streamstudio さん プロフィール

  •  
streamstudioさん: 創る村から…飴屋日記
ハンドル名streamstudio さん
ブログタイトル創る村から…飴屋日記
ブログURLhttp://wave.ap.teacup.com/streamstudio/
サイト紹介文NPO法人"創る村"の飴屋先生の日記と、様々な活動と、コーラス・コンサート等のお知らせを紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2013/07/08 09:30

streamstudio さんのブログ記事

  • だから雄弁になってしまうのです…?
  •  今朝もビューティフルブレスのトレーニングをしました。音楽療法のレッスンです。 年齢的な問題なのか、急激に体力を消耗して体力が落ちているのか、風邪なのか、あるいはお腹の調子が悪いのか、今日は心配な状態でした。そのときに近くにいた新井さんや淳英くんや鈴太郎も「あれ先生おかしいな」と思ったと思う。 自分でも歌詞が思い出せなかったり、もちろん声は出ない。頭が重くて、意識も朦朧とした感じだ。でもそのあとは [続きを読む]
  • 森友学園問題…?
  •  もちろん、それには理由があります。国民の好みや意志に沿わなければ票もお金も集まりません。政治家もマスコミの人々も、大衆に迎合しなければやっていけないのです。 とうとう長い年月をかけて政治家もジャーナリストも本来の目的や理念を失ってしまい、政界もマスメディアも腐敗してしまうことになるのです。 みんなで決めれば正しくなると安易に考えてしまった軽率さと傲慢な考えが蔓延してしまい、大切な建前も表面的な約 [続きを読む]
  • 森友学園問題…?
  •  わかって頂けましたか。日本の国はこのままではもう駄目になると気がついてる人たちがいるからこのようなことが起きるのです。我が国が荒廃し始めた原因は、今まで続けてきた我が国の学校教育のひずみにあると真面目に考えている方たちの起こした騒乱なのです。 この事件は日本の学校を建て直そうと思い、日本の教育を改善したいと熱心に考えている人たちの起こした悲しみに満ちた目論みなのだと思います。 このような方法でし [続きを読む]
  • 森友学園問題…?
  •  奇々怪々、気が遠くなるような迷宮入りするばかりの命がけの事件。なぜこんなことが起きるのでしょう。皆さん、気がついてください。 日本は駄目になると思っているからです。単なる利権が絡むようなちっぽけな私心の起こすような事件ではないのです。 私も日本はこのままでは滅亡してしまうと思ってます。まさに「日本丸の復興」が必要なのです。でも、改善の仕方が違うのです。 「日本丸の復興」のやる日本の復興は地味で貧 [続きを読む]
  • 森友学園問題…?
  •  問題の責任者は誰かなどと短絡的な犯人捜しをすることは何の役にも立たないでしょう。とにかくどうしてこのようなことが起きてしまうかを根本的に皆で考えてみることが必要なのです。 私たちは世紀的な挑戦と向き合っているのです。その試練を迎えていることを謙虚に率直に考え直してみてほしいのです。早く気がついてください。面倒くさがらずにです。理由があってこそこのような問題が起きてしまっているのです。それに気がつ [続きを読む]
  • 森友学園問題…?
  •  この問題は国民全員に責任のある問題です。 森友学園問題は、皮相的で浅薄な論じ方をしないでほしいのです。ましてゲーム感覚で眺めたり、お茶のみ話にしたりすることなどはとんでもないことです。当事者たちはとても苦しんでいることでしょう。 首相夫人がどうしたかとか土地代がどうのなど、国会議員の言葉の粗末さが目につくことも沢山ありますが、問題はこんなところにはないのです。荒廃の溝は気絶するほど遠く深いのです [続きを読む]
  • 自由に生きるためには大切な条件があるはずです…?
  •  私たちが自由に生きるためには、その意味を考えることが必要なのです。この?考えること?なしで自由に生きている人が沢山いる民主主義国家は暗礁に乗り上げてしまうでしょう。どんどん壊れ始めている日本を見て、人々が「自由のはき違い」というのはこんなところにあるのではないでしょうか。 皆で考えなければならない時代になったのです。この頃の家庭や学校では、私たち個人は一人ひとり誰もが社会とつながっていて、国家や [続きを読む]
  • 自由に生きるためには大切な条件があるはずです…?
  •  人間も昔は動物たちと同じように、自分が生きている意味を問わないで生きた時代というのがあっただろうと推測できますね。 その中でも、自分が何のために生きているんだろうと絶えず考えて生きた人もいたでしょうが、概して人々は自分の生きる意味を問うことはなく生きた時代であったと思われるのです。これはとても重要なことなのです。 それに比べ今の時代は、自分の生きる意味を問わなければならなくなったということに気が [続きを読む]
  • 例えばいじめは簡単に直せるのです
  •  なんだかわかったような気がするのです。これはとても大切なことです。人々がこのことに気がつけば世界中の人も国も救われると思います。 それとはなんでしょうか。そうです。それはなんと愛国心も人類愛も捨ててはいけないということです。 人をいじめちゃだめだよといくら教えても、いじめはなくならないでしょう。ましていじめをなくすためにいじめを摘発しようとしたり、通報することに力を入れたりすることではないのです [続きを読む]
  • 自由に生きるためには大切な条件があるはずです…?
  •  よく「自由をはき違っているのだ」と言われますが、どこで私たちは自由をはき違ってしまったのでしょうか。 私たちが自由に生きるならば、最も大事なことは自分(個人)は全体の構成員であることを自覚することを忘れてはいけないことです。 そういう意味でも我が国の憲法や教育基本法の考えは大変貴重なものだと言えます。 [続きを読む]
  • 親子代々、うまいラーメンたこ焼き
  •  おとといのたこ焼きに続いて、今日も息子のつくったお好み焼きを食べた。本当にうまい。親父馬鹿と笑われても言いたいのだからさぞかしだろう。 僕はたこ焼きもお好み焼きもほとんど食べたことがない。70年も美味しくないと思ってきたからだ。 「この味にはもう一つの味があるよ。なんだと思う?教えてやるよ。“うまい”と思う味だよ」と冗談が飛ぶほどうまいのだ。 こんなことからつい思い出した。 僕は貧乏学生だった。と [続きを読む]
  • 21世紀は人間が生き残れるかどうかを決定してしまう時代です
  •  ずっと保守も革新もどれもこれもがエゴイズムで固まってしまって国をつくり上げ、子どもたちを育ててきてしまったと思いませんか。 皆さん、日本人は皆でエゴイストになってしまったようなのです。残念ですが、私もあなたも皆エゴイスチックな人間になってしまったかもしれないのです。しっかり自覚してから世直しを始めましょう。 このままでは、私たちは日本も世界中の人々や生物をも救うことができないでしょう。 私たちは [続きを読む]
  • (無題)
  •  皆さん、忘れないでいて下さい。僕の仕事は2つです。両方やってますよ。 一つは、直接的に感情的な能力を働かせて人を喜ばせる仕事です。もう一つは、理屈で間接的に広く人を幸せにしようとする仕事です。 この私の「寄席」の仕事はどちらかというと前者の方がうまくやれているようですが、後者の方は皆乗ってこないので恥ばかりかいているのです。 [続きを読む]
  • 「日本丸の復興」…?
  •  皆さん、気がついたら自分は気が遠くなるような神秘的な生命のからくりの中に生きていることに気がつき、卒倒してしまいそうです。 しかもこれらは生きものたちが絶妙に操作されてその動きの中に生命活動が営まれ、無数の生命の活動の中に自分も生きていることに気がつきます。この驚異的な神秘の世界はずっと巧みに神々に操縦されてきたのです。 それがです。今21世紀に入り、私たち人間は自分がやらなければならなくなったの [続きを読む]
  • 「日本丸の復興」…?
  •  皆さん、命あるもの、すなわち人間でも鷹でもトラでもライオンでも全ての種族は、自らの命を絶やさず持続し続けることを根本として存在しているのです。これを私たちは真理と呼んで全ての良し悪し正邪善悪、優劣の判断の基本にしているのです。まずこのことを私たちは一人残らず明確に自覚しましょう。 ?人間である私たちには、人類が存続し続けることが最も重大なことなのです。? そしてこの仕事は、必ず統括者によって実行 [続きを読む]
  • 「日本丸の復興」…?
  •  国家は、尊厳ある大事な目的を持ってつくられていることを皆さんご承知だろうか。広い世界に生きる人たちが平和で幸せに暮らせ、人類が持続するための単位としてつくられているのです。すなわち、それぞれの国家は尊厳ある人類が便宜上分けられた単位なのです。 法王や帝王はこれらの国家の大切な統治者でした。法王や帝王は決して独裁者ではないし、権威者になってはいけないのです。 重大なことは、人類は21世紀に入り、ほと [続きを読む]
  • (無題)
  •  次に、中原中也の「詩論」も紹介します。・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 藝術とは、喩(たと)へば金鑛(こう)発掘の如きものだ。金鑛を発掘する人は、親や妻子よりも遠く、山中に分け入るのだ。そのやうに、藝術とは、自分自身に忠實(じつ)であることだ。 何を描くべきか?――描くべき何物もない!藝術とは、自分自身の魂に浸ることいかに誠實にして深いかにあるのだ。即ち自分自身 [続きを読む]
  • 「日本丸の復興」…昨日のつづきです
  •  ところで今日、日本の国の大人たちは善太郎少年のような子どもを育てているでしょうか。日本の社会は子どもたちを知識偏重の教育に追いやり、国家や人類の尊厳を蔑視し、個人をのみ尊厳あるものとする偏った教育観をのさばらせているために、もう日本の国は物騒で不気味な現象を起こし始めているではないですか。 このような日本の社会を憂えた次の言葉があります。 「今や世は愛も誠実もあつたものでない。厚化粧の亡霊等は苟 [続きを読む]
  • 3月11日.祈りを込めて…「日本丸の復興」
  •  震災の日、津波に流された少年は島にたどり着いたのでした。助かったのです。 でもこの島は、航海し続ける日本丸という大きな船だったのです。そのことに気がついた少年の耳に聞こえてきたのは翁の言葉だったのです。 「愛しい孫よ、早く舵を取ろうとしなさい。君たちが舵を取らなければ日本丸は座礁するか、宇宙の果ての崖の下に転落してしまうぞ」 少年はハッとしました。 「早く舵を取らなければ日本丸は危ないんだ」 ― [続きを読む]
  • うっかりしてはいけません。私たち自由人は種の舵を取らなければなりません。
  •  法律は他人の力のような働きもします。自由に生き始めている私たち日本国民は他人の力で防げると考えても駄目でしょう。自分のためにも世界中の人たちや子孫のためにも、全て自分の考えや力でやらなければならない自由の時代になってしまったのですから。 つまり、自分が常識ある正しい人間だったら、自分の尊厳は絶えず持続し続ける生命と一体であることを忘れてしまったり拒んだりしてはならなくなってしまったのです。そう思 [続きを読む]
  • (無題)
  •  世の中は掟でできていることと、生物たちはこの掟に従い守って生き続けていることは誰しもわかっているでしょう。そのように人間たちはこれを今までしっかりと守ってきたのです。 でも今日は守り方を変えてしまい、自分たちで守ることにしました。このやり方が出来ないでいるのではないでしょうか。これからも守らなかったら、世の中は壊れてしまうしかないのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 音楽の正体…61
  •  それぞれに味わうと言ってよいのか、食べ物と同じようにいろいろな喜びがあるものです。 食事はもちろん、食べ物は世界中で日本人が最も複雑で細やかなのではないかと思われるのですが、食べるものは沢山あって料理の仕方も複雑で念入りです。素材も一つひとつ活かした料理をし、とても繊細です。 このように味覚だけではなく心理的な味わいもあり、繊細な心の味わいを楽しむ日本芸術は特別なような気がするのです。 [続きを読む]
  • 象徴
  •  我が国の憲法は優れていて、私には完璧だとさえ思えます。中でも天皇を象徴としたことは特別なことです。 どうしてかというと、天皇はこれから私たち国民がつくり上げる日本国家の象徴なのです。徴とはあきらかであり目指すことであり、象徴とは模範のことでもあります。 日本の国は民主的で文化的な国家を目指し、世界の平和を実現し、人類を永久に繁栄させようとする国民の目標でもあるのです。したがって天皇は民主国家を築 [続きを読む]
  • 自由に生きるためには大切な条件があるはずです…?
  •  どんな人も間違うことがあります。高齢者といえども違うことがあるでしょう。でも数多く経験を重ねることでだんだん悟ることができるのではないでしょうか。ですから高齢者を尊敬することが大切だと思います。 自分は大丈夫だろうかと常に謙虚な態度で生活することが尊厳ある生き方であり、若い人は年寄りよりも奥ゆかしい方をするほうがよいのではないでしょうか。 理想像(神)に向けて成長しようと考える人にこそ本当の自由 [続きを読む]