ちぶ〜☆ さん プロフィール

  •  
ちぶ〜☆さん: ブラックなちぶ〜の評論日記☆
ハンドル名ちぶ〜☆ さん
ブログタイトルブラックなちぶ〜の評論日記☆
ブログURLhttp://ameblo.jp/chiboo-johnny/
サイト紹介文ピリカラ仕立ての映画評論ブログですが、気長にお付き合いください☆
自由文初めまして。訪問ありがとうございます♪
映画がないと生きていけません。むしろ、映画のために生きております。ジャンルは幅広く、サスペンス、アクション、ホラー系よりかもしれません。お涙ちょうだい系や傑作系は苦手かもしれません。

少しでも楽しんでいただければ嬉しいです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2013/06/21 23:40

ちぶ〜☆ さんのブログ記事

  • 私と私の戦い!「プレスリー VS ミイラ男」
  • なわとび運動がキツイ。ジョギングは1時間とかできたのに、なわとびは1時間もしたら死んでしまう。30分がやっとでありますよ。運動は自分と自分との闘い。一体、私は何になるんでしょうか...?「プレスリー VS ミイラ男」よりも私の運動の方が戦いとしてはハードな気がします。作品情報もう、タイトルからして胡散臭い。しかも主演がブルース・キャンベルだしぃ〜。とか思ってたら大変なことに!!これ、すげぇ面白いぞ!! [続きを読む]
  • オシャレ飲み体験。
  • 結婚してもたまに友人と飲みに行ったりしますが...私のセンスだといつもと同じ場所になったり、冒険することができなかったりで...行きたくてもおしゃれな店を知らないから行けないんですよねぇ。この前は、久しぶりにいとこと飲みに行きまして。いとこがおしゃれなお店を調べてくれたので冒険することができました。秋田の川反で今人気の「川反バル」へワインカクテルおいしかった〜サクサクポテトが絶品でした造形があれだけど( [続きを読む]
  • ダメッスネ「ダークネス」
  • 最近、会社でイラッとしたことがあった。同じ仕事をしている若い女子が、今の仕事が退屈だから次の更新(派遣社員なので)はしないかもしれないと上司に相談した。でも、電話のある仕事はしなくないから前の部署には戻さないでほしいと...そんなわがままが通るのなら、私も言いたいわ〜。が、そういうことを上司に言っちゃえる人の方が気を使われて自分がしたい仕事をできるんだよなぁ。なんだかなぁ。「ダークネス」の父ちゃんもな [続きを読む]
  • 願えば叶うという恐怖「謎の完全殺人」
  • 昔、キリスト教会に行っていた時があって。その牧師さんが、神様にお願いしたらなんでも叶うってよく話していた。牧師さんは、修行のために海外に行きたいと神様にお願いしたところポストに大金が入っていた時があったと...私、それは純粋に怖い話と捉えてしまいましたよね。そもそも私には信じるという器が当時なかったのかも。「謎の完全殺人」みたいになっても、怖すぎて信じられないなぁ。作品情報 冒頭から超不気味。主 [続きを読む]
  • 鶏の素晴らしさ「コックファイター」
  • たまごって毎日の食事の中でも一番使うアイテムかも。だからこそ、おいしい卵のパワーってすごい。鶏は、毎日卵を産む。それって実は人間にとってはとてもありがたいことですよね。私は鶏については食と結びつけることしかできなかったけれど....「コックファイター」で闘鶏という競技を知って、なんだか鶏の新たな魅力を見つけた気がしますよ。作品情報 今はカルト化しているこの作品。闘鶏のチャンピオンを目指してい [続きを読む]
  • バチアタル!?「バチアタリ暴力人間」
  • 日本人って縁起を気にする民族ですよね。別に誰にも教わっていない気がするのに、それをやるとバチが当たる!と思ってできないことってあります。が、この「バチアタリ暴力人間」を見たらあんまりバチって当たらないのかなと思ってしまいました。あまりにも自由すぎて(笑)作品情報 この映画はなんと説明すればいいのか。かなり奔放な映画で...白石晃士監督のストレスがそのまま作品になったような...あまりにも汚なくてエグい [続きを読む]
  • なんちゃってリア充。
  • 最近、仲のいい同僚がリア充。年下のイケメンとデートしたり、ネイルに行ったり。とっても羨ましいのでリア充を真似っこ...できな〜〜い大好きなカフェで母と妹とディナーした時のコーヒー。肝心のディナーは、あまりにも腹が減っていて速攻で食べてしまったので写真を撮れず....週末はセルフネイル。その実態は、100円のネイルシールで適当にできたらくちんネイルであ〜る。土曜の昼は香味野菜エビオムカレーを食す。その実態は、 [続きを読む]
  • 登山が必須「八甲田山」
  • 私は鳥海山に2回ほど登ったことがある。なぜなら、学校ではそれが当たり前の行事だったから。強制的に参加しなければならないので、当時は本当に嫌だった。が、やはり頂上で見る景色は格別で疲れも吹き飛ぶくらいに美しい。「八甲田山」もそうだと思うが...行くなら絶対真夏がいいですわね。作品情報 寒冷地教育のためにこんなことを実際にさせて、大量に死者を出した事件があったとは..見るまで全く知らなかった。戦争は一体 [続きを読む]
  • 優先席の意味「おそいひと」
  • 普段、電車で優先席ってあまり意識しないで座っている。この前、電車に乗っていたら車いすの人が来て優先席に座っていた人が速攻で立ち上がって席を譲った。それが普通にできるのが当たり前だけど、できない人もいるだろうなぁと思ったり。「おそいひと」を見て、何が普通なのか何が普通じゃないのか....ちょっと考えてしまいましたねぇ。作品情報 障害者が殺人鬼というプロット。演じている住田さんは実際に重度の身障者。日 [続きを読む]
  • 高速道路デス「デス・ロード 染血」
  • 高速道路って入り口がよくわかりませんよね。私、運転しないから関係ないけどきっと運転してたら間違って入っちゃいそうです。「デス・ロード 染血」も入っちゃいけない入り口でしたねぇ。作品情報 タイトルからしてスルーしていたが、友人のおすすめリストに入っていたので鑑賞してみた次第。まさかのエミリー・ブラント主演作だったのでびっくり。ホラーと相性バッチリの車。入ってしまったその道路で起きる事件。こりゃ、 [続きを読む]
  • マド「チャド」
  • お隣の家には猫がいる。きっと、外には出してもらえないのだろう。出窓のところから外の世界を眺めている。毎朝いるので、いないと心配になる。いつか私も猫を飼いたいなぁ。「チャド」みたいなモンスターは可愛くないから絶対に飼わないけど。作品情報 80年代のB級ホラー。出てくるモンスターは怪獣系で汚い。演出が意外とよくできていて楽しい。アメリカではカルト化している?らしい。なんだか、当時の政治に対する疑念 [続きを読む]
  • ちぶ〜の希望する前世。
  • 顔が痒くない赤くない鏡を見ても落ち込まないそれがどんなに素晴らしいことなのか、最近痛感しております。30代はお肌の曲がり角という言うけれど、本当にそうだとは思わなかった...いまだにハッキリとした原因は分からない。治療中は、ずっと自分の前世の罰なのではないだろうかと思うほど思いつめました。食べるものも、寝起きする時間も、飲酒も、大好きなコーヒーでさえ控えて...色んなことを考えて過ごしたこの半年以上 [続きを読む]
  • ストレスを解放した日「ネオン・デーモン」
  • 新しい部署は精神的に楽だ。でも、きっと前の部署にいた時のストレスが体に残っている。やっと、そのストレスが原因だったと思われる皮膚炎も最近ステロイドから卒業し落ち着いてきた。繰り返していた炎症も、再発してもすぐ自力で治るところまできている。食生活をとにかく気を付けて、カフェインとアルコールを控えて...皮膚も体全体も健康的になってきたが、今度は我慢が多くなってまたストレスになってしまいそう...と、思って [続きを読む]
  • 歯医者が怖い!「黒の怨(うらみ)」
  • 本当はそろそろ定期健診に行かないといけないんだけど。歯医者が怖いから引き延ばしている。そして、また虫歯ができた気がする...この「黒の怨(うらみ)」を見て、アレに会うよりは歯医者に会った方がまだマシかなと思いましたが...でも、怖いんだも〜ん。作品情報タイトルと内容が予想以上に違っていた。まぁ、確かに黒の怨っちゃ怨なのか...?暗闇の中からやってくるあの方。光は我々の味方。寝る前に親から聞かされるおとぎ話 [続きを読む]
  • 呪いってしつこい「呪霊 THE MOVIE 黒呪霊」
  • 怨みってのはネチネチしてますねぇ。私は、大抵寝たら忘れる方なので本気で誰かを恨むってことは今までなかったなぁ。基本的に、呪いって気長な人ができる気がしますね。「呪霊 THE MOVIE 黒呪霊」も気長な人じゃないととっても眠くなる映画でした。作品情報白石晃士監督の作品ということで見てみた。最初からヤバそうな雰囲気でしたが...めっちゃ何回も寝そうになりました。とにかく、退屈で静かすぎるんですよ。なかなか出てこ [続きを読む]
  • キョウダイって「戦慄病棟」
  • うちは姉妹ですが...やっぱり、一人っ子じゃなくてよかったと思うことが意外と多い。キョウダイがいることによって自然と協調性とかが家庭で身についている気がするんですよね。大人になると友達でもない親でもない身近な存在って貴重になる気がする今日この頃。面倒くさくない関係って非常に楽ちんです。「戦慄病棟」のキョウダイもなかなかよかったなぁ。作品情報確かに病院だ。確かに戦慄だ。が、まさかこんなことになるとは... [続きを読む]
  • 河童釣りたい!「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説」
  • 小学生くらいの時に、河童が流行まして。近くの神社に河童が出るという噂があって、友達と探しに行ったこともあります。だから、この「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説」はうきうきしてしまいました。大人になっても河童に会いたいという気持ちは変わりません。ただ、人を喰う河童じゃなくてただのいたずら好きの河童がいいですね。岩手県の遠野市にあるカッパ淵では河童釣りができるということなので、そ [続きを読む]
  • 私、ブログをやめ…
  • 今週、なんだか忙しくて疲労でいっぱい挙げ句の果てに…以下省略。時々、ものすごい面倒くさくなるんですよね。生きてりゃ、色んなことがありますので仕方がありませんが会社はやめれないから、ブログをやめたいなぁと思ったり。ま、やめないけどエイプリルフールなので言いたかっただけなんですが皆様も、色んなことに気をつけて下さいまし幸い、金曜日は有給でお休みだったのでそんなモヤモヤした気分を払拭すべく有意義な時間を [続きを読む]
  • アブノーマルな趣味?「アブノーマル・ウォッチャー」
  • 女性でホラー映画好きの人って少ない。(私の周りは)ホラー映画を熱く語ると、とってもアブない人って感じの目で見られる。その考え、視野がせまいわね!と思うわけですが。「アブノーマル・ウォッチャー」は、明らかにアブノーマルなので安心してください(?) 作品情報汚くて臭いおっさんが、大家。それだけで不安。気持ち悪さ全開。タイトルが神。癖になるアブノーマルさがあった。実際、こんなことがありそうで不安になる。 [続きを読む]
  • ハングリー精神「ハングリー・ハーツ」
  • お腹がすくと何もできなくなる。何かを食べなきゃって思って必死になる。その時の活力をもっと他に生かせたらいいのにって毎度思うのだ。「ハングリー・ハーツ」も力を入れるのがそこじゃなければ...と、思いますわね。 作品情報自分のお腹に宿った一つの命。産む前も産んだ後も、たとえ自分の中から命であっても決して自分のものではない。子育ての正解はあるようでない。だけど、この母親の状態は....ある意味、子育てホラ [続きを読む]
  • あの夜勤「ラスト・シフト/最期の夜勤」
  • むか〜し、学生時代に研修で夜勤をしたことがありました。介護施設だったので、夜中に徘徊しているばぁちゃんとかがいて怖かったんですよね。見回りとか本当に地獄でした。夜中の年寄りって妙に怖いんですよ...「ラスト・シフト/最期の夜勤」みたいにたった一人の夜勤ってありえないですよね。 作品情報 最近のホラーの中でも驚いたのがコレ。とにかく忙しい。見ているほうもハード。非常につまらない。つまらないはず [続きを読む]
  • ラインからのメッセージ「特捜部Q Pからのメッセージ」
  • 今、メールはほとんど使っていない。LINEで大体済ませてしまう。簡単だし、いろんなスタンプがあって楽しいし。でも...あの既読機能が厄介。既読スルーをしてしまうと、自分がすごいひどい人になる気がして返信も早くしないと落ち着かない。便利もあまり進みすぎると面倒なんですよねぇ。だから、「特捜部Q Pからのメッセージ」のアナログなメッセージの始まりに萌えてしまう。 作品情報 特捜部Qシリーズ第三弾。 [続きを読む]