コンセプトゲートJP さん プロフィール

  •  
コンセプトゲートJPさん: ブログC
ハンドル名コンセプトゲートJP さん
ブログタイトルブログC
ブログURLhttp://ameblo.jp/takahide-ka/
サイト紹介文関わった皆様が昨日より今日、今日より明日が良い日になってもらえるよう日々頑張っていきます!
自由文株式会社コンセプトゲートの代表として、日々の活動を行っております。

私が行っているのはコンサルティングではなくファシリテイトです。個人や組織のヤリタイことを引き出して形にする。企業向けには人材育成やマーケティングが主なテーマですが、個人に対してはキャリアを専門に扱っております。何をやるにもコンセプトを決めて、そこからブラさないようにすることが私の仕事です。

どうぞよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/07/03 18:01

コンセプトゲートJP さんのブログ記事

  • どんな本を捨てましょう?
  • 暇さえあれば本を買っています。(仕事柄必用なので・・・)しかし、買うのは良いのですがなかなか整理できなくて困っていました。本日はこの本の整理の仕方についてです。数年来ずっと悩んでおりましたが、5年ほど前、以前勤めていた会社の先輩にアドバイスを頂いてからとても楽になりました。(ちなみにこの先輩は私など比較にならないくらいの本好きな方です。)********************************************************** [続きを読む]
  • なぜ組織は右肩上がりに発展しないのか
  • 先日、会食の席であるIT企業の経営者様がこんな話をしてくれました。 「うちの規模も結構大きくなってきたけど、3〜4回違う会社になった感じだよ。」突然話題が変わったので、私は思わずこう質問しました。「違う会社って?どういう事でしょうか?創業当時とやっている事業が変わったんですか?」すると、その方は少し苛立ったような顔をして「いや、確かに創業時からやっている事は進化しているけれどもそういう事じゃない [続きを読む]
  • 【企業視点から】女性のローパフォーマー化を防ぐには
  • 先日、ある中堅IT企業の人事責任者の方(以下Aさんとします)と上記テーマでMTGをしてきました。この企業様では女性のマネージャー比率が30%を超えており、社会的には凄い企業様なのですが、ある問題が深刻化しているとの事でした。(日本の女性管理職割合は6.6%(2016年帝国データバンク調べ))「女性活用」こんな言葉が聞かれるようになってから久しいですが、上手くできている企業はまだまだ少数なのかもしれません。Aさんに [続きを読む]
  • 掃除は自分達でやった方がいいかもしれない
  • なんだ、そんな内容か・・・当たり前じゃんと言われそうですが、当たり前の内容を書かせて頂きます。仕事柄様々な業態、規模の企業様に出入りをさせて頂いております。その中でも人事コンサルティング、育成コンサルティング等組織に深く関わる分野をお任せ頂いている企業様が平均すると常に5〜7社程あります。本日は私の狭い経験ですが、20社程の深くかかわらせて頂きました企業様との経験に基づいて書きたいと思います。「組織 [続きを読む]
  • 「何かいつもと違う、様子が変だ・・・」と気づく感性
  • メンバーの様子が「何かいつもと違う、様子が変だ・・・」 今までにメンバーが1人でも心の病が原因で辞めてしまった方、またはそのような課題を感じていらっしゃる事業所の方にはお読みいただきたい内容です。 レジリエンス、少し前にこの記事(http://ameblo.jp/takahide-ka/entry-12258309061.html)で紹介した言葉ですが、そもそもこの「凹み始めを捉える」という視点が何よりも必要なのかもしれません。 メンバー [続きを読む]
  • 会社を辞めたいと相談に来た部下との対話からわかる事
  • 「あのー、実は会社を辞めようと思うんです。」本日は弊社管理職研修の中から「話の聴き方」について一部をご紹介したいと思います。 この「辞めようとおもうんです」に対して、皆様はどのような言葉をかけるでしょうか。実はこの回答で皆様の話の聴き方の傾向(パターン)が少し分かります。この傾向(パターン)は場面によっては適切であったり、そうでなかったりしますが自分で切り替えができるようになるとコミュニケー [続きを読む]
  • 今更ですが、部下を育てることは仕事です
  • 毎年多くの経営者の悩みの種となっている人材育成ですが、先日ある経営者様から「OJTが機能していない」と相談を受けましたので、お話しした事をこちらにも書いておきたいと思います。そもそもOJTとは 「管理者が日常業務を通して部下の知識、技能、態度などを育成啓発する行為」 と定義付ける事ができます。(ここで言う管理者とは、上司である事が多い(全てのケースでそうではない)。)この上司が 「何 [続きを読む]
  • 新入社員にとっての直属の上司とは
  • いよいよ来週、新入社員が入社してくる企業様は毎年の事ながら準備に忙しくしている事と思います。この時期は弊社も様々な企業様と新入社員研修のレジュメや配布物、成果物の確認等でワタワタとしており、俗に言う繁忙期の入口と言えるかもしれません。 さて、そんな中でも弊社のお客様には熱を入れてお伝えしている事があります。それが、 「最初の3年間の過ごさせ方」 新入社員にとってこの3年間が大切であると [続きを読む]
  • ストレス耐性の高い人とレジリエントな人
  • 「あの人はすぐ折れる、メンタル弱いな。ストレス耐性が無いんだよな〜」 など、ストレス耐性が高い・低いという話は仕事をする中で出てくる話だと思います。しかし、弊社が人事コンサルティングや研修・カウンセリングで関わらせて頂く際には、「レジリエンスが高い・低い」という視点をとても重視しています。(ストレス耐性が高い・低いも勿論重要です。)レジリエンスとは、教科書的には「外力による歪みを跳ね返す力」 [続きを読む]
  • ビジネスの「4C面談」
  • 「本当にこのやり方でいいのだろうか?」ビジネスにおける面談のやり方について疑問を持っている方は多いと思います。 ・ 昨日やっていたやり方が今日は通用しない・ Aさんにやっていたやり方がBさんには通用しない そんな状況が往々にしてあり、疑問をより深くしていきます。 一体なぜこんな事が起こるのか。それは以下2点が影響していそうです。・面談の目的のズレ(途中からズレていくことも含む)・自分の状 [続きを読む]
  • OFF-JTは習慣化までが勝負
  • 企業研修を1回やってみました。これは、とても大きな一歩です。・経営者の企業成長への熱意・人事担当者の手探りの苦労の賜物だと思います。 現場からは「そんな時間ねーよ」「またわけわかんない事をやり始めた」とか言われながらも、「OFF-JTは企業成長には欠かすことができない要素である」(社員の成長無くして企業の成長なし)という信念を貫いてこそ実施できるものです。弊社でも毎月「初めて企業研修を実施する」お客 [続きを読む]
  • 上長は部下から教えてもらう立場です
  • ****************************************************************上長:分からない事があったら聞いてこい部下:はい、実は、〇〇のやり方が分からないんですけど****************************************************************こんなやり取りはどこの現場でもあります。あと一ヶ月もすれば新入社員が入社してきて、この様な日々に追われるかもしれません。しかし、上記の様なやり取りだけでは片手落ちとなります。 [続きを読む]
  • 成長する組織としない組織
  • 2年程前、同じタイミングで同じ規模の企業様2社とお付き合いが始まりました。どちらの企業様も組織としては未熟で、経験豊富なリーダーが孤軍奮闘するような状態でした。しかしあれから2年が経ち、一方(A社)はメンバーの成長著しい良い組織となり、もう一方(B社)は全く成長していない組織となりました。A社とB社、一体何が違ったのかを検証してみました。 【結論は罵声】A社は2年前から現在まで罵声が飛び交っています。 [続きを読む]
  • 企業の人事部って結構大変な仕事なんですよ
  • 企業における人事部というところは、まるで遮光カーテンに覆われているかの様に中が見えないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな人事部に対して、「間接部門は楽でいい」とか「なんかよく分からない事をやっていて給料がもらえて良い」とか言う方がいるようです。そんな方々の為に、今回はほんの触りだけ人事部の仕事を書いてみたいと思います。企業における人事部の役割は大きく3つあります。1:人材開発人事企画や [続きを読む]
  • ALLテレワーク採用で何が起こるのか?
  • カルビーが完全テレワーク(会社以外の場所で働く事)OKとの通達を出しました。米IBMはそれをNGとし、出社を義務付けました。両社の規模やバックグラウンドは全く異なる企業ではありますが、有名な企業が同時期に正反対の結論を出したことが興味深いと感じます。単純に「人事評価」という側面から考えてみると「ALLテレワークは長期で多くの人材を確保できる制度ではない」と考えることができそうです。理由は成果でしか評価され [続きを読む]
  • 箱根駅伝優勝の青学原監督の指導法を企業で活かせるか
  • 最近、関連書籍やドキュメンタリー等で、実際にどのような指導法で成長していったのかがわかるようになってきました。「最近の若いもんの指導はこうしなくちゃいかん」のような論調の物まで出てきましたので、少し斜めからの視点で書いてみたいと思います。まずは現状の整理ですが、強いチームが出来た理由にはベースに以下の3点があります。1:独自ルートからの採用の成功まず大きい事は原監督の出身校である世羅高校(広島)と [続きを読む]
  • 新入社員研修(新社会人研修)の現場から
  • 新社会人研修がポツりポツりとスタートしてきました。(厳密には内定者研修ですが)弊社のお客様は伸び盛りのベンチャー企業様が多いのでもう実質的に社員のように働いている学生さんがチラホラいます。先週新社会人研修を担当させて頂きましたベンチャー企業様では、長期インターンとして3年も勤務を続けている学生さんがいらっしゃいました。すっかり社会人として馴染んでいる様子で仕事もバリバリやっている様子でしたが、・タ [続きを読む]
  • ビジネスのコーチって何でしょ?
  • スポーツにはコーチって立場の方々がいて、その方々は昔は優秀な選手だったみたいなイメージではないでしょうか。最初に書いておきますが、このイメージが色々邪魔をしているケースが多いようです。このイメージ、間違っているとは言いませんが、それだけではありません。「そんな競技やった事もありませんが、筋力をUPさせる専門家です」「そんな競技やった事もありませんが、メンタルの専門家です」「そんな競技やった事もあり [続きを読む]
  • アスリートのセカンドキャリア
  • 小学校の文集にプロ野球選手やプロサッカー選手になりたいと書いた方は周りに結構いたのではないでしょうか。筆者もそうでした。しかし中学、高校と年次が上がるに従ってセレクションが進みプロまでたどり着ける方は殆どいません。(当たり前ですが)そんな憧れのアスリートですが、プロになってからも当然セレクションは進んでいきます。戦力外通告等、何らかの事情で選手を辞めるとなかなか次の仕事が見つけられないという事 [続きを読む]
  • 私は正しいのになぜ?
  • 「どう考えても自分は正しい」そう考えているうちに周りから人が離れていってしまう方がいます。この方々の特徴としては1:事実確認をしない2:強い口調3:謝らない 等の行動が見られます。一つずつ見ていきましょう。1:事実確認をしないこれは、事実は一つでも受け取り方は人それぞれ、過程の受け取り方がどうなのかを確認する事が大切だと理解できていない事から起こります。例えば”新人営業であるAさんがBさんのお客様 [続きを読む]
  • 人事評価が原因かも
  • 「日ごろマネジメントらしきことを何もやってない人に評価されたくない!」「結局好き嫌いじゃん。他に何を根拠に・・・」「後から言うなよ・・・そんなの知らん」「数字いってればいいんでしょ、それ以外ないでしょ」「あいつがAで何で俺がBなの?」「もうCでいいから、この茶番を早く終わらせたい・・・」 昨年聞いた評価を受ける方々からの声。職位が決まる、給料が決まる、ボーナスが決まる、仕事が決まる・・・こんな一 [続きを読む]
  • 2017年も人材開発のコンセプトゲートをよろしくお願い致します
  • 新年あけましておめでとうございます。2016年は皆様のお陰でなんとかお客様、世の中へ微力ではございますが貢献が出来たと思います。振返れば振り返るほど「私一人では何もできなかった」そう思う出来事ばかりで、本当に生かされているんだなと感じざるを得ません。お客様をはじめ、弊社に関わってくださった方々に改めて心より御礼申し上げます。 さてさて、2017年がスタートしました。本年もメンバー一同精一杯頑張らせて [続きを読む]
  • 人事評価に向けて
  • 私も口うるさいおっさんになってきたという自覚が出てきました。良くも悪くも「〇〇はこうあるべきだ」という思いが強くなってきたのだと思います。 そんな「〇〇はこうあるべきだ」のひとつに人事評価について強烈に思うことがあります。それは、 「評価者のくせに、人事評価について本の1冊も読んだことがないとか本当にやめてくれ」 という思いです。単純に「被評価者が可哀想」という気持ちからそういう言葉に [続きを読む]
  • コミュニケーションコスト
  • 「わかっちゃいるけど止められない」 という植木等さんの歌で有名なフレーズがありますが、その逆で 「わかっちゃいるけど続けられない」 というのがあります。ダイエット、英語の勉強、トレーニングなど枚挙に暇がないのではないでしょうか。実は、コミュニケーションエラーについても同様で、課題を感じる→本を読む・研修を受ける?ああそうかと気づいていざやってみる?気付くと止めている・・・現場ではこん [続きを読む]