Serendipity さん プロフィール

  •  
Serendipityさん: Viva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ハンドル名Serendipity さん
ブログタイトルViva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ブログURLhttp://serendipity2006.blog88.fc2.com/
サイト紹介文英語講師の綴るアメリカ生活体験記、日々の出来事から英語の話、アクセサリー制作、映画や読書と話題満載。
自由文日々の出来事、子育て、英語情報、手作りアクセサリーからPTAと、話題満載のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/07/01 10:14

Serendipity さんのブログ記事

  •   トイレを英語で?
  • アンソニー・ホプキンス主演の映画、デーモンアンソニー・ホプキンス、レイ・リオッタ主演となれば、まず間違いのない映画でしょう。しかも、監督は映画「ミレニアム」シリーズを手掛けた人。と思いきや。まるで拍子抜けしてしまう映画。がっかり。名優が出ているから名作とは限らない。ラストなんて、また展開があるかと思っていたら、いとも簡単に終わり。あっけなさすぎで、「は?終わり?」かなり賛否の分かれる映画だと思う。 [続きを読む]
  •   マトリョーシカのバッグチャーム
  • 土曜日の朝。ハッと目が覚めたら7時。ヤバい!遅刻!と、ベッドから飛び起きて数秒後に気づいた、今日は土曜日。4月に入ってからリズムが狂いっぱなしで。大学の授業がスタートしたのに加え、3月から夜の英会話講座も開講。アクセサリー制作に加えて、授業の準備もあるので、毎日があっという間に過ぎていく。そして、頭の中のスケジュールがごちゃごちゃで、実はこの1か月でK2の歯医者の予約を2回もすっぽかしてしまって、 [続きを読む]
  •   サプライズ・プレゼント
  • 遠く関東に転勤となった友人から、サプライズの小包が届いた。開けてみると・・・・・・中にはこんなに美しい、ターコイズ色のペン!箱を開けた瞬間、感動で思わず叫んでしまった。「これ見た時、まさに似合うな〜って思って。」と、友人。ターコイズ色の大好きな私も、こんなにきれいな発色のペンは持っていない。というか、初めて見た。マーブル模様がとにかく美しく、1950年代にアメリカで生産されていたボールペンのデザイ [続きを読む]
  •   猫クッション
  • 先日、ダイソーに行った際、思わず買ってしまった、猫クッション。写真をプリントしたもので、200円という安さ。かなりリアリティがある。が。ありすぎ。遠くから見ていても、なんだか巨大な猫に見つめられている感じ。ちょっと怖い。これ、全国のダイソーで売り切れ続出だそうで。 [続きを読む]
  •   煤竹工房奥出雲 かめだけそろばん
  • 数日前、K2の中学のクラス役員決めがあり、夕方から中学校へいくことに。着いてみると、集合場所は予定されていた各教室ではなく、なぜか3年生全クラスが家庭科室へ集まるとのこと。いやな予感は的中。そう。あまりにも出席する保護者が少なく、6クラスに分かれるよりも、1か所に集まってもらった方がいいとのこと。K2のクラスの保護者は私を含め、たったの8人。他のクラスのテーブルを見渡しても、似たり寄ったり。夜勤や、 [続きを読む]
  •   週末のD・I・Y
  • 以前ブログに載せた、マグカップホルダーを使った、刺繍糸のスタンド。これ、当初はいいアイディアだと思ったんだけど、いかんせん、糸が6本しか収納できない。そしたら、これいいかも!というものを見つけた。また、100円ショップなんだけど。今回はマグカップ・スタンドではなく、お皿を立てるものらしい。材質が竹でできていて、素材としても耐久性がありそうで、重さもある。在庫がなさそうだったので、親切にも店員の方が [続きを読む]
  •   注意欠陥がゆえ・・・
  • 先週から始まった大学前期授業。今日も、ある授業の初回授業。ところが、家を出るのが遅くなり、遅刻ししそうな雲行き・・・大学近くにさしかかり、信号機のない横断歩道に学生が立っているのが見えた。急いではいるものの、ここは歩行者優先。一時停止。が!対向車線の運転手たちはみな、無視してすっ飛ばす。ったく! これだから事故が後を絶たないんだよ!と心の中で毒づく。ようやく対向車も停まり、学生が歩き出した。駐車場 [続きを読む]
  •   10年先
  • 今朝は、入院していた母の退院のために病院へ。母が入院していたのは、丁度去年の夏に私が交通事故で入院していた病棟だったので、お世話になった看護師さんや掃除のおばちゃんたちと再会。今回、母は気になる症状があり、検査入院をしたけれど、結果は問題なし。「お医者さんが、10年先まで、全く心配ないってよ。」嬉しそうにそう私に告げる母。10年先。現在82歳の母・・・・・・92歳までお墨付きってか。ふ〜ん。思えば [続きを読む]
  •   連日食べてるあの、デルモンテ
  • 先日、ブログで紹介した例のあれ、デルモンテのマスタードクリームソース。また食べたくなって、近所のスーパーに買いに行ったら・・・ない。大手の業務用スーパーも2か所行ってみたけど・・・ない。デルモンテって、そんなにマイナーか?というわけで、仕方ないので最初に見つけた場所、人が多いのがあまり好きじゃないイオンの食品売り場へ。で。二日続けてランチタイムに頂いた。飽きずに。今回はた〜っぷりのパクチーをトッピ [続きを読む]
  •   人情ストリート
  • 土曜日。天気が良かったので庭の木の剪定や草取り。2時間くらいの間に、40リットル用のごみ袋、なんと7つ分がいっぱいになった。またこれから草取りの季節になるのよねぇ。庭で草取りをしていると、我が家の向かいにある喫茶店に次から次へとお客さんがやってくる。そして、これまた次から次へと、お店に入る前に、私に声をかけてくれる。「よかったね〜!猫が戻ってきて!」喫茶店のおばちゃんが店にチラシを貼ってくれていた [続きを読む]
  •   大学前期スタート
  • 金曜日から大学の前期授業スタート。2月から春休みに入っている、嘱託講師の身としては、あまりに長い春休みに身体と頭がなまってしまい、最初の1週間はリズムを取り戻すのに苦労する。いつものビルに向かうと、見慣れた看板が取り外され、「人間科学部」新しい看板に変わっていた。島根大学に新しく開設された学部。久しぶりに会う講師仲間とおしゃべりしながら今回担当の教室へと向かう。そこには見慣れた学生の顔がたくさん。 [続きを読む]
  •   LINEの相手
  • 友人のH子と、先月末から連絡が取れなかった。連絡といってもLINEだけれど、送ったLINEが全く既読にならない。はて、何かあったのか。LINEで連絡が取れないとなると、電話をするしかない。実は、電話は好きではない。電話をかけるのも、かかってきた電話に応対するのも、できればしたくない。仕方なしに、あまり好きではない電話をかけたところ、なんと、出かけた先で携帯を無くしたのだという。しかも歌舞伎町で。慌てて歌舞伎町 [続きを読む]
  •   加川 良さん死去
  • 加川良さんが今日、亡くなった。享年69歳。彼の、反戦歌「教訓1」を聴くたびに、息子たちと重ね合わせて目頭が熱くなる。生涯、「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリスト、むのたけじさんも昨年、101歳でこの世を去った。反戦写真家の福島菊次郎さんも、その前年、94歳で亡くなった。偉大な反戦活動家たちが次々と、この世を去っていく。加川さんのご冥福をお祈りします。加川良  教訓Ⅰ 命は一つ 人生は一回 だから命を [続きを読む]
  •   ディオとまったり
  • 戻ってきた直後はぐったりしていたものの、すっかり元気を取り戻したディオ。24時間、ウンチもオシッコも出なくて心配だったけれど、これも無事排泄完了。きっと2晩の間、飲まず食わずだったんだろうなぁ。元気になったディオは、いつものように、起きている間はずっと、私の行くところ、行くところへと、後ろをついて回っている。平穏な日常。先月から再開したウォーキング。相変わらず、横断歩道で待っているのに、歩行者を無 [続きを読む]
  •   帰ってきたディオ
  • この24時間はまるでジェットコースター。ディオがいなくなっているのに気付いたのが金曜の早朝。前日のことを思い出してみると、みんな、夕方以降、ディオの姿を見ていない。お互いが、誰かの部屋にいるんだろう・・・と、いつもいて当たり前なので、気に留めなかった。普段、洗濯物を取り込むためにベランダの窓を開けていても、顔をのぞかせる程度で、出ていこうとしないのに、その時にさっと出てしまったとしか考えられない。 [続きを読む]
  •   ディオ、行方不明
  • 今朝5時。一番最初に起きた夫、「ディオがいないぞ。」その一言で我が家全員飛び起き。いる筈のディオがいない。そういえば、夕方までは姿を確認していたけれど、それ以降は誰も見ていない・・・・・・。朝5時から警察へ行き、徒歩で近所をくまなく捜索中。保健所へ行ったり、近所の店舗に出向いて、事情を説明し、ポスターを貼らせてもらっているところ。心配で心配で、おろおろしている。ディオを見かけられた方、是非お知らせ [続きを読む]
  •   玉造アートボックス はこぶね
  • 私の作品の委託販売のお話をいただいて、玉造にある、クリエーターたちの作品が集まる玉造アートボックス はこぶねにおじゃました。実はオープン当初の4年前にもお話をいただいたのだけど、あの当時はPTA活動も忙しく、一番制作に時間がとれなかった頃。4周年を迎えるはこぶねさんで、この度委託販売をしていただくこととなった。以前、この場所でぬいぐるみ作家のツクハリこと、純也君と彼の作品に出会い、その瞬間に彼のぬい [続きを読む]
  •   チャー助の魂
  • 昼頃、動物保護団体PONT代表の海里さんと電話をしている時、不思議な出来事を話してくれた。先日、このブログにも書いた、チャー助の死。やっと保護した最後の猫だったけれど、保護して間もなく、猫エイズを発症しあっという間に亡くなってしまった。チャー助の最期はどんな様子だったのか、詳しいことを聞いていた時、「そう言えば、不思議なことがあったんですよ。」チャー助は夜中の4時頃に亡くなったという。すでに水分も補給 [続きを読む]
  •   コシャリ
  • ランチメニューの種類は多くないけれど、どのランチも一風変わったものを提供してくれるWATERWORKS。今年、また新たなランチがメニューに加わった。今度のランチはエジプト料理。その名もkushari(コシャリ)。コシャリとは、エジプトの言葉で「混ぜる」という意味らしい。その名の通り、トッピングのトマトソースやフライドオニオンをぐちゃぐちゃに混ぜて食べる。こんな感じででてきたコシャリを、こんな感じになるまで混ぜる。 [続きを読む]