渡辺正弘 さん プロフィール

  •  
渡辺正弘さん: 渡辺正弘のセレクトニュース
ハンドル名渡辺正弘 さん
ブログタイトル渡辺正弘のセレクトニュース
ブログURLhttp://ameblo.jp/karurosu2013/
サイト紹介文グーグル、人工知能、3Dプリンター、最新医療、人工光合成、自動運転などのニュースを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供628回 / 365日(平均12.0回/週) - 参加 2013/06/10 20:40

渡辺正弘 さんのブログ記事

  • ゲノム編集、テロ悪用警戒 FBIが監視強化
  • 米連邦捜査局(FBI)が遺伝子工学のテロへの悪用を防ぐ対策に乗り出している。生物の遺伝子を自由に改変できる「ゲノム編集」の急速な普及を受け、同技術を用いた生物兵器などの量産を警戒。研究者や関連企業との接触機会を増やすなどして情報収集を強化している。 ゲノム編集は遺伝子の特定部分を取り除いたり違う遺伝子を新たに挿入したりする操作技術で、切り貼りが自在にできる。より使いやすくコストも低い「クリスパー・ [続きを読む]
  • 本の価値
  • いつも僕のブログを訪ねていただきありがとうございます。本の価値を見直しているという最近の心境を書いてみます。ネットでニュースを集めて読んでいますが、本を読んだほうが理解が深まることも多く、時間対効果を考えると読書のほうが効果が高いと思うことも多くなり読書に時間を割くようになっています。これまで通りグーグルのアラート機能を使って毎月6000本以上のニュースを読んでセレクトしていますが、ニュースの背景にあ [続きを読む]
  • R1200GS アドベンチャーをベースにBMWが「空飛ぶバイク」を発表! 
  • BMWが発表した「Hover Ride Design Concept」BMWのグループである「BMW Junior Company Munich(ミュンヘン)」が、このたび発表した「Hover Ride Design Concept」。R1200GSのパーツを用いて組み上げられたこのシルエットは「空飛ぶバイク」としてデザインされている。ひょっとするとバイク、ではなくもはや別の乗り物なのかもしれない。レゴブロックの自由な「遊び」から発想▲すでに発売されているLEGOの「R1200GS アドベンチャー [続きを読む]
  • 40秒に1人が自殺--FacebookがAI活用の予防策
  •  Facebookは、自殺防止につながるツールをさらに追加した。  Facebookの米国時間3月1日付けの公式ブログによると、同ソーシャルネットワークは「Facebook Live」と「Messenger」にサポート機能を組み込み、人工知能を活用して自殺をほのめかす内容を報告する仕組みを効率化するという。 同社は、世界中で40秒に1人が自殺することを指摘し、自殺を防止する最良の方法の1つが親しい人からのサポートを得ることだという専門家の見 [続きを読む]
  • ゲノム解読で「コーヒー・ルネッサンス」がやってくる
  • 世界のコーヒー生産の大多数を占める「アラビカ種」コーヒーのゲノム配列を、サントリーの研究助成を受けたカリフォルニア大学デーヴィス校の研究チームが解読した。より正確に目標を定めた品種改良が可能になると期待されている。コーヒーは、人によって日常生活を機能させるために必要不可欠なものかもしれない。しかし実際には、コーヒーとは「情報」だ。豆を焙煎してコーヒーを入れるときまでの芳しい香りや、飲んだときの風味 [続きを読む]
  • ヒト受精卵の遺伝子変え、生まれる前に難病治療
  •  難病のもとになる遺伝子の異常を受精卵のうちに治し、健康な子どもが生まれるようにする。こんな予防・治療法を、厳しい条件付きながら容認する報告書を、世界の科学政策に影響力をもつ米科学アカデミー(NAS)がまとめた。後の世代にまで影響が残り「神の領域」に近づくともいえる医療なだけに、アクセルとブレーキの加減が極めて難しい。■この1年で大きく進歩、狙った遺伝子だけ操作可能に 長年、子宝に恵まれなかった夫 [続きを読む]
  • クラウド界の絶対王者「AWS」独走の秘密
  • 巨大な上に成長率は年60%。マイクロソフトとグーグル、IBMが束になってもかなわない。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は発足から10年で、クラウド業界で他を圧倒する存在になった。“絶対王者”として独走する秘密は何か。米ラスベガスで毎年開催される「re:Invent」に答えがあった。 2016年11月30日午前7時。パソコンを抱えたインド系の若者と中年の白人女性が、米ラスベガスの巨大ホテルで先を争うように走っていた。途中に [続きを読む]
  • 腸でも味を感じている!? 「味覚」にまつわる7つの秘密
  • 味を感じるのは舌だけではありません。実は“腸”でも感じていることがわかっています。また、味覚を表すのによく使用されていた「味覚地図」も現在では誤った常識。ここでは「おいしさ」の秘密について解説します。■1.“腸”にも味覚受容体が存在する!味覚受容体は“腸”にも存在することが知られています。ブドウ糖を口から摂取すると、同量のブドウ糖を血液中に注入したときに比べ、急激にインスリンが放出されることがわかっ [続きを読む]
  • ミスド500店で調理廃止 ダスキン、客席広く
  •  ダスキンは2020年度までに、「ミスタードーナツ」の約4割に相当する500店でドーナツの店内調理をやめる。専用設備を撤去し、商品は近隣店が配送する。調理担当者の人手不足に対応するとともに、機器の保守など経費を削減する。現行より2〜3割売上高が減っても採算が合う仕組みを整備。コンビニエンスストアなどにおされる各店をテコ入れする。 約1200店のうち、立地が悪い店が対象になる。500店のうち300店はドーナツを揚げ [続きを読む]
  • 最長の寿命、大容量化できる有機物蓄電池
  • 米ハーバード大学の研究チームが再生可能エネルギーに由来する電力を蓄える用途に適する蓄電池を開発した。長寿命、大容量、低コストという3つの特徴を備える。有機物に電荷を蓄えるレドックスフロー電池で実現した。 電力源に占める再生可能エネルギーの割合が50%を超え、さらに高まっていったとき何が起こるか。国際間の電力融通や需要側を制御するデマンドレスポンスが一般化する。同時に、膨大な電力をいったん蓄え、数時間 [続きを読む]
  • Airbnb、2020年までに単年度利益が約35億ドルへ到達か
  • 民泊サイト世界最大手のAirbnbの単年度の利益が、2020年までにEBITDA(金利・税金・償却前利益)ベースで約35億米ドル程度まで伸びると予測されていることが分かった。Fortune誌が2月15日付けで報じている?。この数値は、昨年度と比較して3,400%増となるという。同誌によると、Airbnbの2017年の売上は約28億米ドルで、EBITDAは4.5億米ドル、2020年までに売上は約85億米ドルまで伸びる予測とのことだ。この数値は、最新のフォーチ [続きを読む]
  • バイオ産業に革命をもたらす「ゲノム編集」
  •  皆さんは、「ゲノム編集」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ知らない方のほうが多いだろう。この「ゲノム編集」は、すでに農業をはじめ、水産業などでは活用が進み、バイオ産業、医療分野への応用も期待されている。  今までの世の中の技術は、モノを変えることによって人間の生活に寄与したが、「ゲノム編集」は人間そのものに直接影響をおよぼす技術なので、技術自体をしっかり理解する必要がある。そのような意味 [続きを読む]
  • 片岡一則氏 「体内病院」を誰もが持つ未来がやってくる!?
  • 前代未聞のがん治療の実現へ――現在進行中の研究についてお教えください。現在、抗がん剤を搭載したナノマシンDDSの臨床試験が進んでいます。単なるデリバリーならば、ナノマシンで抗がん剤をくるんで、血管を通じて体内に送り込んで、「あとはどうにかなるだろう」ということになるかもしれません。しかしそうではなくて、抗がん剤が入っているナノマシン自体が、がんが存在する部位に到達したら、「ここが薬を出すべき場所」だ [続きを読む]
  • 片岡一則氏 人間の体内を自由に動き回る、究極の「マシン」
  • 究極のウェアラブルを飛び超えて、体内に先端技術を入れて生活できたら?ウェアラブルのガジェットをはじめ、日常生活で最先端技術を身に付けることが当たり前になりつつある現在、そんな“インストーラブル(インストール可能)”な研究が進んでいる。それが、ナノサイズの“マシン”を体内に入れて、病気の予防・治療をはじめとする医療を実現する『ナノマシンDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)』だ。手塚治虫の伝説的マン [続きを読む]
  • アリババ開発アプリ「Tuan yua」600人の行方不明児童救出
  • 中国国営通信社、新華社は、アリババ・グループ・ホールディングスの開発したモバイルアプリ「Tuan yuan(団らん)」によって、昨年1年間で611人もの行方不明児童が発見されたと報じた。児童誘拐が横行する中国で、テクノロジーと警察の総力をあげた誘拐・人身売買対策がゆっくりと成果をあげ始めている。「タオバオ」「バイドゥ」「Didi」などとも提携米フォーチュン誌の報道によると、アリババは昨年「Tuan yuan」のサービスを開 [続きを読む]