まんた1968 さん プロフィール

  •  
まんた1968さん: しみったれ、駆ける!!
ハンドル名まんた1968 さん
ブログタイトルしみったれ、駆ける!!
ブログURLhttp://masahashi.blog.fc2.com
サイト紹介文日々のジョギング生活、マラソン大会出場、映画、読書、音楽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/06/07 21:13

まんた1968 さんのブログ記事

  • 白昼の死角・後編(えびす・だいこく100kmマラソン番外編)
  •  玉作史跡公園から再び温泉街へ戻ってきた頃には、正午を回っていた。 温泉街には「玉造温泉ゆ〜ゆ」(下の画像・ネットから借用)なる日帰り入浴施設があり、計画ではここで昼飯を食べ、風呂やマッサージやらで夕方まで時間を潰すつもりだったのだが…… な、なんと定休日! 到着してみると駐車場には一台の車もなく、閑散としていたのだ(・_・;) や……やってもうた。ネットで予め、料金や館内設備などは確認していたのだが [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン⑤
  •  左手に大きな宍道湖を眺めながら、一畑電車北松江線の線路に沿うかたちで、西へ西へと走り続ける。 一畑電車の津ノ森駅(75km地点)を通過。しばらく行くと一畑口駅がある。この駅は「目の神様」として有名な「一畑薬師」の最寄り駅となっており、通過の際、近年老眼が進んできている親父のことを思い出し、お参り出来ないので、せめて心の中で合掌する。柄にもない親孝行(笑) その後、80km地点の園駅の辺りで、永遠に続くかと [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン④
  •  御津エイドを過ぎると、また山越えに突入。常連さんが「チェリーロードの先にもう一山ある」と仰っていたが、これのことか? 詳細は不明だけれど、とにかく「これがラスト」と信じて走りに拘る。思い返せば、ここで歩きを挟まなかったことが、後半のバテバテに直結したような気がする。 くねくねと登坂。このエリアは少し内陸を通っているため、日本海が時折しか臨めない。スタートからここまで、ずっと海原を横目に走ってきた [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン③
  •  片江湾を後にして、鯉のぼりがはためく長閑な光景の中を走る。 やがて菅浦湾(19km地点)に到達。 雲一つない快晴で、夏本番と言っても過言ではないお天気だが、そのお陰で、コース途中のいたるところが撮影ポイント。 とにかく綺麗な光景が続く。 せっかく海の傍を走っているのだもの、やっぱこうでなくっちゃ。8月生まれの自称「夏男」としては嬉しい限り。 鉛色の海と空に苦しめられ続けた二ヶ月前の伊豆大島……同じ海 [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン②
  •  さて午前5時半、ついにスタートを切った100km個人の部。美保関周辺の住民の方々の温かい見送りを受け、しばらくは島根半島の南側(境水道側)を海沿いに西進する。 5km地点に達した辺りで境水道とはお別れし、半島の内陸部へ舵を切る。とはいえ南北には短い島根半島なものだから、日本海側へ出るのに、それほど時間はかからない。が、当然、半島縦断の際には、ちょっとした峠越えのようなものがある。 7km地点辺りで、眼前に日 [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン①
  •  一夜明けた5月28日(日)、大会当日。 午前2時起床。前日に買っておいた惣菜パンなどをそそくさと食し、洗面、トイレ、着替えを完了。雲一つない快晴の一日になりそうなので、露出した肌にはサンオイルを念入りに塗り、午前3時過ぎ、ホテルを出る。 美保関行きのマラソンバス乗車地は「松江市役所前」と「JR松江駅南口」の二点と決まっており、私が向かったのは後者で、ホテルから徒歩5分。申込み段階では前者を予約していたの [続きを読む]
  • 第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン(前日受付・松江〜美保関)
  •  5月27日(土)、待ちに待った「2017 えびす・だいこく100kmマラソン」出場のため、島根県は松江市へ向けて出発。鳥取や山口へ行ったことはあっても、島根は今回が初めてだったりする。高まる期待感。 午前10時、京都駅の烏丸口バスターミナルから、高速バス「出雲エクスプレス」に乗車。 道中、安富と蒜山高原のサービスエリアでトイレ休憩をはさみ、JR松江駅まで5時間のバス旅。三列独立シートなので窮屈さもなく、文庫本を [続きを読む]
  • 2017えびす・だいこく100kmマラソン(結果報告)
  •  一ヶ月以上のご無沙汰で申し訳ありません^^; ここのところ仕事に忙殺されており、ブログにまで気が回らない状態でした。 そんなわけで今年の2月に申し込み、抽選にまで当たった「第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン」出場も、一時は断念まで考えねばならんようになり、鬱々とした日々を送っていたのですが、どうにか都合をつけ、出場を果たすことが出来ました。 前々から出たかった大会だけに、本当に良かったε-(´ [続きを読む]
  • TOWA TEI in和歌山
  •  4月22日(土)、テイ・トウワさんのDJを聴きに、一泊で和歌山市まで行ってきました。 テイさんのDJに足を運ぶのは、実に十数年ぶり。いや、その他のクラブDJはおろか、そもそもライブ自体に行くのが久しぶりなもので、この度は「カムバック青春」といったような心境で、かなり意気込んで参加しました。 見た目も実際もすっかりオッサンしてしまいましたが、「老け込むにはまだ早いぞ」と(笑) といっても当日はギリギリまで仕 [続きを読む]
  • 伊豆大島ウルトラランニング・翌日(後編)
  •  カプセルホテルをチェックアウトし、役場前のバス停から午前10時台のバスに乗車、岡田港を目指す。ウルトラマラソン参加者や観光客で車内はぎゅうぎゅう詰め。土日を大島で過ごし、本土へ帰る人の群れ。大荒れの天気で、揃ってあてが外れたというところか。  大島空港を経由して、港には半時間ほどで到着。 私の乗る熱海行きの船は午後1時台の出港なので、それまで時間を潰さないとならない。といっても岡田港周辺は元町港に [続きを読む]
  • 伊豆大島ウルトラランニング・翌日(前編)
  •  3月27日(月)、大会翌日。 昨日は半分の距離でリタイアしたので、完走した時と較べて疲労は僅か。リタイアの原因となった低体温など、宿で熱いシャワーを浴びて、温かい食事を摂ったら、すっかり回復した。大事に至らず幸いだった。 午前6時頃にぱっちり目覚め、カプセルの中でぐだぐだしてから7時頃1階に降りた。昨日に引き続き荒れ模様の天気で、表に出てみると雨まじりの強風に木々が揺れていた。 2日に及ぶ憂鬱な天気に [続きを読む]
  • 第13回伊豆大島ウルトラランニング③
  •  元町港を通過して島の西海岸を南下する。進行方向右側の木々がうまい具合に海からの風を遮ってくれるので、寒いことに違いはなくとも、身体に受けるダメージが幾分和らいだような気がする。と同時に、気分的にもホッとして、「何とかなるんでないかい?」と活気も生まれてくる。 海岸線に沿ってずっと走り、15km地点を通過。 20kmを過ぎた辺りで、左手に見事な地層が現れる。 火山島ならではの景観と言おうか、この地層大切断 [続きを読む]
  • 第13回伊豆大島ウルトラランニング②
  •  午前5時に開発総合センター前をスタートしてから、しばらくは北上。5km地点まで緩やかな上りがひたすら続く。 風雨の中、少しでも早く身体を温めるべくがむしゃらに走る。雨天なので夜明けが遅そう。 ある程度ランナーがバラけるまで、足元に注意を払いながら走る。舗装路の凹みに雨水が溜まっていて、スリップの危険大。周囲が明るくなるまで神経を使いまくる。雨レースの辛いところだ。カメラを取り出す余裕など全く無し。  [続きを読む]
  • 第13回伊豆大島ウルトラランニング①
  •  一夜明けて3月26日(日)・伊豆大島ウルトラランニング大会当日。昨晩早々に降り出した雨は冷たく、尚も続いており、風も強い。漁師さんをテーマにしたテレビ番組でよく見かける、「時化の日」のような天候が大島をすっぽり覆っているようだ。とにかく大荒れ。 午前三時起床、昨日仕入れておいた朝食用のパンをそそくさと食べ、トイレ、身支度を慌ただしく済ませる。 宿の1階へ降りると、共用スペースには既にして数名の参加者 [続きを読む]
  • 第13回伊豆大島ウルトラランニング・前日受付
  •  3月25日(土)、翌日に開催される「第13回伊豆大島ウルトラランニング」の100kmの部に出場するため、東京都の大島町へ向け出発。 午前9時に京都駅から新幹線(ひかり)に乗車し、静岡県の熱海駅までちょうど二時間。値段がお高い分、やっぱ早いわ。 伊豆大島行きの高速船は、駅からバスで15分の熱海港から出港する。行政区分では「東京都」に属している伊豆大島であるが、都心を経由せずに行くため、よく考えれば妙な感じがす [続きを読む]
  • 厳寒の伊豆大島でゴジラの逆襲に遭うの巻
  •  厳寒の伊豆大島から熱海→三島経由で、夜行バスで帰ってまいりました。 100kmウルトラマラソン参戦十数回目にして初のリタイア、完走メダルも手に出来ず引き上げてきたわけだけど、今回ばかりは納得です。あれ以上無理して走り続けていれば、正直やばかった。しっかし、ここまで冷えるとは……猛暑には耐えられても、寒い辛抱は出来んわ(笑) とはいえ初DNFは、出来れば今秋の「村岡120km」まで取り置きしておきたかったなぁ。 [続きを読む]
  • 島へ……
  •  次の日曜は、いよいよ伊豆大島ウルトラランニング100kmの部に参戦です。あさって土曜日に静岡県は熱海港から高速船で大島に上陸の予定です。 しっかし、3月年度末にちょっとした休暇を取ろうとすると、当日までがホンマ大変^^; 走り込みも満足に出来んし、ストレスが溜まって窒息死しそう。 そんな鈍った状態で、こんなアップダウンに挑もうちゅうわけです。 だ……大丈夫なんか? 今秋の村岡120kmまでは、出来ることならDN [続きを読む]
  • 悪あがき
  •  先日、嫁はんが友達とパックツアーに申し込み、三泊四日で台湾に行ってきました。 台北、台中を巡ってきたらしいのですが、何せ現地ガイドがつきっきりのツアーなので、安心安全な反面、詰め込みすぎなほどの強行軍。朝の早よから日が暮れるまで観光バスで引っ張りまわされ、挙句に観光客向けの土産物店で割高な菓子などを購入、クタクタになって帰国した。 そんな話を聞かされるにつけ、「パックツアーっていややなぁ〜」と改 [続きを読む]
  • だるまさんに目を入れる
  •  忍耐の一ヶ月を乗り越え……ようやく今年二発目のウルトラマラソン挑戦が決定しました。 大会名は、島根県で5月の最終日曜日に開催される、第24回2017えびす・だいこく100kmマラソンです。 島根半島の先端にある「美保神社」をスタートし「出雲大社」へゴールするワンウェイコースです。美保神社(恵比寿さま)から出雲大社(大黒さま)へと走るので「えびす・だいこく」ってわけですね。 島根県では「奥出雲(4月)」、「え [続きを読む]
  • お裾分け
  •  次の日曜日には兵庫県の丹波篠山で「篠山ABCマラソン」が開催されます。 過去三回出場しているものの、去年今年と同月にウルトラマラソンの大会を入れてしまっているのでエントリーを見送っている大会です。 そんな篠山の名物といえば、丹波の黒豆など諸々あるのですが、その筆頭は猪肉であることに異論はないことでしょう。 実際ABCマラソンに行ってみると、町のあちこちに猪肉を使った食物屋が建ち並び、イノシシのマスコッ [続きを読む]
  • 訪れ
  •  ほんの少し春めいてきた感じですが、そこは奈良盆地、早朝の冷え込みはまだまだ緩まず。 「梅は咲いたかぁ〜桜はまだかいな」と思わず口ずさみ、春本番の足音を心待ちにしている毎日です。 [続きを読む]
  • クラブ熱、再燃?
  •  木津川マラソン出走後、あれこれと忙しく、気づけば二週間以上もブログがご無沙汰になってしまいました。そんな慌ただしくストレス溜まりまくりの最中にも、「新しいお楽しみ」が、また一つ確定しました。 「マラソン大会出場決定」と言いたいところですが、今回は珍しく音楽イベント関係です。 実は来月中旬に、あのテイ・トウワさんが「EMO」というタイトルの九枚目のソロアルバムをリリースすることになり、それに合わせてD [続きを読む]
  • 第34回京都木津川マラソン
  •  2月5日(日)、今年の大会出場一発目として、恒例の「京都木津川マラソン」へ行ってきました。今回で出場八回目くらいになるのかな? 初ハーフも初フルもここだったので、とにかく愛着もひとしおの大会です。今年もフルマラソンの部にエントリー。 しかし雨……天気予報通り、早朝から雨。しかも終日続くという。出走前から憂鬱なことこの上なし。 近鉄新田辺駅から傘を差し、木津川にかかる山城大橋まで歩く。時間にして約二 [続きを読む]