ひで さん プロフィール

  •  
ひでさん: Change My Garden / Change My Life
ハンドル名ひで さん
ブログタイトルChange My Garden / Change My Life
ブログURLhttp://changemygarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のPhoto blog
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/06/21 14:43

ひで さんのブログ記事

  • 我が家のナイトガーデニング2017
  • ※ こちらの記事は、2017年8月14日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。今年もまた暑い夏がやってきました。皆さま、如何お過ごしでしょうか?5月のバラ、6月の紫陽花、そして7月くらいまでは何かしら庭に花も咲いていましたが、さすがに8月に入ると華やかな風景は望めなくなりました。さて、そんな中、今回の記事では、今年の春、バラの花が最盛期だった頃を振り返って、そして夏真っ盛りの今、この時期の [続きを読む]
  • 今年11回目の薬剤散布(2017年8月12日)
  • 前回、薬剤散布を行ったのは、7月30日。高温と乾燥で、ハダニの被害が再発してしまったため、緊急でハダニ対策として、「ダニ太郎」を散布した。それから2週間、お盆休み直前のこの日(8月12日)、今年11回目となる薬剤散布を実施した。あまりにも暑いので、早朝、まだ夜が明けて間もない5時半にスタートした。今回の薬剤のレシピは、殺菌にトップジン、殺虫にダントツ、そして、展着剤はクラミンSを使うことにした。展着剤は、 [続きを読む]
  • 友人の陶芸家の作品にバラの花を活けてみた
  • 今年は、5月のバラシーズンが終わって以降、基本的に、バラの花は咲かせないように摘蕾してきた。秋バラに多少の期待というのもあるが、花よりまず先に木をつくることに関心がある。そんな中でも、やはりつるバラの蕾は全部摘み切れず、多少は咲いてしまうのだ。今回、そんな摘み忘れて咲いてしまったバラの花とクレマチスを切って、花活けに活けてみた。器は、先日、京北ローズガーデンの現場に行った帰り道、友人の陶芸家のアト [続きを読む]
  • シュート欲しければ、一本枝は寝かせろ
  • ここのところ何回か、「つるバラの既存の枝を横に倒すと新しいシュートが出て来た」という現象をこのブログで綴っている。過去記事はこちら↓サンセットグロウ  ※ サンセット・グロウの記事は、こちら → 2017年7月31日のブログ記事テス・オブ・ダーバービルズ  ※ テス・オブ・ダーバービルズの記事は、こちら → 2017年7月25日のブログ記事ラジオ・タイムズ ※ ラジオ・タイムズの記事は、こちら → 2017年7月25日の [続きを読む]
  • ついにジャカランダを手に入れてしまった!
  • 今年に入って、ジャカランダとの縁を感じる出来事が多い。ひとつは、奈良県某所で見た青い花の咲く大木。見た瞬間にジャカランダと思い込んでしまったのだったが、残念ながら、それはジャカランダではなくセイヨウニンジンボクだった。もうひとつは、この前行った岡本ガーデンさん。ここで、初めて本物のジャカランダを見た。そんなに大きな株ではなかったが、花も咲いていた。何といっても、南国風の葉が美しかった。そして、3度 [続きを読む]
  • セアノサスがピンチ!
  • この春から、セアノサスという植物を育て始めている。別名、カリフォルニア・ライラックとも呼ばれるこの植物は、春に青紫色の小さな花を咲かせてくれる。ただ、高温多湿の日本で育てるのはなかなか難しい植物でもあるのだ。春に迎えて以来順調に育ってきたが、ここに来て調子が悪い。2鉢あるうちのひとつは持ち直したが、もうひとつが大きく落葉している。雨に当たらない場所に置いていたが、日当りと風通しが悪かったのだろうか [続きを読む]
  • 養生中のつるバラ、サンセット・グロウ
  • こちらは、鉢植えで育てているつるバラで、サンセット・グロウ。昨年、調子を崩し、この冬に根を見ると、少し瘤のようなものが出来ていた。鉢のサイズをダウンし、今年は鋭意養生中だ。そのサンセット・グロウだが、花後もうんともすんとも動きがないので、先日、思い切って剪定をした。そして、主幹だけになったが、その枝を倒して様子を見ていた。すると、早速に変化が表れた。株元の様子。枝を倒した方と反対側に、シュートが出 [続きを読む]
  • 夏顔で咲く、クレマチス・ダッチェス・オブ・エジンバラ
  • こちらは、テラコッタ鉢で育てているクレマチスで、ダッチェス・オブ・エジンバラ。花後に大きく切り戻したが、その後、またツルが伸びだし、蕾を付けていた。そして、咲いたのがこちらの花。春は、八重咲きの大きな花だったが、やはりこの暑さで、この夏顔咲き。バラもクレマチスも同じだ。ブログランキングに登録しています。応援して下さる方は↓こちらを お願いします♪よろしくお願いします。よろしければ↓こちらもお [続きを読む]
  • 緊急薬剤散布(2017年7月30日)
  • ひとつ前に記事でも書いたが、今年は、薬剤散布の非常にうまくいっていると思う。薬剤のローテーションとタイミング。その甲斐あって、毎年この時期に悩まされる黒点病もほぼ制圧しているし、虫の食害などの被害もほとんど出ていない。唯一を除いては。それが、ハダニ。毎年、この夏の時期、特に軒下の雨が当たらない場所に植えているバラを発生源として、庭に広がっていた。今年は、初期症状の際に、ハダニの薬を散布して、だいぶ [続きを読む]
  • また薬剤を買ってしまった。
  • 週末は庭作業か、ホームセンターもしくは園芸店廻りが日課となっている(汗)。この日は、庭作業を早めに切り上げ、近くのホームセンターと園芸店をハシゴした。そして、また買ってしまったのだ、薬剤ばかり・・・。買ったのは、こちら。オルトランとダイアジノン。オルトランは、毎月月初に1回、バラの株元に撒いているのだが、バラの数が増えるにつれて、薬剤の必要量も増えてくる。毎月必ず1袋は使う。最近は、1袋で足りなく [続きを読む]
  • 今年使い始めた肥料
  • 今回は、今年使い始めた肥料を紹介してみる。右側は、硫酸加里。根の発育を良くするカリ肥料だ。我が家の庭は、土の部分が極端に少ない庭で、必然的に、鉢植えで育てるバラが多くなる。鉢植えの場合、限られた土のスペースでいかに根を育てるかが課題。これまで、なかなか鉢植えでうまく育てることが出来ないでいたが、今年は根を育てることを強化して、このカリ肥料を使っている。左側は、「ハイグリーン」というミネラル分を補給 [続きを読む]
  • 岡本ガーデンで見つけたもの
  • 先週の日曜日、久しぶりに大阪と奈良の県境の山の中にあるガーデンショップ、岡本ガーデンさんに出かけた。用件は、友人宅の庭の相談を少し受けていて、そこのパーゴラに誘引するためのつるバラを物色に行ったのだった。事前に問い合わせをしていて、意中のバラがあるのは確認していたが、実物の株を見ておきたかった。そのつるバラは、とても珍しい品種で、なかなか売っているのを見かけたことは無かった品種だが、奇跡的に取り扱 [続きを読む]
  • セイヨウニンジンボクの大木、あっと驚く変化!
  • 先週の日曜日、車で出かける用事があった。ただ、予定していた段取りが少し狂って、少々時間を潰さないと行けなくなった。どうしようか迷った挙げ句、少し前、吉野へ行った帰り道に偶然見つけた、青い花の咲く街並をもう一度見に行くことにした。そして、その目的地近くになって、どうも前回見た風景と違うな〜と思い始めた。ただ、やっぱりこの場所だと気付いたのだが、以前見た風景と全く変わっていたのだった。それがこちら↑。 [続きを読む]
  • 魅力的なプロムナードと公園
  • 仕事柄、美しい街並や植栽をうまく使ったプロムナードや公園には目がない。ここ何度か訪れている奈良県某所で偶然に見つけたこちらの街並、セイヨウニンジンボクの大木ももちろん魅力的なのだが、それ以外にも、いろいろ工夫がされていて、とても見所満載のまちづくりである。セイヨウニンジンボクの並木があるバス停付近の少し手前は、こんな風になっている。幹線道路沿いに建つ住宅の車道との間に、緩衝帯として緑地がつくられて [続きを読む]
  • 友人宅から一時預かりの留学生のバラ
  • 親しくしているバラの友人宅のバラをまたいくつか預かることになった。いわゆる留学生だ。はっきり品種を覚えてないが、確か左側が、セリーヌ・フォレスティエ、右側がオールドローズの何かだったと思う。枝は長いがあまり根が張っていない。ちゃんと復活させられるかどうか・・・。これも留学生のバラ。こちらは、根鉢がまだしっかりしているようだ。そして、こちらは少し問題が発覚した株。確か、カトリーヌ・ギヨーという品種だ [続きを読む]
  • バラのビタミンと栄養補給
  • 薬剤散布を行ったあと、鉢植えのバラたちにビタミン剤と栄養補給を実施した。2週間の一度くらいのペースでやっているリキダスに加え、今回は液肥のハイポネックスも。そして、前回は根を張らせるためにカリをやったのだが、今回は、微量要素を含む特効薬として『ハイグリーン』を施した。いくつかのバラに、微量要素が不足してクロロシスの症状が出ている。その対策として、またシュートを出させるために、カリに加え、マグネシウ [続きを読む]
  • 今年9回目の薬剤散布(2017年7月22日)
  • 今年はバラ栽培に詳しい友人のサポートもあって、バラの薬剤散布について、かなりロジックに対処している。その甲斐あって、毎年、この時期になると、黒点病やハダニに悩まされるが、今年は概ね問題なく順調に生育している。ここより涼しいはずの京北バラ園よりも、我が家の庭のバラたちの方が元気に育っている。そして、この日(7月22日)、今年9回目の薬剤散布を実施した。今回のレシピは、まず殺菌剤としてサルバトーレ、殺虫 [続きを読む]
  • 折り紙のバラをいただいた
  • 先日、外出先から車で帰宅途中、バイクに乗ったマダムとすれ違った。その時、そのマダムがにこやかに微笑みかけて来られた。一瞬の出来事だったので、それ以上に深く考えずに帰宅したら、後からそのマダムがバイクに乗って訪ねて来られた。お話をお伺いすると、この春のオープンガーデンに来て下さったマダムだった。バイクで10分くらいのところにお住まいとのことで、その場で立ち話でいろいろバラ談義を楽しんだ。そして、オープ [続きを読む]
  • 夏でも美しいピンク、アンジェラ
  • こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチ脇の壁面に誘引しているつるバラで、アンジェラ。このバラも本当に良く咲くバラだ。しかも、他のバラが夏顔で咲くのに対し、このバラは、あまり春の姿と変わらないところがいい。ころんとした可愛らしい咲き方だ。花色も瑞々しいピンクだ。この暑い時期に、優しいピンクを見ると癒される。ただ、新しいシュートがバンバン出て、その枝先で天を突くように咲くのはいかがなものか・・・(汗) [続きを読む]
  • 夏の風情、モーツアルト
  • こちらも、我が家の前庭、玄関アプローチの小壁に誘引しているつるバラで、モーツアルト。このバラも、中庭のカーディナル・ヒューム同様、年がら年中咲いているイメージがあるバラだ。夏でも、良く咲く。ただ、これも夏顔だが・・・。それでも、写真の撮り方で夏らしい雰囲気にはなるかな?ブログランキングに登録しています。応援して下さる方は↓こちらを お願いします♪よろしくお願いします。よろしければ↓こちらもお [続きを読む]
  • 京北ローズガーデンプロジェクト、ほぼ完成(駐車場&ゲート編)
  • 昨年2016年の2月頃より、ボランティアで関わってきた、京都市右京区京北町に建設中だった、(仮称)京北ローズガーデン、「六ヶ畔 花簾庭」の工事が、ようやく完成を迎えた。この日は、最終チェックと、工事関係者を招いての慰労会を兼ねたバーベキューが行われることになり、ボクも現場に向かった。前回はまだ工事中だった前面道路に面したハーブマット敷きの駐車場も完成していた。まだ、ハーブを育成中のため、車の乗り入れを制 [続きを読む]
  • 美山のバラショップ、アン・プティ・シュバルへ
  • もう2週間ほど前になるが、京北ローズガーデンの現場に行くことになった日、いつもより早くに奈良を出発したため、現場にかなり早い時間に着いてしまった。現場で待ち合わせの時間まで待っているのももったい気がして、急遽、以前から行ってみたいと思っていた場所に向かうことにした。その場所は、京北町の隣町、美山町にあるバラ専門ショップ。現在、京北町は京都市右京区に編入されているが、美山町は京都府南丹市に属している [続きを読む]
  • フォーシーズンズ・ガーデン(夏編)
  • ※ こちらの記事は、2017年7月10日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。『我が家のフォーシーズンズ・ガーデン(四季の庭)』と題して、今年1月に「冬の庭」、2月に「春の庭」の風景をご紹介しました。それから少し時間が経ってしまいましたが、今回は、「夏の庭」というテーマで、我が家の7月〜8月頃の夏の風景をレポートしてみたいと思います。4月のチューリップ、5月のバラ、6月の紫陽花の華やかなシ [続きを読む]