ちぶ〜☆ さん プロフィール

  •  
ちぶ〜☆さん: ブラックなちぶ〜の評論日記☆
ハンドル名ちぶ〜☆ さん
ブログタイトルブラックなちぶ〜の評論日記☆
ブログURLhttp://ameblo.jp/chiboo-johnny/
サイト紹介文ピリカラ仕立ての映画評論ブログですが、気長にお付き合いください☆
自由文初めまして。訪問ありがとうございます♪
映画がないと生きていけません。むしろ、映画のために生きております。ジャンルは幅広く、サスペンス、アクション、ホラー系よりかもしれません。お涙ちょうだい系や傑作系は苦手かもしれません。

少しでも楽しんでいただければ嬉しいです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2013/06/21 23:40

ちぶ〜☆ さんのブログ記事

  • ドクターに頼らない「ドクター・ストレンジ」
  • 昔から病院が嫌いだ。胡散臭い診断でえらそうに薬を適当に処方され、金をとられる感じがするから。※超勝手な偏見です。風邪程度なら自力で治すか市販の薬を飲めばいいと思っている。大体、なんで医者を先生と呼ぶのか。全く意味が分からん。「ドクター・ストレンジ」は、私が嫌いな病院の先生のイメージにドンピシャでしたね(笑)作品情報アメコミ×ベネディクトという意外な組み合わせ。ストーリーも意外!の連続。もしかして、 [続きを読む]
  • ミスしないことと寝ないこと「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
  • 部署が変わってから電話の仕事が激減した。書類やデータ処理が多いため、非常に作業が淡々としている。そのため、ずっと集中力を保つのがとても大変。ミスしないように何回も確認している内に、眠気がやってくる。これが非常に厄介で自分は起きているつもりでも寝ていたりする。特に、食後は地獄である。眠気って意外と厄介なんですよねぇ。「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」もなかなか厄介な世界観でしたねぇ。 作品情報 前 [続きを読む]
  • あいづち「アナと雪の女王」
  • 誰かの相談に乗るのって難しい。きっと大概は話を聞いてほしいだけだから相槌を打っていればいいだけかもしれないけど。それが結構難しいんだよね。「アナと雪の女王」のオラフを見て、オラフの相槌が正解じゃないってことは分かった(笑)作品情報ディズニーの大傑作アニメ。そうなると見ない私。今更になって見るという始末。ちなみに吹き替え版で見ましたが、正解だったかも!松たか子と神田沙也加の歌が最高でしたよ。思っていた [続きを読む]
  • いざ、勝負!「女の賭場」
  • 私、賭け事はリラックマのくじを引くくらいです。欲しいものがたくさんあるときは、かなりの金額をつぎ込んだこともありました。一番困るのは、まったく同じものが当たるときです。「女の賭場」は、自分の人生を賭けるのですからカッチョイイですわ。作品情報江波杏子様の有名シリーズらしい。その第一作目。王道の賭博ストーリー。復讐のために裏社会にカムバックする女の賭け。意地と女のプライドが眩しい!!お美しいですわ... [続きを読む]
  • 同性でも「卍」
  • 同じ女性でも。いや、同じ女性だからこそ憧れるってありますよね。美しさやセンスに惚れるというか。羨ましいっってなるくらい素敵な方がいると、自分もそうなりたいって思いますね。「卍」は、それが行き過ぎたからこその愛だったのかしら。作品情報増村保造監督作品。若尾文子と岸谷今日子が同性ラブにハマって大変なことに。そんな二人の間に船越英二が参入。ファムファタールな若尾様を堪能できる官能映画。メロドラマで変態す [続きを読む]
  • ワンマン「イップ・マン 継承」
  • 都会で生活している方は知らないでしょうが...田舎にはワンマン電車があります。特に最終電車のワンマンは非常に怖い。なぜなら、ドアは運転手がいる一番前のドアしか開かないから。飲みに行って最終電車に乗るときに、それが一番の恐怖だわ。1番前以外のドアが開かないことを忘れて降りれなかったら...または、寝てしまって乗り過ごしたら帰る術がありませんからね。「イップ・マン 継承」のイップマンは、そんなワンマンさはな [続きを読む]
  • 生きがい「ライフ」
  • もはや映画鑑賞という趣味は、私にとっては生きがいである。 趣味というより自分の一部。 映画館で映画を見てゆっくりランチしてまた映画を映画館で見るのがとても好きだ。 調子のいい日は4本くらいは平気で梯子したりする。 この日は2本しか見れなかったけれど。 全く同じ作品チョイスで同じ時間で座席も一列違いのおじさんを見つけて衝撃を受けた。 きっと趣味が同じなので友達になれると思ったが、人見知りなので [続きを読む]
  • 美男美女って非現実的「オオカミ少女と黒王子」
  • 外で見かけるカップルって意外と美男美女率は低い。人は自分にないものを相手に求めるらしいので、DNAの本能なのかもしれないけれど。まぁ、「オオカミ少女と黒王子」みたいに美男美女カップルの方がありがたいですけどねぇ。作品情報胸キュン恋愛映画常連の山崎賢人君と演技派女優の二階堂ふみちゃんという黄金コンビ!!これは期待してしまう。してしまうやろ〜〜!!どうして?こんなにも胸キュンが少ないと思わなかった...素 [続きを読む]
  • あの先生「鬼教師ミセス・ティングル」
  • 学校って必ず変な先生が一人はいましたよね。私の学校にもいたんですよね。今はあんな先生は学校にいれないと思いますが。「鬼教師ミセス・ティングル」みたいな先生も今の時代では生きていけませんね。作品情報映画「スクリーム」の脚本家、ケヴィン・ウィリアムスンの初監督作品。ブラックジョーク的なサスペンスを狙ったんだろう。鬼みたいな教師と生徒たちの攻防戦。悪くはないんだけど...結果、どっちつかずになってしまった [続きを読む]
  • 時間切れ「31」
  • 宴会の飲み放題って時間制限が鬱陶しい。2時間じゃ足りないし。3時間飲み放題にすると料金が高くつく。時間制限なしで安くしてくれる居酒屋があれば最高なのにな〜。「31」は、時間制限があってありがたいですけどね。作品情報ロブ・ゾンビ監督作品なので見逃せない。独特のゾンビワールドはハマるとクセになるのだ。ハマれば...ね。あまりにもそのまんまな殺し合いゲーム。汚いセリフと汚い殺し。ロブ・ゾンビ監督の趣味がそのま [続きを読む]
  • 寝まくり「クロール 裏切りの代償」
  • 最近、毎日早寝早起きなのに仕事中めちゃくちゃ眠い。単純作業が多いせいからなのか...いくら寝ても寝足りないらしい。「クロール 裏切りの代償」もそのせいだろうか。いや、絶対に違うはずだ。作品情報主役のおネェちゃんがかわいい。それだけで一応、最後まで見れる。が、クソつまんねぇ。パッケージになんとか映画祭受賞と書いていたが...真っ赤な嘘であることを疑うしかない。不幸女と殺し屋のおっさん。とにかく襲われる。が [続きを読む]
  • 中古物件は無理「フォービドゥン/呪縛館」
  • 近所にある中古物件が最近売れた。正直、びっくりである。だって新築でもないし、場所だって微妙〜。まぁ、それでも土地は広いし物件価格も悪くないのかもしれない。私だったら絶対に中古物件は無理である。なぜなら、アメリカのホラー映画は「フォービドゥン/呪縛館」のように中古物件でよく事件が起きるからだ。作品情報久々に見たケイト・ベッキンセイル。あまりにも整いすぎた彫刻フェイスにビビる。そんなケイトがビビるもん [続きを読む]
  • まだ魔女っ子「ブレア・ウィッチ」
  • 私、まだ魔女に憧れてまして。ホウキを見るとまたぎたくなるし。スティック状のものを見ると、振り回したくなる。だから「ブレア・ウィッチ」みたいな魔女?謎系?の映画は、たとえ期待できなくても見逃せないのだ。作品情報あの名作、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の正当な続編。当時はPOVという発想自体が画期的で衝撃的だった。リアルな揺れと見にくい映像が、「これ、本物?」と思わせた。だからこそ低予算ながらも大ヒ [続きを読む]
  • ダサイ女「ダゲレオタイプの女」
  • 私、ダサい女にはなりたくないと思っていますが...実際はわかりませんね。大体、オシャレの正解って分からないし。自分より他人がカッコよく見えるものですね。「ダゲレオタイプの女」の女は...ダサク(駄作)はなかったのかも分からない。作品情報黒沢清監督がフランスで撮ったホラーロマンス。見ないわけにはいかない。フランス語でフランスの俳優。それだけでシャレオツ感は満杯で満腹に。だけど、なぜだろう...良くも悪くもこの [続きを読む]
  • 戻るかどうするか「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」
  • 時間がない時ほど忘れ物をする。で、気づくのは家を出てだいぶ経ってから。戻るかどうかいつも迷う。結局、面倒だから戻らないけど(笑)こっちの「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」は戻って来る派らしいですけどね。作品情報1作目もあまりハマれなかったんだけど〜。(※過去記事はこちら↓)こっちも微妙でした。ただ、トム様はかっこいい。そこはブレておりません。宣言通りの戦いをこなすところはカッケーとしか言えない。だ [続きを読む]
  • ハッカーなどいない「ブラック・ハッカー」
  • やたら強化される会社のセキュリティ。どんどん面倒くさくなるセキュリティ管理。もう、鬱陶しくてしょうがない。大体、そこまでする必要ある?と、言いたくなるんだけど...「ブラック・ハッカー」みたいな映画を見ると、なんでもしすぎってことはないのかなぁとも思う。作品情報なんででしょう。イライジャさんの出演作チョイスが謎すぎる。わざとなのか?と、思うほど微妙サスペンスへの出演が多い気がするんですけど...ツッコミ [続きを読む]
  • 簡単なおつかい「こどもつかい」
  • 時々、家族におつかいを頼むと...自分の想像と違うものを買ってこられたりしますね。人に何かを正確に伝えるというのは意外と難しいものです。「こどもつかい」のおつかいは、キャッチフレーズのように確かに簡単かも。だって、目的が明確だものね(笑)作品情報絶対につまらないと分かっていても見ないといけないホラーってある。清水崇監督を私はまだ愛しているのだ。期待してはいけない恋人のように。最初から怖くないということ [続きを読む]
  • 近所のお子ちゃまたち「チャイルド44 森に消えた子供たち」
  • うちの周りは、住宅街っぽくなっている。近所には子供が意外といて、夕方になると子供たちが楽しそうに遊んでいる声が聞こえる。時々、悲鳴が聞こえてびっくりするときもあるけれど(笑)なんだか平和だな〜と、思える瞬間である。「チャイルド44 森に消えた子供たち」の子供たちは、平和とはかけ離れた子供ばっかりでしたね〜。作品情報元ネタは、トム・ロブ・スミスのベストセラー小説らしい。1950年代のソ連が舞台とあって政治や [続きを読む]
  • プッツン「ビー・デビル」
  • 最近、怒らなくなりましたけど。やっぱり怒りのツボってのがあるのでそこをグリグリされると...とんでもない怒りの衝動に身を任せたくなりますね。職場だと、そうもいかないので耐えますけど。「ビー・デビル」のプッツンは当然!と、思ってしまいましたけどね。作品情報 この映画のチャン・チョルス監督は、元はキム・ギドク監督の助監督だったらしい。だから、やっぱり胸糞悪い描写が多数。この島にいる人間は、韓国だからこそ成 [続きを読む]
  • 拾いもの「東京ゴッドファーザーズ」
  • 私は、落とし物を見つけるってことあまりないんですけど...昔、知り合いがお金だけ抜いて拾った財布を拾ったコンビニに届けたって聞いてかなり引いたんですよね。下衆すぎるんですけど...人間って結構そんな生き物ですよねぇ。「東京ゴッドファーザーズ」の拾い物にみたいに赤ちゃんだとゲスいことすらできなそうですけどね。作品情報 今敏監督と言えばこの作品らしい。皆様のコメントでもイチオシということが分かりました。結論 [続きを読む]
  • 今月のおいしいモンと映画「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」
  • 今月は、何かと新しいお店に行っておいしいものを食べて冒険をしちゃいました。きっと、自分でも気づかないうちにストレスが溜まっているのかもしれませんね。今週末は飲みに行ったら、いつもより飲みすぎてしまいましたよ(笑)茶碗蒸しは、上に梅が乗っているんですけど....そんなの初めてだったんでびっくり。刺身もボリュームありました。牛串なんて美味過ぎて、パクパク食べちゃいましたし。山芋のもんじゃも、すんごく美味しく [続きを読む]
  • 本当にパーフェクト?「PERFECT BLUE パーフェクト ブルー」
  • 最近、ツイッターでディスられました(笑)多分、フェイスブックでもつながりのある人なのか...ツイッターで○○さんは、ツイッターを利用していますと通知がきたのでツイートを見てみたら...私のことを言っているようだったんだけど。まぁ、その通知も必ず自分の知り合いってわけではないみたいなんですけどね。もし、本当に知り合いなら…私の、一部なんちゃってリア充投稿に嫌気が差したのかもしれません。実際は違うんですよ。だ [続きを読む]
  • 暑い夏がクルゥ〜「河童のクゥと夏休み」
  • 秋田には、梅雨がクルゥ〜はずなんですが...今週末からずっと晴れらしい。朝と昼の温度が違いすぎて、毎日着るものにも困るし。予測不能な気候の変化についていけてない。そして。私の嫌いな夏がクル...あの日差しは、河童じゃない私でも頭から水を浴びたくなるんですよ。「河童のクゥと夏休み」のクゥが頭から水を浴びるところは、とっても気持ちよさそうでしたなぁ。作品情報春に、遠野に行ってからずっと気になっていた河童映画 [続きを読む]