ためいきおじさん さん プロフィール

  •  
ためいきおじさんさん: 嘆きとため息のワーキングプア〜2013〜
ハンドル名ためいきおじさん さん
ブログタイトル嘆きとため息のワーキングプア〜2013〜
ブログURLhttp://fate2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文ワーキングプアの失望と絶望、嘆きと虚無の世界へようこそ。 無念の感情をそれとなく日々を記してみる。
自由文20代〜学校卒業時新卒カード就活失敗〜

失敗から反省と後悔、奮起し正社を目指し日商いっきゅうさんの合格を目指す。

合格する
〜が、引き続きふり〜たしつつ資格を必要とする雇用先を目指すも採用はなく気がつけばワープアな今日この頃。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/07 17:02

ためいきおじさん さんのブログ記事

  • 呼吸が乱れる
  • 今日は実に呼吸が乱れ息苦しい。窒息しそうなこの気分は、そう20代の若かりしとき日商の1級さんを目指していたころに起きた受験勉強時代のあの時をフラッシュバックする。労働に資格勉学に、そして転職活動のための資金作りにと思えば、下るはずもない嘆きの道に随分と長い時間と精神を費やしたものである。100人の中の10人程度に選ばれる合格率の試験の取得で得られた知識はそんなものだ。一度害すると、その健康は取り戻すのは [続きを読む]
  • がむしゃらに進め!?
  • 風の噂に聞きましたが競技場の建設現場の従業員が生命体の自己消滅を選択したとか。時の残業時間は200時間以上であったとかいう話もあるので20年も前ならともかく現代における労働苦役においてはなかなかなる数字のように思います。更に、自己消滅を選択した労働者の企業の事業主は当初「いえいえ、そんなに残業なんかしてませんから」とかとぼけていたとか。。今も昔も事業主様の雲の上のご説法と雲の下の針の山との高度差はなか [続きを読む]
  • 前を向いて行くことの罪
  • 何しろ若い時からその日のアブラを口に流し込む賃金を得ることばかりで進んできた。いや、進んできたというより日を費やしてしまったと言うべきだろうか。とりあえず進む、アブラを口に流し込む為働き働くためにアブラを流し込む。綱の上を渡るように進み、働き、アブラを口に流し込む。今日は綱の上で止まってしまっている。進むと足を滑らせ転落して五体が滅してしまいそうだからだ。地に身を横にして上を眺める。過去の記憶が走 [続きを読む]
  • 日が昇る 不安 恐怖
  • 明日もやってくるであろう日の出。この世にこれほどの恐怖があるだろうか。誰にでも平等に日の出はやってくるといわれるが朝方に差し込む光が来ることによるその先のおえっな数多の出来事が予測できて恐ろしい。 [続きを読む]
  • 労働 地獄 苦役
  • 本日も相変わらずの休憩無ぶっつづけ労働。更に今日は結構心臓が激しくお呼出な時間が多かったです。仕事が終わった後の不気味さ加減とこの虚無感はいかようにしたものでしょうか。 [続きを読む]
  • 労働 地獄 苦役
  • 本日も休憩無労働。タバコをふかしている上司を横目で見るとこんな社会が未来に残ることにどんな輝きがあるのだろうと感じてしまいます。まあ所詮はバイトなのでそのようなことを思考することすら海よりも深い罪にでもあたるのでしょうが。 [続きを読む]
  • 労働 地獄 連鎖
  • 明日も明後日も将来もタイムカードを切る前に呼びつけられ、あれこれと仕事が始まるのだろうか。日々12時間以上確定労働、休憩皆無で就業時間が来るとタイムカードを切るように迫りくる圧力。本来は認めたくないという法的真実と向き合いたいという心の核心、低賃金のバイト故に回避する手段もなく淡々と周りの空気を読むという考え方に是非なく同意の態度を示す脳との乖離の距離が日々を追うごとに、年を追うごとに時にはジワリと [続きを読む]
  • 痛みと苦痛
  • 最近、特にバイトに追われ痛み・苦痛に敏感になってるように思われる。今日という日もその日を乗り切るということでは辛うじてという賃金は得た訳だが勿論それには多くの苦痛と嘆きと悲しみが伴うものである。私の知る国であり、この世であり現実である。苦痛、嘆きや悲しみから解放されるその日に一体全体どのような広がりがあるというのだろう。今時点で思えることは解放されるその日は、収縮であり消滅であり虚無である。必要と [続きを読む]
  • 手元に残るとはどんなことなんだろう
  • 思えば私は若かりし頃金を稼ぐとばかりに焦っていて肝心な事を忘れていたような気がする。ワープアになってから特に思うのですが何しろ若い時の私は手に入れることばかりに気を取られ失われゆく健康や病魔について全く考えていなかったように思う。稼いでは稼いだだけ病院に行き大金を出して結局は身の回りには大したものは残っていないものである。思い出が残る?いえいえ、思い出すだけおえっとなるようなことばかりが続いていま [続きを読む]
  • 労働環境と飛び交う罵声
  • 最近残業時間に関する改革的な話が出始めたのかタバコばかりふかして「いつまで仕事してるんですか?早く帰ってください!」と何度も威圧して精神的に追い詰めタイムカードを押させて仕事する日が多くなってきた。労働問題で自殺者が出たりとかの問題があったので社内に表面的な違法労働が出ている状態をとりあえず証拠が残しずらい環境にしてしまおうといったところでしょうか。あるいはこういった職場では残業時間労働になるとパ [続きを読む]
  • 企業面接
  • 先日タイトルまんまですがとある企業様に呼ばれあれこれと尋問を受けてまいりました。「ためいきさんは〇〇年はどのようなお仕事でのご活躍でしたか?」とか「このお仕事の募集は××ですが、ためいきさんは当社の営業のほうが向いてると思うんですが是非営業でいきませんか?」だのまあ、言いたいことをあれこれと。面接といえば面接ですが、勧誘と呼ぶべきなのやら誘導と呼ぶべきやら。とにもかくにも不採用となってきました。職 [続きを読む]
  • 労働基準関係法令違反に係る公表事案
  • タイトルに記載させていただきましたが、厚生労働省にて公開されました違法の事案とのことです。(ヤフーやグーグルでタイトルを検索するとPDFがダウンロードできますので労働にご興味がありましたら一読いただければ幸いです)見ている範囲ですぐに浮かんだ感想ですが1・私個人が噂で耳にする数よりも公開企業数が少ない。2・厚生労働省のHPの中から探すのがわかりづらい。(検索機のほうがわかりやすかったくらいに)3・事案 [続きを読む]
  • 休むことの恐怖
  • 世の中ではGWという連休が始まっているようですね。休むという言葉を聞くと恐怖をおぼえるようになったのはいつ頃からだったろう。確信的恐怖となったのはやはり配送職についたときからだろうか。最近は、配送を行う職務の担当員の体調等を尊重し、昼食時間帯に配送時間を指定しないようにするような考え方が出ているそうですが果たして経営者様はそのような寛容な考え方を取り入れるのでしょうか?私が体験した限りでは「休憩時間 [続きを読む]
  • 雲の上からの押し付け
  • 今日休み明けバイト先に出向いたら正社員A「あー、ため息おじさん君わりいけど客からクレーム入ったから謝罪してきて。何かよくわかんないんだけど関連で仕事してもらってる会社がドジしたらしくてさ客メチャ怒ってるからさー」とのことにて客先に謝罪に行きました。客「あのさー、こっちはさ、金払ってるのにさ何これ、なんも仕事せずに滅茶苦茶じゃない」確かに汚物だらけでまともな仕事は一切していない様子。とはいえ関連企業 [続きを読む]
  • サービスの維持?
  • 昔、配送員をしていたことがあります。うやむやな、サービス残業や無償早出出勤、加熱する配送ノルマを思い出すにつれ「おえっ」となりますが現在はサービスを維持できずに色々な配送料金を値上げする方法を考えているような噂をききました。あの頃の現場で赤信号におびえながら荷物を運んでいたあの時節に待遇の改善がなかったのに現在改善されるとはとても想像がつかないなと感じます。ま、せいぜい一部の上役様の懐が潤って良か [続きを読む]
  • 過労死大国
  • 最近どこだかでは過労死ライン時間を超過した残業を認める慣例を導いていこうという流れができそうである等いう噂を聞きました。事実だとしたら最早、世も末と思います。若いころ、煙草を吸いつつ累積何時間と仕事をサボる労働者を数多と見てきましたが恐らくそのような出来事を通じて立身出世した雲の上の方々が考えた血迷い事であってほしいと思うばかりです。私が知らないところで、無償労働を積み重ねて近日中に世界遺産を作る [続きを読む]
  • 自爆営業大国
  • 最近アルバイトスタッフがノルマや自爆買取の搾取を受けているという噂を耳にしました。いずれは明るみになるであろうと思っていた威圧と恐怖によるノルマ支配の労働形態が不可思議的に取り扱われる日も来るのかもしれないと思っていた若かりし頃を思い出すと「ああやっぱりこんな日が来たな」と感じます。縁起物・季節品や社会貢献するためにと数値化されてきた無限大の目標と吊し上げ朝礼の日常。自爆買取・目標必達まで続くサー [続きを読む]
  • 兆し
  • 今年も改まり始まった。何というべきか今年は自己にとって特別な1年になるような予感がする。いい意味であるのかそうでないのかはともかく今までにない不思議な感覚がある。「今日この人に会いたいな」と思えば偶然にも思ったときに会ってしまえたり「給与の減少を何とか支出抑制でカバーしたい」と思えば予測の範囲で流れが進む去年までの状況を考えれば信じられない出来事ばかりだ。この流れがどのように進むのかしばらく様子を [続きを読む]
  • スポーツの祭典
  • 最近風の噂に聞くにはスポーツを行うにはこの建物が必要ですとかあの建物が必要ですとかあんな税金が必要で、こんな負担がありますがみんなには経済効果というのがありますだとかよくわからない気運がながれていっているそうです。明日をも知れない労働をしている私から見るとその得られるとかいうモノができるまでに果てしない人柱がうまれないといいなあとか思ったりします。運動を行うことは重要だと思いますし、体を全く動かさ [続きを読む]
  • 吸い上げる権限によるうまい汁
  • 最近、某国家では権限・権力を利用した不正な一部個人への利益の移譲等が問題になってデモまで起きているような話題を噂にて聞きました。何だか身近の国家の企業でも管理職が不正に権限・権力を利用し新入りの従業員を破滅に追い詰めたとか聞いたような覚えがありますがまあ、気のせいでしょうか。海の向こうの不正や暴動なんぞ語ってる余裕があるのかなとか思ったりします。私の知っている小さな島では国家とか政治とか以前にその [続きを読む]
  • 道徳が問われはじめてきたのだろうか?
  • 最近、某大手企業様が労働法規に違法性があったとのことにて大がかりな公共機関の捜査の介入を受けているようです。生まれおちてから幼心より何となくいずれはこんな日が来るだろうなあと思い描いていた違法労働の様々な報道を風の噂に聞いていると「悪いことをする人はいずれ罰をうける」と教えを受けた小学校の先生の言葉を思い出します。確か道徳の授業だったかなと。私が生まれおちた幼心の頃から労働法規の違法性は肌に身近に [続きを読む]