やす さん プロフィール

  •  
やすさん: 震災から2年 東北太平洋側を巡る旅
ハンドル名やす さん
ブログタイトル震災から2年 東北太平洋側を巡る旅
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/don_2013/
サイト紹介文東日本大震災、その後の東北地方の今 被災地はどうなっているのか、自分の見てきた事を伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/06/17 04:04

やす さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2度目の東北への旅 7日目 大塚稲荷神社
  • Am12:10数100m 北西に進むと、真新しい神社があった。先ほど、お母さんから話を聞いている最中に、賑やかな神楽の音がしていて、ちょうどこの日に、新しい神社が建立されて、神楽が出ているのだそうだ。真っ白なのぼりも風を受けて、なんだか誇らしげに見える。車が沢山止まっていて、集会場のようなところには、大勢の人がいた。お祝いで、お酒でも飲んでいるのかな?地元の人にとってはお祭りみたいなものなのだろう。とても賑や [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦近くで出会った農家のお母さん
  • Am12:00松川浦の下側を西へと進む。この辺りは、松川裏へ注ぐ川がいくつも在り、川を越えるには県道74号線に戻るしかない。いくつかの川を越えた辺りで、県道を離れ松川浦よりの道に入る。すると、今までとちょっと違う光景に出会う。道路の右側は、見渡す限り何も無い。しかしそのちょっと先には、今まで見たところとは違う土の色のところが・・・綺麗に土が整地されている。道路の左側は、綺麗に槌を整えていて、ビニールハウス [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の下側の橋
  • Am11:50松川浦の下側を西へと向かってを走っていく。県道より少し松川浦よりの道で、野川という小さな川を渡る橋の先で車を停めた。橋の欄干は、壊れてなくなっていて、周りのコンクリートが崩れているところもある。それでも、この道は、県道74号線から先ほど行ってきた松川浦の海側への重要なルートのようだ。壊れかけた細い橋を、ひっきりなしに大きなダンプカーが通り抜ける。この橋だと、ダンプカーはすれ違えないだろうなー [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦のすぐ下
  • Am11:45松川浦の下へと戻ってきた。この辺りには、震災の傷跡が色濃く残っている。建物の土台の跡が、いくつもある。この辺りは、住宅地だったのかな?あちこちに建物の土台を残している。さらに進むと、建物の跡はポツリポツリとなる。その周囲には、見渡す限り原っぱが広がる。おそらくこの辺りは、畑とかだったのだろう。所々に大きな建物の跡がある。農家の家だったのだろう・・・・。ああ・・・・・たった1度の地震とその津波 [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の海側 流木処理施設?
  • Am11:36さらに来た道を南へと戻る。この辺りまで戻ると、道路の両側の陸地はかなり広くなってくる。海側を見ると、遠くで工事が行われている。あの辺りが堤防なのかな?松川浦川には、看板が立っていた。近づいてみると、流木処理施設 と書いてある。流木処理施設って、流木を粉砕したり、償却したりする施設なんだろうと思ったのだが・・・。しかし、施設らしきものは全く見当たらない。車を停めて、100mくらい先まで歩いてみた [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の海側 その2
  • Am11:28前回のポイントで折り返し、1度来た道を戻る。古い堤防がある。壊れた部分は取り壊して、無事だった部分は残しているのだろうか?周辺は、工事が行われた名残が・・・。あちらこちらで、工事が行われている。その西側はこんな様子。地図によると、この辺りは公園が有ったようなのだが、今となっては、全く判らない。野鳥とか沢山居たんだろうなー・・・。更に戻ると、高く盛り土されているところもある。未だ壊れたままの堤 [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の海側へ
  • Am11:20松川浦を囲んでいる海側のとがった陸地の先へと進む。細長い陸地は、さらに細くなり、そこから先は、道も細くなる。最先端まで行ってみたい気もするけど、道幅も狭くなり工事車両の邪魔になる事は避けたいので、余裕があるところに車を停めて、そこで引き返す事にした。この先は、海岸に真新しい消波ブロックがあるだけで、堤防は見当たらない。周辺に、瓦礫はあるので、壊れた堤防を取り壊して、これから新しく造るのだろ [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の南 その2
  • Am11:10前回のポイントから、少しだけ北へ進む。この辺りは、前回来た時と、あまり変わっていない様子。いたる所に壊れた建物の土台が残っている。工事のパワーシャベルが見える。こうして少しづつ、土台を取り壊して、土で埋めているんだろうね。少しづつ先に進んでも・・・壊れた建物の跡が、続いている。進んでも、進んでも・・・・これだけ広い区域に、相当数の建物があったようだ。その1つ1つに人達の暮らしが有ったんだよね [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 松川浦の南
  • Am:10:50道の駅 そうま を後にする。最終日の予定としては、今回の旅は福島をじっくり見ると言う事なので、宮城との県境まで行こう。相馬市は、福島の南の端なので、松川浦の南にある相馬港のすぐ南が県境だ。帰りの時間も有るので、2時くらいまでに松浦浦を周って、相馬港まで行きそこで折り返すことにしよう。Am11:00昨日は、日が暮れて写真も上手く取れていないので、昨日最後に訪れた辺りから、海側に近づく。行こうとした道 [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 7日目 最終日の朝 道の駅 そうま
  • Am 8時過ぎ。目が覚める。昨夜は、軽い装備でも、寒さで目が覚めることも無く、ぐっすり眠れた。朝の道の駅の様子ここも、朝から地元の人が大勢来ている。さっそく朝食を物色しに、食堂と物産店へ・・・・。物産店で、美味しそうな地元のおにぎりを購入。それを持って、食堂で食べることにした。ここの食堂は、前回来た時に、気まずい思いをしたので、お詫びのしるしにいくつか注文。前回のご婦人は、居なかったようだ。前回の記事 [続きを読む]
  • 2度目の東北への旅 6泊目 この旅最後の宿泊地 道の駅 そうま
  • Pm10:10道の駅 そうまに戻ってきた。この旅の最後の夕食にふさわしい、福島ならではの美味しい夕食を堪能できた。後は、未だ時間も早いので、夕食の時にできなかった晩酌だね。近くのコンビニで、ビールを買い込んで、お腹はすでに一杯なので、つまみはお腹にたまらないものを少しだけだね・・・。この日の夜の最低気温の予想は前日と同じ8,9℃。しかしここは前日泊まった 川俣のように山間部ではないので、予想気温より大きく下 [続きを読む]
  • 過去の記事 …