コウメイ さん プロフィール

  •  
コウメイさん: きちんとした医師国家試験の勉強法 コウメイ塾
ハンドル名コウメイ さん
ブログタイトルきちんとした医師国家試験の勉強法 コウメイ塾
ブログURLhttp://ishikokkashiken.com/
サイト紹介文医師国家試験100%合格を目指すためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/07/07 16:17

コウメイ さんのブログ記事

  • コウメイ塾、2017年度の方針。
  • コウメイ:すでに第111回医師国家試験から2か月が過ぎ2017年度になりました。今年度の方針について少し書いてみたいと思います。 対話形式について本ブログの特徴として対話形式があります。このようなものです。 ***************************************************学生I:「低Na血症の鑑別について教えてください。」コウメイ:「分かりました。勉強していきましょう。」****************************************** [続きを読む]
  • 国家試験解答について
  • コウメイ:受験生の皆さん、3日間お疲れ様でした。同時期に私もMACの講師陣と解答を作成しました。当日中に暫定的な解答は作成しましたが、予備校として間違ったものを発表するわけにはいかないので、ミスがないか念入りにチェックしているところです。もう少しで発表になりますのでしばしお待ちください。→大変申し訳ないのですが、諸事情により今回は解答速報を公開しないことになりました。お待ちいただいた方本当にすみません [続きを読む]
  • ノートのまとめに時間がかかります!!
  • コウメイ:医学部3年生から勉強の仕方について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。 ****************************************************************************現在、CBTレベルの総合試験を1週間後に控えています。1度過去問3年分をざっと解いて、選択肢は選べるようになりましたので、次に1つ1つの問題について疾患をノートにまとめています。 ですが、私はこの段階の作業が非常 [続きを読む]
  • 医師国家試験1週間前の勉強法
  • コウメイ:第111回医師国家試験もいよいよ1週間後に近づいてきました。この時期にどんな勉強をすればよいか説明していきます。 まず、そもそもですがラスト1週間、頑張らない人は落ちます。頑張った人は受かります。 ラスト1週間頑張った人が受かります!!模試の成績が良かった人、悪かった人のどちらもラスト1週間、意外とやる気がでなくなったりします。 成績の良い人は「ほとんどの問題は見たことのある [続きを読む]
  • クレアチニン・クリアランスの分かりやすい話
  • コウメイ:今回はクレアチニン・クリアランスについて質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。 *****************************質問*****************************クレアチニン・クリアランスについて質問があります。 1.クレアチニン・クリアランスとは腎に流れる血漿量(mL/分)とのことですが、クレアチニンのクリアランスと言うのだから血漿量ではなく、尿のクレアチニンの量で表せば良いように [続きを読む]
  • 国試の勉強は臨床の役に立たないのか?
  • コウメイ:国試まで後1か月位ですね。1か月前だとやる気がでる人と逆にやる気がでなくなる人に分かれるかもしれません。今日は、やる気がイマイチでない人に対してのメッセージです。 やる気が起きない理由のひとつに「国試は臨床の役に立たない。こんな病気聞いたことがないぞ。重箱の隅をつつくような問題だしやがって!!」というのがあるかもしれません。まずはこのあたりについて考えてみたいと思います。 国 [続きを読む]
  • 回答予定のご質問
  • コウメイ:いつもブログを御覧いただきありがとうございます。現在、多くの質問をいただいております。できるだけ早めに回答したいと思います。 以下、回答予定の質問です。ITPとTTPの治療の違い一次妄想と二次妄想についてエフェドリンについてちょっと古い教科書の購入について糖尿病は尿管結石の原因になるのか?眼圧測定について小さな無気肺で声音振盪はどうなるのか?高K、低K血症についてお勧めのビデオ講座についてゲ [続きを読む]
  • 効率的な心電図の勉強法
  • コウメイ:心電図についてコメントをいただいたので紹介します。 *******************************************************************私は医学部の4回生で、CBTのために循環器をもう一度勉強しています。心電図が分からず、教科書を理解するのが嫌になり、コウメイ塾さんのブログを拝見させていただきました。とても分かりやすかったです。が、「これだけ心電図」の項目が第3度房室ブロックまでで、それ以降の更新がなく [続きを読む]
  • 虚血性心筋症と拡張型心筋症の検査は?
  • コウメイ:虚血性心筋症について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。 ************************質問************************いつも明快なご解説、ありがとうございます。勉強を進める上で大変助かっています。 107I7で質問があります。正解:a なぜd安静時心筋血流SPECTよりもa冠動脈造影が鑑別に有用かわかりません。多くの場合、狭心症の病態には冠動脈狭窄、冠攣縮、(CAGでは [続きを読む]
  • 学内試験について
  • コウメイ:学内試験について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。 *******************************質問*******************************初めまして。某私立大学医学部に通っているHと申します。質問があります。消化器の定期試験に落ちてしまって、再試験にかかってしまいました。本試験は記述問題なのですが、再試験はほとんど記述で、9割くらい不合格になるそうです。記述試験の形式に慣れておら [続きを読む]
  • 重症筋無力症で見られやすいのは?その解説はダメ!!
  • コウメイ:重症筋無力症について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。 *************************質問***************************CBTの問題集で、次の選択肢から重症筋無力症において見られる可能性が高い症状を選ばせる問題がありました。a 項部硬直 b 手袋靴下型感覚障害 c 外眼筋の筋力低下 d 前脛骨筋の筋力低下 e 安静時振戦正解はcですが、私はdもあり得るのではないかと思いまし [続きを読む]
  • できるだけ納得のできる説明をします!!
  • コウメイ:ぼちぼち夏休みが終わり、国試の勉強に本腰をいれる時期になってきましたので、再度、本ブログの趣旨について説明したいと思います。 こんなの解説ではない!!私が心がけているのはできるだけ納得のいく説明です。もっと言うと、読者が本当に知りたい、もしくは知るべき説明です。 例えば、以下の問題を解くとします。 コウメイ:cの敗血症性ショックが正解なのは分かりますが、eのアナフィラキシ [続きを読む]
  • コメントへの返信
  • コウメイ:いつもブログをご覧頂きありがとうございます。今まで多くのコメントをいただきましたが、なかなか返信できずにいました。 本日、ある程度返信することができましたので、今までコメントをしてくださった方は確認してみてください。 比較的新しいブログのヘッダー(ブログの一番下)にあります。 他の人がどのようなことを疑問に思っているか見てみると自分のタメにもなります。現在、過去の記事を修正して [続きを読む]
  • ブドウ糖液(5%、10%、20%、50%、70%)の使い分け
  • コウメイ:以前の記事に質問をいただきましたので回答します。その記事はこちら↓↓食塩水とブドウ糖液との使い分け ******************質問******************質問者:ブドウ糖液は濃度がいろいろあります。たとえば10%、20%、50%、70%などありますがどう使い分けるのですか!?同じように水になるんですか?****************************************** ブドウ糖液は真水になるコウメイ:ご質問ありがとうございます。ま [続きを読む]
  • ブドウ糖液(5%、10%、20%、50%)の使い分け
  • コウメイ:以前の記事に質問をいただきましたので回答します。その記事はこちら↓↓食塩水とブドウ糖液との使い分け ******************質問******************質問者:ブドウ糖は濃度がいろいろあります。たとえば10%、20%、50%、70%などありますが使い分けるのですか!?同じように水になるんですか?****************************************** ブドウ糖液は真水になるコウメイ:ご質問ありがとうございます。まず、「 [続きを読む]
  • 各科の先生からのコメント大歓迎です。
  • コウメイ:心臓外科の先生から過去記事へのコメントへの回答をいただきました。大変勉強になりますので、以前読んだことのある方も復習がてら再度ご覧いただければと思います。肺動脈絞扼術(PA banding)の適応は?( !!) (話は変わりますが)カルンクルって何?各専門の先生のご意見は大変参考になります。 **************ある日のできごと**************先日のことです。高齢の女性の患者さんですが、尿道 [続きを読む]
  • 各科の先生からのコメント大歓迎です。
  • コウメイ:心臓外科の先生から過去記事へのコメントへの回答をいただきました。大変勉強になりますので、以前読んだことのある方も復習がてら再度ご覧いただければと思います。肺動脈絞扼術(PA banding)の適応は?( !!)  (話は変わりますが)カルンクルって何?各専門の先生のご意見は大変参考になります。 **************ある日のできごと**************先日のことです。高齢の女性の患者さんですが、尿道 [続きを読む]
  • 「輸液」のキホンのレビュー募集。プレゼントあり。
  • コウメイ:以前にも書きましたが輸液の本が出版となりました。「輸液」のキホン〜国試と看護の現場で役に立ちます〜 今回はプレゼント付きレビューのお願いです。と、その前にオススメのポイントを紹介させてください。 オススメポイント看護師さん前作モニター心電図同様、実際の臨床ですぐに役に立つ内容を役に立つ順に書いてありますので、ぜひ多くの方に読んでいただければと思っております。 特に、(重大な事 [続きを読む]
  • 「モニター心電図」のレビューを書いていただいた方へ
  • コウメイ:「モニター心電図」のレビューを書いていただいた方へのご連絡です。 「輸液」の本をお送りいたします。以前の記事、モニター心電図を買っていただいた方へ。輸液の本をプレゼント。に書きましたように、「モニター心電図」の本の感想をAmazonで書いていただいた方には今後出版予定の「輸液」の本をプレゼントすると約束いたしました。 以前の記事から大分時間が経ってしまったのですが、「輸液」の本が出版となり [続きを読む]
  • 「輸液」のキホン〜国試と看護の現場で役に立ちます〜
  •   全国の書店、Amazonでご購入できます。定価1,500円(税別)です。看護の現場ですぐに役立つ 「輸液」のキホン (ナースのためのスキルアップノート) コウメイ:この度、輸液の本が出版されましたので、ご紹介させていただきます。内容は以下の通りですので、好きなところからご覧ください。( すると該当の記事に飛びます) 本書を書いた理由輸液はどの科で働いていても必ず必要になるものです。し [続きを読む]
  • 医大生のタメの英語の勉強2〜UpToDateとは?〜
  • コウメイ:英語の勉強の2回目です。前回は、学生のうちから少しずつ英語を勉強した方がよいというお話をしました。 今回はUpToDateについて解説します。 UpToDateとは?皆さん、UpToDateって聞いたことありますか?聞いたことくらいはある方が多いかもしれません。 UpToDateとはアメリカのWolters Kluwerという企業が運営している電子教科書のことです。もっと、簡単に言うと、医学に特化したgoogleみたいなもので [続きを読む]
  • 医大生のタメの英語の勉強1〜英語は勉強すべきか?〜
  • コウメイ:皆さん英語の勉強していますか?今後は英語の勉強についても書いていきたいと思います。  英語の勉強はすべきか?そもそもですが、英語の勉強はすべきなのでしょうか?ここをきちんと考えないで勉強を始めても、やる気が起こらず、そのうち勉強しなくなると思います。ちょっと考えてみましょう。 国試のため?→ほぼ必要なし国試にも英語の問題が出ることはありますが、1問位です。このために英語をやる [続きを読む]
  • 情報管理の仕方(自炊、スマホ、クラウド)
  • コウメイ:最近時間的に余裕がでてきたので、タメになる情報をどんどん書いていきたいと思います。今日は、国試の問題ではなく、情報の管理の仕方です。  自炊(デジタルデータ化)「自炊」と言う言葉知っていますか?今回は情報管理の記事なので、自分でご飯を作る自炊のことではありません。本をデジタルデータ化することを自炊と言います。 自炊の何がいいのか?置く場所に困らない特に研修医以降になると学生の頃 [続きを読む]
  • 今後の予定
  • コウメイ:皆さんお久しぶりです。最近、ブログの更新をしておりませんでしたが、多くのコメントをいただきありがとうございます。 忙しいです・・今年、勤務先が変わったのと、輸液の本を書いていたりと色々やることが多くブログを更新できていません。もう少しすれば落ち着くと思いますので、どんどんタメになる記事を作成していこうと思っています。 研修医にも役立つ情報を今後は研修医の先生の役にたつ情報も書いて [続きを読む]