JE2LUZ さん プロフィール

  •  
JE2LUZさん: LUZの熊野古道案内
ハンドル名JE2LUZ さん
ブログタイトルLUZの熊野古道案内
ブログURLhttp://je2luz.exblog.jp/
サイト紹介文熊野古道・浜街道の脇に住む、JE2LUZの目で見た熊野を綴ったブログです。
自由文 単なる宣伝では無く、少し皮肉れていたり、舞台裏を書いたりしています。
 同じ物もこうした見方もあると言うことを少し知らせたいのです。
 その後で歩く熊野路は少し変わって見えるかも知れません。
 9年ほど続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2013/06/15 21:31

JE2LUZ さんのブログ記事

  • 花火本部はどう読むのかな?
  •  8月17日熊野市の天気予報時間0時3時6時9時12時15時18時21時天気曇り曇り弱雨弱雨弱雨晴れ晴れ晴れ 非常に読みにくいものです。 5時ごろに会議が招集され決められると思うのですが、そのころから雨… お昼過ぎからは晴れて夜も花火の開催時間は晴れですね。 曇りではなく晴れですから決断して決行かな?  これを書いているのが、16日の23時です。 いつもなら家の前の国道には露天商さんの車が到着して浜へ荷物の搬 [続きを読む]
  • 熊野の旅 花火大会準備 IVUSA
  •  熊野大花火大会の準備も着々と進んでいます。 堤防の上には桟敷が組みあがっています。 この桟敷の数は確実に減っているようです。 桟敷を組む権利は、既得権のある人の灯台限りと言う県の方針があるので、減るのが自然なのです。 そして、観光協会の旧消防署前の桟敷は組むのをやめて、移動用のいすを並べるように変えたので設営も撤去も早くなっています。 以前にリースの椅子にした方が良いのにと提言したこともあります [続きを読む]
  • 書きたくは無いけど・・・  住民の安全はどこへ????
  •  今年も花火の準備という口実で、作業が終わった夜の浜のゲートは開けっ放しです。 このゲートは津波対策で閉められており、普段は住民の協力できちんと閉まっています。 台風と違い、津波は予告無しで襲ってきます。 私の部屋から一番近いゲートの走っていって締めるのに最低5分かかります。 7箇所締めていたら完全にアウトになっちゃいます。 「防災」って大切にして欲しいです。 たいして時間も手間もかからない話です [続きを読む]
  • 熊野の旅 熊野の物産
  • 今から来る人、帰る人… お盆休みが分散しているようです。 ずいぶん大勢の人が帰って行ったようです。 やっぱり、長期休暇などと言うのは少ないようですね。 スーパーも思惑通りには売り上げが伸びていないようです。 普段見かけない人も結構いるのですけどね。 もう少し消費が増えると助かるのですが… 売り場を回っても、「熊野の食べ物」ってない感じです。 「名物」と言われても、意外と食べる人が少ないんです。 「 [続きを読む]
  • 熊野の旅 日照不足
  •  この辺は空梅雨だったし、それからもさほどの天候不順はありませんでした。 関東から東北に掛けては完全な日照不足を起こしているようです。 思い起こせば、随分前に冷夏があり米不足を引き起こしましたね。 平成5年(1993)です。 その年の7月に東北方面に出張があり、まだ騒がれる前だったのですが、関東から東北に掛けての水田の稲の色がおかしいのに議員一同気が付きました。 「イモチ病」寸前の様相でした。 そ [続きを読む]
  • 熊野の旅 負動産がトップ記事に
  •  もうずいぶん前から、熊野などの不動産は、売れないどころか相続さえしてもらえない…と言うことを書いてきました。 そして、熊野市に言っても、「そうした土地は物納でも受け取らないし、寄付されても受け取らない」と言う見解が出てきています。 それでも、「固定資産税」はかかってくるのです。 まさに「負動産」になっているのです。 この実態が、朝日新聞8月12日全国総合版のトップ記事になりました。 一時期ブーム [続きを読む]
  • 熊野の旅 お盆だけど…
  •  お盆用に作られた「山の日」がお盆休みの始まりなんだそうです。 だから、飛行場も高速道路も新幹線乗り場も込み始めたようです。 日本ではちょっとした連休でも人が動きますね。 ヨーロッパの「サマーバカンス」のような休みの取り方はないですね。 昔、「リゾート法」が出来た時、一番最初に指定されたのが、三重・宮崎・宮城でしたっけ? その三重県の中で、尾鷲と熊野が重点地区に指定されたんです。 もう、皆さん忘れ [続きを読む]
  • 熊野の旅 熊野大花火大会
  •  あと一週間で花火です。 天気予報があまりよくないですね。 今年は梅雨がなかったり、台風が消えなかったり… この辺は大したことないですが、各地で豪雨とか… ここに来て、関東や東北で「日照不足」だ問題になっていますね。 そんなおかしな気候ですから天気が安定しません。  17日まで悪いのだとか… 低気圧の動きが少し早ければ晴れるでしょう。 でも、16日の夜も晴れないと、前夜祭・三丁目夜店が困りますね。 [続きを読む]
  • 熊野の旅 山の日 お盆帰省
  • 海の日があるのに山の日がないのがおかしい・・・なんて理屈と、8月に休日がないというのとで出来ちゃったのが8月11日の祝日です。 東京を除くと全国的に月遅れの8月お盆ですから、いろんなところはこれがなくても休みになっていましたね。 11日と言うことで、帰省するきっかけにはなるのでしょうね。 田舎では初盆の家では7日からお盆に入っていますけどね。 昔はお盆になると帰省者で田舎の家は大勢所帯になったもの [続きを読む]
  • 8月9日11時02分
  •  8月6日の「広島原爆の日」は大々的に扱われる割に、抑え気味になるのが8月9日の「長崎原爆の日」です。 日にちが近いのと二番目と言うことなのでしょうね。 同じように原子爆弾と言われても、広島のは「ウラン235」の「ウラン型」であり。長崎のは「プルトニウム型」と別物です。 破壊力は長崎のプルトニウム型の方が1.5倍大きいと言われていますね。 今では原爆はプルトニウム型みたいですね。 その、プルトニウ [続きを読む]
  • 熊野の旅 月例 広報くまの 8月号より
  •  広報くまの8月号が配られました。 今月号で目を引いた?のは裏表紙です。 そこは一歳児?の指定席で何名かの写真が並んで居たのですが、今月号はたった一人です。 希望者だけを乗せるにしても・・・ 生まれるのは年に100人ほどですから、月平均8人ほどのはずですが・・・ 記事のスペースが増えたなんて喜んでいられません。 その生まれてスペースの記事の一つに・・・ 「熊野古道トレイルランニングレースを開催します」とい [続きを読む]
  • 熊野の旅 火祭り
  •  この辺では「火祭り」がいくつかのこっています。 有名なのは「那智の火祭り」「新宮のお燈まつり」でしょうね。 「紀和の火祭り」は途絶えていたものを復活させたものです。  「柱まつり」という、紀和の火祭りの本体は、20m程の杉の丸太に竹籠をぶら下げ、それをめがけて松明を投げ入れるものです。 今の籠には花火が仕込まれていて、松明が入ると花火に点火されるのです。 この形の火祭りは熊野川流域に結構広く存在し [続きを読む]
  • 熊野の旅 紀和の火祭り 雨降らずにできました
  •  台風5号の余波と言うより影響でこのところ、このへんだけが雨降りが続いていたし、予報では土曜日は朝雨、ヒル曇り、夕方雨・・・なんて予報でした。 少しくらいの雨なら欠航すrと言う話は聞いていたのですが、雨になるとやっぱり本当ではありません。 予報通り、朝には雨はあったのですが、昼間が晴れになり、夕方になっても大丈夫でした。 開始が18時なので時間を合わせて走り、会場の駐車場に着いたのがジャスト18時でした。 [続きを読む]
  • やっぱりね
  •  先日少し触れたかな? 「防災公園野球場」のグランド本体の工事が始まります。 先日の臨時議会で「入札の承認」を行い、着工されました。 ただ… その工事の内容には少し疑問も… 山の頂上で遮るもののないグランドです。 そこに、フェンスを立てネットを張るのです 何度か見に行ったり、議会で視察したりしましたが… 「ショートフライがホームランになる」などと言うブラックユーモアが出るほど風が強いのです。 そこ [続きを読む]
  • 熊野の旅 この週末…
  •  前から書いていますが、この週末、5日土曜日には「紀和の火祭り」、6日日曜日には「響鼓in熊野」があります。 両方とも熊野市では大きな部類のイベントです。 しかし、台風5号が想定外の経過をたどって、週末には南九州へ来そうです。 あの位置でも今回の台風だと影響がある可能性が強いです。 紀和の火祭りは降られるとできません。 そして、延期となると、お盆に入るし木本の花火もあるし…普通のイベントと違い、予備 [続きを読む]
  • 熊野の旅 飛鳥郷人会
  •  今日は久しく開かれていなかった「飛鳥郷人会」があります。 この会は、旧・飛鳥村出身者で結成されたもので、奈良県の桜井市などにもあったのですが、こんなに近い市内であるのも珍しいでしょうね。 飛鳥村は「評議峠」越えの時代でも、木本からそんなに遠い所ではありませんでした。 国道42号線は飛鳥を通って、矢の川峠越えで尾鷲を結んでいるし、飛鳥・佐田から分かれる169号線は叔母峰越で桜井・奈良を結んでいるし [続きを読む]
  • 熊野の旅 点いたけど…
  •  完成?しても、一向に点灯しなかった、駅前から亀齢橋までの新しい街路灯に電気が供給されて明かりが灯りまっした。 早速見に行って写真を撮ってきましたが… 私が心配したのは、柱が低く粗利の場所も低いのでドライバーにとってまぶしくないか…と言うことだったのですが… 「安心してください! 履いてます!」…ではないですが…  「安心してください! 暗いです!」 ものすごく光を抑えた火屋になっているので、まあ [続きを読む]
  • 熊野の旅 井戸町松原竜宮さん
  •  7月中頃から続いて来た夏祭りは、今夜の「竜宮さん」で大体終わりでしょう。 この祭り・縁日は松原の山の上にある「竜宮さん」の祭りです。 「竜宮さん」って、ほかではあまり聞きませんね。 ここの夜店では抽選があり、結構いいものが当たるんです。 空くじなしだったと思います。 ただし… 山を登ってお参りしないと抽選権がもらえません。 高さにして30mほどかと思うのですが、ちょっと億劫… 去年は登り口の手前 [続きを読む]
  • 熊野の旅 熊野大花火大会交通円滑化協議会
  •  表題の「熊野大花火大会交通円滑化協議会」と言う長ったらしい名前の団体、知ってますか? 実は私も日曜日に熊野文化交流センターに貼ってあるポスターで初めて知りました。 まあ、知らないはずです。 母体は「国土交通省中部地方整備局紀勢国道事務所」なんだそうです。 目的は表題の通りでしょう。 組織的には広域で会長は「熊野市観光協会長」だそうです。  会員は…  熊野市・尾鷲市・熊野警察署・尾鷲警察署・熊野 [続きを読む]
  • 熊野の旅 夏枯れ
  •  もうすぐ、8月です。 昔から商売の方では「ニッパチ」と言うのがあります。 2月と8月は調子が悪いと言うことです。 2月は正月明けだし、8月はお盆明けと暑さでしょうね。 このように、八月って商売にはよくないようですが、熊野古道ももう一つよくないようです。 なにしろ、峠道を越えて歩くのですからね。 「熊野古道は峠道… 歩きとおしたその時が… きっと私の独り立ち…」 水森かおりちゃんは歌っていますが、 [続きを読む]
  • 熊野の旅 花火と交通規制
  •  そろそろ花火が近づいて、花ではブルドーザが浜ならしをしています。 毎年なんですが、この作業の邪魔な場所取りテープがあるのですが、今年は私が見た時にはなかったです。 花の場所取りは実行委員会が「危険ライン」「一般席」「有料浜席」「通路」「露天商区域」などを指定してからです。 これはずっとそうなのですが、それでも、守らない人がいるのです。 ブルで踏みつぶすのですから無しにしちゃえるのですが、ビニール [続きを読む]
  • 熊野の旅 役所の職員配置
  •  「役所仕事」と言う言葉があります。 昔からあまり良い風には使われていません。 「融通が利かない」「仕事が遅い」果ては「やる気がない」と言う意味まで持たされています。 確かに民間に比べると組織の構造が、良い風に言えばしっかりしている、悪い風に言えば形式に縛られているから、個人の才覚や配慮が介入しにくいものです。 最近は、「忖度」なんてのが役所の中にも入り込んだようですが、それが、住民・国民の心情や [続きを読む]
  • 熊野の旅 防災公園野球場
  •  7月31日に熊野市議会臨時会があります。 この議会には二つの議案と一つの報告事項が上程されます。 市議会には年に4回の定例会があり、通常の審議事項はそれに掛けられますが、その間に、本来は議会の議決、承認を必要とするべき事柄も起きてきますが、手続き上、間に合わないときは、「市長の専決」で実行し、後日議会の承認を得るという手法も認められています。 以前に、議会とうまくゆかない市長が全く議会を開かない [続きを読む]
  • 熊野の旅 紀和町も大変だ
  •  今は熊野市ですが、10年余り前までは紀和町は独立した自治体、南牟婁郡紀和町でした。 さらに前は、西山村・入鹿村・上川村でした。 この一帯には銅山があり結構古くから栄えたところだったようですが、昭和30年代に入り鉱山が閉鎖されると、平地もないところですから、一気にかそかが始まり近年はそれに高齢化が加わっています。 入鹿村の中心だった板屋以外は山間部の小さな集落が点在しています。 種楽が離れ離れだけに [続きを読む]
  • 熊野の旅 エカテリーナ
  •  夜になっても温度が下がらないことが多くなっています。 PM21:00 28.5℃ 77% これが24日夜の季候です。 夜中になっても下がりそうな気配はありませんね。 ロシアの女帝エカテリーナさんは「夏の宮殿」「冬の宮殿」を用意されましたが、私にはこの家しか無いし・・・ 飛鳥に「夏の宮殿」を買うのなら百万も要らないのでしょうね。 でも、冬は住めない「夏だけの宮殿」になりますが・・・ などと言うと、叱られますね。 この [続きを読む]