pride180 さん プロフィール

  •  
pride180さん: 役立つ3分
ハンドル名pride180 さん
ブログタイトル役立つ3分
ブログURLhttp://pride180.com/
サイト紹介文旬なニュースやお役立ち情報をご提供
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/07/14 20:32

pride180 さんのブログ記事

  • チーズはカロリー高い?低い種類は?比較ランキング一覧
  • カマンベールやモツァレラ等、色々な種類のチーズ、ピザやグラタンなどチーズを使ったお料理、サラダに混ぜたり、トッピングしたりチーズケーキやティラミスなどのスイーツ類、ワインのおつまみ・・・おいしくてついつい色々なメニューに使ってしまいます。口当たりがよく食べやすい、種類も豊富ですが、気になるのはやっぱりカロリー。ぎゅっと凝縮されている分、カロリーは高いのかも?ダイエット中にはチーズを食べない方がいい [続きを読む]
  • 【海外在住者が教える】海外で使えるデビットカード比較
  • 日本に帰省するたびに、日本はお買い物でのカード払いの習慣がまだまだ低いなーと感じます。日本は安全だからか、現金をもっていてもあまり不安にはならないし、少額なら現金で払うことが普通です。でも海外旅行に行った時はやっぱり日本のようにはいきません。筆者の経験上、いつスリやひったくりにあうか分からないし、ホテルのセーフティボックスもそんなに安全ではありません。現金が必要な時に、必要なだけ現地のATMから引き [続きを読む]
  • 安い!ピーチで韓国へ日帰り格安ツアー。9,000円〜!
  • 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが大阪(関西)-ソウル(仁川)間の日帰り往復チケットを9,000円、東京(羽田)-ソウル(仁川)間の日帰り往復チケットを9,500円で販売しています。期間限定のキャンペーンですが、好評につき、2017年の10月末まで続きます。ピーチで行く韓国日帰り(又は1泊)旅行について調べて見ました。ピーチで韓国へ日帰り旅行!往復で9,000円〜ピーチが0泊弾丸キャンペーンをやってます。対 [続きを読む]
  • 枝豆の栄養と効果効能。糖質が多い?食べ過ぎに注意?
  • 枝豆は「野菜だし、体にいいし、いくら食べても問題ないでしょ。」と思ってませんか?畑の肉とよばれるほど、良質な植物性タンパク質を大量に含む枝豆ですが、カロリーや糖質その他の面から見ると、食べ過ぎにも注意です。枝豆の栄養や効果効能、その他枝豆を食べる際の注意点についても詳しく見ていきましょう。枝豆の栄養素と効果効能タンパク質(肌への美容効果)ビタミンB1(糖質の代謝)鉄分(酸欠・貧血の予防)カリウム(ナト [続きを読む]
  • かぼちゃの保存方法・期間。冷凍、冷蔵のどちらが良い?
  • 今回は、夏から秋にかけて旬を迎えるかぼちゃの保存方法に注目します。常温・冷蔵・冷凍と、3つの保存方法がありますが、まるごとの状態と切った状態では、それぞれどの保存方法が向いているのか?詳しく見ていきましょう。かぼちゃをまるごと保存する方法と期間常温保存の方法と特徴 かぼちゃはまるごと常温保存をすることで、最も長い期間、保存することができます。 13〜17 [続きを読む]
  • 安くお試し!有機野菜の宅配おすすめ通販比較
  • 有機野菜や安全性の高い食品をたべてみたい!と思ったときネット通販による宅配サービスがおススメです。今回は、特に人気のある「オイシックス」「ビオ・マルシェ」「らでぃっしゅぼーや」の3社を比較してみます。どのサイトで購入しようか迷っているあなたは、ぜひ参考になさってくださいね。宅配野菜の選び方5つの判断基準今回の比較では5つを判断基準にしてみたいと思います。安全性取扱い基準や有機JASにどれほどこだわった商 [続きを読む]
  • 有機野菜の危険性は?危ないと言われる3つの理由
  • 「有機野菜は危ない?」「遺伝子組み換えの作物なの?」そんな疑問をもつかもしれません。しかし、一般野菜より有機JAS認定の有機野菜の方が、比較にならないほど安全です。ではなぜ、有機野菜が危ないという声があるのか。危険性を指摘する3つの理由を紹介しながら、有機野菜の危険性についてどう認識すればいいのか解説していきますね。有機野菜と一般的な野菜の安全性 まずはじめ [続きを読む]
  • かぼちゃの栽培方法。摘芯など育て方の簡単なポイント
  • かぼちゃの栽培には特別なテクニックは必要ありません。大切なのは、少しの手間と夏の暑さ、日光です。夏から秋に旬を迎えるかぼちゃですが、どうすればホクホクのかぼちゃを作れるのか、収穫はどのタイミングなのか、などポイントを押さえながら紹介します。かぼちゃの栽培時期と特徴かぼちゃは、おおむね夏から秋に栽培できますが、「昼夜の温度差が大きい時期」に、より栄養価が高く・ホクホクのかぼちゃが収穫できます。図に平 [続きを読む]
  • アボカドの木の育て方。栽培における剪定・摘芯の方法は?
  • 今回取り上げるのは「森のバター」とも呼ばれる、濃厚でねっとりした食感ながら、高い栄養価も併せ持つアボカド。収穫までは長い時間がかかりますが、広く大きな葉は見た目にもスタイリッシュで、観葉植物としての価値もあります。日本で代表的な「ハス」という品種のアボカドなら、あなたのご自宅やオフィスで栽培を楽しむことができます。アボカド栽培の特徴日本での栽培は? あな [続きを読む]
  • アボカドの食べ頃はいつ?色や硬さの選び方・見分け方
  • 森のバターと言われるアボカド。切ってそのままサラダにいれたり、お寿司の具にしたり、他の野菜と混ぜてマヨネーズであえたり、ワカモレにしたり。本当に万能選手。その上栄養満点。最近は通年、スーパーで手軽に手に入るのも、嬉しい限りです。でも切ってみると真っ黒だったとか、固すぎたという失敗も・・・。そんな経験ありませんか?食べ頃をどうすれば見分けられるのか。固すぎた場合、食べ頃を早める事はできるのか?季節的 [続きを読む]
  • スイカの保存方法と期間【冷凍・冷蔵・常温】カット後は?
  • スイカってなかなか冷蔵庫に入りませんよね。「じゃあカットしてから冷蔵庫?」「そのまま常温?」「冷凍すると?」水分をたくさん含んだスイカですので、保存方法や期間が気がかりです。でも心配ありません。保存の方法について細かく紹介していきますので、ぜひヒントの一つにしてください。スイカのカット後の保存方法と期間冷凍保存の方法・特徴・期間 冷凍スイカは解凍してその [続きを読む]
  • 海外で役立つポケットWiFi、お得なレンタル比較!
  • 海外の空港やホテルで利用できる、無料のWi-Fiはとても便利ですが、その場所でしか利用できません。 町中や観光地で写真を撮ってインスタグラムにアップをしたり、家族や友人にLINEメッセージを送りたい、そんなときもあるでしょう。また、無料のWi-Fiスポットの場合、セキュリティの面でも不安。そこでおすすめしたいのが『海外Wi-Fiレンタル』です。一口に、海外Wi-Fiレンタ [続きを読む]
  • スイカの栄養と効果効能。皮と種にも?カロリーは?
  • 「暑い夏にはスイカを食べたいけどカロリーが気になる…」「ほとんど水分だけど栄養は?」 デザートとしてのイメージが強いスイカですが、適切に食べると体にとても良い効果が期待できます。今回はスイカの栄養と効果効能にスポットを当てます。スイカの栄養素と効果効能スイカに含まれる栄養素で特に注目すべきは次の3つです。シトルリンカリウムβカロテンどれも野菜でおなじみの栄養素ですが、スイカは果物と野菜どちらにも分類 [続きを読む]
  • 仮想通貨とは?わかりやすく仕組みと稼ぐ方法を解説
  • 今、なにかと話題の仮想通貨。稼ぐチャンスがあるという話を耳にして、興味を示す方も増えています。あまり良くないイメージをお持ちの方も多いですが、実際はどうなのか?仮想通貨の仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく解説します。仮想通貨とは? 仮想通貨は、インターネット上で取引されるお金です。 電子マネーとの違い仮想通貨は電子マネーに似ている気もしますが [続きを読む]
  • 小玉スイカの栽培方法・時期。育て方のコツ。【初心者】
  • 夏と言えばスイカですね。スイカの栽培は、どの蔓(つる)を伸ばし、どの花に実を付けるかの2つを押さえておけば、大失敗はありません。栽培に挑戦して、甘くみずみずしいスイカで夏の涼を楽しんでみませんか?小玉スイカの栽培方法、時期についてお伝えします。小玉スイカの栽培時期は? 小玉スイカの栽培に適した時期は、地域差はありますが「5月上旬から8月下旬」です。スイカの育成温度は10〜40℃と大きな幅がありますが、最も [続きを読む]
  • 化粧品も食品もタダ?オススメの「無料モニター募集」
  • 新商品やサービスを、無料でお試しできる「無料モニター」企業が宣伝や販売促進、お客様の感想をいただき商品開発につなげるためのものなので、安心して利用することができます。家計の節約にもなりますし、中には報酬付きで稼ぐことができるものも・・・ここでは安心して利用できる無料モニターをご紹介します。無料モニター募集無料モニター案内所!応募のしかた 無料モニターは多 [続きを読む]
  • じゃがいもの育て方。プランター・畑で栽培【初心者向け】
  • 実はじゃがいもって、とても簡単に栽培ができる作物なんです。植え付け前の準備だけキチッとしておけば、仕事は8割以上成功したようなものです。今回は、ただ今じゃがいもを栽培中のプロがその育て方を伝授します。経験者さえも、「え?」と驚くような裏ワザも…。じゃがいもの栽培時期じゃがいもが生育できる気温は5〜28℃です。30℃以上になると生育を停止しますが、かなり幅の広い生育温度帯ですので、春植えと秋植えが可能で [続きを読む]