ちょいよし専門家 みやちゃん さん プロフィール

  •  
ちょいよし専門家 みやちゃんさん: ちょいよし わ→るど
ハンドル名ちょいよし専門家 みやちゃん さん
ブログタイトルちょいよし わ→るど
ブログURLhttp://ameblo.jp/cyoiyoshi-miyacyan/
サイト紹介文「ちょいよし」であなたの成功のお助けをします(*^^*)
自由文「出版を実現する!」と決意して顔晴り中の“ちょいよし専門家”こと、みやちゃんです
「ちょいよし」とは、成功を引き寄せる「ちょっとしたよいこと」のこと
「ちょっとやってみよう」と思う、取り入れやすいものを毎日紹介しています(*^^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/06/23 07:27

ちょいよし専門家 みやちゃん さんのブログ記事

  • 理解スピードと作業スピード、どっちが優先
  • ものごとを理解するために、時間をかけるは良いことだ。理解するスピードそのものを上げようとするのはナンセンス。それは後回しでいい。理解が覚束ないまま行動を開始すれば、アウトプットは完成に程遠くなり(未完成で)、修正や補充が必要でムダな時間を重ねることになる。上司と部下の場合、上司の指示をきちんと理解した上で確実にアウトプットしてくれる部下はありがたい存在だ。指示内容の理解には時間がかかってもいい。ダメ [続きを読む]
  • 会社が放り出したい人 1億積んでもほしい人
  • ちょいよしNO.1986本を読めば、必ず国語力がつく。国語力がつけば、ボキャブラリーが増えるから、自然に表現力が培われていく。すると、頭のなかで何かものを考えるとき、いまより筋道が論理的になる。人に何か話するときも、会話の中に芸術的な言葉や情緒的な言葉が加味されて、不十分な論理を補ってくれることがある。その結果、自分のいいたいことが直感的に相手に伝わるような、何ともいえない芸が身についてくる。つまり [続きを読む]
  • 世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業
  • ちょいよしNO.1985別の視点のほうが自分の視点よりも優れている(あるいは劣っている)などと優劣をつけない 今日のちょいよし本 世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業 Amazon Amazon紹介 自分なりの答えを出すこと、想定外の事態で新たなシナリオを見つけ出すこと、意見に説得力を持たせること、いずれも「きちんと考える」ことができなければ、う [続きを読む]
  • オープンサンド&コーヒーゼリー
  • Happy 春分! 今日は春分の日ですね!寒い冬が終わり、暖かい季節が来ると思うとワクワクします日に日に、お日様の光が輝きを増して、毎日が輝いて見えるようになります 桜に、若葉、楽しみな季節です さて、 今日は、いつもお料理を教えてもらっているDOLCIさんのワークショップに参加して、「オープンサンド」と「コーヒーゼリー」を作ってきました また、女子力高いと言われてしまいそうです(こう [続きを読む]
  • 大豆のお肉そぼろカレー
  • 読者のみなさん、こんばんは!今日は料理ネタ 晩ごはんに食べた「大豆のお肉そぼろカレー」です。お肉を使わないカレーを作ってみました 今日は朝から、イメージコンサルタント&ファッションコーディネーターのOさん(名前だし確認していないので今のところOさん)のモデラーとなって、コーディネートしていただきました。いろいろな服を試着して、着せ替え人形状態に後日、体験談を書こうと思 [続きを読む]
  • 乱世を生きぬいた漢(おとこ)たち 戦国武将55の名言②
  • ちょいよしNO.1981「学問のための学問」や、「限られた領域を絶対の世界とみなして、そこのなかだけしか通用しないことを、あらゆる世界に通用するように思いこむ」ような?愚?を避けよう 今日のちょいよし本 乱世を生きぬいた漢(おとこ)たち 戦国武将55の名言 (学研M文庫) Amazon Amazon紹介・目次乱世を生きぬいた漢(おとこ)たち 戦国武将55の名言①を参照ください。& [続きを読む]
  • 乱世を生きぬいた漢(おとこ)たち 戦国武将55の名言①
  • ちょいよしNO.1980意見をしてみるに、直ちに請け合ふ者にその意見を保つ者なし 今日のちょいよし本 乱世を生きぬいた漢(おとこ)たち 戦国武将55の名言 (学研M文庫) Amazon Amazon紹介 不況・テロ・犯罪の増加…。もはや「泰平の世」ともいっていられなくなった現代。そんな時代に生きる私たちに、戦乱と混迷の世に全身全霊をかけて生きぬいた55人の戦国武将たちが時 [続きを読む]
  • ROOKIES勝利学
  • ちょいよしNO.1979逆境の中でしか生まれないものもある!人間が成長するのはこんな時だ! 今日のちょいよし本 ROOKIES勝利学 Amazon Amazon紹介 『ROOKIES』に描かれた不良の世界と、著者の不良観は少し違っている部分もあるし、また川藤と著者は、高校教師と予備校講師という若干の違いもある。ただ、不良が不良として過ごしているうえでの心理、教師が命がけで生徒 [続きを読む]
  • 努力は才能になる
  • 読者の皆様、こんばんはいつも訪問くださっている皆様には、心より感謝申し上げます。 今日は、本の紹介をお休みして(なぜなら飲んでいたから)、しみじみと感じたことを綴ります。 というのは、 努力は才能になる ということです。 私事で恐縮ですが、このブログでも何度か暴露したことがあるように、みやちゃんは小中学生の頃、作文が全く書けませんでした。授業時間中 [続きを読む]
  • 小学生に授業③
  • ちょいよしNO.1977こちらが望んでいること、こうやりたいと欲していることをスムーズに受け入れてもらうためには、まず先方の心を知らねばならない。人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない 今日のちょいよし本 小学生に授業 (朝日文庫) Ama [続きを読む]
  • 小学生に授業②
  • ちょいよしNO.1976それがすごく珍しいチョウだってことは、僕はいろいろな図鑑を見て知っていたから採ることができたのです。だからやはり勉強していないと、運も近寄ってくれないのです。知らないうちに運はみんな通り過ぎてしまうのです 今日のちょいよし本 小学生に授業 (朝日文庫) Amazon Amazon紹介・目次 小学生に授業①を参照下さい。 今日は、「?運? [続きを読む]
  • 小学生に授業①
  • ちょいよしNO.1975縄文時代からね、僕を真似るやつがいたんだよ 今日のちょいよし本 小学生に授業 (朝日文庫) Amazon Amazon紹介 子どもたちに学ぶ楽しさをどう教えるか―河合雅雄、梅原猛ら当代きっての碩学9人が小学校の教壇にたった!文学、科学、道徳などのそれぞれ、とびっきりのテーマをえらび「勉強ってこんなに面白い」とアピール。ユニークな熱血授業の実践 [続きを読む]
  • 任せてもらう技術
  • ちょいよしNO.1974「頼まれごと」は「試されごと」 今日のちょいよし本 任せてもらう技術 Amazon Amazon紹介 簡単な仕事しかやらせてもらえない…そんなモヤモヤの原因を、“上司の視点”からタネ明かし。具体例もりだくさんで、対策もばっちり網羅! 目次 第1章 なぜ、キミは任せてもらえないのか?第2章 そもそもキミ、勘違いしていないか?第 [続きを読む]
  • 信じる!伝える!実現する!
  • ちょいよしNO.1973ケンカをたくさんして気づいたのは、やり方によっては、ケンカは相手を知り、関係を改善できる手段になるということ。たとえ言葉であっても、相手を痛めつけようとするのは?暴力?です。相手を傷つけるのではなく、意見をぶつけ合うのが本当のケンカだと私は考えています 今日のちょいよし本 信じる! 伝える! 実現する! Amazon Amazon紹介 TBSテレ [続きを読む]
  • 人生は雨の日の托鉢③
  • ちょいよしNO.1972外から水をやると、きゅうりは自ら努力しないで水分を取る癖がついてしまう。渇いた土中から、自力で水分を取る能力を失い、最後は枯れてしまいます。人間だって同じでしょ。甘やかして育てれば、ろくな人間ができません 今日のちょいよし本 人生は雨の日の托鉢―定年からの静かなる挑戦 (PHP文庫) Amazon Amazon紹介・目次 人生は雨の日の托鉢①を [続きを読む]
  • 人生は雨の日の托鉢?
  • ちょいよしNO.1970虎視牛歩(こしぎゅうほ) 今日のちょいよし本 人生は雨の日の托鉢―定年からの静かなる挑戦 (PHP文庫) Amazon Amazon紹介・目次 人生は雨の日の托鉢①を参照ください。 今日は2日目。「動物」をキーワードに本書からの学びをメモします。 イノシシとブタ猪と豚ではどっちが進化しているでしょうか?と本書は問います。  [続きを読む]
  • 人生は雨の日の托鉢①
  • ちょいよしNO.1969いまここに切なり 今日のちょいよし本 人生は雨の日の托鉢―定年からの静かなる挑戦 (PHP文庫) Amazon Amazon紹介 エッソ石油の専務取締役時代に出会った禅。それは会社における自分の迷いすら払ってくれた。定年退職し、得度した現在、雲水として本格的に修業をはじめ、生きがいの道をみつけることができた体験を語る。 目次&nbs [続きを読む]
  • 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く③
  • ちょいよしNO.1968世が安らかになるのであれば、わしはいくらでも金を使う 今日のちょいよし本 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く (広済堂文庫) Amazon Amazon紹介・目次 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く①を参照ください。 今日は3日目 今日は3日目。本書からの学び、最終日です。最期は純粋に覚えておきたいことをメモすること [続きを読む]
  • 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く②
  • ちょいよしNO.1967歴史はデータベースだ 今日のちょいよし本 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く (広済堂文庫) Amazon Amazon紹介・目次 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く①を参照ください。 歴史はデータベースだ 井沢氏は「歴史はデータベースだ」といいます。↓↓↓?過去を水に流してしまうということは、貴重な体 [続きを読む]
  • 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く①
  • ちょいよしNO.1966天才とは「標準(スタンダード)」を生み出すもの(中略)スタンダートは一度成立してしまえば、それが「当たり前」になり、それが天才によって生み出されたということが忘れ去られる 今日のちょいよし本 歴史「再発見」物語―意外な実相を読み解く (広済堂文庫) Amazon Amazon紹介 歴史は裏が面白い!歴代天皇、時の権力者との史実関係を照射し、 [続きを読む]
  • 父から子に語る 日本人の成功法則③
  • ちょいよしNO.1965逆順入仙(ぎゃくじゅんにゅうせん) 今日のちょいよし本 日本人の成功法則 Amazon Amazon紹介・目次 父から子に語る 日本人の成功法則を参照ください。 本当の読書とは… 今日は本書3日目。 「逆順入仙(ぎゃくじゅんにゅうせん)」という言葉を始めて知りました。幸田露伴が『努力論』の中で提唱した言葉だという。&n [続きを読む]
  • 父から子に語る 日本人の成功法則②
  • ちょいよしNO.1964読書には目的をもって行う読書と、目的もわからずにやみくもに読む読書があります。ほんとうに影響を与えるのは、意味もわからずによみふける読書。何に役立つかわからないけれども、どうにもこうにも活字から目を離せないから読みつづけるという読書です 今日のちょいよし本 日本人の成功法則 Amazon Amazon紹介・目次 父から子に語る 日本人の成功法則 [続きを読む]
  • 父から子に語る 日本人の成功法則
  • ちょいよしNO.1963鳥の目で歴史を見直すと出来事に類似性が見える 今日のちょいよし本 日本人の成功法則 Amazon Amazon紹介 神田昌典が行きついたもの、渡部昇一が体得した知恵。自己啓発書を読んでも成功できない理由が明らかになる。 目次 はじめに 「人生のフレームワーク」とは何か?第一章 人生を好転させる条件第二章 お金に好かれる [続きを読む]