kealoha kumiko さん プロフィール

  •  
kealoha kumikoさん: ハワイ留学(プリスクール・小・中・高校・語学学校)
ハンドル名kealoha kumiko さん
ブログタイトルハワイ留学(プリスクール・小・中・高校・語学学校)
ブログURLhttp://ameblo.jp/hawaiibirthplan/
サイト紹介文ハワイ留学のプロが お子様やお母様のお手配を、 ママ視点からお手伝いいたします。
自由文お子様の将来にそなえ、英語を磨きましょう。ハワイのプリスクール、キンダーガーデン、小・中・高校・語学学校の斡旋をしています。弊社HPを、ご参考にしてください。http://transpacificprofessional.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供324回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/06/11 12:10

kealoha kumiko さんのブログ記事

  • 英語を勉強する習慣をつけよう!
  • 何かを習慣にしようとするとき、約21日、毎日その行動を行う必要があるそうです。大人でもめげてしまいそうですが、子供なら、そのハードルはもっと高そうです。だからこそ、小学校から毎日宿題がでるのでしょうね。まさに学習習慣をつけることが目的なのだと思います。 日本にいる帰国子女、英語を習い始めた子供たちには英語環境にない日本ではかなりの意思を持って英語を勉強しなければ上達、維持は非常に難しく、勉強すらしな [続きを読む]
  • ハワイ有名プリスクール受験によくある質問
  • ハワイ有名プリスクール受験によくある質問 Q. ハワイ御三家プリスクールについて教えてください。A. ハワイ御三家プリスクールとは、「セントラルユニオンチャーチプリスクール」、「セントクレメンツスクール」、「ワイオケオラプリスクール」の3校を指します。セントラルユニオンチャーチプリスクール、セントクレメンツスクールの卒業生の多くは、オバマ大統領の出身校で知られる「プナホウスクール」、また、プナホウスクー [続きを読む]
  • 夢のハワイ名門イオラニスクール留学へ
  • 2018年入学からハワイの名門イオラニスクールがボーディングスクール生の募集を始めます。 今までは保護者と一緒に住むか、ホームステイが必須だったのが、2018年からはイオラニスクールが用意した寮に住むボーディングスクール制になったので、単独留学が可能になりました。ハワイのオアフ島ではハワイミッションアカデミー以外のボーディングスクールとなります。 出願期間は今年8月15日から来年の1月15日まで。 [続きを読む]
  • 今年の夏はハワイで英語力を磨こう
  • ハワイと東京用賀のバイリンガル教室では東京用賀に通う生徒さんに夏にハワイにいって本場の雰囲気の中でコミニュケーション力をつけるようおすすめしています。 現地の子供と触れ合うなら、サマーキャンプきちんとした勉強がしたいなら、サマースクールがおすすめです。 今日、紹介するのは、英語を勉強するのが目的のプログラムです。写真はこのプログラムの統括バーバラです。昨日、紹介したハワイ名門セントアンドリュースス [続きを読む]
  • ハワイ名門プリスクール受験の生徒さんのお母様からの手紙
  • ケアロハくみこ様このたびは息子がお世話になり、ありがとうございました。日本語の発達もゆったりな息子でしたが、2か月間集中して通わせていただき、びっくりする程の言葉の数々が出てきて今では自然と英語も出てきてくるようになりました。毎回、「くみこ先生の所に行く!」と楽しそうに通う息子の姿を見て親として嬉しく思いました。また、レッスン後には毎回、お話をさせて頂き、息子の弱点や良い点、伸びた点を明確に教え [続きを読む]
  • バイリンガルに先取り勉強が効果的なわけ
  • バイリンガルには、先取り勉強が効果的です。単純に考えれば、2つの言語を学ぶのに2倍の勉強が必要です。また、2つの言語を同時に学ぶのは相当な努力を用いても脳の受容量にはリミットがあるので一定量しか頭に残らないでしょう。では、どうすればいいのか?みんなが学び始める前から、また早くから学ぶことを開始すれば、脳に余裕ができ沢山の情報量をインプットできることは想像に難くないでしょう。バイリンガル用賀教室には0 [続きを読む]
  • 日本の英語教育に物申す!
  • 日本の英語教育について一言。 昨今、日本ではアメリカのテキストを使った英語教育を提供している英語の塾が複数ありますが、実際、そのテキストを使いこなせるところがどれだけあるでしょうか? アメリカのテキストを使いこなすには、アメリカの教育そのものを理解し、そのテキストが持つ意図を知り、その子供たちにあった教育を行う必要があると考えています。またアメリカのテキストを日本で使用するのであれば、何らかの改良 [続きを読む]
  • アメリカの小学校では文法はどう学ぶか?
  • アメリカのキンダーガーテンや小学校低学年のうちは、文法より読み書きを重視します。たくさん書かせることにより徐々に文法に慣れてくるというスタンスの学校が多いです。例えば、cow bows. Theというのを正しい順序にしなさいという問題を数多く解くことにより名詞が動詞より先にくることを覚えます。文法は体で覚えろというのがアメリカのスタンダードのようですね。バイリンガル用賀教室ではハワイ名門校進学予定やアメリカの [続きを読む]
  • 赤ちゃんから体を動かし脳トレを!
  • スキャモンの発育発達曲線によると神経系の機能は生まれてから5歳までに大人の80パーセントの成長を遂げ、12歳でほぼ100パーセントに。運動神経と知的発達は結びついており、日本の小学校受験やアメリカのキンダーガーテン受験でも運動テストがあるところも多いです。バイリンガル用賀教室では、国語(英語)算数、理科、社会以外にフラダンスを取り入れ、脳の効果的なトレーニングを行います。ハワイと用賀のバイリンガル教室ハワ [続きを読む]
  • 私立中学帰国子女枠試験にも対応
  • バイリンガル用賀教室のレッスンは帰国子女枠で私立中学を受験する場合にも役にたちます。用賀にある三田国際学園の試験でShould people go to other planets like Mars todiscover new things?のエッセイを書く問題がありましたが、普段から、エッセイとサイエンスに力を入れているので子供たちは小学校低学年でも書くことができると思います。バイリンガル用賀教室運営はトランスパシフィックプロフェッショナルhttp://tr [続きを読む]
  • バイリンガル用賀教室近くの美味しいガレット
  • バイリンガル用賀教室近くにある美味しいガレット屋さんを紹介します。用賀は開発が進む二子玉川の隣にある住宅地なので、あまりメディアに登場することはありませんが、美味しいレストランも多いのです。その一つが、用賀駅近くのサンマロ。ランチだと1000円で、ソフトドリンク飲み放題がついて、このガレットがいただけますよ。バイリンガル用賀教室に通ってくる午前中のベビークラスを受講したマダムにもランチにおすすめして [続きを読む]
  • アメリカのコモンコア(日本の学習指導要領)にある季節問題
  • アメリカでもハワイやロサンゼルスにははっきりとした四季がなく、夏はわかるのですが、他の季節を感じることは少ないのです。アメリカのスタンダードコア(日本の学習指導要領)をやっていると、季節の問題につまずくことがあります。ただ、問題として、問われることもあるのでハワイやロサンゼルス在住の子供は、一度、四季を経験しておくとすんなり問題が解けることがあります。ハワイと用賀のバイリンガル教室ハワイオハナエデ [続きを読む]
  • 日本で唯一ハワイ名門校合格対策ができるのは?
  • 日本で唯一、ハワイ名門プナホウスクール、イオラニスクールなどのキンダーガーテン、小学校入学試験対策ができるのは用賀にあるハワイオハナエデュケーションだけ。 秋からの入学試験に向け、用賀にて夏休みも講習を行いますので、普段は遠くて通うのが無理な方でもチャンスです。 用賀教室では、試験内容の対策だけでなく、申請書の書き方や申請時期などのテクニックな面も熟知していますので、ご相談ください。  [続きを読む]
  • ハワイ親子長期留学、ヴィザ取得!
  • 5月に続き、ハワイ親子留学、8月新学期スタートのビザ申請が通りました!! 8月からハワイの公立小学校とプリスクールに通います。1月に新トランプ政権になり、ビザ発給が難しくなるかと心配しましたが、今のところ、大きな変動はないようです。 8月スタートを考えているかた、今すぐカウンセリングをお申込みください トランスパシフィックプロフェッショナルhttp://transpacificprofessional.com/&nb [続きを読む]
  • アメリカ大学合格のカギを握るエッセー対策は小学生から
  • アメリカではライティングが非常に重視されます。アメリカの大学入試でもエッセイが合格の鍵を握っていることからもわかると思います。エッセイは、一晩では身につきません。ライティングのスキルもさることながら、その人の知性、思考力、創造力も見ることができるため、エッセイを書き続け、深い問題提起をする必要があります。バイリンガルのための用賀教室ハワイオハナエディケーションでは小学生1年からエッセイを書くための [続きを読む]
  • 赤ちゃんに読み聞かせは必要か?
  • 先日のアメリカ小児科学会で新たに発表された研究では、赤ちゃんにも読みきかせはメリットがあることが発表されました。赤ちゃんに読みきかせをしても無駄に思えるかもしれませんが、学校に行き始めるころに効果が表れてくるそうです。小児発達の研究者は、生後6か月から4歳半までの子供が読む本の質と量から、より品質の高い本を読むことで、言語能力が向上するかどうかを調べました。語彙の理解や使用が早くから向上し幼児が音 [続きを読む]
  • ハワイ名門プナホウスクールの卒業式
  • ハワイ名門プナホウスクールの卒業式が行われました。今年は何人、アイビーリーグに進学をするのでしょうか? ハワイはゆったりしているように見えますが、名門キンダーガーテンに入学するため、熾烈な受験戦争があります。正確にいうならば、キンダーガーテンより前の御三家プリスクール入学から受験が始まっています。 ハワイオハナエデュケーションはハワイと用賀にあるバイリンガルのためのお教室です毎年、ハワイ [続きを読む]
  • アメリカの算数の特徴
  • アメリカの算数は広範囲にわたって勉強します。たとえば、アメリカのキンダーガーテンや小学校低学年では図形や表やグラフを行い、データの読み取りや分析に力をいれます。日本では、主に2年生以降におこなうのに対して基礎になる算数力をキンダーガーテンから育成します。 アメリカに進学や移住を考えている家庭は考慮して準備を重ねていくことが必要です。もしくは弊社のようにハワイ、アメリカ進学専門塾に通うこ [続きを読む]
  • バイリンガル多読のすすめ
  • 英語と日本語を話すバイリンガルには時間を無駄なく使うために効果的な学習法が必要ですね。そのためには多読をお勧めしています。アメリカの書店によくあるStep into readingは、とてもお勧めです。プリスクールから小学生低学年が楽しく読めるレベル5つにわけ、ディズニーを使い、子供の興味を引き出します。多読は、文字を読み、情報処理をし、理解するという高度な脳のトレーニングでもあります。神経回路の結合を促す [続きを読む]
  • アメリカ小学校で習うLanguage Arts とは?
  • バイリンガルのための用賀教室では、アメリカの国語ようするに英語の項目がありますが、アメリカのようにLanguage Artsとして行なっています。Language Artsとは、言語技術と訳し、Reading. Vocabulary. Spellingとはまた別の要素をもつものです。日本の国語が読み中心なのに対して英語では項目をはっきりわけ英語を深いところまで勉強していきます。ただ、日本語は漢字、ひらがな、カタカナをマスターするための時間が英語 [続きを読む]
  • アメリカ小学校算数の解き方
  • アメリカの算数の解き方はやはり日本と違います。小学生1年でTensやOnesに分ける作業があります。日本人から見ると、これは簡単な問題です。なぜなら、日本の数字の読み方が解けるような仕組みになっているからです。たとえば、12という数字があります。英語ではTwelveと読み、日本語ではTen twoと読みますね。日本語ではすでにTenがひとつ、Oneが2つですから、すんなり解けるわけです。英語だとTwelveの構成を考えなくては [続きを読む]
  • バイリンガルが英語と日本語を話すときに何かが違う
  • バイリンガルが英語と日本語を話すとき、何かが違うのにお気づきですか? 英語は最初に主語をはっきり言うところからわかるように常に自分を意識します。「私が何をしたい」とはっきり述べることが必要なのです。 日本語は私という主語をなるべくひかえて、自分の主張をあまり強調しません。また、「何をしたいんだけど、どう思う?」など常に人の意見を探ろうとします。 バイリンガルにとって、英語と日本語をう [続きを読む]