hassy さん プロフィール

  •  
hassyさん: 男子母&映像翻訳者のうろうろ日記
ハンドル名hassy さん
ブログタイトル男子母&映像翻訳者のうろうろ日記
ブログURLhttp://yaplog.jp/hassy1029/
サイト紹介文子育てをしながら映像翻訳者をやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/06/14 15:38

hassy さんのブログ記事

  • 心境の変化
  • 私は自分で映画を観るなら絶対に字幕派で、お仕事も吹き替えより字幕が好き!とちょっと前のブログにも書きましたが、最近、ちょっと心境が変化しています。最近、受けている仕事は8割ぐらいが吹き替えです。今まで「字幕の仕事がやりたーい!」と強く思っていたんですが、近ごろはネット配信などの普及で吹替えの翻訳者が圧倒的に足りないとか。字幕翻訳ができる人はたくさんいるし、吹替えの人手が足りないというならば、世の中 [続きを読む]
  • ダンケルク
  • 9月9日から公開の話題の映画、「ダンケルク」を観てきました。子供の頃、「戦艦武蔵の最後」という本を読んで、すさまじい戦闘の描写が強烈すぎて眠れなくなって以来トラウマになったのか、本も映画も「戦争ものは苦手!」と思ってきました。そういうわけで今まで戦争映画はほとんど観ていないのですが、「ダンケルク」は翻訳の師匠が字幕を手掛けていることと、何人もの人が絶賛していたので「これは観ておかなければ!」と勇気 [続きを読む]
  • ついにこの日が来たか…
  • 先日、家族旅行に行く話をしている時、突然息子が「友達がいないとつまらない」と言いだしました。今までそんなこと言ったことはなかったのに…。今年の夏休みは友達とプールに行ったり、家に泊まりに行ったりして休みの日にも友達と遊ぶ楽しさに目覚めてしまったようです。うちは一人っ子なので今まで旅行や外にでかけた時などには、なるべく子供と遊ぶようにしていたのに、「つまらない」と言われ、心底悲しくなってしまいました [続きを読む]
  • 世界一優雅な野獣
  • 見たかった映画を見るキャンペーン、第2弾は「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」を劇場で見て来ました。これからは劇場で見たい映画があったら、とにかく行っちゃう。今まで「仕事が〜」とか「子供の予定が〜」とか思うと躊躇してなかなか行けませんでしたが、思いきって行ってしまうとなんとかなるものですね。この映画は英国ロイヤル・バレエ団で史上最年少のプリンシパルになりながら突然退団してしまった天才 [続きを読む]
  • 「ワンダーウーマン」で夏バテ解消
  • 夏バテなのか、なんだか体がだるくて仕事もいまひとつやる気がでなかったので、先日、突然思い立って映画「ワンダーウーマン」を見に行ってきました。見たい映画があっても、仕事の状況や子供が学校から帰ってくる時間のかねあいを見計らっているとなかなか映画館に行けない。そうこうしているうちに上映が終わってしまう…というパターンがここのところ何度もあったので、「とにかく今日は行ってやる!」と決めました。近場の映画 [続きを読む]
  • 「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。
  • 「「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。」を読みました。著者は石田久二さん。「思い込み」だけでニートから年収2000万までになったというすごい人です。「思い込みだけで」と言いながら、実は年間100日ペースで滝行をしたり、自転車で福岡から東京まで移動して講演をしたりとものすごい行動力の持ち主。「88歳まで毎日更新する」と宣言しているその方のブログ「宇宙となかよし」に数年前に出会ってから、勝手に自分のメ [続きを読む]
  • 後日談。
  • 昨日のブログの後日談です。夏休みの宿題で手抜き感満載の防災ポスターを描きあげて学校に持っていた息子。学校から帰った息子に「みんなのポスターどうだった?」と聞くと、案の定、「けっこううまかった。負けたって感じ」との答え。そうでしょうとも。ここぞとばかりに「みんな丁寧に時間をかけて描いてるんだよ。来年は見返してやりな」と言うと、「くっそー!来年はスゴいのを描いて、みんなをびっくりさせてやる!」と闘志を [続きを読む]
  • やっと終わった!
  • なんだかんだ言って夏休みも終わり、息子の小学校は今日が始業式です。息子は2年生なので自由研究の宿題はまだないんですが、世のお母さんたちは自由研究にかなり苦労しているようですね。うちはそんなに宿題の量が多くない今でさえ、お尻を叩いてやらせるのがものすごくタイヘンだったのに、ここに自由研究が加わったらどうなるんだろう…と今から恐れおののいています。今年は早めに宿題を終わらせる!と目標をたてたものの、や [続きを読む]
  • インタビューの後編が掲載されました。
  • 先日、インタビューされましたとブログに書いた、TOEIC講師の田村恵理子さんのサイトにインタビュー記事の後編が掲載されました。このインタビューでは主に翻訳者になるまでの道のりを語っているのですが、今まで数々の周り道やしくじりを繰り返してきた私はそれはもうネタの宝庫。というわけで1度の掲載では収まりきらない!ということで田村さんが前編、後編に分けて掲載してくださることになりました。その後編の記事になりま [続きを読む]
  • サマソニに参戦!
  • アジア最大の音楽フェスと言われるサマーソニック2017に参戦してきました。お目当てはオープニングを飾るピコ太郎!しかも出演時間はなんと15分!ピコ太郎の大ファンである作家の藤沢あゆみ先生にサマソニに行かないかとお誘いいただいた時、「なんだか楽しそう」というノリだけで「行きます!」と即答しました。出演時間たったの15分に入場料1万6500円を払うなんて普通に考えればクレイジーだと思うんですが、この決断は大正解! [続きを読む]
  • 母親業やってるといろいろある
  • 私は今まであまりママ友づきあいというものを積極的にしてきませんでした。保育園での親同士の付き合いというのはあっさりしていて、むしろ息子が小学校に入ってからの方が何かと親同士の付き合いは多いです。それが意外と楽しい部分がある反面、やっぱりいろいろあるな〜と今さらながら実感しています。特に息子が入っているサッカーのチームは毎週のように試合があって親の出番も多いし、いろんな親がいるのでけっこう大変です。 [続きを読む]
  • ようやくひと段落
  • ようやく仕事の修羅場を抜けて、お盆は引っ越し後の家の片づけをしたり、夫の実家へ行ったり、家族で箱根の温泉プール、ユネッサンに行って遊んだりと、やりたいことができました。引っ越し後の片づけもかなり進んで段ボールに囲まれて生活していたのが、ちゃんと人の住む空間になってほっとひと息。こんなにスッキリした気分になるのはすごく久しぶり。やっぱり気持ちのゆとりって大事ですね。引っ越し前後の先月から今月にかけて [続きを読む]
  • 綱渡り継続中〜
  • 家の引っ越しと素材の到着遅れのしわよせで仕事のスケジュールが押しに押していて、納期に間に合うかどうかの綱渡り生活絶賛継続中です。まあ、合間に息子と映画観に行っちゃったり、つい友達と飲みに行っちゃったりしてるからなんですが…引っ越し後の片づけもなかなか進まなくて、まだ部屋には段ボールがあちこちに…。というわけで、今週末の納品が終わったあとは、「仕事が入っている」ということにして勇気を持って依頼を断り [続きを読む]
  • ピンチから脱出!
  • 先日、ようやく引っ越しを終えました。徒歩10分ぐらいの近所への引っ越しとはいえ、家の引っ越しってやっぱり大変ですね。引っ越しの時期は仕事を入れないようにしようと思っていたにもかかわらず、映像が到着するのが遅れて見事に引っ越し直後に納期が重なるという悲劇が…。フリーランスって意外に自由ではなかったりするものですよね…。しかも仕事を入れない前提だったので友達と会う約束なども入れていたり、昨日は納品前夜で [続きを読む]
  • 羞恥心を捨てる! その2
  • 今年の目標は「羞恥心を捨てる」ということで、先日フラメンコのクラスでみんなに珍妙な踊りを披露して大恥かいたわけですが、昨日もそのクラスに行ってきました。相変わらず珍妙な踊りであることに変わりはないんですが、踊ってみて思ったのは、「あれ?前ほど恥ずかしくない!」恥ずかしさの濃度が薄くなってる感じ。決してうまくなっているわけではないので、やっぱり慣れの問題なのかもしれません。そして羞恥心を捨てるキャン [続きを読む]
  • いよいよ始まった!
  • いよいよ夏休みが始まりました。全国のお母さん方は戦々恐々としていることかと思います。去年は小学校に入っての最初の夏休みということもあって、まだ勉強の習慣に慣れていないせいか、夏休みの宿題をやらせるのがほんっとに大変でした。本来は毎日書く一行日記も夏休みの最後にまとめて書いたので、「めんどくさい」とだらだらしている息子のお尻をひっぱたいたり、工作の貯金箱でも苦労したっけ…。どんな貯金箱を作るか息子に [続きを読む]
  • 人には向き不向きがある
  • 先日掲載された自分のインタビューを読んでいて、そういえば昔のことを思い出しました。実は15年くらい前、出版翻訳に興味を持ち、会社勤めをしながら通信講座を1年、通学講座を1年ほど続けたことがあります。続けた、といいながら通信は途中で添削を出すのがおっくうになり挫折、通学も半年の講座は修了したものの、そのあとに通った超有名な先生の講座は全部で1年のところ半年ほどで挫折、というわけで勉強した期間は合わせて [続きを読む]
  • 今日から通常営業!
  • この3連休は3日間とも息子のサッカー関連の予定が入っていましたが、このごろ週末はずっとサッカーの練習だったので、たまには遊びに行こうと連休初日は練習を休んで富士山のふもとにある遊園地「ぐりんぱ」に行ってきました。ネットの口コミでは「小学校高学年には物足りない」と書いてあったので、しょぼかったらどうしよう…と不安でしたが2年生の息子は十分すぎるぐらい満喫できました。特に写真に写っているエア遊具「ふわ [続きを読む]
  • インタビューが掲載されました
  • 先日、「インタビューされました」とブログに書いた、TOEIC講師の田村恵理子さんのサイトに私のインタビュー記事が掲載されました。英語に興味を持ったきっかけから、どのように映像翻訳者になったかを語っています。聞き上手な田村さんのおかげで、ずっと記憶の奥底に眠っていたエピソードを思い出したりして楽しいインタビューでした。しかし、こうして振り返ってみると、映像翻訳者にたどりつくまでに我ながらどんだけ回り道し [続きを読む]
  • 翻訳者のイメージとのギャップ その2
  • 「家で翻訳の仕事をやっている」と言うと、もうひとつよく言われるのが「家で子供みながら仕事できていいね」ということなんですが、「家で子供みながら仕事」ははっきり言ってできないですね〜。だからついつい子供にゲームをやらせたり動画を見せる時間が長くなってしまったりして「これでいいのか??」と悩むわけです。私の場合は息子が1歳ぐらいから保育園に預けて仕事をしていました。生後2カ月の時に仕事復帰したんですが [続きを読む]
  • 翻訳者のイメージとのギャップ その1
  • 息子が保育園の時も今の小学校でも、周りのお母さんたちには自分が翻訳の仕事をしていることをあまり話していないんですが、先日、PTAの集まりで話している時に、「どんな仕事をしているか」という話になり、かたくなに隠すのもヘンなので「翻訳をやってる」と素直に言いました。すると案の定、「すごーい!英語ペラペラなんでしょ?」という反応が…。実はこのリアクションがツラいからというのも、周りにあまり仕事のことを話 [続きを読む]
  • 一人っ子の育て方?
  • 息子の小学校では3人兄弟がけっこう多く、一人っ子はマイノリティです。よく育児のお悩みサイトなどで「周りから2人目は?としつこく言われてイヤな思いをした」という話を見かけますが、ありがたいことに私はそういうことを言われた経験がありません。高齢出産だったので、周りの人も察してくれるんですよね。あははは…先日、ママさんバレーでの休憩時間に子育て談義をしていた時に、「下の子は上の子よりどうしても甘やかしち [続きを読む]
  • やっぱり字幕が好き!
  • 昨日の朝日新聞の文化欄に字幕翻訳の記事が載っていたということで、実家の父親が記事をわざわざ写真に撮って画像をメールで送ってくれました。記事のサブタイトルは“「職人技」行間読み短く的確に「意訳」”。なんだか情熱大陸みたいでカッコいい!華やかな映画業界の中で裏方として頑張っている翻訳者の仕事をクローズアップしてくれるのはうれしいことですね。記事の中心は「セリフは直訳ではなく、1秒に字幕4文字に納めるよ [続きを読む]
  • 充電中
  • 最近、立て続けに朝から暑苦しい長文ブログをアップしてますが、「この人ヒマなの?」と思われた方もいるでしょう。ある意味正解です。次に取りかかるドラマと映画の映像の両方がなかなか届かずただいま待機中なのです。次にやる仕事は決まっていて、映像やスクリプトが来ないという、この「素材待ち」の時間は至福の時。次の仕事が決まってないのに休みがあると不安になって心が休まらないというのがフリーランスの悲しいサガです [続きを読む]
  • 久々に青春!
  • 昨日は気温30度越えの中、息子の小学校のPTAバレーボール大会に参加してきました。ムシ暑い体育館で水をガブ飲みするなんて中学校のバスケ部の練習以来じゃないでしょうか。さすがにアラフィフの体にはこたえましたが、みんなで円陣を組んで「ファイト―!」なんて、青春してきました。去年、同じクラスのママさんに「人数が足りないから試合だけでも出て!」と頼まれて、バレーボールなんて中学校の昼休みでお遊びでやって以来 [続きを読む]