海砂 南夏 さん プロフィール

  •  
海砂 南夏さん: バラスト水。
ハンドル名海砂 南夏 さん
ブログタイトルバラスト水。
ブログURLhttp://ameblo.jp/minaka-misuna/
サイト紹介文日常、事件簿、ふと思うこと、考えること、外食の記録、DIYや自由研究、本づくりについて書いています。
自由文公式サイト
http://minaka-misuna.com/

作品一覧・著者略歴
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供427回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2013/06/15 21:21

海砂 南夏 さんのブログ記事

  • みなかさんと焼き肉1/2
  • ネクロマンサーと肉の万世ってちょい似ですよね、みなかさんです。 「肉食いにいくぞ。店を調べておけ」と鬼ヶ島さんから連絡が入り、あなたはレスラーか何かで私の先輩ですか、と思いつつ、 なんかもう調べるの面倒だったので、聞いたことはあるけど行ったことがない、安楽亭という焼き肉屋さんを提案し、 「ほら、あなたがいつも行きたがる庶民のお店ですよ!」とひとこと添えたらわりとすんなり承認してくれました、あいつ思っ [続きを読む]
  • みなかさんと焼き肉2/2
  • 鬼ヶ島さんは基本いいとこのお嬢様なので、庶民の味方安楽亭に来たというのに、安楽亭らしからぬ値段のものを注文しており、 「霜降りなんてありがたがるの日本人だけらしいですよ。海外では『(太った、不健康な)病気の牛の肉』って認識らしいです」と軽めにディスったら、 「そっかそっか」と、ニコニコしながら例の黒い表紙のノートを取り出し、そこにまたなにかを書き込んでいました、心なしか心臓のあたりが苦しい気がします [続きを読む]
  • みなかさんと無限ループ
  • 朝起きたらまた昨日、みたいな奇妙系の話ってあると思うのですけど、それを地でいくようなエンドレスな日々を送っています、みなかさんです。 ビジネスマンはそういう方が多いのではないでしょうか、そういう「なんて奇妙な話!と思ったらあんまり現実と変わらなかった」みたいなパターンってたまにありますよね、 実際カレンダーの日付が変わっているだけで今日を何度も繰り返している、ということだってあり得るかもしれないので [続きを読む]
  • みなかさんと馬主
  • 駐車場とかの「駐」っていう字って、よく見ると「馬主」ですよね、みなかさんです(うわのそらな様子で)。 馬刺しってみんなおいしいおいしい言っているのですが、みなかさんは獣肉を生で食べるのはどうかと思う派なので、話についていけず疎外感を感じることがあります。 あとは、職場の人が韓国の音楽だかアイドルだかの話をしていて、そのグループについて知らなかった同僚に、 「あの曲なら聞いたことあるんじゃない?」「確 [続きを読む]
  • みなかさんとバレンタイン1/4
  • みなかさん今の職場になってからバレンタインが地味に憂鬱で、みなかさんは一人だけ変なポジションなので、二つの部署と絡みがあり(部署A・Bとする)、 もともとは部署Aの所属なのですが、実際にいるのは部署Bのフロアで、部署AとBのスタッフ両方からバレンタインをもらうのですが、 部署Aにはちょいちょい顔を出す程度なので、あまり絡みのない人がちらほらいて、その人たちからはバレンタインはもらえないのですが(もらえない [続きを読む]
  • みなかさんとバレンタイン2/4
  • 問題は部署Aで、くれた人に返すのはいいとして、バレンタインをくれてもいない、あまり知らない人にその様子を見られるわけで、そうすると「こいつはくれた奴にしかホワイトデーしないけちなやつだ」というふうに見られかねませんし、 見られかねないというか、みなかさんが自意識過剰でそう思うだけなのですが、かといって、みなかさん部署Aにも全配布でいいと思っているし、実際昨年はそうしたのですが、 そうするとなんか、くれ [続きを読む]
  • みなかさんとバレンタイン3/4
  • 万が一それで翌年からくれるようになってしまったら、「そういうつもりじゃなかったのに」って感じですし(実際、昨年の全配布のせいで、昨年くれなかった人が今年くれるという恐れていた事態が起きてしまった)、 全配布にはまた、「イケメン気取り?キモッ」みたいな、勘違いな人と思われるリスクもあったり、他にも出勤がシフト制なので、全員に手渡しするのに一週間くらいかかったり、 そもそも十数個みたいな量を職場に持って [続きを読む]
  • みなかさんとバレンタイン4/4
  • そんななかで部署Bの平成(生まれ)組は、みなかさんにくれないのはまあいいとして、直属の上司にさえあげている様子がなく、 コンビニの148円みたいなお菓子を紙袋に包んだだけのものをくれた同平成組のシングルマザーさんにもバビりましたが(こちらはたぶん本当にお金がないのだ、貧乏なのにありがとう)、 会社で、直属の上司が男だったら、女子はとりあえず義理でもなんでもう○こでもあげておくもの、とみなかさんは思ってい [続きを読む]
  • みなかさんと太めん皿うどん
  • ワオン使用不可を恐れてか、毎回アンケートクーポン出すのが気まずいからか、吉野家のヘビロテ率が下がり気味のみなかさん、今日も吉野家のすぐ近く(というか階段の上か下かの違い)のリンガーへ向かいます。 相変わらず見た目は危険 見た感じ明らかに食べきれなさそうな量なのに、完食できてしまう不思議。あんかけの味が濃いめだったり、野菜ばっかりだったりというのもあるのかもしれませんが、 変な油を使って作られていた [続きを読む]
  • みなかさんと美容院1/4
  • 「あなたが来ると季節を感じる」と美容師さんに言わしめるくらいの頻度でしか美容院に行かないみなかさん(苦手なので)、 でも、以前は半年に一回みたいなペースだったのが、最近はきれいに四ヶ月に一回なので、頑張っているとは思うのですが(しょんぼり)。 今通っている美容院は、美容師さんは前からお世話になっている人なのですが、お店としてはアウェイで、 「前から観葉植物は育ててたんですけど、食べられるもの育てよう [続きを読む]
  • みなかさんと美容院2/4
  • 職場の、みなかさんと気の合う、ダウナー系女子は分かってくれたのですが、「前髪どれくらいの長さにしますか?」とか言われても分からないよねというか、 そうは思いませんし、美容師さんに言っちゃいけないことだというのは大人なので分かるし、実際言いませんが、 「(髪型)変じゃなくてしばらく来なくていいようになればなんでもいい、好きにしてくれ」という人が世の中にはいるというのを、美容師さんは知っておいたほうがい [続きを読む]
  • みなかさんと美容院3/4
  • たとえば歯医者に行って「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われた際、痛くても手を挙げないと大変なことになるように、 根管治療の際、違和感を訴えなければ「たぶんもう大丈夫だろう」と判断され、治療が不完全なままメタルをかぶせられ、数ヵ月後に虫歯が再発してしまうように(今もしかしたらこの状態かもしれない疑惑)、 なんか、歯医者さんのレジのところにあった気がする歯ブラシを、うろ覚えで買ってみるみなか な [続きを読む]
  • みなかさんと美容院4/4
  • 細かく注文できる人はすごいですよね、みなかさんは「こうこうこうでここはこんな感じで」みたいなのは、「おっさんが何やっても同じだわ。キモッ」と思われるとしか思えず、 「こんな感じにして」と写真を持っていったりするのも、「髪型同じにしても顔が違うわ。キモッ」と思われるとしか思えず、できないので、 それは実際そう思われていたときに傷つかないための防衛機制だとしても、いつものめんどくさがりとか、出不精とか、 [続きを読む]
  • みなかさんと吉野家とワオン
  • たびたびワオンレジの調子が悪くなるみなかさん行きつけの吉野家ですが、今まではワオンレジ1死亡→すいませんこっちで→持ち帰りコーナーに移動してワオンレジ2で会計、という程度だったのが、 ついにワオンレジ1と2が同時死亡となってしまったらしく、仕方なく現金払いとなったみなかさん。 本来ついたはずのワオンポイントを請求するとか、現金持ってるのに持ってないふりをして、「ワオンしか持ってないわ!使えないのそっちの [続きを読む]
  • みなかさんとストック1/3
  • 自分でも以前に書いていた通り、通販だと普通に買いものする以上のペースで買えてしまうので(持ち帰れない量でも買えてしまうので)、 さらにそれにクレジットカードを組み合わせると最凶コンボで、みなかさんの場合それが特に効いているのがワインだなというのを、 仕事帰りにセブンイレブンでナナコで、一本ずつワインを買って持ち帰っていると、ナナコ残高全然減らないことに気づいて、痛感したみなかさんの反省の記事です、み [続きを読む]
  • みなかさんとストック2/3
  • 持たざる暮らし、シンプルライフ、が流行っていますが、持っている人のほうがなんか、余裕があったり、器の大きい人の場合が多いような気がみなかさんはしており、 「これ捨てる!これいらない!余計なもの買わない!キーッ!」みたいな人と、「また買っちゃった。いっぱいあるからあげるよ」みたいな人では、近くにいたいのは後者で(明らかに物くれるからやん)、 普通にやっていてシンプルライフならいいのですが、無理してシン [続きを読む]
  • みなかさんとストック3/3
  • 死んだ際も、お金は遺産相続バトルを生むだけですが、物で残っていたら、性格悪い息子&娘「ケッ!親父のやつこんながらくたばっかり遺しやがって!」→性格いい娘「お父様の大事にしていたものだから私がもらって使う」→ 「これは歴史的に価値があるものですね。5億円くらいします」「ブヒッ!」という感じで、クズに財産が渡ることを防げるチャンスが生まれますし、 物持ちさんのほうがなんか、現金だけよりも夢があるというか [続きを読む]
  • みなかさんと日給4万円のお仕事
  • 一日がかりで確定申告のやつ入力してた(そして還付金が4万ちょい)、というだけの話なのですけどね、みなかさんです。 「日本やばい!海外口座持たなきゃ!」と、SwissquoteやFirstrade、Union Bank、海外FX業者十数社(VPSサーバーを借りてMT4で自動売買をしていた)、とかに口座を持っていた際、 確定申告が死ぬほど面倒だった経験から(なんかもう、ポンドにスイスフランにユーロにドルに、といろんな通貨で損益が出るので、全 [続きを読む]
  • みなかさんとうなぎ屋さん1/2
  • 職場の近くになんだか老舗っぽいうなぎ屋さんがあり、時間帯によっては前を通るとかなりスモーキーで、 しかも角地(?)にあるので、その店を通り過ぎるあたりに横断歩道があり、信号待ちをしていると店の換気扇から出るうなぎスモークを、 かなりダイレクトに浴びることになり、多少くんせいっぽくなりながらいつも出勤しているみなかさんですが、 くんせいとかそういうのは関係なくて、うなぎ屋さんが火事になった際、初期の段 [続きを読む]
  • みなかさんとうなぎ屋さん2/2
  • うなぎ屋さん、行ってみたい気もしますが、「お前みたいな若造にうちの味が分かるものか!」みたいに思われそうというか、場違い感というか、 あれは何歳くらいになったら、ああいう空間でうなぎを食べることが(自分の中で)不自然ではなくなるのですかね、 みなかさんの中のイメージでは、少なくとも40代、白髪まじり、スーツ、というか、重役感がないと厳しいかなという感じがしています(国会議員みたいな感じ)。 リンガーに [続きを読む]
  • みなかさんとシングルマザー1/3
  • 布団に入り、寝る前の、たいしたことはできないけど何かしたい(貧乏性)、という時間のときに、誰かラインのプロフィール画像とか変えてたりしないかな、と、グループラインのメンバー一覧を見たりすることって皆さんあると思いますが、 その際、シングルマザーの方が、背景?ホーム画像?を変更しており、それはどうやら子供が学校で書いた作文を写真に撮ったものだったらしいのですが、 「お母さんは一人なのにいろいろ頑張って [続きを読む]
  • みなかさんとシングルマザー2/3
  • ただなんか、いろいろ考えたり工夫したり面倒だし、ラインのプロフィールごときで頑張っちゃう大人とか微妙だしな、というあたりの理由からなのですが(いい年してひとことスペースにネガティブな文句を書いたり、 プロフィール画像を突然ブラックアウト&ひとことスペースを無言状態にして心配を誘う感じのことをしている人がいたら、その人とは深く関わらないことをおすすめしたい)、 ある意味気持ちの停滞というか、淀みという [続きを読む]
  • みなかさんとシングルマザー3/3
  • 365日と聞くと多いような気がしてしまっていたが、もしかしてスケジュールとかも、「この週にこれをやる」と、週区切りで考えたら、コントロールしやすいのではという気がしてきた)、 もちろん若くても落ち着いた人もいると思いますし、気持ちの移り変わりが早いということは、ゲット率も上がりますが離れていく率も上がるということで、なんかまあそんな感じのことを思いました。 リンガーのおばちゃん店員さん、ごはん普通盛り [続きを読む]
  • みなかさんと妖怪ウォッチ
  • 妖怪ウォッチのことはよく知りませんが(未だにそういう腕時計のような気もしている)、ジバニャンっているらしく、それは地縛霊らしいのですが、 妖怪と霊は違うのではないか、というのを、誰にも言えずにずっと思っていたので、ここに書いておこうと思います。 あるいは妖怪ウォッチというのは、地縛霊のジバニャンさん(その場から動けない)が、周りの妖怪たちをひたすら観察(ウォッチ)するという、 そういう感じのアニメで [続きを読む]
  • みなかさんと年賀状
  • みなかさんテレビは見ないのでそっちのCMのほうは分かりませんが、ユーチューブとかで郵便局が必死に年賀状の宣伝をしているのを見ると、痛々しい感じがしなくもないです、みなかさんです。 時代錯誤というかなんというか、郵便局はみなかさん今まで一度も誤配とかなく、優秀だなと思いますが、多額の広告宣伝費をかけ、配達のバイトの人に販売ノルマ課してまでさばこうとする意味あるのかなというか、 そろそろなんかこう、廃れつ [続きを読む]