猫 さん プロフィール

  •  
猫さん: 美しい唄を! 歓びの謳を! 歌の美学
ハンドル名猫 さん
ブログタイトル美しい唄を! 歓びの謳を! 歌の美学
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/vsvyk/
サイト紹介文ボイトレ教室、横浜市都筑区、センター北 徒歩2分の、ヴォーカル・スクール ヴィーナスの blog です。
自由文声が変わる! 歌が変わる!! 無料体験実施中!!!
お申し込みは、こちら → http://vocal.venus.to/blogmura-query.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/07/01 01:10

猫 さんのブログ記事

  • レッスン日記 Kさん編
  • Kさんはレッスン日記を読んでくれているそうです。嬉しいですね。前回の日記に書いたことを気をつけてレッスンに挑んでくれました。最初から声が前に出てましたね。お腹に意識を持っていくことが理解できたようです。音量でも声量でもなくて声を前に出すことが大切です。大きな声(発生の際、最低限は必要ですが。)でわーわーキャーキャー歌うのとは違うんですよね。身体に響かせるができてきた様に感じました。嬉しい!。 [続きを読む]
  • レッスン日記 Kさん編
  • 続きですね。いかにその音の芯に当てるか。色々とあるでしょうが、結局、「お腹の支え」だと思います。歌ってるときはいつも力んでるんですか?。と聞かれますが力みと言うよりホールドしてる状態かと思います。おへそより下をホールドです。触ってみるとお腹は固くなっていると思います。力を入れましょうと伝えるのと違うんですよね。肩はリラックスして二の腕は下に下がるイメージです。イメージなので実際に鏡で映る姿で下げよ [続きを読む]
  • レッスン日記 Kさん編
  • やわらかく優しい歌声のKさん。ゆっくりなテンポの曲やギター一本で伴奏のものなどとても素敵に歌われます。ギターで弾き語るのがkさんのスタイルのようです。しかし、1点気になるところがありまして、音と音の高低差があるフレーズのときに顕著なのですが、その音の真のピッチに合うまでに少し時間が開いてしまうのです。音の芯を捉えるまで、ほんの0.00○秒という位なのだと思うのですが。。(例えばですが、A音は441hzか444hz [続きを読む]
  • レッスン日記 Kさん編
  • 昨日、深夜までゲームをしてしまったというKさん。今日も一日、人と話すことが少なくいまいち声が響かないという印象を発声練習中ご本人はお持ちでした。 実際は高音の立ち上がりが鈍い。という感じでしょうか。しっかり、歌う体が作られていて酷使してしまっている方には沈黙も必要ですが、これから体を作っていく方には適度に声帯を使っていていただいたほうがいいかと思います。 [続きを読む]