渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttp://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供541回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • ヒョードルが74秒KO負け
  • https://www.mma-core.com/videos/Fedor_Emelianenko_vs_Matt_Mitrione_Full_Fight_Bellator_180_Replay/10181690ヒョードルの右とミトリオンの右が相打ちに。両者同時に腰から崩れ落ちるが、先に回復して体勢を立て直したミトリオンが追撃の鉄槌。ヒョードルを失神に追い込んだ。 [続きを読む]
  • これからは、「ビッグデータ」で主治医を探す時代?
  • 患者と、正確に病状を診察することができる専門医を引き合わせる─。米国の医療マッチングサービス「グランド・ラウンズ」では、全米の医師の96%に相当する70万人のデータベースと、保険請求データ、医師の実績をもとに、患者の病状を診断するのにふさわしい医師を紹介し、必要な場合にはセカンドオピニオンを相談できる医師も案内している。同サービスを考えついたのは、スタンフォード大学で放射線科医を務めるラスティ・ホフマ [続きを読む]
  • がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性
  •  100歳を超えるような長寿に関係する遺伝子の特徴を、東京都健康長寿医療センターや慶応大などのチームが見つけた。1千人近い長寿の人の遺伝情報を集めて一般の人と比べた。長寿の人はがんや骨に関係する遺伝子に特徴があり、成果は長寿になるしくみの解明につながる可能性がある。研究が進めば、創薬などの開発にも役立つ。成果を米国の老年医学の専門誌で発表した。 人が長生きできるかは、適度な運動や栄養といった生活習 [続きを読む]
  • FacebookのCEOほか著名人がベーシックインカムを支持する理由
  • FacebookのザッカーバーグCEOがハーバード大学のスピーチで、「GDPなどの経済基準を超過した成功の尺度」としてベーシックインカムに注目すべきだと発言。「可能性を探索すべき」と試験導入を支持する立場を表明して話題になった。2017年4月のフランス大統領選に社会党候補として選ばれたブノワ・アモン前国民教育相 や、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの人類学者、ジェイソン・ヒッケル教授なども、社会や産業の好転に貢 [続きを読む]
  • アルファベットの自動運転車事業、価値15兆円超も可能か
  • グーグルが2015年10月に組織再編を完了、新設した持ち株会社アルファベットの傘下企業となったとき、投資家らはそれを歓迎した。アルファベットはその後、新たに迎えた最高財務責任者(CFO)の下で科学分野のプロジェクトを大幅に縮小すると同時に、自社の株主価値を引き上げる努力を進めてきた。米金融大手モルガン・スタンレー出身のルース・ポラットCFOは着任後すぐに大なたを振るい、高額の投資に関する見直しを行った。この方 [続きを読む]
  • 港湾、AIで効率運営 配置・出荷を調整 輸送コスト削減 国交省
  •  国土交通省はコンテナ貨物を扱う港湾の運営に人工知能(AI)を生かす。AIが貨物の置き場所や配置の順番を指示したり、出荷のタイミングをメーカーに伝えたりする。荷物の積み下ろしにかかる時間を短縮し、渋滞緩和でトラックの輸送コストも減らす。同省は国の基幹インフラである港湾の効率化で、物流業界の生産性を向上する。 同省は2018年度予算で必要経費を確保する方針。IT(情報技術)企業や海運会社などとの実証実験 [続きを読む]
  • AIの衝撃 揺れる棋界(下) その「思考」を捉えたい
  •  トップ棋士をもしのぐ実力を備えた人工知能(AI)の登場は囲碁・将棋界に衝撃を与えた。今、棋界では共存を模索する動きも始まっている。 「これはAIの最新手だ」「展開次第では損じゃないのか?」。北京の天安門広場から南東に車で約20分。中国棋院4階の棋士室に碁盤がずらりと並ぶ。国家代表チーム所属の10〜20代の精鋭たちが口角泡を飛ばしながら議論していた。 「AIは従来と異なる発想をもたらした。すべてが手本に [続きを読む]
  • タカタ、失われた10年 民事再生法申請へ 甘えの構造、危機意識に蓋
  •  欠陥エアバッグ問題により迷走を続けてきたタカタが民事再生法の適用申請をすることで最終調整に入った。最初に不具合を把握してから10年余り。日米を中心に約1億個に達するリコール(回収・無償修理)は途上で、不安は払拭されないままだ。安全に関する部品を手掛けながら消費者目線を欠いた経営陣の危機意識の低さ、甘えの構造が問題の抜本解決を遅らせた。 繊維会社として1933年に創業したタカタが自動車部品に進出したのは [続きを読む]
  • 1分で人工知能が個々の好みを分析 映画おすすめアプリ「MOVAL」
  • ウェブシステム開発事業を行っている株式会社パーミッションは、2016年12月からベータ版として運用していた人工知能(AI)から映画のおすすめを受け取ることができるアプリ『MOVAL』に 映画を観た後に楽しめる「ネタバレの部屋」の掲示板機能を追加し、2017年5月30日に正式に提供開始します。ウェブシステム開発事業を行っている株式会社パーミッション(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 鈴木崇浩)は、2016年12月からベー [続きを読む]