Serendipity さん プロフィール

  •  
Serendipityさん: Viva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ハンドル名Serendipity さん
ブログタイトルViva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ブログURLhttp://serendipity2006.blog88.fc2.com/
サイト紹介文英語講師の綴るアメリカ生活体験記、日々の出来事から英語の話、アクセサリー制作、映画や読書と話題満載。
自由文日々の出来事、子育て、英語情報、手作りアクセサリーからPTAと、話題満載のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2013/07/01 10:14

Serendipity さんのブログ記事

  •   東岩坂珈琲店
  • 大庭にあるあとりえ木朴のカフェが、カフェを切り盛りしていた娘さん夫婦の転勤にともない、残念ながら閉店されることになり、今日23日がカフェの最終日。ということで、最後にあの美味しいカレーとスィーツを食べたいと、友人と大庭へ向かう。が。うかつだった・・・。店内はお客さんでいっぱい。ランチはすべて、予約で満席。次に席が空くとしても、2時以降だと。あ〜。当たり前だよなぁ〜。みんな考えることは同じ。残念だけ [続きを読む]
  •   広島ビーズ
  • たまたま点けていたNHKの番組で、広島ビーズの特集。輝け ガラス一粒の宇宙〜広島グラスビーズ〜広島を中心とする、日本製のビーズ、グラスビーズは品質が良く、私もデリカビーズと呼ばれる日本最高級のグラスビーズを使っている。広島がグラスビーズで有名なのは知っていたけど、番組を観てあらためて、日本の物作りの素晴らしさに感動。ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれないけど、胸がジンとしながら観ていた。日本の町工場 [続きを読む]
  • 気の世界と丹田について学ぶ
  • 今日は朝から一日、講習会に参加。毎週、安心・安全な食材を配達してくれる「ゆうきネット山陰」が共催で、主催は「山陰太極拳連盟」。午前の部は、筋診断法を学ぶ。これは、ある特定の筋肉と内蔵、経絡には一定の関係があることから、筋肉の異常を知ることで、どの経絡や内蔵が弱っているのかを見つけるという、診断方法で、これを長年研究されて第一人者となったのは、浜田出身の鍼灸師。今回は、超・初心者のための講習会という [続きを読む]
  •   久しぶりの喝
  • 東京へ転勤になってしまう友人と、今夜は夕食を食べることになり、数年ぶりに串カツ喝へ。昇進のお祝いに、モエ・エ・シャンドンを手土産に。ホントは自分で飲みたいくらいだけど・・・まだ禁酒中だし。解禁の暁に・・・と、実は自分用にももう一本購入してある。夕方6時だというのに、店内は予約で満席状態。激戦区の伊勢宮で、開店当時と変わらず、にぎわっているというのは素晴らしい。カウンター席の目の前には、美味しそうな [続きを読む]
  •   チャー助の死
  • 夜中の4時に、チャー助が息を引き取ったと知らせを受けた。チャー助。4匹を保護し、最後の1匹がなかなか見つからず、私たちが、やっと保護した猫だった。そのチャー助は、保護後の検査の結果、FIV・・・猫エイズウィルス感染症にかかっていたことが判明。感染してから随分と経過していたようで、結果的に保護してから発症してしまい、容体が急変。水曜の朝、連絡を受け、助かる見込みはないと聞かされた。それから1日も経たず [続きを読む]
  •   黄色いポスト回収当番
  • 今朝は公民館前に6:50分に集合し、黄色いポスト回収作業へ。1年に一度、当番が回ってくる。当番表では4人一組になっての作業とあるけど、毎回、欠員は多い。この当番表、年度始めに配られるもんだから、結構自分の当番の日を忘れる。それに、早朝6:50分という、微妙な時間帯。今朝は、PTA時代の仲間であるK氏と私の2人。他のメンバーは来ないので、とっとと作業をすませることに。今回は2か所の黄色いポストの中身の回 [続きを読む]
  •   朝カフェ at アン・ネイ
  • 家の中が断捨離途中で大変になっていた週末。ここらで息抜きを・・・と、友人に誘われ、彼の主催する朝カフェへ。今回はじめてこの朝カフェなるものに参加。全国で開催されているらしく、松江では月に一度、9時から11時の間で好きな時間に来て、好きな時間に帰るという、いたってゆる〜いお茶会。参加したメンバーは名刺交換はもちろん、特にお互い自己紹介の必要もなく、異業種交流会のそれとは異なる。主催している友人のBan [続きを読む]
  •   青臭い思い出
  • 週末、ディオを病院へ連れていくのに、診察券が見つからず、引き出しを片っ端から捜索。とうとう見つからない診察券。いつも、肝心な時に探し物が見つからない。昔から整理整頓が大の苦手で、特に書類関係はもうめちゃくちゃ。我ながらいい加減にこの状態にウンザリし、一気に断捨離をすることにした。部屋中に山積みになる本や書類、雑貨を見ながら、長男が冷ややかな顔をして、「そういうのはね、毎日少しずつやるんだよ。わかる [続きを読む]
  •   仮設住宅
  • 震災から6年。何を書けばいいのかわからず、何を書いても重みがなく思えてくる。震災から6年のこの日、テレビでは当然のように特集が流れている。けれど、観れば観るほど、憤りしかわいてこない。何故、もっと早く、復興が進まないのか。NHKスペシャルを観た。シリーズ東日本大震災 “仮設6年”は問いかける 〜巨大災害に備えるために〜 震災から6年も経っているのに、未だに3万人もの人たちが仮設住宅での生活を余儀なくされ [続きを読む]
  •   メモリー・ロス
  • 買いたいものがあって、100均のセリアへ向かう。駐車場に到着するも、はて、何を買うつもりだったかしら?駐車場から店内へゆっくりと歩きながら思い出そうとするけれど、どうにも思い出せない。ぼ〜っと歩いているところへ、「小豆澤さ〜ん!」と、手を振る女性が。同じ地区に住む、私より一回り以上年の離れた保護者さん。「アタシね〜、何を買いに来たのか、どうにも思い出せないのよ〜。セリアに行かなくちゃってことは覚え [続きを読む]
  •   震災被災者いじめ
  • 東日本大震災のあの日。熊本の大学で教鞭をとることがきまった友人と、お別れの食事をして、帰宅し、何気なくつけたテレビに映る、恐ろしい光景に言葉を失った。翌日の英会話講座では、生徒の皆さんだれもが悲しみに打ちひしがれ、涙を浮かべていた。大切なひとりひとりの命が一瞬で奪われた大震災。犠牲者のことを思うと胸が張り裂ける。家族を失った遺族のことを思うと言葉もない。何かできることはないかと、日本中で多くの人た [続きを読む]
  •   オフルーム編みロングネックレス
  • 先日、ATMの前で並んでいたら、女性から声をかけられた。いつものパターンで、一瞬、どこで会った方だろう・・・と、頭の中をいろんなシーンが駆け巡る。今回は、「小学校の時の保護者さん・・・」という、お決まりのパターンを使う前に、自己紹介していただいた。丁度、1年位前にお会いした女性だった。彼女もまた、アクセサリーを制作している。そして、いつも私のブログを読んでくださっているとのこと。彼女も私と同様、ネッ [続きを読む]
  •   ティラミス・ヒーロー
  • 先週、夫が出張で東京へ行った際、いつものトップスのチョコレート・ケーキに加え、「これは高いから俺たちだけのしか買ってない。」と言って、2個だけ買ってきた、極上ティラミス。その名も、ティラミス・ヒーロー。2013年にシンガポールでお店をオープンしてから爆発的な人気を誇り、日本でもオンラインで注文できるらしい。が、あまりの人気に現在、ネット注文は4か月待ちだそうな。たまたま、日本に期間限定で出店してい [続きを読む]
  •   プチ・フラワーのピアス
  • とても小さなフラワー・ピアスが完成。これ以上小さく編めないというくらいのミニサイズ。 本日のスィーツ 手土産に頂いた、BOKUDAMI(ボクダミ)のプリン。トップのクリームの強烈な酸味がお出迎え。そのあとのとろけるプリン、極めつけに瓶の底には奥深い味わいのハチミツ。こんなの初体験。めちゃくちゃ好みの味。これはもう一度、じっくりと食べてみなければ。 [続きを読む]
  •   2台目 コールドプレス・ジューサー
  • 5年前から、毎朝、コールドプレス(低速)ジューサーでニンジンを絞って飲んでいる。が、さすがに5年も経つと、ジューサーにもガタがきて、時々スクリューが回らなくなり。というわけで、シャープのコールドプレス・ジューサー、2台目を購入することになり、またも夫がネットで格安を見つけてきた。前回のジューサーはこんな感じ。本体も重いし、何といってもパーツがいくつも分かれていて、ジュースを絞った後の手入れが大変。 [続きを読む]
  •   久しぶりの新作ネックレス
  • ネックレス制作は、ひとつひとつのパーツを作るのに時間がかかるので、なかなか完成しなかったのですが・・・やっと1つ仕上がりました。デリカビーズで編んだパーツをふんだんに使い、ドイツ製アクリルやガラスロンデル、コットンパールをあしらった、インパクトのある1点です。久しぶりに、ほこりをかぶっていた一眼レフで撮影。 [続きを読む]
  •   ついに発見!
  • 4匹の猫を無事に保護できたものの、ずっと見つからなかった最後の1匹。無事に保護されたとの一報が!やっと。本当にやっと。無事に保護。心が軽くなった。4匹が保護されたあの日、捕獲器を設置していたのに、何故かドアが閉まり、中に仕掛けた餌が、捕獲器から離れた場所に移動していた。猫自身が、餌を取りだしかつ、仕掛けをすり抜けてドアを閉めるのはまずあり得ないとのこと。いろんな思いが駆け巡る。社協のN氏とともに、 [続きを読む]
  •   新作ピアス
  • 朝6時半。「美穂、起きろ!」夫の声で目覚めた。夢の中で。また寝坊してしまった〜。6時半といえば、すでに子どもを起こして、朝食を並べている時間。年に数回はやらかしてしまう。しかし何故、夫が夢の中で声をかけたのか?うちの夫は6時過ぎには会社に向かう。そして、6時半頃には会社に着いている。夫は独身時代から、残業しない主義。よほど忙しい時以外は、伝書バトのように、夕方6時過ぎには帰宅している。無駄な残業は [続きを読む]
  •   もうひとつの成人式
  • 週末は、友人・永井惠子が主催したもうひとつの成人式へ。会場では多くの知人、友人たちがそれぞれ、お客さんとして、あるいはスタッフとして参加していた。200人を超える人々。1年前に初めて開催されたこの会が、第2回目には、公民館からイングリッシュ・ガーデンへと大きな会へと発展した。けれど、この会がこうしてどんどんと賛同者を増やしていき、松江市までも巻き込んでいったのは、永井惠子という女性を知っている人間 [続きを読む]
  •   ツクハリ純也くん
  • 昨年夏のコラボ作品展以来、久しぶりに弟分の純也君と再会。駅前で落ち合い、一緒にきぬむすめさんへ。純也君も夏以来、私も退院以来だったので、ふたりでご挨拶に行くことに。実は昨年の秋に、きぬむすめさんで作品展をしないかと、声をかけていただいていた。それが、まさかの交通事故で作品制作どころではなくなってしまい、せっかくオファーを頂いたのに、キャンセルせざるを得なかった。きぬむすめさんの店内は、まるでお店が [続きを読む]
  •   もうひとつの成人式
  • お知らせ。友人の、「ちょこっと!くらぶ」代表の永井惠子さん。彼女は、10数年前に、支援や配慮の必要な人たちのためにと、地域社会の中で、皆が一緒に楽しめるイベントや居場所づくりをする団体を立ち上げた。立ち上げた当初から彼女を見て来ているけれど、それはそれは、山あり、谷ありで、多くの悔し涙も流していた。転んでは起き上がり、転んでは起き上がり…の繰り返し。地道な活動は少しずつ賛同者を増やしていき、数人で [続きを読む]
  •   記憶力の鍛え方
  • スーパーで買い物をしていたら、すぐ目の前にいた女性が、「あら!こんにちは〜。」顔を上げると、きれいな若い女性が。え〜っと。誰だったっけ?顔はわかる。うん。でも誰?彼女が続けて、「気が付きませんでした〜。」というので、「そうなんですよ。2か月前に髪を切っちゃって。」すると、私の返答を聞いて、彼女が一瞬沈黙。「・・・私のこと・・・わかりますよね?」ゲッ!来た!直球勝負。「ええ、あの、えっと、小学校の時 [続きを読む]
  •   さらば、猫たち
  • 今日はいよいよ猫たちをPONTに引き渡す日。社協の方たち、民生委員さん、PONTの海里さんが一緒に協力して、部屋の中にいる猫たちを捕獲することに。しかしこれが困難を極めた。4人もの大人が一斉に部屋の中へ捕獲用のケージやネットを持ってきたものだから、猫たちも異変を察知。ものすごい勢いで泣きわめきながら逃げ回る。体重9キロオーバーと思われる、一番古株の猫は、ここ1週間で見たこともないほど素早く走り、なんと、か [続きを読む]
  •   カフェ・シノワ・ジャスミン
  • 先週、懐かしい知人から連絡が。結婚当初から、長男が小学校入学までの間、住んでいたアパートで、当時住人だったお母さん仲間のSさん。私より随分と若いお母さん。「久しぶりにあのころの住人のHさんも一緒に3人でご飯を食べに行きませんか?」かなり酒豪のSさんとは、当時保育園の子どもたちをそれぞれの夫に預け、この3人で飲みに出かけたこともある。今回、断酒中でお酒が飲めないことを告げると、ではランチにしましょうと [続きを読む]
  •   浜田真理子  Town Girl Blue
  • 友人のシンガー・ソングライター、浜田 真理子女史、待望のニューアルバムが完成。今日はそれを記念して、今井書店でサイン会が開かれていた。年末に一緒にご飯を食べた時にこのアルバムのタイトルを聞いていて、かなり楽しみにしていた。Town Girl Blue初めて真理子さんの歌声をバーで聴いたとき、涙を流してしまった私。何とも言えない、不思議な魅力の声。今回のアルバム、中でも私が好きなのは、Mateという曲。もちろん、真理 [続きを読む]