花ちゃん さん プロフィール

  •  
花ちゃんさん: 定年までに自転車で世界一周する!!
ハンドル名花ちゃん さん
ブログタイトル定年までに自転車で世界一周する!!
ブログURLhttp://flowervalley822.blog.fc2.com/
サイト紹介文2013年4月にリストラされました。 退職金で無事アメリカ横断しました。 夢は世界一周です。
自由文現在鋭意社会復帰活動中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/07/08 02:21

花ちゃん さんのブログ記事

  • アメリカ出張
  • GWは窓なしのゲストハウスに泊まってましたが、今回はヒルトンに泊まっております。部屋が広いや。天井も高い。シカゴで時間はかなり余裕見たのに入国審査と国内線の保安検査に時間がかかったため乗り継ぎ失敗しました。キャンセル待ちで次の便へ搭乗しましたが、痛い時間ロス。空港でレンタカー借りてホテルまで来たのですが、カーナビが使えねえことこの上ない。明日からの仕事を考えるとうんざりですなあ。今回のmissionは副社 [続きを読む]
  • 香港逃避行第2夜
  • 昨日は移動で疲れたのか爆睡できました。朝の食事はカレーです。アメリカ横断した時も思ったのですがインド人はモーテルやゲストハウス経営する人多いね。ゲストハウスあるところにカレー屋有りです。調子こいて頼みすぎました。結局残す羽目に。今日もノープランなのでやることがありません。昼前に香港島へ行ってきました。スターフェリーに揺られて香港島へ。香港駅の中にある翡翠という店で飲茶。個人的には点心よりも湯葉と枝 [続きを読む]
  • 香港逃避行
  • 仕事と家庭から解放されるために海外逃亡しました。嫁さんは置いてきました。行先は香港。出発が1時間ほど遅れ、なおかつ香港が雷雨で着陸待ちが30分ほどあったため香港に着いくたのは23時過ぎ。バックパック旅行なので宿は決めずにとりあえずチョンキンマンションにやって来ました。今夜の宿はピースゲストハウス。窓なしシャワーのみ。3000円くらい。消防法とか絶対違反してるな。火事になったら逃げられない作りになってるぜ。 [続きを読む]
  • 訃報
  • 自転車アメリカ横断者の中では有名人であったuncle Charlesが亡くなっていたと知りました。残念です。悲しいです。もう一度会いたかった。偉大なアメリカンでした。また、向こうであって夜通し語り合いましょう。さようならチャーリーじいちゃん。そして、ありがとう。合掌 [続きを読む]
  • エイプリルフール
  • 本日付で、非正規雇用を脱出し正社員となりました。前の会社を退職し、失業してから15か月。いやー長かった。応募した会社は2000社ほど。100社近く面接に行き、ことごとく玉砕しました。面接で悔しい思いをしたことも数え切れません。特に上場企業の面接官が糞でした。あいつらほんとに糞だ。失業中は毎月家計が火の車でした。家賃の振り込みとカードの支払いに怯える毎日でしたね。クルマの維持費捻出するのも大変でした。もうす [続きを読む]
  • 人生二度目のインフルエンザ
  • 10年ぶりに感染しました。A型インフルエンザです。鼻に綿棒突っ込まれ検査キットに垂らしたら即確定診断されました。腰が痛くて泣きそうです。発熱も喉の痛みもきついです。ワクチン打ったのになあ。でも一番キツいのは収入が減ること。今週は出勤できないから大打撃ですよ。非正規社員は病気になってはいけないのですよ。カードの支払いどうすっかなあ。闇金牛嶋くんに殺られちゃうのかなあ。薬局でイナビルという薬を吸入しまし [続きを読む]
  • セルフスターターと指示待ち人間
  • 最近の求人票に求める人材としてあるものにセルフスターターであることというものがある。求められる結果(アウトプット)のみ指示され、その目標達成に至る手段、方法、コスト管理、納期管理、人材マネジメント等をすべて任せるというやつだ。ようは結果しか評価しないからプロセスは好きにしてというか丸投げというもの。基本的な日本人サラリーマンは指示待ち人間だと思われる。上司からの指示をもとに仕事を進めるみたいな。こ [続きを読む]
  • 中国語始めました
  • アルクの通信教育が格安だったので中国語の学習始めました。今から頑張れば60歳くらいには話せるようになるだろ。品質管理や品質保証で中国駐在して余生を過ごす人生計画英語だけじゃもう生きていけない。だって出来る奴等わんさかいるもん。差別化できないよ。今の会社も契約いつまで更新されるかわからんし。 [続きを読む]
  • 絶不調
  • 全てにおいて絶不調。死亡フラグたってるんじゃないかと思うくらい。非正規はツラいね。自宅警備員のときよりツラいや。 [続きを読む]