サンサンてるよ さん プロフィール

  •  
サンサンてるよさん: サンサンてるよの日記でっせ!
ハンドル名サンサンてるよ さん
ブログタイトルサンサンてるよの日記でっせ!
ブログURLhttp://sansanteruyo.seesaa.net/
サイト紹介文幸福の科学信者として過ごした二十数年を振り返り、学んだこと、体験したことを書いている日記です。
自由文他にも、ストレスマネジメント、メンタルケア、脳や細胞の老化防止などにも関心があり、落語に指圧、古代史探訪に神社仏閣参拝なども含めて、興味の赴くままに綴っています。新たな国造り・地球創生を通して、幸福を全ての存在に・・全身全霊、本音で語る日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/06/10 19:19

サンサンてるよ さんのブログ記事

  • 麻央さんの早逝は日本を護るため?!
  •  今日はまた曇り空で涼しくなり、エアコンの交換にまだ来ていただけないワタクシにとっては、ラッキーでした。朝、ある方にお電話しましたら「小林麻央さんのご葬儀の映像が流れていたね。『みたましずめ』という神道のやり方でしてたよ。」とおっしゃっていたので、ネットで調べてみました。何でも9代目の市川団十郎以来、神習教という宗教を代々信仰されているとのこと。Wikiによりますと・・神習教美作国(現在の岡山県真庭市 [続きを読む]
  • 人生最後の言葉を見れば・・
  •  小林麻央さんが苦しい息の中から、海老蔵さんに伝えたのは「愛してい・・(る)」という言葉だったそうですね。闘病生活は愛に包まれながらも、苦しいものであったことでしょう。そんな中でも、ご家族やファンの皆様への笑顔や愛情を忘れることなく過ごされた麻央さん。皆様の励みになれば・・と、ご自身の闘病記録をブログに綴られてきたことも、愛深き人間の証。最後の言葉は、ファンの皆様への言葉でもあったのでしょう。 俳 [続きを読む]
  • 海老蔵さん麻央さんご夫妻に想う
  •  5月中旬から1ヵ月間、映画のPR活動に駆け抜けたせいか、今頃になってドッと疲れがでたようです。それともエアコンの効かない部屋にいるせいでしょうか?看護と家事の合間には、しんどくてすぐに横になっていた昨日。そんな中「小林麻央さんが亡くなられた」という衝撃のニュースを知りました。私の祖父母や母もガンで亡くなっており、他人事とは思えず「小さいお子さんもいらっしゃるのだから、必ず治って〜」と念じておりまし [続きを読む]
  • 嬉しかった映画の感想(3)
  •  まだエアコンの交換に来てくれませんが、昨日も曇りで涼しくて助かりました。でも今日は晴れており、部屋にいる時の格好は正にリゾート風。「家にいても、バカンス気分だ〜」と暑さも手伝って久しぶりに惚けております。(陰の声・・頭の中は年中バカンスだけどね。) 実は、このブログの更新を1週間ほど出来なかった訳は・・地方の貸会場で「君のまなざし」が上映されるので、知人へのお手紙をセッセと書いていたからなのです [続きを読む]
  • 嬉しかった映画の感想(2)
  •  今日のお天気「大阪は30℃晴れ」の予報で、私は朝から憂鬱だったのです。というのは、昨夜エアコン(おそらく20年以上経っている)が変な音を立て始めたと思ったら水が落ちてきて、慌てて洗面器を・・しかも18度に下げても、温風しか出てこない。そこでオーナーの管理会社に「経年劣化なので交換をお願いします。」とメールしたのですが、翌朝伺うと「契約書では、借主が交換しないといけないんです。」と言われてヒョエーッ!「 [続きを読む]
  • 嬉しかった映画の感想(1)
  •  今日は父の日。ダーウィンが来たの番組では、オスが子育てするトサカレンカクという鳥の生態が放送されていました。メスは卵を産むだけで、温め育てるのはお父さん鳥の仕事とか・・http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=10555 それを見ながら、6月号の月刊誌に書かれた、大川隆法総裁の「育メン涙の物語」を思い出していました。特にご長男の宏洋さんの時が最も大変だったようで、状況を想像しては笑ったり、身に [続きを読む]
  • 嬉し楽しの映画PR活動
  •  北朝鮮が毎週のようにミサイルを飛ばしてくる昨今。普段、支部でお会いすることの無い信者さんを訪問して、情報提供をしておこうということになったのです。それで副支部長さんが「サンサンさんも手伝ってもらえますか?」と名簿を持って我が家に来てくださったのが5月の連休前。他支部の人間ということもあって、近隣の名簿を見たのは今回が初めてでした。以前の私なら、夜勤でグッタリの介護の仕事や、まだ安定しない末っ子の [続きを読む]
  • 万華鏡のような「君のまなざし」
  •  映画「君のまなざし」が公開されてから2週間以上が経ちました。シネリーブル梅田などでは日曜日は全日満員御礼。(ワタクシはヘルパーさんが来て下さる水曜か木曜しか行けません)今日は雨でしたが、公開前から約束していたので、親しい法友たちと一緒に観てきました。「ゆ○○○だから、お皿を片付けられないのは解るけど、健太が汗を拭いてもらってる後ろで、朝飛が料理を盛り付けている・・この矛盾は何なんだ〜」とツッコん [続きを読む]
  • 信仰の対立を超えるために・・
  •  今朝テレビを付けましたら、東日本大震災の時に、息子さんを失ったお母様が描かれた絵本の話題が放送されていました。子を失う恐怖・・疾患を抱えている子を持つ親として、他人事ではありません。愛する者を不意に奪われることは、永遠に続く拷問のようだったことでしょう。 あれから5年経ち、お母様のお顔は穏やかで美しく・・かつての嘆きを乗り越えた表情をされていました。それは、密かに心細い思いもしている私を、励まし [続きを読む]
  • 君のまなざし〜心理学的考察
  •  3月4月と体調不良で動けなかったのがウソのように、最近毎日、看護と家事の合間には、恩人や友人知人への映画お誘いの手紙、そして地域の方々への告知(一日約100軒)をしています。なぜか終日動いても疲れません。今、人生で一番体力気力が充実しているのでは?と驚くほど。おそらく5月初旬に思い余って病気平癒祈願をさせていただいたお陰だと思うのです。それに映画を観るたびに頂くあり得ないほどのパワー・・私に起きた奇跡 [続きを読む]
  • 君のまなざし〜あの星の意味は?
  •  昨日はヘルパーさんが来てくださったので、末っ子を留守番に、でも大切な方々の写真や年賀状を携えて、4回目の「君のまなざし」に行ってきました。「今回のストーリー、ウチの坊主に判るかな?」「外は暑くて、耐えられないかも?」という不安があって、まだ連れてゆく決心が付いていないのです。それで、大事な台詞は、遠隔モニター越しに聞かせてあげて、せめてもの親心を・・(末っ子の様子を別の部屋から見るために買ったモ [続きを読む]
  • 使いたい物差しがその人を表す
  •  仏教には「唯識」や「一水四見」という考え方があって、それは「あなたが見ているものは客観的な真実か?」という命題を突き付けてくるものです。ネットに書き込まれた映画の感想などを見ましても、「自分の使いたい物差し、持ってる物差しが如実に表れているなぁ」と、つくづく思うのです。それは、その方を表現しているだけで、映画そのものを語り尽くしたとは、到底言えないもの。 私などはこの5年ほど「正式な歴史には現れ [続きを読む]
  • 映画の奇跡いろいろ
  •  「幸福の科学の映画が上映される劇場には、もしかしたら、天使の方々が来てくださっているのでは?」と思ったのは、2000年の「太陽の法」だったかしら?劇場に入ると<この間も来てらっしゃいましたね。>という思いがどこからともなく届いたのです。当時はビシバシに宗教映画でしたから「行ってね」「うん」で行ってくれる方はほとんどいません。ですから、待ち合わせてお連れして、終わったらお食事かお茶タイム・・という具合 [続きを読む]
  • 君のまなざし〜歴史的考察(2)
  •  週末は同じ町内の信者さんたちに、第2週のスケジュールをお届けに走りました。1回目にお渡しした分に間違いを発見し、次の日慌てて修正版を作って、再びそれぞれのお宅へ。お陰で、前回お留守でお会いできなかった方々ともお話しできてラッキーでした。 その途中、中学生くらいの男子が3人座っていたので「とっても賢くなる映画のご案内で〜す。今、何年生?」「中三です。」「じゃあ、今年は受験なんだ。このお兄ちゃん(梅 [続きを読む]
  • 橘氏に関する補足
  •  映画「君のまなざし」が始まる少し前から、地域の方々への告知活動を始めたワタクシ。表札を見ながら「あら珍しいお名前、超古代からの家系ね」「お〜○○氏の子孫ね」と感心しながら回らせていただいています。昨日は「橘」という表札の家を発見。「今度、もっと詳しい内容が解る冊子をお届けに行こうっと!」と思ったのでした。 源氏・平氏・藤原氏と共に「源平藤橘」と呼ばれ、日本の代表的な貴族・橘氏。敏達天皇を祖とする [続きを読む]
  • 君のまなざし〜歴史的考察
  •  映画「UFO学園の秘密」では、主人公の名前から「これは、記紀では正当に評価されていない神々の、復活の映画だ!」と書かせていただきました。<過去記事>http://sansanteruyo.seesaa.net/article/428565256.html さて今回の映画は・・やはり、そこここに・日本の真の建国者でありながら、大和朝廷に国を奪われた方々・大和朝廷によって北へ北へと追いやられていった方々・朝廷内の政争で敗れて行った方々の気配を感じるのです [続きを読む]
  • 君のまなざし〜見事な熱演でした!!
  •  20日から待ちに待った「君のまなざし」が公開されました。2015年の映画「UFO学園の秘密」は20回以上足を運びましたが、今回は看護の身。ヘルパーさんが来て下さる水曜日か木曜しか行けないなぁ・・・と諦めていたのですが、21日日曜日、夜の上映に、ひょんなことから行ける運びとなったのです。末っ子の食事を用意して「賢くお留守番しててね。」と阪急電車に乗ってシネリーブル梅田へ・・ここまで落ち着いてきた我が子と守護霊 [続きを読む]
  • 大川宏洋さんがエライなと思った事
  •  さて、ブログでのご紹介は3番目になってしまいましたが、今日は、大川家最初のお子様である大川宏洋さんのお話です。この御方については、・幼い頃から父親(大川隆法総裁)から、かなりの量の絵本を読み聞かせてもらっており、早熟の天才。・母親の暴虐を兄弟姉妹の盾となって一身に受けていた・母親に勘当された時には、親しい友人の家でお世話になった。・中学時代は、教祖の子どもということで陰湿なイジメを受けていた・高 [続きを読む]
  • 大川真輝さんがエライなと思った事
  •  心身ともに落ち着いてきた末っ子ですが、まだ今年の1月は少し不安定で、コンビニで騒動を起こしてしまったことは過去記事に書きました。<過去記事>人の仏性に涙してhttp://sansanteruyo.seesaa.net/article/446007427.html その時に優しく声をかけて末っ子を落ち着かせてくださった店員さんには、絶対に映画のチケットをプレゼントするぞ〜と決心していたワタクシ。1週間に1度の夜にしか勤務に来られないので、なかなかお [続きを読む]
  • 法友の遠隔ヒーリング
  •  4月下旬、もらいたくもないのに戴いてしまった風邪の菌。私の副鼻腔がよほど居心地がいいのか、今回はなかなか退散してくれません。ゴールデンウィークは、日頃お会いできない信者さんに映画のご案内や北朝鮮問題のお話をする活動があったのですが、咳が出ており、とりあえずはお手紙を投函。後日伺うことにしました。 幸い、末っ子も見違えるように落ち着いてきたので、家事の合間には出来るだけ身体を休めたゴールデンウイー [続きを読む]
  • 大川裕太さんがエライなと思った事
  •  今回、上記の本はKindle版で読ませていただきました。いきなり笑ってしまったのは、4月20日の午後に大川隆法総裁のところに金正恩の守護霊が来て、珍しく「大川先生」という言葉を使ってきた。というエピソード。最初はかなり下手に出ていたようですね。霊言能力を持たれた大川隆法総裁を上手に利用しようという魂胆なのでしょう。ともかく、幸福の科学の霊言本が世界の外交に大きな影響を与えていることは確かですね。公開直後 [続きを読む]
  • 渡部昇一先生、大人気!
  •  4月17日86歳で見事なご生涯を終えられた故・渡部昇一先生。死後21時間での霊言が書籍になったと知って、紀伊國屋やアマゾンでネット注文しようと思ったら、在庫切れ。何と幸福の科学出版サイトでも「在庫がありません」とのこと。惜しい方を失った悲しみはあるものの、こういう形で渡部昇一先生のお考えが世間に注目されるのは嬉しい限り。 ということで最近初めて使い始めたKindleで注文をし、謹んでご遺徳を偲ばせていただき [続きを読む]
  • 「霊言とは何か」が判る映画
  •  一昨日は、幸福実現党8周年記念大会の衛星会場に駆け付けました。それも直前まで参加できるか危うかったのですが・・ というのも自閉症的な常同行動のある末っ子。トイレや浴室などの狭い個室に入ると、壁をドンドン叩き続けて、なかなか出てこないのです。声掛けしても、アイスで釣ろうとしても、自分の意志でなかなか叩くのを止められず、それがストレスで本人もイライラ。とうとう入浴拒否になってしまいました。ちゃんと歩 [続きを読む]
  • 真実の任侠道とは?
  •  末っ子がもしかして気に入るかと、試しに借りてきた「任侠ヘルパー」。実はどこかで風邪を移されたのか?はたまたレンタルショップで「インフルエンザ♪」という歌を聴いてしまったせいか?喉は痛いし身体はだるいし微熱はあるわで、水曜日木曜日は久々の休養デーになってしまったのです。ただ寝てるのも勿体ないと、ふと点けてしまったのが「任侠ヘルパー」。早々に2巻まで見終わったのですが続きが気になって仕方ない。それで [続きを読む]