも誘わ [続きを読む]
  • ご近所にお客さま到着
  • 今シーズンもやってきました!ヽ(‘ ∇‘ )ノ この場所でざっと数えてみたら、オオハクチョウ約70羽、マガンが約30羽でした。みなさんお元気そうでなによりです^^・・・が、ロケーションがよろしくないです。よりによって、堆肥と残雪のなかとは・・・。食べ物を探すにはいいのでしょうけど。一本向こうの農道にあるデントコーン畑にはもう雪がなかったのに、なぜかそちらには行かないんですね。小さな鳥がいました。ヒバリのよ [続きを読む]
  • 夕方のオオアカゲラ
  • 毎日のように林を歩いていたらシリーズ。いつものようにアカゲラが・・・木を突く音がいつもより大きいのでもしや??遠いので大きさがよく分からなかったけど、よく見るとクチバシが長い。お腹に模様がある、・・・オオアカゲラでしたヽ(´▽`)/ オオアカゲラの音は、アカゲラよりもパワフルに響きます。 去年出逢った のも夕方でした。しかも一度きりだったけど、今年はどうかな。どこからともなくやってきて、あちこちの木を [続きを読む]
  • ウソが来た
  • いつも通り林を歩いていたら、農道のほうから「フィーフィー」と、笛のような声が。6〜7羽の、ウソの群れでした。ちょっと遠いけど。 何かを盛んに食べています。ここでは花芽はおろか、まだ木の芽すら固いのですが・・・。ツルウメモドキの実が残っている場所でした。一生懸命雪の中から探しています。よく食べるなぁ。ウソは太った桜文鳥のような姿をしています。ウチの桜文鳥のシチもよく食べるので、こんなふうに太ってしま [続きを読む]
  • やっと正面顔 シマエナガ
  • アカゲラ林にやってくるのはだいたい11時頃。今日もドンピシャでした。しかも、あちこち木を飛び回って、少〜しだけ滞在時間が延びました。おかげでやっと見られた正面顔。・・・太い枝がややかぶりましたけど・・・^^;アカゲラ林ではこれからカエデの樹液が染み出すので、もっと長いこと滞在してくれるようになるかもしれない、と期待^^今日は、上を気にして何度も見上げていました。あんまり見上げすぎると、ただのワタボ [続きを読む]
  • 埋没式食堂
  • このところ好天で、毎日のように林を歩いていました。雪も締まって、宮澤賢治の童話『雪渡り』に出てくる「堅雪かんこ、しみ雪しんこ」の堅雪というのは、こういうことなのかなぁ?と思いながら・・・。キタキツネの足跡も、形のままずっと残っています。これを見ると、私は林のなるべくすみっこを歩こうと思うのです。冬に彼らの来た証を遺しておきたいので。でも、私のスノーシューの跡がつくと、彼らはそれをトレースしてしまい [続きを読む]
  • 今シーズンはいちどだけ
  • もうじき近所にオオハクチョウやマガンがやってくるから・・・などと言ってみたものの、やはり会いたくなって出かけました。いつもの場所は工事中で除雪されていないため、街に流れる川に行きました。ここは市民のみなさんに親しまれているオオハクチョウなので、間近で見られるのが嬉しい。マガモだって、野生だとこんなに近くで見ることは出来ません。きょうだいかな。ぴったりくっついています。カキカキ。しばらくすると、家族 [続きを読む]
  • アカゲラと脂
  • 鳥たちの脂身を、更新しました。シマエナガが来やすいようにと、間に合わせの板でフィーダーを作りました。でも、もうシマエナガは繁殖する場所に帰ったのかも?一番に来たのはゴジュウカラ。まだまだ氷点下のアカゲラ林では脂身が人気です。アカゲラも来ようとするのですが・・・。他の鳥が来るとなかなか近づこうとしません。やっと木まで来たけど・・・シジュウカラが来ると、びっくりして飛んで行ってしまいました アナタのほ [続きを読む]
  • ほぼ常連
  • 毎日見張っているわけではありませんが、晴れた日の昼前に、シマエナガがやってくるようです。昨日も数羽の群れが通り過ぎていきました。相変わらず、滞在時間は約5分ですが・・・。まずはよいしょっと懸垂?・・・なわけはなく、ほんの一瞬でした。正面顔を捕らえるのは至難の業。今回もダメだった・・・。ダメ出しのように枝のバッテンが・・・ orzまぶたみたいなアイリングも、ちゃんと見てみたいものです。それでも今回は比較 [続きを読む]
  • アトリじゃなかった・・・
  • 14日のブログコメントで、「アトリとマヒワの群れを見た」と言ってるのですが、間違いだったので訂正します。昨日やっと撮った証拠写真によると、カワラヒワ だけの群れだったようです。(↑どっちもいないし!!)来たばかりの彼らはとても用心深くて、近づくことができません^^;アトリは旅鳥なので、そのうちいなくなってしまいますが、カワラヒワは、ここでは春から秋までいて、繁殖する鳥です。だから春が近くなったことを [続きを読む]
  • 風のなかで
  • ハシブトガラがきれいにさえずりの練習をしていました。まだ林の中は雪だらけなんですけどね・・・。虫を探す間もグチュグチュ言いながら練習。衝撃!ハシブトガラの後ろ頭。真っ黒だと思っていたのに!!今まで気づかなかったなぁ。シジュウカラもゴジュウカラも、もうさえずっています。昨日からはアカゲラがドラミングを始めました。・・・でもウチの壁でドラミングするのはやめてほしい^^;風を除けてカシワの向こう側に潜ん [続きを読む]
  • 寒さの底から
  • このところマイナスの気温がひと桁だったり、ふた桁だったり、3〜4日ごとに変わります。氷点下でも「三寒四温」というのでしょうかねぇ。このところ雪が降らないので、積もった雪のかさが減ってきました。キンと冷えた十勝晴れのかわりに、曇り空が現れるようになってきました。よくわかりませんが、これらは春の兆しなのでしょうか。曇りのときはこんな色をした太陽が出ることも。湖沼地帯に出かけても、まだ全面結氷のため、冬鳥 [続きを読む]
  • お客さんを連れてきたよ
  • ・・・と言っているのかわかりませんが、ハシブトガラと一緒に・・・数羽のシマエナガの群れがやってきました。あいかわらず樹冠を飛ぶので遠いです。一瞬だけダブル。この2羽はペアのような動きをしていました。もう繁殖行動にはいっているのでしょうか?逆光のところに行ってしまった。枝に隠れた小さな虫を食べていました。必殺また覗き〜!もうとにかくかわいいんだけど、滞在時間約5分・・・orz今日は食堂のある南側に現れま [続きを読む]
  • 荒れ模様
  • 先日の大雪からせっせと掘り起こされた、今年の「埋没型アカゲラ林食堂」は、その後もつつがなく営業しております。ゴジュウカラの隠した食べ物のある、食堂支店で食餌にありつくアカゲラさん。今年のハシブトガラは用心深く、離れた場所のフィーダーだけにやってきます。しかも、あっというまに飛び去って、長居はしません。今日は、また台風並みの低気圧が来て、風が強くなっています。強風の中でも、まっすぐここへ飛んでくる小 [続きを読む]
  • 珍客万来?
  • 見せられるような写真じゃないのですが、ここは自分の日記なので、UPします。(写真に厳しい方は、目をつぶってくださいね^^;)ある日の夕方。薪を取り込んで、私が家の中に入ると、まだ外にいた相方が電話をかけてきた。でも私はそれどころじゃない!だって、窓の外にいるのは・・・まんまるキクイタダキ!!二個目のお年玉、いただきました〜!窓越し、逆光だったけど。アカゲラ林で見たのは初めてです。相方も外で見ていて [続きを読む]
  • キタキツネの朝ごはん
  • 強い寒波が訪れています。東北、北陸の日本海側だけでなく、九州、四国、関西、中部まで積雪とか。そういえば、こどもたちのセンター試験の日も、3人とも雪だったような気がする。受験生もたいへんですが、親もたいへん・・・お疲れ様です ( ´・ω・`)_且~~十勝では晴れているのですが、気温が−20度から−5度くらいで、このところ毎日真冬日。湿度も低すぎて、ヒヨドリに出していたみかんが、フリーズドライ化??していました。 [続きを読む]