がくお さん プロフィール

  •  
がくおさん: とあるサポーターへの追憶 〜J1侵攻編〜
ハンドル名がくお さん
ブログタイトルとあるサポーターへの追憶 〜J1侵攻編〜
ブログURLhttp://19700424.blog.fc2.com/
サイト紹介文サポ歴8年目、ボラ歴4年目のメタボなオサーンがカマタマーレを暑苦しく応援するブログでございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/07/05 18:32

がくお さんのブログ記事

  • 798人の宴
  • 幸運にも観戦できた。お客様のオーダーが当日夕方締切なら観戦できなかった五分五分の会社から直行状況で出勤の朝にレプユニの持参を忘れた。参戦できる事になってから大急ぎでカマタマ本社でタオマフを購入しニンスタへ向かった。カマタマ担当Oさん忙しい時に手を止めさせてごめんね。感謝感謝感謝。スタジアム到着は6:45分喫煙所でY先生と出会いご挨拶。「僕らがこんだけきても来ても日本経済は回る!!」と先生。誠におっし [続きを読む]
  • 「ご苦労だがもう一度行ってきてくれ」
  • 明日の試合、どういう位置づけかというと悩ましい。正直、リーグ戦の戦局が思わしくない。いや、かなり重要な局面である。このトーナメント=天皇杯に全力投球する事には正直躊躇を覚える。もちろんベスメン規定は尊重される。しかし主力は3日前に大分で戦ったばかり。コンディションを考えれば出場機会に恵まれない選手たち=ベスメンだろう。ある程度、経験の浅い「若きカマタマーレ」で戦うしかない。最も相性の悪い難敵「愛媛 [続きを読む]
  • アウェイの洗礼 〜いや、喜んでいただいた方が・・・・〜
  • 土曜日はお仕事の方も多いなかなかアウェイには行けないと思う。しかし、157名の讃岐サポータが大銀ドームに集う。19:00キックオフは讃岐からの行程上ほとんどの方が海路を使う。22:00以後の愛媛への船便は相当限定されるから後泊する必要性も出てくる。この条件下でよく157名も集まったものである。.゚+.(・∀・)゚+.実際21:00試合終了時何人の方が10:00発の九四フェリーに乗るためにスタジアムを大急ぎで後にす [続きを読む]
  • 大銀ドームと大分トリニータ
  • 大分トリニータサッカー文学である「秋天の陽炎」( 金子 達仁 著)で紹介されたクラブである。そのJ1昇格ストーリーやJリーグカップの優勝後の日本代表も多く排出したり在籍していたりクラブ運営の基盤と確かな育成システムを持つ「地方クラブの雄」と憧れていたクラブである。スタジアムも大銀ドーム2002W杯開催可動式開口部(屋根)を持つ「ビックアイ」の愛称などスタジアムスケールも桁外れに違う。サッカー文化も先に紹 [続きを読む]
  • 能町先生 サッカー本大賞受賞祝賀会 収支報告
  • 遅くなりましたが先月の13日にセントカテリーナで催されました「能町みねこ先生のサッカー本大賞受賞祝賀会」の収支が出来上がりましたのでご報告いたします。先生はご来場までに多くの自己負担をおかけしました。ですので支出につきましては先生への謝金・宿泊代のほか交通費補助をお渡しさせていただきました。結果、この会の余剰を出さない清算となりました。ご了承ください。当日にはたくさんのファン・サポーターの方々にご来 [続きを読む]
  • 少年の言葉
  • 試合終了後、感情を押し殺しアウェイエリアのお客様のお見送り讃岐が勝った場合のアウェイゲート・ボラは満面の笑み絶対厳禁である。(久しくこのルールは忘れていたが・・・笑)感情を殺し「失礼します」「道中お気をつけて」と控えめお見送りする。「ありがとうございました」の言葉は使わない。神経質になっているかもしれなお客様には使えない。満面の笑みの「ご来場、ありがとうございました」が勝ち点くれて「ありがとう」に [続きを読む]
  • ウィーアー・カマタマーレ!!
  • なんだかんだと嘆いてみても週末は必ずやって来る。不安だ、心配だと思っても「今度こそ!!」と楽しみである。スタジアムにいつもの仲間が集まってくる。選手も監督もコーチもフロントもしんどいと思う。それがわかるからサポは1週間かけて前向きなエネルギー満タンにして持ちより「せめてその心を奮い立たせて戦いの場所に送り出したい」と願う。その為にサポは頑張って1週間を過ごす。それだけで幸せでしょう??とはもう書けな [続きを読む]
  • ベイダー卿かジェダイか?
  • もはやここで書き綴るポジティブな分析も暑苦しい文章もカマタマーレ愛を語りJの夢を語ってもみんなにはむなしく響くだけだろう何の感情も湧き起こらず苛立ちだけが募るだろう。当たり前であるこのチームをだれよりも愛しているという自負のある人たちばかりであるその感情は当たり前である。私はもう書くべきことを失った。正直失っている。何を書いてもサポを前向きに前進させる言葉になりえない。そんな言葉は見つからない。敢 [続きを読む]
  • ボラだけど声出しに行きます
  • 何故かわからないがこんな時ほど早く試合をしたい苦しさから逃れたい一心かもしれないけれどそれだけじゃない。そこは事実だ。こんな状況だからこそ選手の顔を見て「全然大丈夫だ!!前向いて、顔上げて行こう!!」と支えたい。サポの顔をみて「なんのまだまだ。これより苦しい経験・・・いままで潜り抜けてきたよね!!」とエネルギー分かち合いたい。ボラさんの顔見て「この状況を寧ろ利用してお客さん喜ぶ企画・・・ある??こ [続きを読む]
  • 素晴らしきかなサポーター文化
  • まあ・・・・試合についてはいろいろうまくいかないので話題をお休みして別テーマについて書きたいこの土曜日「サポーターって素晴らしい」と改めて思った。もちろん福岡に遠征したサポさん達がそうなんだが彼らを含め丸亀で観戦するサポーターさん達について改めて感心した。土曜日は屋島陸上競技場(レクザムフィールド)で子供の運動会を観戦してきた。(参観というべきか・・笑)そこでカマタマ・ボランティアの血がうずく光景 [続きを読む]
  • 腹は括った
  • 昨日の敗戦で腹を括りました。まさか6月で腹を括る事になるとは……私は来シーズンをJ2出迎えれる可能性は33%そう腹くくりました。山口、群馬、讃岐この中で生き残るのは1つだけ生存率33%の綱引き。そう腹を括りました。パルセイロと戦った入れ替え戦より過酷な生存率そのつもりで残りシーズンを戦います。もちろん私の中の事色々な考えあっていいとおもいます。さて、実はこれまでそのつもりでしたしかし「つもり」でしたね。 [続きを読む]
  • 悲報
  • 悲報・・・でもなんでもないΣ(ω |||)私のスケジュール管理と常識の欠如によるものである。わたくし・・・明日の福岡アウェイ戦の遠征は回避留守部隊に所属する(泣)なにやら・・・この国では運動会なる催しに父親は参加しなければならないらしいいや・・・中学生の運動会にパパいらんやろぉぉぉおおおおおおおおお!!!!うちのおやじ一回も来たことないで〜〜!!中学校の運動会・・・!!・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 気づいてますか?
  • 2015年 5月 アビスパ戦 勝利直後の風景21位なのは間違いないしかし、ここまで負け試合数だけで競えば18位相当得失点差なら19位相当得点総数は18位タイ相当失点総数も18位タイ相当である。・・・・でそのデータベースで得た勝ちが「1勝と」いう結果(これは間違えなくビリ・・22位)により順位が21位である。そして22位との勝ち点差なし。ほぼ18位相当のトータル実績を思えばやはり多少不運なシーズン序盤であったと思う。そして [続きを読む]
  • 福岡の魅力
  • まぁ、アウェイ遠征は楽しいこと充分ご承知とは思う基本、参戦者が小人数の為、独特の一体感がある。これが遠方であればあるほど比例して強固になり楽しさが増幅される。見知らぬ街のスタジアムの姿はテンションを上げ上げである。訪れた先のグルメは魅力的である観戦以外の文化も大好きだ電車やバスで方言を聞くと何とも言えない異国情緒を感じる。その代表的が博多だと思う。まずは博多の方言が耳に心地いい明らかに聞きなれた関 [続きを読む]
  • ひるがえる戦旗に思う アウェイ徳島戦観戦記
  • エルフラッグが風にはためく併せて個人作成のパイフラが揺れるテンションあがる光景ああ・・・讃岐もホントいい景色が作れるのだなぁ・・・と感動。いつか夢見た光景だ。そして今節ハイライト。ビッグフラッグの出現。いい雰囲気をどんどん加速させ、この新しいクラシコを盛り上げている。演出だけではない応援も最後まで力の限り声を出す。徳島運営さんに讃岐エリアの最終来場者数確認した。735名とのこと。前節逆転負けシーズン [続きを読む]
  • チェンジ!!!
  • 自分を変えたいなら・生活の時間配分を変える・住んでいるところを変える・周りの友人を変える一番残念な行為が「決心を新たにする」だそうだ(笑)そんなツイートを読んだ。意外にしっくりくる。いや、友人の項目は既存の親友と断絶するのではなく今まで避けていた「上司」「先輩」「同僚」と親しくすべしという意味だろう。カマタマーレの応援をしている自分に当てはめても少なからず反省する。ブログはポジティブシンキングで書 [続きを読む]
  • 熱く、しかしクレバーに
  • さてついに最下位であるが今より更に落ちていく所なく、今、守るべき順位もない。ここから上がるだけである。チームもサポーターも何も知らない赤子のような4年前とは違う。間違いなく成長している。堂々と胸張りこの窮地を脱出しよう。まだ天はわれらを見放していない。その証拠にシュミレートするとこれほど勝てないシーズンなら「ぶっち切り最下位」もあり得たはずだ。もし今21位との差が、6ポイント〜8ポイントとかであればこ [続きを読む]
  •  「ありがとう」 〜ホーム 群馬戦 アウェイゲート体験記〜
  • 今回は大一番という事で試合の結果が気になりまったく群馬サポーターの写真を撮り忘れてしまう。面目なし。しかし、群馬に帰る方たちは14:00のキックオフであることから相当深夜の帰宅になっただろうと思われます。月曜日の仕事であろう条件下で讃岐まで集まった36名の群馬サポさんに敬意と感謝を伝えたい。また決戦にもかかわらず温かくゲートにて接していただいた事に感謝しております。36名の記念写真を撮る際に「申し訳な [続きを読む]
  • 敵は心の中に
  • さて1月近く降格圏内にとどまっているわけで内心穏やかでない。たぶんみんなそうだろう。今はその精神状況が醸し出す「敵」が一番厄介である。私はそう思っているだけど冷静に戦績を比較してみようカマタマーレ1勝6分7敗ザスパクサツ 群馬2勝1分11敗確かに勝ち数ではあちらが1勝多いが5つも引き分けが多いのが讃岐。負けは勝ちの卵ではない。引分けが勝ちへつながる大切な卵であり負けは引分けにつなげる教訓を得る事はできるかも [続きを読む]
  • 万騎長 ダリューンが大暴れする!!!
  • ヤシャシーンペルシャ語で「突撃開始」の意味だそうである。なぜ突然ペルシャ語??・・・・・かというと応援PR番組「かまたま」で讃岐応援マネージャー本多春奈様が原選手を前にして「アルスラーン戦記に出てくる『ダリューン』にそっくりである」・・・・・とおっしゃっていたから。以後、我が家では(私だけだが・・・)彼の事をダリューン様と呼ぶ。最近は面白がってそう妻も呼ぶ。妻も娘も息子もアルスラーン戦記は好きなの [続きを読む]
  • 私が留守部隊=縁起がいい
  • さすがに明日は出撃できない。月後半に突入すると仕事が立て込むし、家庭の予定もある。今回は残念ながらお留守番部隊に所属する。関東在住の駐留部隊少数と思うが出撃する遠征隊に思いを託したいと思う。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・縁起がいい [続きを読む]
  • 祝賀会 御礼
  • 5月13日に行われました能町みね子先生のサッカー本大賞受賞祝賀会にたくさんの方の列席賜りましてありがとうございました。また,お忙しい中お越しいただきました先生、講談社 吉原様ありがとうございました。祝賀会運営の公式カメラマンより写真を頂戴しております。ブログ用にサイズを下げて公開いたしますが高画像のお写真必要な方はボランティア中の青木にお申し出ください。メールアドレス頂戴すれば改めてお送りいたします。 [続きを読む]
  • 明日は・・・・お願いしますね!!!
  • 久しぶりの更新になってしまったしかし、この間は充実した時間だった。別に絶望したわけでもなくいやになったわけでもなくもちろん、病気や怪我でもない。サポーターというよりはボランティアとしてカマタマーレを盛り上げる企画に参加させていただいていただけである(笑)その活動とはコレ!!「能サポ」サッカー本大賞受賞祝賀会おかげさまで50名近くの応募をいただいている。当日はメディア取材の予定もある。皆さん盛り上がっ [続きを読む]
  • GWの一番長い日
  • 朝起きて体が重い。GWは松本に行き中日の5月1日・2日は働き、3日の千葉戦はフルボランティア。GWの家族サービスもしていない。今日は家でおとなしくしていようかと思っていた。朝ごはんを食べ、家族と会話し、まったりと過ごしていた。習い事に行く娘を高松駅に送り出す瞬間「行きたいなら行ってきなよ」との嫁の一言。雷に打たれる。どうやら顔に書いてあったらしい。いきなり私の目が座る「行かせていただきます・・・」AM [続きを読む]
  • 守り勝て!!
  • 戦局は悪化しつつあるこれは説明するに及ばない。しかし次の対戦は明日に迫る。クラブや現場、サポ間で不協和音が聞こえているわけではない。現在も戦闘意欲は旺盛何とか反撃の糸口を見つけようと懸命に奮戦しているように見える。であれば単純に「試練」での1つに過ぎないのだ。絶対乗り越えられる。戦術的な事は素人なので語れないが絶対的なCBが2人出場できない事を理解している。一時的であるが、カマタマーレは防御力が弱ま [続きを読む]