OJ ONUMA さん プロフィール

  •  
OJ ONUMAさん: 暑いサイクリスト。
ハンドル名OJ ONUMA さん
ブログタイトル暑いサイクリスト。
ブログURLhttp://ojonuma.blogspot.com/
サイト紹介文53歳のオヤジがすっげー暑い国バンコクでサイクリングを楽しんでいるブログです。時々時事ネタも・・・
自由文2010年からバンコクに滞在。唯一、40半ばで始めたサイクリングは継続中?!。 只、生後半世紀が過ぎ、徐々にカラダの衰えを感じると共にライド中の心拍の高さから「急がず、慌てず、怒らず」をモットーにし、「食う、寝る、遊ぶ」を信条に残りの人生もサイクリングも焦らずにゆっくりと歩んで行こう考えているオッサンのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/06/09 00:06

OJ ONUMA さんのブログ記事

  • 落車後の修理からの復帰
  • どんなスポーツにも怪我というリスクはある。私も年に一回程度で落車している様に思う。只、仕事でお金を得ている以上、私にとってビジネスがプロでサイクリングは趣味となり、その趣味が原因でビジネスへ悪影響を与えることは本意では無い。これからタイは真夏の季節に突入するので、落車、熱中症、脱水症などに気を付けてサイクリングに励みます。なんのこちゃ!でも、今回の落車はカラダの傷よりも心の傷が大きい。購入したばか [続きを読む]
  • 調子良いけど、落車。
  • 今日は久しぶりの100キロ超えライドなので、いつもより早めの朝6時過ぎに自宅を出発した。今日はロングだから待ち合わせ場所の茶屋まで急がずに行こうと思いながらも、ついついバスと追いかけっこして無駄な体力を消費する。でも、今日は15分ほど余裕があるので。しっかりと朝マック。LOOKの滑り止め無しのクリートが店内の床でアイスリンクの様に滑る滑る。で、目覚まし代わりのエスプレッソに定番のパイナップルパイでパワー補 [続きを読む]
  • シートチューブが31.0mm
  • ピナレロFP-5。こいつのシートチューブの直径は31.0mm。???FP-5の前モデルF3:13からの流れの様ですが。でもね、このサイズは結構珍しい様なので、なかなかこのサイズのシートポストにはお目にかかれません。でも、探せばあることはあるのだが、このサイズで購入しちゃうと他に流用も出来なくなるという問題も。だから、今まではず〜っと標準で装着されていたMostのなんちゃってカーボン風アルミシートポストを使用してきた訳。 [続きを読む]
  • ニューシューズにニューペダル
  • 一か月ほど前に購入したリンタマンアジャストロードPROシューズとLOOK KEO blade 2との組合わせによる初ライドは先日のバンプラ湖?(貯水池)で行った。2日合わせての走行距離はたったの65キロだが、私なりに色々と感じたので、その使い心地を評価してみた。と言っても、過去に数多くの他社製シューズやペダルを使用してきた実績も無いので、シューズはS-WORKS(2012年製)との比較。ペダルはSpeedplay ZEROとの比較となるが、軽 [続きを読む]
  • 激務中でもサイクリング。
  • 先週はマジ忙しかった。海外のお客様が火曜日に訪タイし、空港へのピックアップこそしなかったものの、その日の夕方から合流しディーナーへ。翌日は早起きしてラッチャブリーの工場見学で夕方バンコクへ戻り、その後、明日から使用するレンタカー(パジェロスポーツ)をピックアップ。そして、ディナーへ。木曜は「バンセングランプリ2016」の観戦の為、チョンブリのバンセンビーチへ移動。翌金曜はひとりが帰国の為、空港まで送迎 [続きを読む]
  • 親指が寂しい・・・
  • 土曜日は珍しくスカイレーンへ行ってきた。と言うのも、コルナゴマスターXライトへ乗り出してからは一度もスカイレーンに行っていなかったから。現状ではカーボンフレームのFP-5よりもクロモリの方が自分に合っている気がメチャクチャするので、そこそこ頑張ったらどの程度のタイムで走れるのか?を確かめたのもある。だが、自宅を出発した時は既に7時近かったので、スカイレーンまでTAXIでワープ後、ひとりスカイレーンサイクリ [続きを読む]
  • 少しばかりの抵抗
  • バイク (FP-5)を組み終えたと言う事は、もう一台のスペースが必要になったと言う事で、どうにかスペースを確保。この幅2m、高さ3mが唯一の私のスペース。上からコルナゴ、下にピナレロ、床にゲーリーフィッシャー。狭いけど、これを床に座って下から眺めながらウィスキーをチビチビやるのが毎夜の楽しみになっているので、広い部屋に引っ越すのは当分先になりそうだ。さて、本題の抵抗とは・・・スピードプレイZEROのウォーカ [続きを読む]
  • 試乗テスト
  • さて、日曜日の朝がやってきました。今朝も少し肌寒い中、組みあがったばかりのFP-5で出発した。ガーミンのセンサー類も移植していないので、今日はサイコン無しである。ある意味、見た目がスッキリして良い感じ。とても新鮮!走り出しバイクには問題は無さそうだが、ちょっとだけリアメカの変速が悪いギアがあるので、走りながらワイヤーの張り調整を。そして、現着。数周を流して走るが、フロントフォークやハンドル関係にガタツ [続きを読む]
  • ベアリングが無い?!
  • 土曜日の午後からフレーム持参でピナレロショップのバイクステーションへタクシーで向かった。タクシー代160 Bを支払い店内へ・・・ベアリング交換を依頼し、フレームを渡す。直ぐに作業場ではフォークをバラす為、痛々しい音(パコーン、パコーンと)が鳴り響く。そして、10分後。外されたベアリングを手に持ち、これと同じタイプのベアリングは無いので、ウチでは交換出来ない。と言う。え〜っ、、、じゃ、取り寄せは?このバ [続きを読む]
  • 撮影中心スローライド
  • 土曜の朝は撮影中心にサイクリングをしようとSONY QX-10を持参し午前7時に自宅を出発した。外はちょっと雲が多くて肌寒い。私は観光地として有名ワットアルンへ向かった。珍しい石畳の街並みでまず1枚。この先にワットアルンがある。残念ながらワットアルンには工事用の足場でかためられていた。さらに先へ・・・奥にある駐車場までは自転車でも来れるが、この先は自転車では行けない。とにかく建造物が大きいので、引きで撮ると [続きを読む]
  • シートポストの固着
  • ピナレロのFP-5からパーツを剥ぎ取って約一ヶ月。この間何も手を付けなかったわけでは無く、ひたすらシートポストを抜くのに必死こいていたOJです。只、自宅で作業するとなると使える道具も限られ、また夜間と言う事もありご近所の手前、大きい音も出せない訳であり・・・で、まずはサドルを装着したままサドルを左右に動かしながら抜く。しかし、サドルはビクともしません。次は逆さにし、両足でサドル裏に乗り、フレームを左右に [続きを読む]
  • スワ〜イ♪
  • サンデーモーニングライド。BJCCレース部の方々はバンセンのロードレース120 kmに参加している頃。私は何時も通りの週末をコルナゴと一緒にぶらりひとりライド。いつもBJCCジャージばかりなので偶には違うモノをと言う事で。CAMO(無名)の中国製ジャージ(ブラック基調で袖がカモフラージュ柄)に袖を通し、午前7時に自宅を出発した。早めに帰宅したかったので、取り敢えず近所のロットファイ公園サイクリングロードを軽〜く、一 [続きを読む]
  • 人生初、幸せの黄色いバーテープ
  • これまでのサイクリング人生の9年間に於いて白か黒しか使ってこなかったバーテープの色を黄色にしてみた。それもネオンイエローである。その理由・・・、目立ちたかったから。やはりバンコクで一般道をサイクリングすると言う事は日本でサイクリングをする3〜5倍は危険が増すと言っても過言では無いのだ。とにかく目立って危険を回避する。これに尽きる。普段、クルマに自転車を積んでサイクリングロードへ行って、サイクリング [続きを読む]
  • a day BIKE FEST 2016へ行ってきた。
  • エアポートリンク(BTS パヤタイ駅からスワンナプーム国際空港までの電車)のマッカサン駅の構内で行われていた「a day BIKE FEST 2016」に行ってきた。何故2017では無いのか。疑問!恐らく本来は昨年末に予定していたが、国王が亡くなられたことで延期になったのかな・・・まっ、それはさておき。会場内は1階と2階にに分かれ、中々の出展社数であった。一昨年にもこのイベントに来たと思うが。その時はまったく興味の無かったク [続きを読む]
  • サイクリングが絶好調!
  • 先週の土曜日は日本から出張で来られた方やチャイニーズニューイヤーの休暇を利用して上海から来られた方など6名で120キロサイクリングをしてきた。何時もよりも30分早い待ち合わせだったので、おのずとその分早く自宅をスタート。まだ薄暗く人通りもクルマの通りも少ない中をひとり寂しく走ります。今日は100キロ超えなので、体力を温存する為に敢えて急ぎませんが、時間があれば途中で朝マックを目論む。が、ちょっと遅すぎたの [続きを読む]
  • 帰国準備〜バンコク通関
  • 話が前後してしまうが、ホイールを無事に受け取ってからバンコクに入国するまでのこと。取り敢えず、ホイールを箱から出して回転させ、フレが無いか。傷が無いかをチェックした後にタイヤと乙女カセット(コーラス 12-29T)も装着した。次は自転車に装着し、クランクを回してタイヤを回転させた。しかし、ここで問題発生。タイヤが歪んでいる〜良く見ると一部のビートが出ていないのだ。石鹸水を付ければ解消するであろう問題だが [続きを読む]
  • いつも通りの週末サイクリング
  • 日本からバンコクへ戻り初の週末がやってきた。まぁ、とにかくバンコクの地でクロモリロードも初めて、コルナゴも初めて、シャマルミレも初めて、ヴィットリアタイヤも初めてと初めて尽くしなので、ワクワク感と同時にトラブらないかと言う心配もある。取り敢えずは、江の島往復の120キロはトラブル無しで走破したのだが。まだ、ちょっと心配だ。なので、土曜の早朝ライドは近所の公園内のサイクリングロードへ行ってきた。完成し [続きを読む]
  • ホイールが届かない・・・
  • ニューホイールをゲットすべくポチッっとしたのが1月5日。写真の商品 Campagnolo Shamal Mille C17購入先は Probikekit.jp ※ディスカウントクーポン (YAMAHON5) を使用購入価格は何と!89,805円因みに送料も無料である。しか〜し、そのホイールが一時帰国中の1月16日になってもまだ届かないのである。焦る!EMSの追跡情報では、15日(日)から国際郵便局にて「通関手続き中」で止まっている。明日の夕方には出国してしまうし、 [続きを読む]
  • 〆は江の島サイクリング
  • 日本一時帰国も残すところ僅かである。その最後の〆に相応しいライドが江の島サイクリングである。今回ご一緒するのは、昨年末までバンコクに滞在していたBJCCクラブ員(現八王子支部?)のS氏を誘ってのサイクリングだ。気心知れた仲なので、楽しみであったが、この冬一番の大寒波が到来とのニュースにビビる私であった。S氏は本帰国をしてから新しいバイク(キャノンデール)を購入しており、2人揃ってニューバイクでのサイクリ [続きを読む]
  • ホイールが届かない・・・
  • ニューホイールをゲットすべくポチッっとしたのが1月5日。写真の商品 Campagnolo Shamal Mille C17購入先は Probikekit.jp ※ディスカウントクーポン (YAMAHON5) を使用購入価格は何と!89,805円因みに送料も無料である。しか〜し、そのホイールが一時帰国中の1月16日になってもまだ届かないのである。焦る!EMSの追跡情報では、15日(日)から国際郵便局にて「通関手続き中」で止まっている。明日の夕方には出国してしまうし、 [続きを読む]
  • 日本を8年ぶりにサイクリング。
  • 逸る気持ちを抑えられず、まず役所や銀行などの私用を早目に済ませた私は、ホイール以外の部品は全て届いていたので、夕方から組立に取り掛かった。フレーム、ホイール以外で新たに購入したリスト。1.バーテープ(白)2.カンパ ケーブルキット(シフト&ブレーキ)3.カンパ ウルトラトルク用スーレコBBカップ(イタリアン)4.ヴィットリア コルサ CX3 25C x 25.ヴィットリア ライトチューブ x 46.カンパ コーラスカ [続きを読む]
  • 一時帰国とクロモリロード
  • 1月9〜17日まで仕事と私用で一時帰国を予定していた私は海外ネット通販で人生初のクロモリロードバイクのフレームをゲット。実は以前よりクロモリロードバイクが欲しいと思っていたのだが、コレや!と言ったフレームに巡り会うことが無く、悩んで悩んで悩みぬいてチネリ スーパーコルサやフルオーダーのパナレーサーなどとも迷った結果、COLNAGO Master X-Light 30 Year Anniversaryを選択した。最初に購入したピナレロはブラ [続きを読む]
  • ベアリング破損でバラバラの刑に
  • 先日と言っても、もうかれこれ2週間前の出来事ですが。新春BJCCアユタヤロングライドの往路を走行中、路面の穴にフロントタイヤをヒットさせてしまった代償はヘッドパーツのベアリング破損であった。タイヤもチューブもホイールも無傷だったのですが。このバイクはシールドベアリングが圧入されているので、補修は専門店に任せます。なので、一旦全部をバラしました。本当はバラさなくても良いのだが。ピナレロには、再びシマノ10 [続きを読む]
  • BJCC 新春グルメライド200km
  • 1月3日「BJCC新春ロングライド・アユタヤ200キロ」でBJCCの2017年が始動した。クラブ員のT村君がタイでの任期を終え、今夜の便で本帰国するので、TMRサヨナラライドでもある。6:15 チャトチャック近くのコンビニに5名が集結し、80キロ先のアユタヤへと出発した。国道は比較的道もキレイだし、クルマの交通量も少なく順調に走る。しかし、油断は禁物。魔物はクルマやバイク、野良犬だけでは無いのがタイである。特にトレインで [続きを読む]
  • 元旦
  • 昨年プミポン国王が崩御されたことで、クリスマスも大みそかも年始も派手なイベントが無く、街も人々もちょっと寂しいバンコクでしたが。元日の朝は曇天にも関わらず、自宅より初日の出を拝むことが出来ました。皆様、新年あけましておめでとうございます。今年も変わらずタイはバンコクよりお届けいたしますので、宜しくお願いします。正月は何処へも行かずに家族とだらだらと過ごすのが私流?もう7年も正月をタイで過ごしている [続きを読む]