吾輩 さん プロフィール

  •  
吾輩さん: 吾輩とサンフレッチェ広島
ハンドル名吾輩 さん
ブログタイトル吾輩とサンフレッチェ広島
ブログURLhttp://wagahaitosanhurecche.blog.fc2.com/
サイト紹介文サンフレッチェ広島にまつわる事です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/07/06 23:06

吾輩 さんのブログ記事

  • 長崎に期限付き移籍中のFW井波らと契約更新せず・・・・・
  • J2長崎に期限付き移籍中のFW井波(22)、MFイ・デホン(21)の両選手と共に契約満了!!!!来季の契約更新はしないと発表!!井波はユース出身だったために、残念である。しかし、競争の世界でありサンフレッチェがサンフレッチェであるために仕方のない事である。若手が減った分、ユースから上げて頂きたい!そして、レギュラークラスを最低でも1人!!レギュラー争いが出来る選手を1人!!外国人を入れ、世界感覚を練習か [続きを読む]
  • 2014年11月11日  2015年サンフレッチェ広島へ向けて!
  • 2015年は輝く年になりますようにFC東京のMF 東 慶悟を獲得出来ないものだろうか?サンフレッチェ広島の攻撃に新たなイマジネーションをもたらせてくれるのではなかろうか?攻撃時に5トップになり、いきずまりが生じているだからこそ、イマジネーションが必要である 東 慶悟に新たな想像を生んでもらいつつ、野津田、浅野に経験を積ませたい!野津田、浅野のどちらかには、レギュラーの定着による覚醒育成と勝利の同居輝く [続きを読む]
  • 浅野拓磨がブンデス2部リーグ優勝!
  • 浅野拓磨がブンデス2部リーグ優勝!めでたい!じつにめでたい!日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトが2部リーグ優勝リーグ戦26試合出場(先発21試合)で4得点4アシストという成績ものたりない数字であるが試合に出場していることが評価である。むしろ、試合出場という事が一番難しく、成長するキッカケになるのである。サンフレッチェ広島から英名門アーセナルへ移籍。これから浅野拓磨がどう成長していくのか、楽しみで [続きを読む]
  • 森?和幸の助言で救われた!塩谷司
  • 森?和幸の助言で救われた!塩谷司「最近、サッカーを全然楽しんでないでしょ?」森?和幸から写る光景である。塩谷司の心境が現在のサンフレッチェ広島を物語っている。選手のメンタルはボロボロである。これは、サポーターのせいか?いや、どう考えてもマネーズメントに問題ある。森?和幸の存在の大きさを実感した出来事であった。森?和幸ばかりに頼っていては・・・・近い将来、森?和幸が監督になる日は近いにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2015年5月12日   ハリルジャパン!で浅野は・・・
  • 今日は何の日?5月12日アセロラの日である。アセロラ初収穫の5月に合わせて制定されたらしい。アセロラはレモンの30倍以上のビタミンCが含まれている。栄養抜群である。チームに栄養を与えるのは???浅野拓磨である!彼のスピードはチームに活性化を与える。そして・・・ハリルジャパンで浅野拓磨が右ウイングにて活性化を期待されているようだ。ライバルは名古屋の永井である。なかなかの強敵だ。スピードだけでは、リード出来 [続きを読む]
  • 2014年 ナビスコ杯
  • ナビスコ杯決勝広島2−3G大阪G大阪が7年ぶりに優勝!!おめでとうございます。前半はダイレクトパスがつながりサンフレッチェ広島が優位に試合を進めていた。特に、青山→高萩へのダイレクトパスからの展開は胸を躍らせた。そして、前半20分佐藤寿人が先制点!前半35分には佐藤寿人が追加点!正直、試合は決まったと感じた瞬間であった!ところが、前半38分にパトリックが1点!今日の試合のパトリックのポストプレイは輝いてい [続きを読む]
  • 2015年5月9日   G大阪から勝利を掴み取れ!
  • 明日は、G大阪戦である。サンフレッチェ広島が勝ち点22.G大阪が勝ち点19.(1試合少ないが・・・)ここは絶対に負けられない。まずはホームであるという事。そして、浦和が1試合少ないのに勝ち点23だという事。浦和の優勝だけは見たくない。だから、負けられない戦いである。現在、JでもNO1の宇佐美をどう抑えるか?だが、サンフレッチェ広島のDF陣は絶好調であり、強固である。ここは、千葉ちゃんを中心に0で抑えて頂きたい [続きを読む]
  • 踏ん張って5連勝!これは大きい! 2年前の今日は・・・。
  • にほんブログ村成長の証である。この勝利は格別に大きい。良く頑張った、良く踏ん張った、良く勝った!!そして、ドウグラスである。ブレイクするかもしれないドウグラス。ブレイクはしてないが、それなりの活躍である。フィジカルは強いし、テクニックもある。アーリーが多い、サンフレッチェ広島では貴重な存在。そして、勝ち続けているチームはいじらない。これは鉄則である。後半から、浅野投入、最後に野津田!野津田投入は少し [続きを読む]
  • 野津田岳人は2シャドーの右で良いの? 2年前にはこんな事が
  • 仙台戦、野津田岳人は右のシャドーでスタメンであった。左のシャドーは柴崎であった。結論、反対の方が良いだろう。柴崎はベテランだけあって、右でも左でもたいして変わらないプレーが出来るのではないか?野津田岳人が得点を取った時間帯は、流れの中から左シャドーが野津田岳人、右シャドーが柴崎だった。左に来た、野津田岳人は、水本、丸谷、柏とパス交換しながらリズムを作っていた。ゴールを決める前は、柏に決定的なパスを [続きを読む]