Tenodera さん プロフィール

  •  
Tenoderaさん: 武蔵野自然観察記
ハンドル名Tenodera さん
ブログタイトル武蔵野自然観察記
ブログURLhttp://tyoutyou888.blog.fc2.com/
サイト紹介文身の回りの自然を昆虫写真を中心に紹介しています。チョウが多いですが、それ以外の生き物も撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/06/07 23:26

Tenodera さんのブログ記事

  • もうすぐ成虫
  • 仕事やら体調不良やら悪天候やらで、なかなかフィールドに出向けない日が続いていますが、数日前の仕事後、半ば無理やりいつもの公園を半周してきました。時間は夕方6時を回り、天気も今一つだったので、かなり薄暗い環境でしたが、狙いはヤンマ類の黄昏飛翔。マルタンヤンマあたりの証拠写真でも撮れれば嬉しいな、という感じでしたが、残念ながら空振り。池の上空を飛ぶ、大型のトンボがポツポツ見られますが、よく見るとギンヤ [続きを読む]
  • モノサシトンボを探す
  • 例年、モノサシトンボが見られる公園の一角に、今年も訪れました。モノサシトンボはどちらかと言えば、完全に普通種かもしれませんが、私は自分の行動範囲内にそれほど生息地を知りません。開けた池沼にいれば探しやすいのですが、その周辺の林内にいることが多く、私の中ではモノサシトンボは水場の近く、という条件付きですが、森林性のトンボです。最初に見つけたこのトンボは、明らかにモノサシトンボではありませんが、羽化直 [続きを読む]
  • 南湖公園(福島県白河市)のトンボ
  • 仕事で訪れた福島県の白河市で、トンボを撮影する機会がありました。場所は南湖公園。人工の湖らしいですが、環境は素晴らしく、湖全体に浮揚植物が適度にあります。水深はさほどなく、水質も保たれているように見え、多くの種類のトンボが生息しているように見えます。暑い日でしたが、関東平野の暑さとは少し異なり、日陰に入ればかなり涼しげな感じがしました。公園を回る前に、この湖のトンボの情報を少し調べてみると、数年前 [続きを読む]
  • 今年初撮影のホソバセセリ、オニヤンマ
  • 出張先の栃木で撮影した昆虫たちの続きです。日光市内の121号線沿いの某公園に、小型のセセリチョウがいました。これがよく見たら、ホソバセセリ。存在を忘れるくらい久しぶりに見ました。どちらかと言うと西に多いセセリチョウ、というイメージでしたが日光にいたのは意外でした。図鑑の分布図を見ると、日光近辺は生息地のギリギリに当たるようです。複数の個体がおり、一応全て撮影しましたが、あとで確認すると、全て♀でした [続きを読む]
  • 那須で出会ったトンボ
  • コムラサキやメスアカミドリシジミらしきゼフを撮影していた周辺では、多くのトンボもいました。山の中腹の開けた道路沿いに、おびただしい数のアカトンボがいました。多くが未成熟の個体で、♂が多く見えました。暑い盛夏を涼しいこの地で過ごすのでしょう。全体の7割くらいが、このアキアカネでした。よく見ると、少ないながらもナツアカネが混ざっていました。林縁の、やや暗い場所の高い位置にはノシメトンボがいました。山地 [続きを読む]
  • メスアカミドリシジミだろうか
  • 出張で訪れた、栃木から福島にかけての山間部で、何度か撮影機会がありました。早朝の仕事を無事に終え、次の場所に移動中の林道で、中型のタテハチョウが何頭か飛んでいるのを見つけ、さっそくカメラを持ち出しました。次の仕事までは数時間の余裕があり、移動もさほど遠くないので、やや早い昼休みです。実は先日、長野(東信)に数日間の出張があり、標高1500mほどの場所でかなりの時間を過ごしたのですが、乱舞するアサギマダ [続きを読む]
  • チョウトンボ舞う
  • 珍しく連チャンで昆虫撮り。昨日は撮りませんでしたが、夏型のアゲハ類をよく見たので、狙いはそこ。アゲハが集まる花壇に行く途中で、チョウトンボを見つけ、撮影会。飛んでいる姿を見ると、カメラで追うのは大変そうですが、時々スピードを落とすことがあり、そこを狙いました。ただ、ヤンマのようにわかりやすいホバリングはしてくれませんでした。ウチワヤンマは今が最も個体数が多そうです。特に♂はそこらじゅうにとまってい [続きを読む]
  • 2化のオオイトトンボ?
  • この夏一番の暑さかと思われるような猛暑日に、何を思ったか最も暑い時間帯にカメラを持っていつもの公園へ。イトトンボの多いスイレン池へ行くと、前回来た時には姿を消していたオオイトトンボがたくさんいました。前回来たのは6月の下旬だったでしょうか。その時は池の中はクロイトトンボだらけで、その他のイトトンボは全く見られませんでした。ということはこの個体群は2化でしょうか。2化のオオイトトンボを観察したことは何 [続きを読む]
  • ベニイトトンボの繁殖活動
  • 連休の初日は、朝から仕事でしたが、まだ日が高い時間に開放されたので、この時期にチョウトンボやベニイトトンボの観察ができる公園によることにしました。しかし、まさかの大渋滞で、公園に着いた頃にはリミット1時間未満。まあ暑いから、短くてちょうど良いかもしれません。前回ここに来たのは3週間ほど前でしたが、ベニイトトンボは見られたものの、繁殖活動は見られませんでした。今日はどうでしょうか。ベニイトトンボのポイ [続きを読む]
  • ボロボロのミドリシジミ
  • しばらくぶりの更新です。ちょこちょこ撮影はしているのですが、撮りっぱなしにして整理せずにいるうちに、日にちが経過してしまい、ブログに載せるには古くなってしまう、というのを繰り返しております。そろそろアカトンボ類が出始めているのでは?ということで、例年7月に羽化後間もないコノシメトンボやマユタテアカネを目にする、いつもの公園へ行ってきました。残念ながらアカトンボは完全に空振りだったので、とりあえず園 [続きを読む]
  • 元気なアオヤンマたち
  • もうすぐ陽が沈むという時間帯に、トンボの多い公園に寄ってみました。薄暮時に活発になるトンボに期待しました。昨年この公園で初めて観察した、キイトトンボのポイントへ行くも、残念ながら空振り。シオカラトンボの交尾態が見られました。ベニイトトンボがポツポツ出ていたので、撮影していたところ、私の周りを大型のトンボが何頭も通過していきます。どうやらアオヤンマが日暮れ前に活発に摂食活動している模様。獲物を捕らえ [続きを読む]
  • 最盛期ウチワヤンマ
  • この時期、ある程度環境の整った広めの池があれば、たいていウチワヤンマがテリトリーを張っています。大型のトンボのなかでは、かなり近付かせてもらえるし、よくとまるのでカメラを向けることの多いトンボです。例年見られる、ギンヤンマやオオヤマトンボとのバトルを期待しましたが、この日ウチワヤンマの周りにいるのはコフキトンボとシオカラトンボくらいでした。体格に差がありすぎるため、追い払われるだけで、さほどバトル [続きを読む]
  • 当地で初撮影のトンボ2種
  • 少し前の画像ですが、同じ日に水元公園で初観察のトンボ2種を撮影することができました。ファインダーをのぞく前にはオオイトトンボだと思っていましたが、初撮影のムスジイトトンボでした。連結産卵中、と言いたいところですが、♀の腹端は水面にはついていませんね。やや遠い位置だったので、バリアングルの液晶を駆使し、目一杯片手を伸ばして構図を決め撮ったのですが、残念なことに♀の腹端がピンボケになってしましました。 [続きを読む]
  • ライトバズーカで、夏の普通種たち
  • 今度こそとゼフィルス類狙いで、例年ミドリシジミの多い公園に向かいましたが、快晴の日曜日とあって大変な人出。子供たちが捕虫網を持って走り回っているなかでは落ち着いて撮影できるわけもなく、遊歩道の狭いハンノキ林をあきらめて開けた場所を歩きました。この日、少し観察した限りでは、飛翔中のアカシジミと羽化直後のミドリシジミがいました。ポピー畑の近くで、美しい夏型のキアゲハ♂を発見。羽化後間もないのか、大きく [続きを読む]
  • なかなか見つからない・・ミドリシジミ
  • 羽化直後の美麗なミドリシジミを撮るべく、多産で有名な公園を訪れました。ポイントを歩き始めますが、意外なことに撮影者がいません。何人かのカメラをぶら下げたおじ様たちは明らかに野鳥狙い。まだだったかな?と不安になるも、しばらくして下草にとまる個体を発見。良い感じで陽が当たったので、開翅を期待するも叶わず、前ボケしている邪魔な草をどけようと手を伸ばしたところ、飛ばれてしまいました。すぐに次の個体を見つけ [続きを読む]
  • 今年初ゼフはウラナミアカシジミ
  • 日の入り寸前の仕事帰りに、毎年平地性の各種ゼフィルスを撮影している公園に寄ってみました。まだ少し早いかもしれませんが、運が良ければ下草あたりで休んでいる個体が見られるかもしれません。しかし残念ながら、一番濃いポイントには何もいませんでした。時期的には羽化していてもおかしくありませんが、天気も時間も不利でしたね。ただ、コナラの樹液を観察していたところ、樹皮を移動するシジミチョウの幼虫を発見。はて、こ [続きを読む]
  • 水元公園でヨツボシトンボ初観察
  • 数日前のことですが、いつもの水元公園でコフキトンボかな?と思って撮ったトンボが意外なトンボでした。現地では全く分からず、数回シャッターを切っただけで遠くに移動してしまったので追いかけず無視してしまったのですが、PC上で確認したら、確実にヨツボシトンボでした。正面からの画像だけで分かりにくいのですが、♀でしょうか。で、気になるのはこのヨツボシトンボがこの場所で産卵され、この場所で育ったのかということで [続きを読む]
  • 憧れのキバネツノトンボ
  • 出張先の群馬で、うれしい出会いがありました。数年前に、多くのサナエトンボやスギタニルリシジミの吸水が見られた、河川沿いの公園で昼食をとり、昼休みの20分だけと決めて、カメラを持って歩いてみました。ところが、チョウはモンキチョウがわずかに舞う程度で、トンボは影も形もありません。時期的には悪くないはずなのに、どうしたのだろうかと思って上流方向に目をやると、100メートルほど先で派手に工事中。重機が何台も入 [続きを読む]
  • 初撮影 ホソミイトトンボ
  • 早朝からの仕事が無事に終わり、日没までまだ時間があったので、何度か寄ったことのある自然公園を歩いてみました。目的は活動の最盛期にある、ウスバシロチョウ。しかし、分布ギリギリの地域のためか、全く見つからず狙いをトンボにチェンジ。私はここで一度もウスバシロチョウを見たことがないのですが、本当にいるのかな?もう少し西ではいくらでも見てますが。で、ウスバシロチョウをあきらめて暗めの林道を歩いていたところ、 [続きを読む]
  • 定番の虫たち 沖縄
  • ゴールデンウィーク最終日は所用を済ませたのち、カメラを持って久しぶりの場所を回ってきましたが、ほとんど収穫ゼロ。2週間ほど前の沖縄で撮影した、代表的な普通種の紹介です。ハイビスカスはあらゆるところにあってきれいなんですが、あまりチョウは飛来しないですよね?ボロボロのツツジに負けてました。チョウで最も目立っていたのはイシガケチョウです。集団吸水です。さて、何頭いるでしょうか?12か13だと思いますが、中 [続きを読む]
  • クロスジギンヤンマの産卵
  • ゴールデンウィークの真っ只中、よほど賑わっているだろうといつもの公園に向かったところ、混雑具合はまあ常識的。人が多すぎると撮影は困難ですが、通常の休日よりやや多い程度なので、いつものコースを廻ることにしました。もしかしたら、オオヤマトンボが飛んでいるかもと思い、毎年目にしている池に行くも、まだおらず。葦原のアオヤンマはどうだろうかと見に行くも、こちらも姿は無く、羽化殻も無し。いたのはこの時期定番の [続きを読む]
  • 身近なトンボが続々と
  • 沖縄ネタはお休みで、ご近所のはなしです。GW中なので、混雑を覚悟で水元公園へ向かいました。茨城の某公園と比べると極々狭い範囲ですが、きれいなネモフィラが咲いていました。例年、イトトンボが多く見られる場所へ行くと、まだそれほど数は多くありませんが、フワフワと飛び回っていました。草むらにはアジアイトトンボの♂が何頭かいました。メスもわずかながら見られました。まだ未成熟なオレンジ色の個体です。池の浮葉植物 [続きを読む]
  • ヤンバルの変わった生き物
  • 引き続き沖縄ネタです。初日は早めに、宿泊地の名護市に入ったのですが、まだ日が高かったで近くにある名護城公園に行ってみました。ちなみに、なんぐすくこうえん、と読みます。公園内から見た景色です。もっと眺めの良い、展望台もあるようですが、自然度の高そうな城址跡の方を歩きました。園内の歩道はこんな感じで鬱蒼としていました。石垣を歩く、不思議な生き物を発見。自宅周辺にはいない、大型のヤスデですが、種名は全く [続きを読む]
  • 別種だったんですか
  • 沖縄の林縁で、大型の地味なチョウが飛んでおり、しばらく追いかけたのちに、地面にとまったところを撮影しました。よく見ると、ああやっぱり、という感じでクロコノマチョウのようです。ところが、あとで調べると間違っていました。こちらはウスイロコノマチョウ。沖縄本島にいるのは基本的にクロコノマチョウではなく、ウスイロコノマチョウとのこと。一部の南西諸島では混生しているようですが、棲み分けているラインがあるよう [続きを読む]
  • 沖縄から 
  • 沖縄に来ています。旅行日程中の事前の天気予報では、ほとんど雨マークばかりで心配していたのですが、来てみると、予報は悪いけどほとんど降らない、といった感じで何とか今のところ予定通りに動けています。明日が最終日ですが、最も悪天候の予報で、さすがにフィールドを動き回るのはやめようかな、と思ったり思わなかったり。。現地からの更新は、当初はする予定がなかったのですが、うれしい出会いがあったので、今パソコンを [続きを読む]