渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttp://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供577回 / 365日(平均11.1回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • アリババ経済圏進化 スマホで撮ればネット通販注文
  •  中国・アリババ集団(浙江省)のネット通販が「進化」している。ビッグデータ解析や人工知能(AI)をフル活用。スマートフォン(スマホ)で撮影すると8億個の商品群からお目当ての商品を探し出す仕組みも導入した。ユーザー数が4億5千万人を超え伸びが鈍化するなか、1人当たりの消費をどう増やすか。進化したアリババ経済圏で消費者の囲い込みを狙う。 「かわいいバッグですね。写真撮っていいですか?」。上海市の繁華街 [続きを読む]
  • アディダス、加速する驚異的快進撃の舞台裏
  • スポーツメーカー世界2位の独アディダス。現在の業績は絶好調で、2016年12月期は売上高192億9100万ユーロ(約2兆3816億円)、純利益も10億1700万ユーロ(約1255億円)と創業以来初めて10億ユーロを突破した。首位の米ナイキ(2016年5月期の売上高は323億7600万ドルで約3兆6377億円)とともに、3位以下を大きく引き離す。アディダスは2020年までの中期戦略で、東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、上海の6都市をキー [続きを読む]
  • UberとAirbnbを支えるAPIエコノミー
  • 配車アプリを提供しているUberは、世界70ヵ国以上でサービスを展開しており、評価額は6兆円を超える。実際にそのサービスを使ってみると、タクシーの位置情報がスマホにリアルタイムで表示され、ドライバーと簡単に連絡を取ることができ、決済も自動的になされるなど、とにかく便利である。非常に便利なUberのアプリであるが、実はこのUberのアプリ、「API」という仕組みによって、他社の様々なサービスを組み合わせることでできて [続きを読む]
  • 「貨物版Uber」でAmazonが物流をクラウド化
  • 2016/12/26(月) の記事です。米ビジネスインサイダーや米ウォールストリート・ジャーナルなどの海外メディアの報道によると、米アマゾン・ドットコムは、輸送トラックを配車するためのモバイルアプリの技術を開発しているという。 Uberの貨物トラック版これは、荷主と輸送トラックをマッチングさせるアプリで、米ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)などが手がける配車サービスのようなことが可能になるというもの。 実現 [続きを読む]
  • 中国が世界で最も早く「キャッシュレス社会」になる理由
  • 先日、中国へ出張した際、上海の自宅近くにある中国銀行に立ち寄った。いつも比較的空いている店舗なのだが、それでも用件を済ませるには20〜30分間はかかっていた。ところがこの日は、わずか5分足らずで済んでしまった。「曜日によってはこんなこともあるのかな」と自分なりに解釈した。 しかしその日の夜、あるニュースを読んで、銀行が空いていたのはひょっとして別の事情があったのではないかと思うようになった。 そのニュ [続きを読む]
  • VR空間に「感情」を投影する驚異的デバイス スイス企業が開発
  • バーチャルリアリティ(VR)の世界を、より優しさと感情に満ちたものにしようという試みがある──。スイスのテック企業MindMazeが開発した「MASK」はVRヘッドセットに取り付けるデバイスで、ユーザーの表情をアバターにリアルタイムで反映する。グーグルの場合は顔をカメラで撮影して感情を読み取る技術を採用するが、MASKは人間の生体信号を活用し感情を読み取るという。MASKは発泡体のパッドに内蔵された電極を通じ、表情を作り出 [続きを読む]
  • 佐藤可士和「30件の企画もスムーズに回す“整理術”」
  • 不要なものはどんどん捨てる持ち物を強く意識するようになったのは2000年にアートディレクターとして独立したときです。まだケータイが普及し始めでしたが、その頃から手帳ではなくデジタルでスケジュールを管理しています。自分の事務所を立ち上げるにあたって、物や紙の資料は極力減らしました。写真集には貴重なものもあって手放すのは惜しかったですが、後輩たちに譲りました。「見たくなったら貸してほしい」と言っていたんで [続きを読む]
  • 米利上げで国債漬けの日銀に「債務超過」の危機
  • 2017.3.17 の記事より米国が追加利上げし日米の金利差が拡大する中で、日本銀行は「デフレ脱却」の看板を下ろせず、国債買い取りもやめるにやめられない状況だ。金利急騰となれば、“国債漬け”の日銀が「債務超過」に陥るシナリオも語られ始めた。金利高、国債急落のリスク日銀が「債務超過」に陥る? 米国の連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げを決めたが、「物価上昇率2%」の目標を掲げる日本銀行は、直後に開いた政策 [続きを読む]
  • VRによるショッピングの未来、VRコマース
  •  2016年5月、流通総額838億ドル(約9兆2,046億円)を誇るオンラインマーケットプレイスの米ebayが、オーストラリアの大手百貨店マイヤーと組み「バーチャルリアリティー・デパートメント・ストア(VR百貨店)」を開店しました。 これは、VR空間上で12,500点以上の商品を取り扱うEコマースで、Gazeと呼ばれる視線カーソルを使って、項目や商品を一定時間見つめると商品の仕様や価格、在庫状況などの詳細を確認できるようになって [続きを読む]