まー さん プロフィール

  •  
まーさん: ゆ〜る・じゃぱん!
ハンドル名まー さん
ブログタイトルゆ〜る・じゃぱん!
ブログURLhttp://yurujapan.blog.fc2.com/
サイト紹介文「クールジャパン」ならぬ「ゆ〜る・じゃぱん!」暮らしの中に隠れた日本の香り・文化をゆる〜く綴ります。
自由文まーさんです。
息子と夫と私、考え方も行動もてんでバラバラな3人で暮らしています(笑)でも仲良しです。

読書・映画・音楽が好き。芸術鑑賞、外国語、旅行も好きです。「ゆ〜る・じゃぱん!」では、日本大好きまーさんが、日常に潜む日本の香り、日本文化をゆる〜くすくい上げてお伝えします。

日本人が世界に発信できるものは何か、考えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/06/19 11:19

まー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『あなたへ』〜人はたった一人きりで”在らしめられ”ている〜
  • 人は、偶然に物事に出会うのではありません―――このところずっと、漂泊の俳人・種田山頭火について、考えていました。人間の、出会いと別れについて考えていました。生きるとはつまりどういうことかを、考えていました。そして昨日、ふとひらめいて映画『あなたへ』(監督・降旗康男、主演・高倉健)を観ました。この中に、一つの答えがあると、感じました。          ◇映画のあらましです。富山の刑務所で技官を務め [続きを読む]
  • 小寒を過ぎて
  • 小寒を過ぎ、先日七日は五節句の一つにあたる「人日(じんじつ)」この日は毎年恒例、春の七草粥をいただきました。緑が鮮やか、春の香り。漬物に佃煮、ゴマ塩をなども。疲れた胃を休めるはずの食卓に、なぜか煮込みハンバーグ(笑)ところで今日一月九日は、ワタクシの母の命日にあたります。亡くなる直前、冷蔵庫に春の七草を用意していた母。急な入院だったため、粥は作られることなく材料はそのままに彼女は幽明境を異にしまし [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 皆様、明けましておめでとうございます。年末に訪れた富士山\(^o^)/昨年は忙しさに取り紛れすっかりブログがご無沙汰となってしまったまーさんですが(汗)にもかかわらず、見捨てることなく変わらずご訪問くださった皆様、本当にほんとうにありがとうございました!!今年はもう少し意識してPCに立ち向かい(謎)”ゆ〜る・じゃぱん”なあれこれを綴っていけたらと、新年にあたり小さく決意したまーさんであります(笑)どう [続きを読む]
  • 今年の十五夜
  • 9月も今日で終わりです。黄味がかった日ざしと風の冷たさに、秋の風情を感じます。さてだいぶ時が過ぎてしまいましたが、先日の日曜日は中秋の名月、十五夜でした。翌日にはスーパームーンも見られ、皆さまもきっとご自宅で、あるいは出先で美しい月を眺められたことと思います。雲間からのぞく十五夜の月。お供え物。今年はちょっと質素です・・お団子、手作りしませんでしたが息子のチョイスで可愛いうさぎの饅頭を購入。ススキ [続きを読む]
  • 重陽の節句
  • 台風の影響で関東は記録的な豪雨に見舞われ、甚大な被害が出ております。一刻も早く天気が回復しますよう、また皆さまが無事に過ごされますようお祈りするばかりです。さて、昨日は重陽の節句でした。日本の伝統行事の中でもとりわけ風情を感じまーさんが楽しみにしている行事です。もちろん、平安時代のように一大イベントとして執り行うわけではないのですが、家族で菊花を愛で、花びらを浮かべたお酒を嗜み、ゆるりとした気分で [続きを読む]
  • ほぼ計画ゼロの旅行―群馬・長野・山梨―
  • 今日で8月も終わりです。夏の終わりはいつも、そこはかとない寂しさを感じますが、ここ何日かすっかり涼しくなって、もう秋の気配があちこちに漂っております。先週の水曜日。今年は仕事が忙しく、夏休みの取れなかった夫が急に「明日旅行に行く??」と言い出しました。え、明日・・・???しかも今は夜の8時なんですけど・・・(@_@)が、それを聞いた息子は「行くっ!!」と即答(笑)というわけで、急きょ木曜から一泊で旅行 [続きを読む]
  • 『親業』という視点〜私と息子、そして私と父〜
  • 『親業』(トマス・ゴードン著 大和書房)という本があります。<親業>とはつまり、子育てのことである。それをあえて親業としたのは、従来の子育てのなかでは、「子供がいかに育つか」と、子供のほうにばかり重点が置かれていたのに対し、本書では、「子供が育つ上で親がいかに関わるか」という親の側に焦点を当てて子育てを見直すところに、一つの大きな特徴があるからである。(「訳者まえがきより」)幼少時は父親との関係に [続きを読む]
  • 『火花』又吉直樹〜芸人とは・人間とは〜
  • 又吉直樹氏の『火花』が累計発行部数200万部を超え、話題となっています。まーさんは、本書が芥川賞を受賞した次の日、近所の本屋にて購入いたしました。そして昨日の朝読み終わりましたので、こうして感想などをちょっと書いてみようかなと思った次第であります。                 ◇ひとことで申せば、非常に読みやすい本でした。文章は簡明で分かりやすく、テーマ・構成ともとても明確で、この辺りは芥川の作 [続きを読む]
  • 「奈々子に」――そして芥川賞作家・又吉直樹さんのエピソード
  • 昨日。息子の塾のテキストを開くとそこにはまーさんの敬愛する吉野弘の詩がありました。「奈々子に」という詩です。若い頃、この詩に強い衝撃を受けたことふと思い出しました――唐突だが奈々子お父さんは お前に多くを期待しないだろう。ひとがほかからの期待に応えようとしてどんなに自分を駄目にしてしまうかお父さんは はっきり知ってしまったから。子どもの頃まーさんは周囲の期待に応えるべく無意識のうちに頑張りを重ね、 [続きを読む]
  • 夏の食卓
  • 季節を感じる食卓が好きです。家族が大好きなトウモロコシ・・・だし昆布と塩で――トウモロコシごはんになりました。茄子と大葉の煮びたし。甘辛く煮つけます。よく冷やしていただきます。こちらは小松菜と厚揚げの煮びたし。薄めのだし汁でさっと煮ます。小松菜は一年を通じて手に入る野菜。夏の食材ではありませんが、この季節は冷やして食べます。冬は温かいままいただきます。自家製ぬか漬け。夏はキュウリと茄子ですね。余っ [続きを読む]
  • 百合と蛙――雨の日に思うこと――
  • 昨日は、七十二候でいうところの「半夏生(はんげしょうず)」でした。”カラズビシャク(半夏)が生え始める頃”なのだそうです。(二十四節気・七十二候カレンダーより)「半夏生」の文字を見ると、まーさんは夏の訪れを感じます――        ◇ところで。毎日雨の日が続いておりますが、皆さま「雨」と聞いて連想するものはいったい何でしょう?曇天、紫陽花、傘、かたつむり・・・いろいろあるかとは思います。が、まー [続きを読む]
  • ”おにぎらず”と”おむすばず”再び・・・
  • 前回の記事「なぜ”おにぎらず”は”おむすばず”とならないのか?」について昨日、ブログをリンクさせていただいている「日々是好日」のsadafusa様から大変興味深いコメントを頂きました。当初はこのように改めて記事としてアップする予定はなかったのですが、あまりにも面白かったのでーーやはり我慢できずにアップしてしまいました(汗)(sadafusa様とワタクシのコメントを、そのまま貼り付けさせて頂きました)”おむすばず” [続きを読む]
  • ”おにぎらず”の妙とフシギ
  • 先日、急に思い立って作ってみました皆さまこれ、ご存知ですか?これこそが今、巷で大人気の”おにぎらず”です。まーさんは書店でこの”おにぎらず”の本がずらりと並んでいるのを見てから、ずっと気になっておりました。しかし「作るのめんどくさそう・・・」という先入観ゆえに(苦笑)ずっとそのまま放置していたのです。ところが、5月に行われた息子の運動会前日、予約していた美容室でいつもカットをお願いしている美容師さ [続きを読む]
  • 過去の記事 …