JIMMY さん プロフィール

  •  
JIMMYさん: Breezeの東
ハンドル名JIMMY さん
ブログタイトルBreezeの東
ブログURLhttp://jimmy5555.blog.fc2.com/
サイト紹介文タイの美少女イラストです 音楽の話や料理の話と おいしい科学もオヤツにどぞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/06/16 01:45

JIMMY さんのブログ記事

  • トルティーヤを買ってきたからタコスにしよう
  • 日本にもって帰ったお土産の紹介。チッドロムのセントラルデパートに行ったら27センチ(10.5インチ)の大きさのトルティーヤが売っていた。普通のサイズの倍くらいかな。6枚入って165THBこれだけじゃあ少ないかもしれないので、ウドムスックのマックスバリューでも6インチのトルティーヤを購入。50THBくらい。これを日本に帰るお土産にします。トルティーヤというのは、メキシコ料理で使うパンの一種です。トウモロコシの粉を石灰 [続きを読む]
  • 絵ブログ:春の風
  • タイは一年で最も暑い季節。この季節だけは、是非にも日本で過ごしたいと思う。  会えなくてまたひとつ   さみしさからの風が吹いた    肩に手をのせるような     君のやさしさに似て  ・・・・  ・・・・ いつまでもいつまでも  君とぼくは春隣   流れゆく月日さえ    愛しいと思える      〜「春隣」熊木杏里[That day/西村由紀江 ]******************************************************** [続きを読む]
  • 若い娘の肌に赤い斑点ができた
  • 知り合いのタイ人の娘さんがお肌に赤いブツブツが出来たというので、相談にのってあげた。どうもアクメらしいが、化粧品も関係しているようだ。日本人の女性の肌は敏感で柔らかいと言われている。タイ人の若い女の子の肌は日本人に似ているようだ。少し黒くなるのは暑い国だから仕方がないのだが。暑いせいで代謝もいいから、もち肌になる。肌の老化も早くなる。欧米人の肌はゴツゴツして毛穴が大きいと言われている。これは寒さが [続きを読む]
  • アズキは血圧も下げるしガンにも効くらしい
  • 日本からわざわざ持ってきた商品に「北海道産とよみ大納言」というアズキがある。富澤商店で買ったら397円/200g。(約122バーツ)パラゴンで売っていたタイ産の小豆は45バーツ/500gだった。200gに換算して18バーツである。日本産は約7倍も高いことになる。値段だけ見ると日本産は相当にコストが高いことになるのだが、アズキというものは値段に比例するという性格がある。つまり高いほど美味しい。これは海苔と同じですな。お買い [続きを読む]
  • サケオの絨毯
  • タイ王立軍の友達から「サケオまでドライブするが一緒に行かないか」というメールが来た。サケオというのは、カンボジア国境のあるアランヤプラペート/ポイペトである。ビザランをする人にはお馴染みの町であるが、別にビザランをしようということではない。この町は絨毯の産地でもあるので、見に行こうということである。最近はビザランは規制が厳しくなったとは言うものの、まだ往来は多い。アランヤプラペートには行きはよいよ [続きを読む]
  • ウドムスックのスペイン料理「La Taska」
  • ウドムスックのご近所探検シリーズも第6回目である。第1回目 ウドムスックのマッサマンカレー第2回目 ウドムスックのローカル飯屋第3回目 ウドムスックのステーキラオ第4回目 ウドムスックの森の中のカフェ「ルート66」第5回目 ウドムスックのバーンチャーンのカツカレーコンドから見下ろした先に気になる一角があった。すぐ近そうなので、今日はスクンヴィットのソイ101/1に行ってみる。途中は自動車部品屋さんとかしかないので、 [続きを読む]
  • ウドムスックのバーンチャーンのカツカレー
  • ウドムスックの西側(ソイ66側)を探索してみよう。スクンヴィットのソイ66/1という道がある。ずっと先まで行くとソイ64につながっているから、抜け道として使われている。以前スクンヴィットが大渋滞していた時、オン君の運転でこのソイからバンチャックの裏に抜けて、そこから高速に入ってラムカウヘンまで北上するという抜け道にしたことがある。ソイ66/1はスクンヴィット通りからは、ホンダのディーラーの横から入る。入り口に [続きを読む]
  • ウドムスックの森の中のカフェ「ルート66」
  • ウドムスックは、バンコクでも郊外なので物価も安い。市場のまわりのお店では、大体どんな料理を注文しても50バーツ前後である。しかし屋台に毛の生えたような店ばかりなので、衛生感が苦手な人にはダメだろう。?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ? ?? ??そんなウドムスックだが、小奇麗な店が皆無ということではない。グーグルマップを頼りに探したこのお店。スクンヴィットのソイ66にある。 [続きを読む]
  • ナナのメキシコ料理『The MEXICAN』
  • 今日は『The MEXICAN』に行ってみる。店名がそのままのメキシコ料理店。スクンヴィット・ソイ2だからナナとプルンチットの中間になる。マリオットホテルから300mくらい奥のほうに進んだところになる。********************************************************重厚な扉を開けると、「オラ」と声がかかる。「オラ悟空だ」のオラを連想してしまった。入り口にはドクロがお出迎え。ドクロのバックには死んだ女の絵。死神?かなり厨2 [続きを読む]
  • ウドムスックのステーキラオ
  • ウドムスック通りを歩いて行って、ソイ14の先に屋台などが途切れたあたりに、ウドムスックにしては小奇麗なビルがある。ベビー用品や飲食店の入っているビルであるが、ここにステーキラオが入っている。ウドムスックのタイ飯屋にしては、小奇麗なオシャレなお店である。総ガラス張りなので、外を見ながらご飯を食べることになる。********************************************************メニューを持ってきてもらう。英語が添え [続きを読む]
  • タイで売ってるHDDは不良品が多いのか
  • 1年前の事。PCのハードディスクから異音が発生するようになったので、パンティッププラザにHDDを買いに行く。シーゲートの2TBで約3000バーツ。1万円近い値段。HDDはタイで生産しているはずなのに、日本で買うよりずっと高い。恐らくは日本の方が流通が多いので価格が安くなるのかもしれない。PCを開けてHDDを組み込む。OSの入れ直しは、リカバリーディスクがあるのですぐに完了する。いくつかのソフトを再インストール。続いてデー [続きを読む]
  • ウドムスックのローカル飯屋
  • ウドムスックを街歩きしてみる。BTSからウドムスック通りに出ると、ひたすら屋台が続く。最初はいろいろな売店屋台が続く。市場から先はおかず屋台。このあたりはソンテオ乗り場になっているので、おかずを買って帰る人でごった返している。20バーツから40バーツくらいだから、一人分が60バーツもあれば十分な量になる。辛いかどうかを聞いても良いが、適当に買ったところでそれほどの破格値段という事もない、ミニBIC-C(大きいの [続きを読む]
  • JBLのスピーカーはエッジがやわだ
  • JBLのcontrol5というスピーカーがある。廉価版のJBLとして1987年に85,000円で売り出された機種である。16.5cmウーファーとドームトゥイーターからなるコンパクトスピーカーである。[control5]モニターとして使用するには適当な大きさであり、木製のボックスに比べて移動やセットが容易なポリプロピレンのエンクロージャーになっている。しかし移動しやすいという事は、壊れやすいという事になる。このスピーカーはエレクトロボイス [続きを読む]
  • 梅の花が咲いている
  • バンクーバーの話はひとやすみ。日本の話題に戻ります。ふと気がつくと梅の花が咲いている。偕楽園のような花の名所の話ではなくて、横浜の近所の庭先です。今年の冬は寒かったせいか、例年より少し遅いですね。また今年も始まるという気がしてきます。JIMMY 最後までおつき合いありがとうございますタイブログのランキングに参加してます。下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 肉じゃが。いかが
  • 男爵を198円で買ってきた。これでひとつ肉じゃがでも作りますか。肉じゃがというからには、牛肉、たまねぎ、人参、しらたきも加えましょう。軽く炒めて、アク取りシートをしいて、柔らかくなるまで煮ていきましょう。あ。ジャガイモが煮崩れないように、かき混ぜない。砕けるとでんぷんがえぐくなるからね。********************************************************ここまでは、適当でも大丈夫。これから先がいろいろ工夫の見せ [続きを読む]
  • 菊秀で爪切りを買ってタイに持っていく
  • タイに持ち込むお土産のひとつに、「爪切りハサミ」がある。ハサミなんだから、スーパーでも通販でも買えば良さそうだけど。そうはいかないのが、爪切りハサミである。まずは、爪を切るだけなら「爪切り」でいいじゃないかと思うかもしれないが、爪切りでは爪がどこかに跳んでしまうし、切り跡も奇麗ではない。刃がなまくらだと切った跡がギザギザしてしまうので、やすりをかけるしかない。[爪切り]「ニッパ型」の爪切りでは硬い爪 [続きを読む]
  • コーヒーは日本産に限る
  • 「コーヒーは日本産に限る」ってたって、そもそもコーヒーはアラビア産か南米コロンビア産じゃあないかというツッコミは置いといて。タイで売っているコーヒーをいろいろ試してみたんだが、スタバァは出がらしコーヒーだし、マクドォなんてコーヒーじゃないな。Segafredoのエスプレッソは苦いだけで味が無い。BONCAFEも香りに欠ける。なんとか飲めるというレベルではSUZUKIコーヒーかUCCくらいかな。[アラビカスプレモ@SUZUKIコー [続きを読む]
  • タイのお土産はステンレスの鍋です
  • サイアムパラゴンでIHヒーターを買ったら、オマケで27センチの大型鍋が付いてきた。フタはガラス製で、だいたい5Lサイズだから土鍋に匹敵するサイズである。土鍋と違って、卓上のIHで温めながら使えるという事なので、結構便利そうである。使わずにしまっていたが、あるとき実家に電話をしたら、是非にも欲しいということなのでタイからのお土産にします。タイではショッピングセンターに行くとよく展示してあるのだが、2000バーツ [続きを読む]
  • TRUE-Hのネット使い放題
  • ウドムスックのコンドには電話回線が引かれていないのでインターネットを使うことができない。今までのコンドは、ADSL回線でネット接続に748バーツ/月かかっていた(TOTが107バーツ+TRUEが641バーツ)これはこれで速かったと思うのだが、電話回線が引かれていないことには使うことができない。ここのコンドに使われているWi-Fiは10Mbps/1Mbpsで590バーツ/30日、150バーツ/4日となっている。速いのは速いが、いずれにしても室内以外 [続きを読む]
  • 初エアコン
  • バンコクも急に暑くなった。ウドムスックでも初めて30度を超える。室外で33度、室内で30度。今までは扇風機だけでも十分なので、全く使わなかったのだが。いや〜夏が来ましたーーーと、いうことで今年初めてエアコンをつける。でもつけたら寒くなったので、1分で終了。********************************************************ラチャダムリに居たときは、エアコンを年中使っていたような気がする。ラチャダムリは外を歩いていて [続きを読む]
  • ステブストン路面電車Steveston Interurban Tram
  • モンクトン通りのステブストン・コミュニティセンターの一角が、広い公園や学校施設になっており、この場所には線路がまだ残っています。この線路はSteveston Interurban Railwayの跡です。近くにあるステブストン交通博物館「Steveston Interurban Tram Building 」が開いていたので入ってみます。9月〜6月は土日だけ10:00〜16:00、7月〜8月は月曜定休の連日に11:00〜17:00開館説明プレートを読むと、「このステブストン路面電車 [続きを読む]
  • 革のグローブを買ってみる
  • NIKAIDOを出ると、「Steveston Marine and Hardware」というお店がありました。釣り道具、大工道具、船舶道具、ボート、船外機まで海洋道具一式を扱っているストアです。ここで、革のグローブを発見。グローブと言っても野球のそれじゃあなくて、日曜大工のグローブです。これを探していたんだがなかなか無くって。自動車の整備をしたり、大木を持ち上げたりする時に使います。あと、冷凍庫や液体窒素を扱うのにもいいものです。軍 [続きを読む]
  • NIKAIDO紅茶店
  • モンクトン・ストリートを歩いていますと、「NIKAIDO」というお店がありました。日系のお店のような名前だけどオーナーはカナダ人のサラ・コッカーさんです。元は英国人と日本人の夫婦によって日本の商品を扱うお店として歴史を刻んでいました。1912年の大火災で残った日系商店の歴史的建造物を保存しつつ、当時は2階に商店が合ったところから、二階堂という日本語をお店の名前にしたという事です。***************************** [続きを読む]
  • ステブストンのAdorbellaでティータイム
  • ステブストンのモンクトン・ストリートを3rdアヴェニューに行ってみる。そこは小さな民家。「Adorbella」という紅茶専門のティールームです。[Adorbella]****************************************************とても丁寧に丸くカットしたパンに、クリームチーズとサーモンをはさみ、それを組み立てて、薄く切ったスモークサーモンをトッピング。まわりを薄切りの胡瓜でラッピングします。すこしだけ、ディルの葉を添えましょう。 [続きを読む]
  • オシャレなモンクトン通り
  • ステブストンに出かけます。ステブストンはリッチモンド市の南側。フレーザー川に開けた漁港です。まずはリッチモンド・ブリッグハウス駅のそばのラマダ・リミテッドホテルからバスで向かいます。バス停はウェストミンスター・ハイウェイとアルダーブリッジ・ウェイWestminster Hwy FS Alderbridge Wayの交差点にあります。ハイウェイと言っても高速道路や高架道路ではなくて普通の道路です。[Westminster Hwy]ここで401番のバスに [続きを読む]