アキト さん プロフィール

  •  
アキトさん: 大阪市旭区パソコン教室 アキトのブログ
ハンドル名アキト さん
ブログタイトル大阪市旭区パソコン教室 アキトのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/reapple-romansha/
サイト紹介文大阪市旭区今市商店街にあるパソコン教室フェアー外語学院パソコンくらぶの紹介サイトです。
自由文まったくの初心者の方から上級者の方まで幅広く対応しています。
最近では、facebookやアメブロなどSNSの講座も評判です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/07/02 14:42

アキト さんのブログ記事

  • もやもや
  • 〜 もやもや 〜なんなんだろう。。。このもやもや心を覆い締め付ける自分を責める自分。誰のせいでもないのに誰かを責めてしまう。自分のもやもやなのにどうすることも出来ない。他人を傷付けようとする。自分と、傷つけまいと踏ん張る自分。何がなんなんだろう...もやもやが心を支配する前に...心を開く勇気が有ればもやもやも晴れるのかな〜Akito [続きを読む]
  • 下弦の月追い日は、昇る
  • 〜 下弦の月追い日は、昇る 〜金星を携え白く陽を返す下弦の三日月。空は、白け夜明けを告げる。東方から昇る旭日は、その、月を追う。届くとも届かないとも。。。やがて、空は、晴れ青く澄んで下弦の三日月は、闇に消えた.....by Akito [続きを読む]
  • 盲目の人に寄り添う駅員
  • 〜 盲目の人に寄り添う駅員 〜夙川駅にて盲目の人に寄り添う駅員肩に手を添え先頭車両の停車位置まで連れ添う彼女の心の目には、何が見えたのだろう。。。by Akito彼女、彼等にとって日常の一コマだろうと思う。その一コマが旭杜にとって生きることについて考えさせらる一コマだったんです。身体的不自由、精神的不自由、金銭的不自由等、人それぞれ何かしらの不自由を持っていると思います。その [続きを読む]
  • 鶯の色
  • 〜 鶯の色 〜鶯を見た鶯の羽色鶯色だと鶯を見て鶯色だと知った。by Akito配達先で鶯を見かけることがあります。しかも、天然??尼や大阪では、絶対にあり得ないこと??六甲の峰にも鶯の腹を満たせるだけの木の実が、減ってるんかな〜(=゚ω゚)ノ [続きを読む]
  • I love beer!
  • 〜. I love beer 〜琥珀色の液体に浮かぶ泡泡をすすり奥から流れ込む液体が疲れた心を癒すほろ苦くそれでいて喉元を心地良く流れて行くI love beerAkito [続きを読む]
  • 不思議な空見ました(((o(*゚▽゚*)o)))
  • みなさんこんばんは毎度アキトのブログにお立ち寄り頂きありがとうございます^_−☆今朝出勤して煙草に火を点け缶コーヒーを開けて何時もの朝のひと時。空を見上げると西に向かう高い雲と東に向かう低い雲。風がすれ違うのを目にしてとてもワクワクする一日のスタート(((o(*゚▽゚*)o)))配達中風が強かったな〜〜〜( ̄O ̄;)木枯らし一号??寒さもこれから厳しくなるのでみなさん風邪などお召しにならないようお気を付け下さいませ(* [続きを読む]
  • 報告
  • 今日。中根智子さんと入籍いたしました。色々と苦難もあるでしょうが、2人で助け合い前を向いて歩んで行く所存です。これからも温かい目で見守っていただければ幸いです。西田旭杜。 [続きを読む]
  • 秋の風
  • 〜 秋の風 〜吹き抜ける風が何処と無く冷たく蝉の声も鈴虫の唄に代わる銀杏の実が落ち木々が冬の訪れの前に晩餐を楽しむ午後6:00西の海に日が沈むby Akito [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 〜 秋の気配 〜クマゼミの喧騒も止み山では、ヒグラシがリズムを刻みミンミンゼミがメロディーを奏でる。川面を夏あかねが舞い紅色に染まる。雲は、綿がちぎれたかのように空に浮かびうろこ雲が夕日を柔らかく映す。時折吹く風が涼を運ぶ。秋の気配。。。by Akito [続きを読む]
  • 海の詩 潮の風
  • 〜   海の詩 潮の風   〜薄曇りの中波止場から竿を垂れる仕事から離れ街の喧騒からも離れ海に浮かぶ海月を眺めながら静かな時間は、時計が刻む時を忘れさせる。潮の風が唐突に頬を叩くいつしか雲は、晴れ西の空に日が沈みかけていた。海が今日は、お帰りって潮の風に乗せて。。。by   Akito海嫌いの旭杜もたまには、釣りをする。なんで海嫌いかって(; ̄O ̄)聞かんといてくれる〜〜〜(♯`∧´)本当に今日は、楽し [続きを読む]
  • 〜   涙   〜何故なんだろうあなたに責められて目から静かに涙が潤むもう責め立てるあなたの声が雑音になる。私の今の思いをわかって欲しいだけなのに...あなたは、雑音のまま涙が零れた。by   Akito [続きを読む]
  • 癒しの風景
  • 〜   癒しの風景   〜ある日線路際のフェンスに並ぶ子供たち踏切の音がなり電車が来ることを告げる。やがて踏切の音が子供達の歓喜の声に変わった。電車が過ぎるとみんな渡ろうねと、先生の声。バイクを止めて子供達が過ぎるのを待った。by   Akito [続きを読む]