原 龍臣 さん プロフィール

  •  
原 龍臣さん: TRAVELER'S diary
ハンドル名原 龍臣 さん
ブログタイトルTRAVELER'S diary
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hararyujin/
サイト紹介文WANDERING AROUND IN THE WILDS OF MY MIND
自由文心の荒野を明るく旅するサラリーマンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/06/25 17:20

原 龍臣 さんのブログ記事

  • 3月後半、9句を投句済み。
  • 草の花ネット句会、ネット句会、愚陀仏庵インターネット句会に9句を投句。前半は15日に投句を完了しているから、16日から今日(20日)まで、5日で9句・・・なんと1日2句弱の計算。量産してますね! [続きを読む]
  • この国の風に名のあり涅槃西風  龍臣
  • 一泊で大阪へ行ってきた。行きも帰りも新幹線で、居眠りしたりブログを更新したり、作句をしたり。帰りには「こだま」に乗ったが、こだまには喫煙車両があることを発見。出張もなかなかいいもんです。泊りはいつもの大きなお風呂のあるカプセルホテル。飲んで帰って、あとは寝るだけなのでカプセルで十分、それより大きなお風呂に入れた方がいい。行きは「考えること」について考え、帰りは「喋る・話す」ことについて考えていた。 [続きを読む]
  • 『話す』について考える。
  • 〇昨日、会議の後の飲み会では、男が4人女が3人。うち一人の女が、喋る喋る、一人で喋る。以前から良く知っていて親しい人なのだが、全体の会話の7-8割は彼女が喋つていた。〇先日、二日連続で製品の合評会があり、私は初日にはよく発言をしたが、二日目は黙っていた。黙っていたのは、つまらぬ持論を延々と話してるやつがいたからだ。〇Nという女性、会社ではそれなりの責任あるポストにいるのだが、話すべき時に話しをしない。何 [続きを読む]
  • 『考えるということ』について考える
  • 大阪出張。移動中はのんびりできるので、普段考える事の出来ないことを、考えてみようと思った。『よく考える(ろ)』とは、普通にプラスの方向でよく言われることだが、『考える』ことは、鬱を呼び寄せる。・・・俳句の世界においては、小(どっちでもいい)主観的であると批判される。私たち人は、何かを考えてはいけないのか?『考える』って何んなんだろう?この世は、『もの』と『こと』だけでなりたっているのか?その隙間を [続きを読む]
  • 雉鳴くや遠い記憶の父と母  龍臣
  •  きょうは寒い日になりそうだと言ってたわりには寒くない。明日から、東京地方は予想最高気温が10℃以上の日が続くようだ。  朝と昼には、手書きでやるべきことのイメージを膨らませ、仕事に取り掛かっている。これがなかなか効果があるようで、何を一番いまやらなければならないかも分かるし、連想も利くようになる。加齢とともに連想力は落ちているわけで、この手書きメモがけっこう役にたっている。仕事も俳句も連想力だね! [続きを読む]
  • 雨戸引くがたがたがたと寒明くる  龍臣
  • 寒かったり暖かかったりで、だんだん季節は本格的な春に向かっている。最近は一週間が過ぎるのがとても早く感じ、一年もまた早い・・・あっという間にもう年度末だ。「詩人の心」について考えている。一度それを掴みかかったことはあるような気はするのだが、日々の忙しさの中で、もうすっかり忘れてしまって、再度それを思い出そうとしている。「詩人の心」とは、・どんな物事にも動じない心。・小主観(ちょっとした主観)を排し [続きを読む]
  • 落ちるなよ風船ふわふわ神田川  龍臣
  • 神田川は蛇行して流れているので、都内を歩いていると何度も渡ったりすることがある。しかし、どこもコンクリートで固められちまって、今や哀れなもんだ。「あなたはもう忘れたかしら〜♪」の時代の神田川はもうちょっと情緒があったのに違いないと思うが、今の神田川は一応水は流れているが、かなり死んでいる。 [続きを読む]
  • 連想ゲーム
  • 今日もまた、イン・ボックス(G.T.D.)前の連想ゲームから始って、忙しく―日が終わる。仕事は山積みだけど、ひとつひとつを中途で投りなげてあれこれ手を出すと、何もかもが完結しないので、やるべきことから、きちっと終りにしてしにしかない。連想ゲームは、忙しくても、ある程度時間をかけている。これがきっと大切なことなんだ。急がばまわれ!ってことなのかな? [続きを読む]
  • 仕事を始める前に連想ゲームをやってみる。
  •  G.T.D.(Getting Things Done)は、①収集 ②整理 ③実行だけの3段階に簡略化してみた。  そして毎朝会社に着いて先ず最初に、G.T.D.の「収集」の前に、バイブルサイズのシステム手帳を広げ、ただただ今思いついたことを次々とメモしてみる。ある程度時間をかけて、マインドマップというか、連想ゲーム風に・・・ いきなり実際の業務に入ると、今それほど重要でないことにも、かなりの時間を取られてしまうし年齢とともに、物 [続きを読む]
  • 春の休日。
  • 目を閉じさえすれば、いくらでも眠れる。春なのかな?夕方になって寝室の模様替え。寝室の荷物を書斎(パソコン部屋)に移動したら、パソコンが荷物に隠れて使えなくなってしまった。 [続きを読む]
  • 通勤の一駅ごとの余寒かな  龍臣
  • 春は確かに近づいていて、陽ざしは明るく、暖かい中に僅かな北からの微風。やるべきことは分かっているのだが、こまごました事に気を取られて、なかなか本題に入れず。こういうのって、やる気があるとかないとかじゃなくて、芸術家でもあることらしいが、芸術家はそれが許されて、サラリーマンでは許されない。私は芸術家的サラリーマンなのか?本題の仕事が確実に進んでいれば気は楽なのだが、仕事が手に付かぬことは疲れることだ [続きを読む]
  • 電飾の余寒の駅や北出口  龍臣
  • 寒かったり、暖かかったりではあるが、日差しは確実に明るくなってきた。今月は、ネット系句会に前半と後半に分けて全部で19句、それとは別に「まつやま俳句ポスト」に2句を投句。なかなか調子がいいぞ!これからは、10日までを前半、20日までを後半として捉え、21日から月末までは俳句ばかりではなく、いろいろ集中して読書もしていきたい。俳句ばかかりに集中していると、まとまった本を読むことが少なくなってしまっているから [続きを読む]
  • 紙のノートブック4種(いずれも方眼)の配置
  • 結局、①LIFE NOBLE5mm方眼B5ノート+(リサイクルレザーのノートカバー)は、会議用。②バイブルサイズのシステム手帳はデスクの据え置き用(英単語+吐き出し)とする。③そして、ミニ5穴のシステム手帳(画像)は、夢の書きだし用としてバッグに忍ばせておく。これは名刺入れにもなる。ステーショナリーはまったく悩みだすときりがないので困る。これプラスデジタル系のツールがあるのだが、臨機応変に使い分けていこう。主にスケジュ [続きを読む]
  • ノーブルノート B5 方眼
  • 最初は会議用のノートをどうするかを考えていたんだ。今まで黒コードバンのファスナー付きシステム手帳(A5)を使っていたが、これはどうも重々過ぎて会議までも重荷になってしまうし、外での会議や打ち合わせに持って出るには重量として重すぎる。そこで、ノーブル(NOBLE)5mm方眼→〇を見つけたわけなんだ。これを一緒に購入したリサイクル・レザーのノートカバーで使うことにした。会議ごとに付箋で色分けすれば混乱はないと思うし [続きを読む]
  • (ライティング)セラピー・ノート
  • 人生を方向付ける潜在意識、潜在意識というものは主語を理解しないそうなので、出来るだけ自分の幸せと、まわりの人の幸せも考えようとしてるのだが、それでもこの幸せの流れを止めようとするゴミみたいなやつ(鬱)が溜まってきて、業務も思考も停滞する。時にはこのゴミを取り払ってやらなければならないので、何でも感じたこと、思ったこと、組織の矛盾など、今までの人生で叶わなかったあれこれも、なんでもかんでも書き出してみ [続きを読む]
  • 風呂に入りあとは寝るだけ朧月  龍臣
  • きょうは夜中に雪マークが出ている東京地方。暖かかったりさむかったりで、だんだん春がやってくるのだ。通勤電車では、鼻をぐしゅぐしゅしてる人が増えてきて、春はぐしゅぐしゅで、痒くて、目は痛い、そんな、たまんない季節でもある?明日は毎年出かけている小金井公園の梅まつりに行ってみよう!露天が出て、小金井公園は春祭りの様相・・・いろいろストーリー・パフォーマーも出るのだろう。やっぱり春は心の底がうれしい感じ [続きを読む]
  • 朧月かたことかたと飯炊ける  龍臣
  • 東京は、南からの強風で気温は4月なみとのこと。いつも季語に引っ張られていたので、季語からではなく心をよぎる思いから俳句を作ろうとするが、ぜんぜんダメです。何も浮かんでこない。ちょっとした物事の見方なんだけどなあ・・・そのきっかけがあれば、ばばばっといくのになあ・・・そのきっかけとは何なのか、その捕まえ方ろはどのようなものなのか・・・ここんとこだけ「UTSU」に似た状態。南風は夏の季語なのか?今日のこの [続きを読む]
  • ビル群は地面の春にそそり立つ  龍臣
  • 東京地方、きょうは3月なみ、明日は4月なみの気温とのこと。確かに暖かい。心もほぐれる感じだ。桜も狂い咲くなな?俳句は難しい言葉を使おうとするより、何をどう見ているか・・・ってけっこう大切なんだと思う。当たり前のことを当たり前にに見てるだけじゃダメで、人が当たり前に見てることでも、そこに人が気が付かない何かを見つけること。そのためには自分の人生と真摯に向き合っていることが大切なんだと思う。・・・心のよ [続きを読む]
  • 居眠りの犬の鼻先散る桜  龍臣
  • 朝晩、寒いことは寒いが日中の陽ざしは明るくなってきた。梅の咲き始めは例年よりちょっと早い気もするが、桜はもうちょっと先だな。今年も今月下旬には小金井公園の梅林へ行ってみようと思う。現代俳句協会の1月句会のトータル10点に気をよくして、今月は作句のピッチも速い。気分が明るければ、俳句もぽんぽんと生まれるもんなんだ。たくさん書いて、たくさん捨てて、俳句をたくさん読もう!このところ俳句が進歩してるものなの [続きを読む]