mochicoschool さん プロフィール

  •  
mochicoschoolさん: モチコピアノスクール福岡 スタッフブログ♪
ハンドル名mochicoschool さん
ブログタイトルモチコピアノスクール福岡 スタッフブログ♪
ブログURLhttp://www.mochicoschool.com/blog/
サイト紹介文欧米のメソッドを取り入れたレッスンで子供の能力開発に取り組んでいます。レッスン、コンクール情報満載♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/06/18 18:35

mochicoschool さんのブログ記事

  • おさらい会のお知らせです
  • しだいに熱気を帯びている日本列島です。 来週末に運動会を控えている子供たちもいるようで、日焼けした姿でレッスンにやってきます。 窓を開けると涼しい風が入りますがレッスン中はそうもいかず、今年初めてエアコンを起動しました。 とはいえ油断して窓を開けて寝てしまって喉がガラガラになったりと、体調管理が難しい季節ですね。 さて、一学期の締めくくりとしてお馴染みのおさらい会。 日にち [続きを読む]
  • 一ヶ月トライアル 3~7歳向け
  • そろそろピアノを始めようかな、とお考えの方にぴったりのコースをご案内します。 一ヶ月トライアルでは4回の個人レッスンを通じて、お子様の反応、レッスン内容と目的、先生との相性を踏まえてじっくりご検討頂けます。 是非この機会にご利用下さい。 【カリキュラム】 3才からのピアノ ◯うた◯リトミック◯言葉とリズム遊び◯数と形の認識◯ピアノに触れよう◯絵本読み聞かせ 4~7才の [続きを読む]
  • 音楽専門コース 生徒募集
  • モチコピアノスクールではコンクールの受験、音楽学校への進学を目指している学生をサポートするために専門コースを設置しています。 特に難しい内容のレッスンではありません。 お子様に次の二点が備わっていたら専門コースを検討されてもよいかと思います。 ①ピアノを弾くのが好き。 ②一日一時間以上の練習時間を確保している。 1.【お問い合わせ】 お電話かメールで体験レッスンの日時をご [続きを読む]
  • GW チェロとピアノのコンサート
  • GWはいかがお過ごしでしょうか。5/2(火) チェリストのワン先生とのコンサートが無事終わりほっとひと息つきました。 お客様はお一人、お二人連れの方が多く、好きな方が気負わずにふらっと立ち寄って下さったようでした。 会場にはモチコ生の姿もちらほら。 ワンさんの音色に深く聴き入っ [続きを読む]
  • 真夏のめんたいワルツ 主役は君だ!
  • GWも後半戦へ突入!晴れ渡って気持ちいいお天気ですが、暑さが、またあの夏の暑さがジリジリと近づいてきています... ピアノ愛好家の皆様は稽古に励んでおられることでしょう。 昨日のあいれふホールのコンサートにはめんたいでお馴染みのメンバーが聴きに来て下さいました。 いつも本当にありがとうございます。 さて、一度は第10回で閉幕しようと考えためんたいワルツ。 10回目が盛況でありました [続きを読む]
  • 時には渋く、静かな夜を
  • チェロという楽器に皆さんはどんなイメージを持っているでしょう。 癒される、大人な感じ、艶っぽい、大きな楽器! ピアニストに様々な個性があるようにチェリストも十人十色です。 そんな中、今回猛烈にオススメしたいのが中国人チェリストのワンジミンさんです。 中国の大連に生まれ、若き日にはウィーン、カルフォルニア、東京と渡り歩いた名手。 伸びやかでほのかに渋 [続きを読む]
  • 第三回発表会は学び、遊び、味わう一日
  • この数日は肌寒い日が続いたせいか、桜並木はまだ色づいてはいませんでしたが、天気には恵まれて清々しい気持ちで会場入りしました。 演奏は年齢順に進み、最初はかわいい、かわいいパフォーマンスから。 舞台袖ではいつもと違うワクワク、ドキドキを楽しむ子供たち。 ところが、演奏が進むにつれてコンサートの風格が増してゆきます。 しんと静まり返る楽屋。 音の行方を真剣に追 [続きを読む]
  • ミナミちゃん ピアノは友達
  • ピアノを弾く姿がとても似合う年少さんの女の子。 ヴァイオリンやチェロなどは子供サイズの楽器を鳴らすことから始まりますが、それに比べてピアノは大きいですね。 でもこの日レッスンにやってきたミナミちゃんにとって、ピアノはすっかりお友達のようです。 先生との会話も弾んでなんだか楽しそう。 「いつも宿題以上のことをやってくるのがミナミちゃんなんです」と藤 [続きを読む]
  • レンくん&アイちゃん 息を合わせて
  • 発表会まであと3週間ほど。 だんだんレッスンにも緊張感が出てきました。 「発表会まであと何日だろう」 「今日弾いたのも良かったけど、もっとよくなるかな」 「今の演奏は何点だと思う」 先生のコメントも本番を意識した言葉に変わっていきます。 今日ご紹介するのはアイちゃんとレンくんです。 昨年に続いて兄弟揃っての発表会出演です。 それぞれソロを一 [続きを読む]
  • 音は生き物
  • 先日調律師さんと食事をしたときにピアノの部屋と音響についての話題になりました。 その話の中で井尻教室の音響は極めて珍しく他に日本では見たことがないとおっしゃっていました。 たしかにヨーロッパの石造りの建物で経験するような響き。 好き嫌いがあるかもしれませんが、ピアノの音だけではなく、部屋に反響する「響き」を含めて聴くことができる貴重な空間だと思います。 [続きを読む]
  • リオちゃん 今年はもっと表現したい
  • 年長のリオちゃんにとっては今年が2度目の発表会。 親御様のサポートのお陰で、とても安定感のある成長ぶりをみせています。 担当の先生が変わったことがありましたが、人懐っこい性格で今では先生たちみんなと仲良しです^^ 今日は手がふにゃっとならないように、手首の高さ、指が鍵盤に触れる角度、親指の位置など細かな指導が入っています。 発表会の曲は順 [続きを読む]
  • ユウマ君 年中さんの軌跡
  • 4/1の発表会に出演することになったユウマくんは、連弾曲の「ラブミーテンダー」に挑戦しています。 一年程前から通っている早生まれの年中さんです。 当時は個人レッスンを始めるにはまだ幼かったので、一緒に体験へ来たお兄ちゃんから先に始めるようにご提案しました。 その時お母様はユウマくんの音楽好きな素質を感じていらっしゃるご様子で「それでも、是非一緒にお願いします [続きを読む]
  • 3/18 第10回《めんたいワルツ》存続の行方は?
  • 当面の目標だった10回目の開催へこぎ着けました! 今回が盛況ならば、続行したいと思います。 昨日、今日と、お馴染みのメンバー数名と新参加者のエントリーがちらほらと。 楽しさだけで続いている企画。 一番の収穫は、いろいろな方がいろいろなスタイルで音楽と接しているんだと気がついたことです。 参加者の腕はめきめき上がっている模様で、それもまた結構なことです [続きを読む]
  • 発表会2017へ向けて始動!
  • 福岡では今年一番と思われる寒い日が続いていますね。 午前中はなかなか体があたたまらず、指先の動きもままならず... う〜ん、春が待ち遠しい。 今日までの3日間がお休みだったので、今年の発表会のことやこれからのスクールの展望について、あれこれ考えていました。 ホールで開催させて頂く発表会は今年で三回目を迎えます。 昨年に行ったイベントを振り返ってみると、三学 [続きを読む]
  • 開演!音楽の贈り物②
  • アンコールで登場したのはなんと、モチコ合唱団です! 世界の音を身近に聴いてみよう。一緒に舞台に立とう。低学年生たちに声をかけて、今回限りの合唱団をつくりました。 稽古は二回の合同練習と、本番直前のリハーサルのみ。 歌の最後に振り付けが一カ所、タイミングが揃うかな〜と不安でしたが、さすがモチコ生! 元気な声で、最高の歌声を披露してくれました。 [続きを読む]
  • 開演!音楽の贈り物①
  • さて、いよいよ開演クリスマスコンサート「音楽の贈り物」 トップバッターはナビゲ―ター役の西村さんからです。 ピアノとヴァイオリンの歴史から、楽器の基本的な構造まで分かりやすく解説しています。 実際にストラディバリや西村さんのヴァイオリンにも使われているイタリア産のスプルース材が登場し、お客さんは手に取って感触を確かめている様子。 [続きを読む]
  • リハーサル② イタリアから西村さん合流
  • 今日の夕方から西村翔太郎氏と奥様がリハーサルに合流。 遥々イタリアはクレモナからの旅路はドア・トゥ・ドアで30時間だったそうです。 これは体にこたえますね... しかし、さっそく警固教室のリハーサルに駆けつけて下さり打ち合わせです。 ご自身のパソコンで資料を見せながらヴァイオリンとピアノの歴史を辿り、二つの楽器の相性のよさを解説します。 これまでにも数々の [続きを読む]
  • みんなの本棚
  • 外の気温は4度。 今日は福岡にも冬将軍がやってきましたね。 寒い、寒い... 警固教室の本棚がリニューアルして、今話題のあの絵本も並びました。 部屋の真ん中には大きなパインの机がありますから、親御様や兄弟・姉妹で通っている生徒さんに待ち時間を有意義に過ごしていただいています。 絵本、折り紙、ワークブック、宿題をやったり。 コーヒー片手にタブレットでお仕事 [続きを読む]
  • ワン先生&めんたいメンバー、お疲れさまでした!
  • 11月は警固教室向かいのベニールカフェさんにて2つのコンサートが開催されました。 11/5 チェリストのワン先生がベニールカフェに初登場。 当日駆けつけて下さったお客さんも多く、超満員でも開演となりました。 ワン先生の音楽は大げさに訴えるところがなく、自然で耳に心地いい。 シニア層が目立つ客席は穏やかで、時折現れるチェロの歌の高鳴りに一緒に呼吸をしているよ [続きを読む]
  • 王基敏(ワンジミン)チェロ教室 生徒募集
  • 秋も深まり、あの奥深い音色が懐かしく感じる今日この頃。 チェロの歴史は長く、ベースを受け持つ楽器として常に重宝され、ソロでも特別な風格を漂わせるまでに発展しました。 映画「おくりびと」で静かな脚光を浴びたり、皇室ゆかりの楽器だったりと、出しゃばりはしないけれど、一目置かれる存在。 ピアノの詩人ショパンも、晩年のブラームスも特別な愛着をもったとか。 シ [続きを読む]
  • ピーターラビット展 福岡へ
  • 福岡県立美術館にピーター・ラビットの原画がやってくるとのこと。 教室の掲示板にちらしを貼っていると、お母様たちが懐かしそうにご覧になっています。 私も絵本の記憶と、食卓で使っていたマグカップの記憶が残っていますが、ストーリーについてはあまり... なんでも、いたずらっこピーターのお父さんは肉のパイにされたという設定。 それって、あまりにも恐くないです [続きを読む]
  • ショパンコンクール in Asia 課題曲 小1-2部門
  • 以前のピティナ課題曲をテクニック5項目で分析する、という凝ったブログ。 苦労しただけあって、たくさんの方にご覧頂けたようです。 今回はショパンと同時代の作曲家が課題曲で、どれもスタイルとテクニックの難しさは似ています。 5項目分析、いらないかな。 とは言え、知らない曲もあるので勉強のために一通り目を通してみましょう。 全国大会課題曲の難易度は軒並み高めだと思いますが、年中 [続きを読む]
  • まだまだやります!第9回めんたいワルツ
  • 続いています、福岡のピアノ交流会《めんたいワルツ》(ピアノ以外の楽器もOK!) 12月は忘年会が多くて忙しい、との声があったので例年より少し早めに11月19日(土)の開催です。 いつか、出てみようかと迷っているあなた! 今回こそ一歩踏み出すチャンスですよ。 今日は嬉しいメールを頂きました。 3月のめんたいワルツで「星に願いを」でデビューされた女性。 今回はなんと、お孫さん(4才 [続きを読む]
  • 福岡女学院の音楽入試
  • ピアノが受験科目になる中学校があること、ご存知ですか? 音楽科を有する福岡女学院では、中学入試で音楽、国語、算数の3教科受験を3年前から実施しています。 3歳からピアノ教室へ通い始めたとして、小学校6年生まで続けた場合、そのピアノ歴は9年。 その道のプロになるには、 1万時間の訓練が必要という説があります。 一日3時間を10年間続けた場合の練習時 [続きを読む]